元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2019年09月

直近の記事を時系列に少し整理しました


前回9月16日のお出かけ候補地として下見に行った
池田キャンプ場が保留になったので

他の場所を探さなくてはいけません

条件は引き続き
  • できるだけ近いところ
  • 小さい子でも遊べるところ
  • 高学年も遊べるところ
  • トイレがきれい
  • お値段が安い
  • 他の遊びもできたら尚よろし

愛知川がだめなら次の候補は朝明川ということで
真っ先に思い浮かぶのがグリーンランド朝明

ですが、先日の大雨でテントサイトが土砂に埋まったとの情報があり
(※バンガローやコテージ、BBQハウスは大丈夫だった模様)
今回はパス

その上流方面にいくつかキャンプ場があり
その中に以前からグーグルマップでマーキングしていたが詳しい情報が全然なく
自分でもなぜマーキングしたのかすら忘れてしまっている施設がありました

今時インスタ探しても投稿が7個しかないって・・・(※検索時)

それでも学童保育の団体で利用したとの情報が見つかり
「まぁ、それだったら最低限大丈夫だよね」
ということで「朝明渓魚苑」さんに突撃してみることにしました
IMG_7222
パッと見、レジャー施設?とは気づかない入り口の様子
以前はキャンプ場でもあり、山小屋でもあり、マスの釣り堀もあったようですが
土石流災害の後、BBQ場とイワナの釣り堀のみ営業してます

利用時間は10時~16時

到着したのは9時40分ごろ
場内に入ってみても誰もいないので
水着に着替えたり、準備をしていると
10時きっかりに管理人さんが現れましたw

高齢の管理人さん1人で切り盛りしてるとのことで
HPの管理もあまりできず、営業内容も縮小したんだとか

BBQ利用料金は1人500円
大人も子供も一緒で駐車料金はかかりません
IMG_7229
屋根付き、ベンチテーブル付き!
これで1人500円は安い

あ、炭と網は持参です

炭用のトングは借りれそうなくらい小屋にたくさん転がっていました
が、借りれるかどうかは知りません
網ももしかしたら・・・
詳しくは電話して聞いてください
IMG_7213
そしてすぐ横に朝明川
奇麗な川です
IMG_7214
なんとも素晴らしい環境
流れも緩やかで浅く小さい子供が遊ぶのにぴったりな環境

ただ、下流側にちょっと移動してみると
IMG_7215
高い堰堤になっているので
子供はあまり近づかない方がいいですね
IMG_7216
下側にもアプローチできるようなので
後で行ってみることにしましょう

まずは釣り堀でイワナ釣り
IMG_7220

BlogPaint
簡単に釣れますw
BlogPaint
1匹400円で買い取り
ワタを取ってくれて塩振り・串打ちまでしてくれます

IMG_7226
苦手やから助かるわ~

IMG_7243
あとは適当に川遊びしながらBBQ
IMG_7227
各々楽しそうに過ごしてくれて

「ここを選んで正解やな~」
IMG_7231

IMG_7268
ゆる~い川下りもしたりして

下段に移動
IMG_7236
水しぶきが結構飛んでてマイナスイオン全開!

てか寒い
IMG_7238

IMG_7240
水深は1m弱しかないので岩からの飛び込みは厳しい
IMG_7242
小さなアマゴが泳いでいました(多分

IMG_7267
いくら暑い日でもやはり9月
長い時間入っているとガクブル


※ここの下流からは流れが激しいので下流方面にはいかないように

BlogPaint
最後は焼きマシュマロで〆

16時に撤収

管理人さんはあまりおしゃべりではないけれど、優しく
女の子2人はとてもなついていて(アルプスの少女ハイジに出てくるアルムおんじのようでした)
お土産に鹿の角までもらっちゃいました

この日は3連休の最終日
天気も良く、気温も高く川遊びのBBQにはうってつけでしたが
BBQをしたのは我が家を含めて2グループ、ほかに釣りに来たのが1グループとかなりの穴場でした

施設の情報が少ないのが穴場な理由だと思うので
ちょっと紹介させていただきます
BlogPaint
駐車場は朝明渓谷線に沿って細長くあります
駐車場の先に最初の画像の入り口

