インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:キャンプ場 > 大鬼谷オートキャンプ場

前回の続き

に行く前にちょっとだけ施設紹介しておきます
長々と続いた大鬼谷キャンプ場のレポもこれで完結です
あと少しお付き合いくださいませ
ogidani 176
まず管理棟の中から

ogidani 173
受付の奥にある露天風呂
大人300円
小人200円
露天風呂オンリー
雨のときは吹き込みます、冬は寒いのでは・・・
そんなに大きくはありませんので混雑時は大変
受付終了が早いのが難点


ogidani 174
売店の中にはアルコールを含めて飲料もあります
インスタント食品や調味料に加え

ogidani 241
微妙にキャンプ道具も販売しています
レザーケースがちょっと欲しかったりw

薪が一束470円

クロックスっぽいサンダルも売ってたので川でサンダルが流されても平気でしょうか?w


続いてBサイトエリアにあるサニタリー棟
ogidani 219
今までのキャンプ場で一番センス良く綺麗です
ほっとできますよ~

ogidani 220
BBQグリルなどの洗い場も綺麗

ogidani 221
シャワールームの洗面

ogidani 223
コインシャワー200円/4分

ogidani 229
コインランドリー

ogidani 230
いつもピカピカ

ogidani 231
洋式と和式の両方あります


さてさて改めて前回の続き
お風呂から帰ってくるとあたりはだんだん暗くなってきました
BlogPaint

夕食は
子供たちに手伝ってもらって
ダッチDEカレー



しかし


写真無しw



おいしかったですよ~




ただ、量がわからなかった・・・





作りすぎワロタw


何とかこぼさずに持ち帰り

帰宅後の夕食もカレー



食後は花火
BlogPaint


IMG_4372[1]
これ管理棟前でしかできませんので
遠いサイトは不便ですね

そういやこの時は雨降ってなかったんだな~



その後22時に就寝






多分気温は20℃くらいで快適に寝てると

ドーーーンッ!!

午前2時くらいでしょうか

雷の音で目が覚めました

雨もかなり激しい様子

しばらくまどろみながらも雷が気になるので

「近いんやろか?」

「遠ざかってるんかな?」

「それとも近づいてくるんかな?」

「そろそろ治まっていくんかな?」


と雷の様子を伺っていました


するとまた

ドドーーーンンッ!!

こりゃあかん
おちおち寝てられへん

っていうことでお友達にも声を掛けてそれぞれの車で寝ることにしました
午前2時30分くらいだったかな

車の中はテントと違い雷の音もある程度防いでくれます

音は防ぎますが光は防げないので

あまりに「ピカッ」とひかると目が覚めちゃいます

しかし、こんな天気でも平気でテントで寝てる人もまぁまぁ居るんですね~
すごい強心臓・・・っていうか念のため車に避難したほうがいいですよ・・・




ところでピルツってイメージだけは雷落ちそうですよねw

あくまでもイメージですよw

ドームテントだろうがてっこつうだろうがモノポールだろうがリスクはおんなじ様なもんでしょうけど
落ちる場所がイメージしやすいです


その後、車は大丈夫という安心感からかいつの間にか寝てしまい・・・


5時ごろ目がさめたころには雷は収まり、雨も小降りになってました



車で寝るのはしんどいのでテントに移動して2度寝

お友達のところはそのまま車で爆睡してました
初キャンプなのに、雷なのに、車なのに、爆睡ってすばらしい




撤収の朝ですが起きるの遅め
もちろん雨撤収です


夜中の豪雨にTakibi-Tarpは耐えられたのか心配でしたが
特に雨漏りをした様子も無く一安心です
鳥のフンが3箇所ほど付いてたけどね・・・

というわけでTakibi-Tarp TC Wingの防水性能は

購入してすぐの状態だと全然大丈夫!です

後々のことはまだわかりませんのであしからず

しかし山の天気というのか谷の天気というのか
めまぐるしく変わりますな~

雨撤収中でも日が差して暑くなる時間帯もあったり・・・

IMG_4379[1]
そうなると、まだ遊びたいとか言い出す輩が居るわけで・・・
ogidani 188
1時間300円でマウンテンバイクを借りて(ヘルメットも付いてます)
12時のチェックアウトギリギリまで遊びましたよ
ただ息子にピッタリサイズのマウンテンバイクが貸し出し中で
「乗れな~い~」と文句を言ってました

