元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:DIY > セルフリフォーム

楽天セールで購入した物が届きました。
森田アルミ工業 ピッド室内物干しワイヤー

pid4M

雨で、洗濯物を外に干せない日が多くなるこの時期
(ちょっとタイミング的には遅いですが)
 
そんな時期に便利な室内干し用ワイヤー
すっきりシンプルな本体に4M程のワイヤーが内蔵されていて
室内干しを使用しない時、部屋の景観を損ないません

箱の中身はパーツ4つとビス、アンカー

壁の中の間柱を探し出し、ベースを固定

写真では目立ちませんが
ちょっと斜めってしまいました・・・。
本体を被せてセット

2つあるポッチの
右がワイヤー、左がロック⇔フリーのダイヤル
反対側の壁にワイヤーのキャッチ部分
同じようにベースを固定してカバーをセット

これで完成
作業時間は30分もかからず
使用方法はワイヤーを引き出してキャッチ部分に引っ掛け
本体のダイヤルをロック

これだけ

実にスマート 

耐荷重は10kg

ワイヤーを戻す時も
ワイヤーはゆっくりと巻き取られるので安全です

エアコンと併用すれば乾くのも早そうです






おしまい




 

ずいぶん前に
和室をフローリング張りの洋室に変更したんですが
掃きだし窓についている障子はずっとそのままの状態でした

無垢フローリングに障子ってどうも調和が取れてないんですよね

そう思いつつも
4枚も障子があるので
同じ作業を4回繰り返すってのがただただ面倒で後回しにしてきました
image
子供としばらく休みが合わないし、休みの日に時間もあることだし
 
今回1枚だけ

やってみるかぁ・・・ということに

残りの3枚をやるのがいつになるかわからないので
次回やるときの為の備忘録的な記事です



まず4mmだったか4.5mmだったかのシナベニア(だったと思うんだけどw
2016-06-09-22-28-17
微妙に大きめにカット
合板の細かいサイズ調整はカンナがあれば簡単にできます
大き目からサイズをあわせていったほうが失敗が少ない
2016-06-09-22-57-50
まずまずピッタリできました

板を張っただけだと明かりが取れないし味気ないので
image
家に余っていたアクリルすりガラスを嵌める加工をします
アクリルすりガラス、そこそこ値段するのが痛い

まず嵌めるサイズに格子をカット
裏側の合板はそのサイズより小さめにカット

格子のカットしたサイズに比べると各辺18mmほど小さめの四角形
image
格子部分に接着剤をつけて合板を固定
↑は接着中なので本で重ししてます

接着が完成したら塗装します
すりガラスを付けてからでもできますが
なんとなく養生の手間と仕上がりを考えて先に塗装することに
image
薄く塗って3回くらい重ね塗り(塗る→乾いたら塗る→乾いたら塗る)します
厚く塗るとタレやムラになりやすいので
面倒ですが、頑張りましたw
格子の角の塗りは、細かい筆のほうが断然楽ですね

塗装が終わったら
9mm角材で格子の開いてる部分ぐるっと接着剤で留めてすりガラス留めにします
2016-06-14-21-43-44
クランプもっと欲しいな

ま、とりま完成
2016-06-14-23-07-39

2016-06-14-23-07-54
塗装が一番の山場ですね
しゃがんで塗るのとてもつらかったです

後3枚、ヤル気が出ません

おしまい






昨日のヒルナンデスでピザーラの特集してたんですが

それを見ていた娘が
「キッザニアでピザ作った!また作りたい!」と言い出したので

言い出したら聞かないので・・・
仕方なく

パン焼き機のピザ生地コースで生地をコネコネ

ファイアグリルをセット
006
コストコ豆炭もおかげさまで4割くらい減りました
1年と4ヶ月ほどかかってまだ半分以上残ってますw


ピザのほうはというと
ツナ・マヨネーズ・ピザソース・チーズで
007
娘がやりたがるので
形がいびつ・あまり薄く延びてない・チーズ多すぎ・そしてダッチオーブンのサイズを考慮していない


でも、かまわず投入!
008
思ってるより時間がかかるので
火力不足なのかな?と思い

レシピ見たらがんがんに炭投入してますねw

時間がかかりましたが

なんとか完成
009
いい感じっぽい?

010
火力不足だった割にはちゃんとおいしくできました~

ま、それなら家のオーブンでもいけたんじゃないか?という思いも沸いてきますがw
次回は火力アップでやりたいと思います


それから
嫁様が
「トイレのタイル飽きたわ~」
とか、わけのわからないことを言い出したので

before
001




after
DSCF2112[1]


作業は簡単
厚さ2.5mmのベニヤ板を9cm幅にカットして
白いペンキを塗ったものを貼っていきます
002
気が変わりそうなので両面テープで固定

ペタペタと張っていくとコンセントが邪魔
004
採寸して穴を空け

プレートを通してから
005
奥にネジ止め

実はここまでしか進んでいませんw
013
奥~左壁はまた今度

おしまい



 

ちょこちょことセルフリフォームを進めていますが
記事にするほどのものがありません

しかし、一応記録として経過を残しておきます
020
ずっと手を掛けるところがなかった引き戸
窓枠に手を掛けて開閉していましたが

ついに手をかける部分を取り付けました

彫刻刀で掘り込みを彫って
ステンレスのプレートかぶせて
上下に細かい釘で固定するようになっています

彫るのがめんどくさいだけですが小一時間でできます

まだ家族は窓枠に手を掛けて開閉してるようですが・・・

こんなんでもちゃんとできると気持ちいいですね

019
後は微妙に・・・
生木だったところを元の建具にあわせてウォルナットのオイルステンで塗ったり



016
ブリックタイルをもう少し埋めてみたり

ペンキの部分はやっぱり漆喰にしてみたり 

あとは・・・
023
久々に
025
テーブルでも作ってみようかと思い立ちまして・・・

サイズは92×55.2×37(cm)
高さと奥行きは焚き火テーブルのサイズです
037
良いアイデアが浮かばなかったので
以前作った、くるくるローテーブルの構造でサイズアップ

でも、でっかいと脚が横方向にグラグラしますね・・・

どないしょ




↑このページのトップヘ