朝明渓谷線付近では
野生の動物に出くわすことがあるので注意です
この日もサルの家族、立派な角を持ったオスの鹿を道路で目撃したので
走行には注意してください

砂が浮いてるところもあるので2輪の方は要注意

BBQハウスはすでに紹介した通り
IMG_7245
水場はBBQハウスの奥側にあります
洗い物は家に帰ってからする派なんで十分です

一番の懸念材料だったトイレ
IMG_7219
ちょっと不思議な
小屋=トイレ

廊下にトイレが普通に存在する感じとでも言いましょうか・・・
クッションフロアに便器が置いてある違和感

掃除は大変ではないのだろうか?
奇麗でしたけどね
IMG_7225
水洗の和式が2つに水が流れない小便器が1つ

この辺りは浄化槽だそうです

個室のカギは壊れてるそうなので
小屋の鍵を閉めて利用してください

あとBBQハウス横に少し空きスペースがあるので
この日は管理人さんに許可を取って、赤ちゃんのお昼寝用テントを張らしてもらいました

とまぁ、こじんまりとしてるんで
渓魚苑さんの紹介は以上です

トイレがOKならリーズナブルなのでとてもおススメです~

一緒に行った家族も気に入ってくれて
また来たいねと言ってました


BBQが済んだので「さて帰ろうか」と、提案したものの

この日もやっぱりダメ


それならば土日祝は営業している
IMG_7253
三休の湯に立ち寄り
朝明渓魚苑から車で2分ほど

川遊びで冷えた体にお風呂って最高やん
BlogPaint
ハンモックで遊んでんとお風呂入ろ~や

BlogPaint
くつろぐ前にお風呂やで~
大人600円、小人300円

BlogPaint

IMG_7257

IMG_7256
こじんまりとしてますが清潔感がありとても気持ちよく入れました
景色もいいです

食事もいただきました
BlogPaint
卵かけごはんとホットサンド

IMG_7260
チキンプレート

IMG_7261
キーマカレー

IMG_7258
漫画を読みながらゆっくりくつろいで
いい休日となったことでしょう


川遊び・BBQ・お風呂のセットは大いにアリやな



おしまい

 





9月に入っても暑い日が続いた某日

子供が学校に行ってる間にキャンプ場の下見してきました


お友達家族と9月16日の祝日に
「どこか遊びに行こう」という話になり

僕「暑ければ川遊びしながらBBQできるところがいいよね?」

お友達「あまり詳しくないから場所は任せた!」

と丸投げされたけれど

お友達のところはまだ1歳のお子様も居るので
  • できるだけ近いところ
  • 小さい子でも遊べるところ
  • 高学年も遊べるところ
  • トイレがきれい
  • お値段が安い
  • 他の遊びもできたら尚よろし
と、なかなか条件が厳しい

川遊びとデイキャンプだと
八風キャンプ場が真っ先に思い浮かびますが

今年の4月からデイキャンプ利用は
料金UP、タープを張るスペースが制限されたりと良い印象がありません

例えば、9月16日の祝日だと
大人2、小学生2、車1台、タープを張って(HPにはテント1張り1000円)で4900円
さらに車は別の場所に停めるんだから
ひどいですよね

となると次に思い浮かぶのが愛知川エリア

しかしこの辺りはどこもトイレ事情がよろしくない
そんな中、情報が少なくトイレがダメかどうかの判断もしかねるキャンプ場が
IMG_7188
今回利用した池田キャンプ場です
夏が終わった平日に利用するので、まずは営業してるかどうかの確認

電話をすると「もう現地?」と聞かれ
「いいえ~」と答えると
「ついたらまた電話して~、営業してるから」
と、よくわからんけどやってるようなので行くことにした


1時間30分後、キャンプ場に到着

しかし受付をしてくれる人が見当たらないし
駐車場もチェーンがかかってる

看板にある電話番号にかけると
どこからともなくおばぁちゃんが軽トラに乗って登場

繁忙期以外はそういうシステムなのね、と理解
あの受付小屋に1日いたら熱中症で倒れるし、狭すぎて何もすることなくてヒマやしね
P9093658
駐車場のチェーンを外してもらって駐車

料金は大人300円×2+駐車場代500円の1100円でした
宿泊の場合はこれの×2+テント1張り2000円だったかな
P9093653
来る途中、愛知川は前日の雨で結構濁っていましたが
支流の神崎川はあまり濁っていません
P9093655
本流と合流するところでは色がくっきりと分かれてますP9093654
これは国道の橋からの眺めですが
左手に見える施設はグランピング施設のNUTS
グランピングと言ってもトイレは仮設トイレが見えたけど・・・
もともとは鈴鹿キャンプ場があったところですね

駐車場からキャンプ場のアクセスは
道路を横断し
P9093661
このスロープを降ります
キャンプをしようとなると荷物の運び込みがネックですね

おばぁちゃんが乗ってきた軽トラに、リアカーが積んであり
必要であれば借りることができます
P9093662
スロープを降りたとこにある、炊事場とトイレ
P9093663
トイレは水鉄砲の蓋つきボットンですが、とてもきれいに掃除されてました
キャパが少ないので混雑時はわかりませんけど
この日は快適に利用させていただきました