知らんがなw

誰も乗ってくれとは言ってない


というわけで
12時に大鬼谷を出発し

あ、そういえば結構雨降ったと思うんですがキャンプ場内の川を車で渡るところは普通でした


途中、お昼を食べたり、30分ほど仮眠したり
BlogPaint
お約束の宝塚付近の渋滞に巻き込まれ
18時15分に家に到着 


きつい雨がちょいちょい降ったり、雷があったり、ずらずら言われたり、そもそも遠かったり
大変なこともあったけど

充実した3日間(前泊日はカウントせず)でした

広島のお友達と都合が会えば、またしたいと思う大鬼谷でのキャンプでした

おしまい





でも次は絶対Aサイトエリアだ!w 

 

前回の続き

ツリーアドベンチャーが終わって汗だくになってしまった僕
汗を流したくて川に遊びに行くことにしました

念のため子供たちに
「お昼ご飯と、川遊びどっちする?」
と聞くと

全員一致で
「川~!!」

シメシメだぜ
ogidani 242
雨予報ですがまだ晴れてます!

上の場所は車で川を渡る場所の近くにある
プールのようになってる所で
一番深いところで150~160cmくらいかな~
キャンプ場内を流れる川で泳ぐならここ

でもこの日は気温があまり高くなく水に入ると冷たいので
IMG_4341[1]
石を積んでプール作りに励んでました

ogidani 256
水質も十分綺麗ですね
銚子川は異様に綺麗ですが

ちょっとここで子供たちは嫁様に任せ
僕だけ別行動させてもらいます
ogidani 257
簡単な沢登をすれば見れるという滝を目指していざ出発

子供たち連れてでも行けるのか?という調査もかねての単独行

ずんずん上流に進むと
ogidani 265
綺麗な蝶がお出迎え
このあたりは100cmくらいの深さだったかな~
胸まで浸かってたような記憶が・・・ちょっと曖昧

うまいこと端っこを歩けばそんなに水に浸からずに行けたような気もする


さらに進みます
ogidani 264
木漏れ日が綺麗です

ogidani 267
ちょっと足元が滑りやすい箇所もあるのでそれなりの靴で行きましょう

ずんずん行くと
たくさん魚が泳いでるのを簡単に目視できる場所がありました
DSCF0285[1]
写真が悪くてすみません

ただこの場所、川幅が狭く木に覆われていてちょっと日が当たらないので
雰囲気が暗め
水深も深いところで2mくらい
(※この日は)

さすがに一人ではしゃげるほどの能天気さは持ち合わせていませんでしたが
魚捕るなら間違いなくここですよ~って場所でした

この場所は
すごく細い端っこの岩を歩けば足ぐらいの入水でいけたかもしれませんが
小さい子が歩く補助は無理かもしれません
水に浮かべて引っ張るほうが楽かも~
ちょっと冷たいですが・・・

そこからもうちょっと行くと
ogidani 270
ちょっとした滝つぼに到着~

このちょっとした滝つぼくらいまで
子供たちが遊んでるスタート地点から20分くらいでしょうか

ここに来るまでだと蝶が居た辺りと魚が居る辺りが小さい子を連れてるときの難所だと思います
そこさえなんとかなれば・・・

ここまで来るのも子供には結構な冒険かも~


ここでは深さがあるのでちょっと飛び込んだりして遊べますね~

このときは一人だったのと、あまり暑くなかったので
さすがに飛び込みませんでした
ogidani 275
小さな滝を上から見たところ
滑り台的な遊びはできるのでしょうか・・・
一人じゃないときに検証したいと思いますw

