インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:DIY > 補修

GWになんとかキャンプに行ってきました~
そのレポはまた後日

そのキャンプ中、ランタンを使おうと思ってポンピングをしたら
手ごたえがスカスカで加圧するのに難儀しました

こりゃポンプカップがだめになったな~ということで

その場でAmazonに注文
P5011912
キャンプから帰ってみると、注文したポンプカップがポストに届いていました

プライム早いな~
P5011913
ポンプカップとプッシュオンナットがセットになって入っています


早速交換していきます
P5011914
まずポンプキャップを外しますが、現行のものと外し方が違います

P5011916
留め金をペンチで広げて外す単なる力業

P5011918
ポンプ部分がすこっと抜けるんで
プッシュオンナットをラジオペンチでぐりぐりとやって外し
ポンプカップを新しいものと交換、
新しいプッシュオンナットを取り付けて交換完了

新旧ポンプカップを比べると多少摩耗している様が見て取れます


で、交換したら手ごたえがビックリするくらい固い!

「いらん事して他のところを壊しちゃったか?!」

と焦り

原因は何かとチェックバルブを覗き込みながら
チェックバルブの中のボールを竹串で押し込んでみた

すると









目に向かって燃料噴射ww

タンクの内圧が高かったようですね

眼鏡しててよかった~



結局

リュブリカントをたっぷり注油したら
いい感じの手ごたえになって一安心しました


おしまい







 

古い車で、いつ調子が悪くなってもおかしくない状態の我が家の車
寒いところ行くと負担が増すのか、なんか車の調子が少し悪くなるような(汗


春休みのスキー行ってる時からですかね~

ドアロックの施錠↔開錠をリモコンですると
運転席のドアロックだけ時々反応しなくなったんですよ


時々反応するからといって
リモコンで締めて、一か八か閉まってるほうに賭けるのは防犯上よろしくないですよね

かといってノブを引いて閉まったか確認するくらいなら
キーを差し込んでドアロックするので
まー面倒くさい

両手に荷物を抱えて帰ってきても
運転席に回って一旦荷物を降ろし
鍵を回して開けてからまた荷物を抱え
バックドアに回りまた一旦荷物を降ろしてからバックドアを持ち上げるとか
不便の極み

原因はドアロックを行うモーターが弱ってるんだろうということで
いろいろ調べてみた

修理に出すと部品代が6,000円くらいで
トータル15,000~20,000円くらいかかる

中には自分で交換する人もいるらしい

ならば、古い車なので多少失敗してもまぁいいやという気持ちと
ちょっとやってみたいという好奇心でDIYしてみることにしました

ヤフオクにちょうど出ていた中古パーツのドアロックアクチュエーターを落札
送料込みで2,600円くらいだったかな

あと
P4100011
「内張はがし」とトルクスレンチT30を購入

2つで1,000円行かないくらい


これあるとバシバシ外れていくんですよ

ちょっと備忘録的に簡単な流れを画像で載せておきます
※明らかに需要がない記事なのでスルー推奨です
P4100013
フロントドアのねじ止めは3箇所
P4100014
パワーウィンドウのスイッチパネルは嵌ってるだけ
コネクター外します

内張りはがしでバコバコ外していきます
P4100015
内側のドアノブに嵌ってるワイヤーを外します

取ってみた感想は
「こんなに簡単にとれるんだ~ビックリ」です


あとは箇条書き

  • アクチュエーターのコネクタを外し、ドア側面にあるナット3か所を外します
  • ドア外側のキーシリンダー部分を外したほうが作業が楽なので、ドア側面のキャップみたいなのを外し、その奥のナットを緩めてキーシリンダー部分を外します
  • フィルムみたいな防水シートを必要な部分だけめくります(上画像の黒い部分が接着剤のようなゴムのような粘着質になっていて一度剥がしてもまた引っ付きます)
※一度剥がしたところは線が乱れてますね
  • 穴から手を突っ込んでアクチュエーターを取り出します(これが狭いのでなかなかスムーズに出てきてくれませんが、何とかうまいことやれば通るはずなので、頑張ります)
  • 取り出せたら新しいものと交換(これも隙間に入れにくいですが、なんかの拍子にうまいこと入りました)
  • あとは逆の手順で元通りに戻していきます


作業が終わったところでリモコンでテスト


おりゃ!


おりゃ!!


えっ!ドアロックが反応しない!! 





