30日まで仕事があったため旅行の準備が捗っておらず
完了したのは日付が31日に変わってしばらくしてから・・・
長距離ドライブのため睡眠時間はちゃんと取りたいですね

翌朝は何とか6時台に起床
最後の支度をバタバタとして

AM7:20分ごろ自宅を出発
googleMAPの到着予定時刻は13時15分

15時からのイベントに参加することを考えると
昼食休憩→TSURUYAで買い物→設営という予定は

とっても厳しい


とてもじゃないけど忘れ物を取りに戻ってる時間はないので

運転しながら忘れ物がないかを何度も頭の中でチェック

「キャンプ道具、スキー用具、着替え、多分大丈夫」

「もし忘れてても、あとは何とかなるものやろ」





1時間半ほど走って、ふと思い出した





「あっ!!」







「早割りリフト券、リビングに置いたままや・・・」

11月中にリフト券を購入すると結構安くで買えるんです
今まで利用したことはありませんでしたが
行き先が決定してるお正月のスキーならばと思ったのが裏目にw

逆に損やん

さすがに取りに引き返すわけにもいかず
後日、メルカリに出品するということで何とか気持ちの整理をつけて運転を続行
※赤倉観光スキー場のリフト券はおかげさまで売れました
※赤倉温泉スキー場のリフト券はまだ売れていません、どなたか買ってくださいw
春休みに赤倉まで運転する元気はありません


31日午前の高速道路はいたって快調
昼食はSAにあったコンビニで適当に購入して車内で移動しながら済ませました

その甲斐あって、予定の時刻に「上田菅平IC」到着
関西からの場合は上田菅平ICからのルートをナビは案内すると思いますが
f7bf577b
積雪期の道路状況は悪め
雪道が不安なら佐久ICがオススメです

関東から訪れる場合は碓氷軽井沢ICを利用すると思いますが、そっちの道路状況は結構よさそうでした
キャンプ場に来ている他の車はみな綺麗
雪道を走ってきて泥だらけなのはうちの車ぐらい・・・


「これがアウェーというやつか」(違)


スイートグラスといえばTSURUYA(長野の高級スーパーね)
時間があれば寄ろうと思ったけど
31日はTSURUYA渋滞ができるほどの人気っぷり1時間以上遅くなりそうなのでこの日は断念

というか1月1日・2日はお休みなので
今回のキャンプで行ける日は12月31日のみだっただけに残念です
IMG_5128
昼食も簡単に、TSURUYAも諦めたので結構いい時間にキャンプ場到着
13時10分ごろだったかな~
IMG_5127
雑誌で見たことある管理棟をみてテンションアップ

「なんかわからんけど、うわ~スゲー!」
IMG_5126
来年の年賀状用の写真にいいかも
とか浮かれまくってるw

早速受付
IMG_5125
管理棟の中には薪ストーブや絵本コーナーなどもあります
外が寒かったらここで過ごすのもありかも~ってくらい居心地がいいです

料金は先払い
レギュラーサイト、トップシーズンの宿泊費は確か1泊8000円だったかな
そこにイベント参加料などがかかって合計22000円ほど

お風呂が無料でついている青川峡キャンピングパークよりも高いですね
さすが軽井沢

イベントも有料のものが結構あり、イベントごとに事前予約が必要
特に要注意なのが大晦日スペシャルビンゴ
すぐ埋まります
我が家は出遅れた(すっかり忘れてた)ので参加できずでした

宿泊予約は基本3か月前からですがイベント予約は1か月前から
ってそんなんすっかり忘れるっちゅーねん

あと、ゴミの分別は2種類で簡単です
どう分けたか忘れたんで詳しくは管理棟で聞いてくださいw


管理棟の向かいには売店と薪小屋
IMG_5124
オシャレな雑貨とかもあります
IMG_5123
「さすがやな~」という感想ばかり出てきます
何が「さすが」なのか自分でもよく分かりませんがw

IMG_5122
特に迷彩のレジャーシートが良いなと思いました
「こんなん関西に売ってへんわ~」

IMG_5121
飲み物も充実しています
また後で何か買いに来ます



サイトに向かいましょう
IMG_5119
場内MAPは夏のサイトがベースとなっていて
冬場は少し変更されています
まぁしかし、広いね
そしてどこも楽しそうな雰囲気(天気が良かったせいもある)

IMG_5120
今回利用させていただいたサイトは
イベント会場となるアサマヒュッテすぐ裏の「X‐3」
管理棟もイベント会場も近くて助かりました

早速設営開始!



ここでトラブル




地面が固すぎてペグが打ち込めないぃぃぃ

ペグが刺さらないとピルツは立たないんだよ!!



土の中が凍っているんですね~

寒いところだとこんなことが起こるんですね~

勉強になりますね~


とか言ってられないくらい本気で刺さらないw

周りを見渡しても、お隣さんに聞いてみても
やっぱり打ち込めないらしく、5分の2くらいしか打ち込んでいません

僕としては子供らがつまずかないか心配で
出来ればちゃんと打ち込みたいんですよね

なので

ハンマーが壊れるかもしれないくらい叩いてやりましたよ、ええ

おかげで手がしびれましたよ

でも根気よくやれば、何とかなるもんですね
この結果、撤収時に悲惨なことになることは想像に難くない

しかしパイルドライバーは打ち込めそうなところがないか探しながら
何度も打ち込んでみましたが

円錐状のとがってるところまでしか入りません
コレだとちょっとしたはずみで倒れちゃう・・・パイルドライバーはボツ

ランタンスタンドは足を広げるタイプのほうが吉ですね


ペグに夢中になっていたら15時
IMG_5118
イベント「冬の運動会」始まってました
BlogPaint
頭にお皿を載せて落とさないようにいろんな動きをします
僕も参加しましたが、そこそこできますね!

BlogPaint
そのほかには「台風の目」とか「綱引き」とか

もっと雪が積もっていたら違う種目だったと思います


運動会が終わったら設営の続き
BlogPaint
これは翌日の写真ですが
レギュラーサイトの広さは車+2ルームがベストなサイズ
シェルター+テントはなんとかギリギリ
ピルツ23とか19とか大型円錐形の物は幅が足りなさそうです

あと、すのこ(パレット?)の貸し出しが無料
1サイト4枚まで

雪の時は汚れ防止や冷たさ軽減など、助かりますね

まぁ出遅れてたんで1枚もありませんでしたケド


今回は雪に強そうなピルツ15を選びました
お座敷はせずにフロアレス

寝床用のドームテントはサイトのサイズが不安だったのと
雪が降ったら夜中に起きて雪下ろしをしないといけない為却下

雪が降っても雪下ろしの必要ない車に3人寝て
ピルツの中にエアライズ2を入れてそこに1人寝ることにしました
まぁ内陸なんでそこまで雪の心配する必要はなかったですね~
雪が降る予報でしたけど、降雪量はたいしたことなかったし

車は窓を銀マットで断熱して、シートを平らにし、電源を引き込んでセラミックファンヒーターで
エアライズのほうは就寝時、豆炭あんかのみで行くことにしました

もちろんエアライズで寝るのは僕です


という準備ができたところで


続く