臭いも全く問題なしです

この建物の横にある林が宿泊用テントサイト
P9093672
デイキャンプの人は河原を使ってくださいとのこと

河原は日陰になる橋の下が人気でしょう
P9093660
スペースはあまり広くありません

ここから上流にある10ⅿ級の飛び込み岩ってのを見に行きたかったのですが
P9093665
NUTSの土手はNUTSの物だから川の中を歩いて行ってくださいと・・・
P9093666
流れ速くて無理ゲー・・・

P9093673
あっちにも別の飛び込み岩があったけど近寄れないな

P9093676
しゃーないので場内の川で少し泳いでみました

この日の透明度は今一歩

本来の様子が分からないので、また来ないといけませんね~
IMG_7183

IMG_7184
お昼は簡単に炉端大将で焼き鳥

帰り際
おばぁちゃんに飛び込み岩について聞いてみました
IMG_7187
もともと神崎川キャンプ場というのがこのフェンスの先にあって
そこの近くにある岩がそうだろうとのことでした

ただ、神崎川キャンプ場付近の川では事故が2度ほどあり
色々な事情で神崎川キャンプ場は封鎖

それでも、そこの川遊びが魅力的なのでしょう
訪れる人が後を絶たず
その結果ゴミが大量に散乱

困った自治体は軽々しくいけないように警告文とともに
フェンスで封鎖するに至ったわけです


なんと残念な・・・


とまぁ下見はなんとなく消化不良で終わってしまって
9月16日の候補からは外れてしまいました



おしまい





 

僕自身、今年の夏は泳いでばっかりだった気がする
 
海水浴1回、川遊び8回、プール3回

「もう十分泳いだやん?」と嫁様には言われますが

こうして海山の記事を書いているとまた行きたくなるし
暑い季節が待ち遠しくもなります


そんな海山に
娘の友達とそのお父さんと一緒行くことになった夏休み最後のキャンプ
(お母さんは下の子が小さいため不参加、そもそもテントは遠慮したい派)

お友達父娘は
本格的な川遊びは初めてで
コテージには泊まったことがあるけどテント未経験になります

当初は7月29・30日を予定していたのですが
日が近づいてくると30日に幼稚園の同窓会があることが判明し

ちょうど空いていた8月19・20日に変更
19日の天気は微妙だったけど夏休み期間最後の仕事休みなので行くしかない

当日は朝10時に魚飛渓で待ち合わせ
IMG_7073
最初は穏やかなところがいいだろうということで千畳敷

BlogPaint
けっこう寒いw
我が子らはウェットスーツ的なものを着てるのでまだましだけど
お友達は厳しいんじゃ?
BlogPaint
それでも飛び込んだりいろいろ遊んでくれました

川遊び初めての割に全然平気


11時30分ごろ早くもおなかがすいてきたので
BlogPaint
みんなでカップラーメン
汁まで飲むよ~、無理だったらジャグで持って帰るからね~

まだチェックインまで時間があるので遊ぶ!
BlogPaint
雨も時折降ってきてだんだん人が居なくなる
IMG_7064

IMG_7063

IMG_7062
貸し切りw

人が居ないのもさみしいので
トイレを兼ねてほかのポイントも一人で偵察
BlogPaint
吊り橋は結構な人が居る
IMG_7067
サルマ淵は水量が多くて迫力を増してるせいか
あまり人が居ませんでした
よく来る人に聞いたら、この日は水量が多く
滑り台は勢いよく飛んで頭をぶつけるかもしれないとのことで
吊り橋に移動することにしました



BlogPaint
このスポットで以前アップした動画の
岩の滑り台したり

潜って川底タッチしたり・・・
もっと余裕をもって潜れるようになりたいです

と、遊んでいると14時になったので
キャンプ場に移動

6年連続、ここに来ると未だにワクワクします
BlogPaint
受付をして説明を受けます
この説明も、初めての人には新鮮らしい
IMG_7111
売店!
今回の施設紹介は以上ですw

管理棟で銚子川の案内冊子をもらう
FullSizeRender

FullSizeRender
川遊びなどの参考になります


今回利用したのは
林間ワイドと林間スタンダード
IMG_7074
林間ワイドに共有リビングのタープ+我が家のテント
カナリキツキツ

林間スタンダードにお友達のテントを張ります


女の子たちは持参したリカちゃんで遊んだりして過ごしてました

夕食の画像はいつものごとくなし
お友達のお父さんがワインを持ってきてくれてたのでいい気分になってしまいました~
BlogPaint
食後にきのこの山とかアポロを作るキットして~