しばしフリーズ 
 




あ、ドア開けたままテストしてるやん(テヘ 



ドア閉めたら無事にリモコンで施錠↔開錠できました^^

不慣れながらも所要時間は1時間ほど

先人たちに感謝です

おしまい



と思ったら

パワーウィンドウのオートダウン・アップ機能が使えなくなりました(汗


で、これまた検索

どうやらコネクタを外したら再設定しないといけないみたい

これは非常に簡単で
パワーウィンドウのスイッチを操作して全開から全閉にし
全閉状態になってもそのままスイッチを3秒ぐらい保持しとけば再設定されるみたいです
※注意点は設定したいドアから操作を行うことと、何箇所かやる場合は1箇所ずつやること

無事パワーウィンドウも正常に動作し

今度こそ

おしまい


 



 

この前のお休み
3時間ほどヒマができたので河川敷公園に行ってきました

目的はヴィアゲイトのメンテナンスと設営の練習です

以前から
もうちょっとヴィアゲイトをぱっつんと張りたいと思っていたのですが
小川キャンパルの設営説明書には何のコツも書いてありません
説明書どおりに張ってもぱっつんとならないわけで・・・

不親切な取扱説明書の免罪符として「職人気質」を謳ってるんじゃないか?
と疑ってしまいます

「綺麗な張り方は教わるんじゃない、人が張っているのを見て盗んだり経験と感性で自分で見つけるもんじゃ!」
と職人のおじいさんがブツブツ言ってる光景が目に浮かびます


というわけで説明書を無視して設営してみました
2015-09-14-12-11-51
結果

綺麗に張れました~
次からはこれでいこう

※同じ幕を持っていて悩んでいる方は、もはやいないと思うので設営方法に関してはカットです

1つ目の課題クリア




ここで登場シルネット
image

かしママさんオススメのシームコート剤
2015-09-14-12-12-10
使い方の 2 にある
「チューブにブラシを取り付けてください」
ってところでフリーズしてしまいましたが、結局無視しました
正解を知ってる方は教えてください
2015-09-14-12-40-21
浮いてるテープを剥がしてヌリヌリしました
全部は剥がしていません、その都度やるつもりです

塗った感じはほぼシリコンシーラント
すこしシリコンシーラントよりは柔らかいかな?

シリコンシーラントより乾くのが少し早く、乾いた後の粘着性が少ないので
作業しやすいです

ポリウレタンコーティングを剥がした幕全体にこれを塗れれば防水できそうですが
1幕にいくつシルネットが必要かと思うと現実的ではないですね・・・


施工してて気づいたんですが
フレームを組み立ててからフライを被せる幕体はフレーム付近のシームコートがしにくいです

幕を裏返して設営するか、設営してない状態での施工が良いですね
※ポールスリーブ方式の幕体は普通に設営しても塗りやすいです

というわけでフレーム付近の縫い目は家で作業することにして帰宅


持ちを考えたらシームテープより断然こっちのほうが良いですね
僕もオススメしますw

2つ目の課題なんとかクリア


帰宅したらポストにkazuuraさんからのお届け物が入っていました
2015-09-14-17-10-06
fam autumn issue 2015に付録のミニ焚き火台

近所の本屋はどこも売り切れだったので入手を諦めていたら

「使わないのでどうぞ~」というkazuuraさんのお言葉に甘えて
いただいちゃいました
2015-09-14-17-21-43
思っていたとおり小さいですね

火入れはおいおいと~

ミニ焚き火台のお礼という
3つ目の課題はいつクリアできることやら・・


おしまい
 

 

以前、ブログにアップした画像を見て思った
image
ヘッドライトが黄ばんでるよなぁ~

ま、結構年数逝っちゃってるから仕方ないんだけど
あともう少し乗りたいんですよね


以前
ヘッドライトのバルブを交換したあたりから
急速にヘッドライトレンズの劣化が進んだ気がします

純正のバルブを使ってる頃は黄ばむ気配なかったのに・・・


ひょっとして紫外線を出すライトなの?!


原因を考えてもすでに黄ばんでるものはどうしようもない・・・

と思いながらググって見ると
DIYで綺麗にしてる記事をいくつか発見


「DIYで綺麗にしても、持ちがどうなんだろう?」っていう疑問が残りますが

やってみよう!残りのカーライフを全うさせてあげよう!


てなわけで
まず、マスキング
ボディー削っちゃマズイですからねw
image
#1000の耐水ペーパーで濡らしながら削っていきます

2015-09-03-14-13-13
削りカスを含んだ水が綺麗になるまでゴシゴシ~

すると

黄ばみは取れるけど曇りガラス風になります~

本当に大丈夫か心配になりますけど

慌てずに(削りカスをふき取り)

ラビングコンパウンド荒目でさらにゴシゴシ~

だいぶ曇りが取れてきます


続けて(削りカスをふきt~)
細目でゴシゴシ~


(削りカスをf~)
超細でゴシゴシ~


だいぶと、見られる姿になりました(右ライトだけ)
BlogPaint
もう少し透明度をあげたいところだけど
その腕がないのと

磨き続ける持久力もないのでこの辺で・・・
BlogPaint
ちょっぴり曇ってる気もするけど
黄ばみが取れて気分はスッキリ


いい運動になりました


削った後

24時間濡らさないでっていう表面のコーティングをしたいんだけど
晴れた日がないっていうね・・・

※追記

後日

これでもうちょっと磨いて表面をコーティングしました
image
右目

image
左目

塗布したらしばらく濡らしちゃダメなコーティングをしたら雨ふってきた

おしまい


 

↑このページのトップヘ