完全に森の中なのでちょっと虫も多く
メマトイが鬱陶しかったのもあり先を急ぎます

この滝の左脇にロープがあるので
それをつたって登って上流を目指します

ちょっとした沢登っぽいところもでてきたり
ogidani 271
ここも小さい子を連れてると厳しいでしょうね
滑りやすかったので四つん這いでいったかな~



さて

出発から30分弱








雌滝に到着です




ogidani 272
雨の後だからでしょうか大迫力です!!

でも下の子を連れてここまでくるのは厳しいかな~と思います




こりゃ動画を撮らないといけないでしょ~
ってことで撮影を開始すると








なにやら叫び声が!!!
※もちろん音出ます


ちょ!!

一人だと怖いんですけど!!!
 


もしかしてハイキングコースが近くにある?

ビビッて撮影をとめて後ずさり

でもブロガーとしてもう一回撮影
※音出ます 

一人だったので怖くなり滝つぼに近づく勇気はありませんでした

ブログで読むのだと多分怖さ伝わらないですよねw




帰ってから調べたところ
車で滝の近くまで行けるみたいです

な~んだ!ww

この時、どこかで滝を見てた子供が
川を登ってくる僕を見つけ
逆に怖くて叫んだのかもしれませんね~

叫び声が怖かったので急いで帰り
20分ほどでキャンプ場に到着

雨も降ってきました
ogidani 276
しらかばサイトを通り帰ります

子供たちと合流すると
寒いとか、おなか減ったとかいうのでサイトに戻り
焚き火と昼食
ogidani 278
写真では伝わらないけど
ぼちぼち強めに雨降ってます

流水麺とジャケットポテトっていうのかな?
IMG_4350[1]
ダッチオーブンに放り込んだだけのジャガイモ
変わった品種のジャガイモも食べてみました

皮の色から想像するようにちょっとサツマイモ寄りのジャガイモで
ほんのり甘い不思議なジャガイモでした~

で、流水麺なんですが・・・
これがものっすっごい食感が悪かったんですよね


保存のために冷凍して持ってきたんですが
どうやら冷凍しちゃダメだったようです

大人たちは顔を見合わせ「これ不味いよね!?」
アイコンタクトで子供にばれないようにします

口に出して言っちゃうと
それを聞いた子供は余計食べなくなるので~

ちょっと満足感が得られない昼食を済ませた頃に
移動販売車が登場
ogidani 280
「道の駅たかの」からの出張販売みたいです

ついついお口直しに買っちゃいました
IMG_4351[1]
めっちゃおいしぃ~

でも高いよw

その後キャンプ場近く、車で6分ぐらいの温泉に向かいました
ogidani 281
こちらの温泉
大人350円
小人150円でリーズナブルです

キャンプ場にも露天風呂がありますが
あちらは大人300円・小人200円なのでトータル同じ値段ですね
ogidani 282
内湯1・露天風呂1のこじんまりとしたお風呂ですが
清潔で気持ちいいお風呂でした

ogidani 283
のんびりした後

女の子は雪室に入ってなかったので
BlogPaint
道の駅によってからサイトに戻りました

なんやかんやひんやりしました

続く





前回の続き

雨が降ってきたので川遊びはほどほどにして引き上げてきました

暖を取るのと調理をかねて焚き火開始
ogidani 198
新調したロストル
ピカピカすぎてちょっと恥ずかしい

ogidani 202
豚バラのスモーク

ogidani 203
チーズとちくわの燻製も久々に

夕食の準備をしてると広島在住のお友達母子が到着

早速夕食にしました
BlogPaint
お友達っていうのは
女の子だったんですよね~
幼稚園3年間一緒のクラスで仲良しだったのですが
卒園の時期に広島に引越したので5ヶ月ぶりくらい