IMG_7110
ハンモックして~

P8193642
焚火にレインボーフレームスティックして~

BlogPaint
焼きマシュマロして~

P8193649
021?サイリウムで遊んで~
シャワーしてから就寝

涼しくて快適に寝ることができました

翌朝
朝食を食べた後は撤収作業
IMG_7107
子供たちはその間にスタンプラリー
その後、嫁様の監視のもと川遊び

BlogPaint
10時前、こっちもようやく終わった

IMG_7105
どうせ魚飛渓に移動するけど
撤収作業で汗かいたから僕もひと泳ぎ

この日も流れは結構あって
サイト前の階段下は結構流れてました
流されてみたところも動画に入ってます


BlogPaint
下流にいけば穏やかで浅くなってるので安全です

GOPR7542
どこから水中かわからない

11時前にチェックアウトして魚飛渓へ
BlogPaint
どこで遊ぶか相談したら「吊り橋がいい!」だって
IMG_7099
みんな楽しく飛び込めるようになったので
飛び込みが止まらない


息子は初めて大岩から飛び込めたんだけど

痛恨の写真取れず

着水してしぶきが上がってる写真なら撮れてるが誰か分からんw
BlogPaint
寒くなったら岩で休憩
この日は前日より全然暑いので遊びやすかったです

でも、アブ多かったな~
レギンス?履いててもその上から噛まれて「痛っ!」ってなってからは
憎さが何かを上回ったのか、手で叩いて潰せるようになりました

体液もあまり出ませんし、外殻もかたくないので
意外と平気ですよ


それにしても暖かいと遊びが止まらないですね
お友達のお父さんも大岩からの飛び込みやってみるし
ライフジャケット脱いで頭からの飛び込みの練習もするし

なんなら我々大人の男性陣が一番楽しんでました

同じように遊べる人が居るとほんと楽しい
IMG_7082
一瞬乗れたか!と思うがもちろん乗れませんw

帰る前に案内だけはしておこうと
最後にサルマ淵に移動

天然の滑り台も前日より水流が少し落ち着いたので
僕はもちろん滑り台を体験しました
子供は軽いので危険と判断しましたが、そもそもやる気はなかったみたい

サルマ淵にあるターザンロープ
IMG_7097
こちらは飛びやすくて楽しいので
みんな何度もやってました
IMG_7173

楽しい時間はあっという間
息子の塾の時間に合わせて14時過ぎには帰らないといけません

お友達はもうしばらく遊んで帰るということでお先に失礼しました


お友達家族は川遊び、キャンプ場ともに楽しめたようで
このキャンプの後、奥様を含めたキャンプを予約しました


夏の晴れた海山、やっぱり最強です

おしまい








夏のキャンプでは集虫灯
冬のキャンプでは灯り兼、暖房としてケロシンランタンを使っていますが

八風キャンプ場で286Aランタンが不調になり
(多分ジェネレーターかバルブアッシーが詰まってる)

続くめいほうキャンプフィールドで639C700ランタンが不調になってしまいました
(多分チェックバルブあたりがおかしい)

639は以前大雨でパイルドライバーが倒れたときにダメージを負ったのかなぁ・・・
なんだかプロレスの話みたいに聞こえる


夏休み最後の海山に集虫灯となるランタンが無いのはまずいので
 IMG_7140
コールマン バッテリーガードLEDランタン1000を購入

タープ下にルーメナー2を使うので
それに負けない明るさが無いと集虫灯として機能せず
サウンドライト360では力不足だろうと1000ルーメンのコチラを選びました
IMG_7139
1000ルーメンで14時間使えるので2晩いけますね

IMG_7138
実際のところルーメナー2ほどの強烈な明るさではないので
1000ルーメンもあるの?ってところ

それでも、まずまず明るく
周囲をぐるっと照らしてくれるので
サイト全体を照らす用途にはあってるし
IPX4対応で雨程度なら耐えられるのも用途に合ってる

明かりの色は写真よりは暖色系です
IMG_7137
単1電池4本使用
電池を入れなければ軽い
IMG_7136
ダイヤル操作なので一目瞭然、嫁様でも説明要らずで使えますw





最後に
ケロシンランタンの修理について
有名なのはノースフィールドさん

ここに送ればガソリン・ケロシンを問わず大抵のコールマンのランタンは直るでしょう
僕の286Aランタンはここに送るか
バルブアッシー&ジェネレーターを購入、交換すれば治るんじゃないかなと思います

639はちょっと面倒そうだったので送ろうかと思ったんですが・・・

ふと、コールマンアウトレットショップに639Cが売っていたような記事を思い出し
「正規?店舗で取り扱いがあるならメーカーで修理を受け付けてくれるんじゃね?」
という思考から
コールマンのアドバイザリーショップが入ってるアルペンアウトドアーズ宇治へ持ち込み

結果

修理は受け付けてもらえましたが
パーツをアメリカから取り寄せになるらしく
10月20日ごろパーツが届き、それからの修理になるみたいです
※ランタンを預けたのが8月26日

修理が終われば掛かった費用も公開したいと思います

おしまい







↑このページのトップヘ