インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2019年02月

2月11日の祝日
息子のお友達家族がスキーに行くというので便乗してきました

と言っても現地集合、現地解散なので
出発時刻はお友達家族より1時間ほど遅めw
P2113392
向かった先は滋賀県高島市の箱館山スキー場

暖冬の影響で道中、雪は全くありません
運転は楽ですが、ゲレンデは不安

8時30分ごろゲレンデに到着
P2113396
滋賀県のスキー場が雪不足で苦しむ中
箱館山とビワバはゴンドラ・ロープウェイで標高を稼ぐゲレンデなので
そこそこの積雪を維持しています

なので積雪量を見て行き先をここに決定する人も多いのではないでしょうか?
駐車場も結構な埋まり具合(駐車料金は1000円)
P2113397
ゴンドラで上がるゲレンデのため
装備はすべて最初に持って上がる必要があります
スキーセット+ソリ、おやつに補給食、ドリンクetc

上で全てレンタルする人は楽だろうな~
BlogPaint
お友達と合流
息子の友達は初ボード(スキーも未経験)

ビックリしたのが、なんと履き始めて3時間ほどでリフトに乗ってましたね
普段はリップスティックでよく遊んでるんだそうで、なるほどなぁ~





BlogPaint
お友達と滑ったり
お友達の弟にスキーを教えたりしてるうちにお昼になりました

祝日のレストランとかカオスだろうなと思い
あらかじめおにぎりとパンなどを持参してきていましたが
運よくレストランの席が取れたということで、みんなで食べることに
IMG_6188
しかし、やはり祝日のレストランはカオスだった・・・

昼食後は一人で滑らせてもらい


この日オープンしていたコースの中で一番斜度のあるコースへ
第1ゲレンデは楽しかったものの
そこにかかるリフトはシングルリフトで距離も短い
3s9jmKQ4SuCvG9ABwSJU8g
そして、視界がどんどん悪くなり
斜面と空の境目が見えなくなり、滑りもよくわからなくなり、人とぶつかる危険もあるので
この日は終了~

ここはどのリフトも短いのが難点ですね~
一瞬で滑り終わってしまう
駐車場からゴンドラ使ってゲレンデに上がるところも子連れにはちょっと面倒


近いのが良ければびわ湖バレイ
レッスン無くて緩斜面で安いのが良いなら朽木(天然雪なので雪質はまだいいが雪不足の影響もモロに受ける)
レッスン有、緩斜面でそこそこコースの距離があって安いのがよければ揖斐高原(今年は雪がありませんでした)

我が家だけで行くとなると箱館山はコスパ悪いです

でも、お友達と滑ることによって
息子は親を頼らないし、泣き言も言わないし、成長できたところもあるんじゃないかな?
何より楽しかったしプライスレスな経験でした


あ、でもリフト券は安いほうが良いんで
大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫、福井の店舗Loppiのみでの販売されてる
「地域限定リフト券」を購入しました
入力がちょっと面倒(ポンタIDを登録してればちょっと簡単)ですが大人1日券が4800円→4000円に割引されますよ 




おしまい






購入したサイクルコンピュータの取り付け
IMG_6155
ディスプレイ部分を両面テープとタイラップでハンドルバーに固定
それに伴いスマホケースをハンドルステムに移動

ミラーは相性悪いですね
道路の凹凸で向きが変わってしまうことがしばしば
後日、違うものに交換しました
IMG_6156
センサー部分はディスプレイの大体真下
両面テープとタイラップで固定
内傾させてスポークに取り付けた磁石との隙間を少なくさせます
傾けて固定がなんか不安ですが
こんなもんなんですかね〜
IMG_6157
磁石とのクリアランスは説明書によると1.5mmとなってますが
そんな絶妙な感じにはならなかった

クリアランスは3mmくらい空いてますが
まぁ計測できてるので大丈夫でしょうw

センサー部分を前向けに取り付けるか
空気抵抗の少ない後ろ向けに取り付けるかで悩みましたが
不意にセンサーが内傾して磁石やスポークに接触した時のリスクを考えて
前向けに取り付けました


タイラップは7本付いているので多少の失敗は大丈夫でした

やっぱり速度や走行距離が出ると励みになります
スポーツ自転車に乗るならつけておいたほうが絶対楽しいですよ

時間と気温が出るのも地味に便利




おしまい




コストコのレジャー商品が春夏向けに変わってきました!

早速、新商品のチェアを購入してしまった
IMG_6134 
CASADE
ウルトラライト パッカブル ハイバック チェア
3,198円也
IMG_6133
IMG_6132
あまり細かく計れない体重計で計ったところ
1.8kgくらい

耐荷重は110kg
ガッチリさんにも嬉しい設計
IMG_6135
パッキングサイズは
約φ14×47cm

バックパックではきついけとツーリングキャンプならありかな
IMG_6136
ケースはメッシュで取っ手と肩ベルト付きと
値段にしてはしっかりとしてます

中身は
IMG_6137 
フレーム、座面、ヘッドレスト

IMG_6154
説明書は収納袋に縫い付けられていました

IMG_6138
ヘリノックスタイプとはセンターのフレームが90度回ったタイプになります

フレームを座面のポケットに差し込むんですが
最後のポケットに差し込むのになかなかチカラが要ります

か弱い女性は苦労するかもですね
IMG_6149
組み立てて座ってみたところ
このフレームでも特に座り心地に違和感は無かったです

組み立てる時に「あぁこれじゃ横向きや」と一瞬混乱しますがw

座面は少し高め
あまりお尻が落ち込まないのも○
背もたれの長さも充分です


これは結構、お買い得なんじゃないですかね〜



おしまい


あると便利かな〜的な商品を購入しました
amazonさんにはお世話になります

IMG_6128
まずはヘルメット
子供らに被らせてる手前、被っておかないと示しがつかない
IMG_6129


IMG_6130
バックミラー
グリップエンドはブルホーン化?してあり
取り付けられないので
輪っかで縛るタイプです

2個セット+フェイスマスクで950円
と激安w

1個で充分なんですけどね
IMG_6131
しかし、なかなかにちゃちい

輪っかがツライチになってないので
ハンドル径によっては取り付けに苦労する
実際、ベルトには4つの穴が空いてますが
3つ目の穴だと緩すぎ、2つ目の穴にはきつすぎて届かないという状況でした

ゴムベルトが余分にあったのでそれを巻いてから
ミラーのベルトを巻いてちょうどでした


IMG_6127
最後はサイクルコンピュータ
まだ使ってませんが
バックライト付き、防水と
値段の割にいい働きしそう

ニワカだしこれで充分じゃないか?

ワイヤレスのが楽でいいね


次のポタリングが楽しみです


おしまい



↑このページのトップヘ