久しぶりすぎて恥ずかしい息子
緊張して隣に座ってられません

理由をつけてウロウロ

どんだけシャイボーイやねんw

でも100均の光るブレスレットで盛り上がり、ようやく緊張もほぐれました
BlogPaint

この日の夜はずっと雨が降っていましたが
早朝には止んでいたようです

初キャンプにもかかわらず
お母さんも女の子もぐっすり眠れたみたいで何よりでした

二日目の朝 22℃くらい
BlogPaint

ogidani 217
撤収のない朝はなんて気持ち良いんだろう

BlogPaint
晴れてきたのでハンモックも出しました
これも久々

この日は10時からツリーアドベンチャーを予約していたので
朝食後、場内の遊具で10時まで時間をつぶしました
BlogPaint
ツリーアドベンチャーのウォーミングアップしときましょ

ogidani 236

ogidani 237

BlogPaint
「まだか~、まだか~」とこのときはまだまだ余裕の息子

そんなこんなで10時きっかりにツリーアドベンチャーの受付開始
もちろん有料です
ogidani 247
このツリーアドベンチャーは小学校1年生以上、身長115cm以上で体験が可能です
息子は靴を含み115cmでギリギリセーフ

ま~でも、もうちょっとおっきほうが良いね
BlogPaint
ハーネスをつけるとそれなりに決まってる?w

というわけで、お友達の母子と僕と息子の4人で参加
IMG_4282[1]
最初は軽く~



IMG_4295[1]
徐々に高度を上げて

ogidani 251
う、結構怖いなw
でもがんばれ息子よ

こちらのコース、制限時間は1時間30分
標準的なクリア時間は40分ほど
制限時間内であれば何周してもOKです

最初こそ順調に進みましたが後ろに追いつかれるとプレッシャーがかかります

※命綱がワイヤーにつながれてるので追い抜くことはできません
BlogPaint
この辺から息子のフォローに必死で僕は高いとか、怖いとかいう感覚がありません

怖がって騒ぐ息子をなだめつつ、支えたり
指示したりこっちも必死

そして後ろを見れば渋滞

何とかして進ませたいが

難易度の高い関門にさしかかり

もう限界!となった息子から発せられた言葉が







「もうムリずら~~~!!
(妖怪ウォッチのコマさん風に)


なぜここでコマさん!!


いや、そんなこと言えるあなた、まだ余裕あるんじゃ?

物まねする前にがんばれ

無理な体勢でこっちはフォローしてるというのに

「ムリずら~~!連発


「いや、ちょっと頑張れって!!!」


「ムリずら~~!


「聞~け~よ~!!


「ムリずら~~!!




「うっさい!!!」

「ずらずらいうな!」

ヘルメットの上からたたいてしまいました

※当日現場にいた方には騒がしくして申し訳ございませんでした

抱え込んで無理やり関門を突破しようと思ったけど
どこかで命綱とロープが絡まり行き詰る
IMG_4337[1]
解くために宙吊で待機する息子
この方がよっぽど怖いと思うけど・・・

「もうリタイヤさせてやってくれ」と思いましたが

スタッフの方は
「ここまで来れたのなら
もうチョイ頑張って最後のZIPラインをさせてあげたい」
らしく

かなりフォローしていただきその後の関門も何とかクリア



息子は、怖かったけど最後のZIPラインは楽しいようでした

いろんなところの筋肉を使いへとへとになり
気温25℃とは思えないくらいの汗の量でスタート地点に戻ってくると



「いまのでちょうど1時間半です^^」 




え、そんなにかかったの@@

2周目行きたかったな~



ぜひ体験してみてください~

楽しいですよ 

続く


 

前回の続き

全線開通した松江自動車道のおかげで大鬼谷までの所要時間は
庄原ICから下道でいくより30~40分ほど短縮

無料区間なのでお得です

14時過ぎくらいに
大鬼谷の最寄ICである高野ICを降りてすