元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:キャンプ道具 > 自作道具

※この記事はそうへさんの記事をオマージュしたものになります

7年くらいカーミットチェアを4脚使っていますが
子供が食事するときに座面が後ろに傾斜してて食べにくそうだと思っていたんですよね~

思っていて、特に対策を施さなかったわけですが

それを改善するための部品が安く手に入ったので、ついにやることにしました~


用意するものは
FullSizeRender
安くで手に入ったカーミットチェアレッグエクステンション

そして自転車のシートポストやハンドルをカットした際に使った
FullSizeRender
パイプカッター
バリ取りも付いています

お値段なりの精度ですが
まぁ余裕っしょ~

では、早速開始
FullSizeRender
本来はカーミットチェアをハイスタイルに対応させる部品の
FullSizeRender
ゴムキャップを取り外し
切れ込みのあるほうの端から12㎝測り、印をつけます

そしてパイプカッターでぐるぐるしてやれば
IMG_6513
はいっ!切断完了
切る箇所が角パイプと丸パイプの境目付近なのでちょっとやりにくいこともあるけど
ゆっくりと慎重にやって、切り口の精度に目をつぶれば問題なしw

バリ取りをして
鉄やすりでそこそこ整えて、ゴムキャップを嵌めれば完成
FullSizeRender
ゴムキャップを嵌めた状態で全長は135㎜くらい

2脚分できました
コレで子供の分は賄える
IMG_6515
 
これをカーミットチェアの後ろ脚に嵌めます
IMG_6525
座面が地面と平行に近くなることでかなり座り心地は変わります

確かに座りやすい!
IMG_6524
ただ、中は中空になっていてこのビスだけで支えてるようなもの
ここにかかる負担は結構あるんじゃないかな?とも思うので・・・
基本は子供用にしたいと思います





おしまい










以前製作した6本足テーブル

使い勝手はまずまずいいんですが
収納袋が無く、運搬時に丸めた隙間から脚がスルっと落ちることがしばしばありました

収納袋を作らないといけないなぁと思いつつ

作るのが面倒なので不便を抱えたまま月日は流れに流れまくっていて・・・


この前生地屋さんに行く機会があったので
ちょうど良さそうなカモフラ柄の生地を購入しました
IMG_6137
ようやく収納袋完成!

家にミシンが無いのも、作るハードルを上げる一因
(毎回実家に借りてます)
IMG_6138
巾着タイプしか作れん・・・

で、生地が余ったので
IMG_6140
テーブルの下に小物を置ける布?棚?を取り付けました
布なので折り畳みには影響なしですが
天板を留めるタッカーが取れた場合のメンテナンス性は落ちてますね
IMG_6141
布を支えるテープ?ベルトを取り付けてる箇所の木は削ってあります

ひっくり返して完成
IMG_6142
パッと見変わったところが分かりません

IMG_6143
スマホとかチャッカマンとかマルチツールとか置いておくのに便利でしょうかね~



おしまい







 

淀川河川公園大山崎地区が台風被害から復旧したので

久々に行ってきました~

今回は年越しキャンプのためのテストを2つほどしてきました
PA223054
まずREVOシェルターとプロトドームの連結具合の確認

もともとREVOシェルターはREVOドームと連結できるように設計されているので
プロトドームとの相性を調べる必要がありました
PA223052
REVOドームの前室フレームが台形型なのに対して
プロトドームの前室フレームはやや半円型

台形の角に当たる部分がスカスカになってしまい隙間ができてしまいます
PA223055
サイズ感はまずまずいけてる感じですが
PA223056
冬だとすきま風で寒いかなぁ・・・

PA223057
クリップのようなものでたくし上げれば
ちょっと見た目もすっきりするし、何とかなるかな~

まぁこの件はコレで妥協してOKってことで


というか、ブログ書いてて気づいたけど
そもそもサイトに収まるのか?

そっちのほうが問題かも



お次は

冬のお籠りキャンプでも周りの風景が見たいと思い
ビニール窓の取り付け方法の確認と採寸です
PA223059
今回、ハトメがぐるっとついている1.8×2.7mの透明ビニールシートを購入しました



ハトメとトグルを留める輪っかをつないで
PA223060
なんかまぁ適当に結んでいきます

PA223058
2.7mのセンターにハトメが来てないので左右で余り部分が違ってしまいます
PA223061
フレームの外側を通ると隙間ができて寒いかも

ということで、余分な部分をカットしてミシンで縫いました
カットした部分にもハトメを新しく付けて、多分何とかなるんじゃないかな~

あとは本番で試します

僕はこれで満足してますが

も~っとちゃんとしたいなら
sunroom
韓国のこちらでメジャーな2ルームやシェルターに対応したウレタン窓が販売されてます
(残念ながらREVOシェルターに対応したものは無かったです。ポルヴェーラはありました、カマボコテントもありました)

フレームにひっかけるタイプや
ジッパーで取り付けるタイプもあります

紐で取り付けるタイプ9800円、ジッパータイプ17000円てのが相場みたいですね
輸入代行だと手数料とEMSでそれぞれ13000、20000円てところでしょうか

PA223063
外の景色が見れるってやっぱりいいですね

しかも天気が良ければサンルーム的であったか~いですよ



おしまい







9月12日は青川峡キャンピングパークの
12月の予約開始日

つまり年越しキャンプの予約合戦が深夜0時に行われた日


今年は開始6分ぐらいで無くなったみたいですね~


予約の推移としては

グループキャンプがあるのか
オープンサイトがまずガツンと減って

それから順調にプライベートサイトが減っていき、一番最初に全て埋まりました
ついでオープンサイトが全て埋まり

最後に水辺サイトが全て埋まりました



来年の予約日の参考までに
入力フォームに打ち込む早さに自信がないなら水辺サイトが無難かな~

あと、オープンサイトは電源の容量が少ないのでそのあたりは注意です


さて年越しキャンプの話に戻って

今年、我が家が年越しキャンプを考えているところは
ちょっと遠めで、もうちょっと寒いキャンプ場

まだ予約開始してないので、取れるのかもわからないのですが・・・


とりあえず行ける前提で冬キャンプの準備をぼちぼち開始

雪が降るかもしれない場所なのでピルツで行こうと思っていますが
荷物を減らしたい事情がありまして

ピルツのフロアとグランドシートを持って行かないでおこうかと思っています

フロアがないとなると
八角形のペグダウンが難しくなるんで

こんな道具を用意しました
2017-09-11-11-19-01
だいぶ前(4年位前)に作っていましたが
全く日の目を見ずにいた冶具
ちなみにシャングリラ3の六角形も作れます
シャングリラ3売りましたけど

ですが、実際にやったことはないので
ちゃんとピルツにあった8角形が作れるか?
精度はちゃんと出るのか?
全く未検証

寒さに震えながらグダグダになるのは嫌なので
ちょっくら検証してきました
2017-09-11-11-22-33
ガイドに沿って、理論上ちょどの長さに調節してあるロープをもとにペグダウン

2017-09-11-11-27-30
ひっかけて

2017-09-11-11-32-30
ポール入れたらまずまずちゃんと立ち上がりました

でも、もう一回り外側にペグダウンしたほうが良いですね
ベルトで調整する遊びの量が少なすぎでした

2017-09-11-11-36-13
これで、ぼちぼち荷物が減りますね

土間仕様も久々で楽しみです
雪があった場合、お座敷と違ってお尻が冷たくならないのが良いですね

おしまい









↑このページのトップヘ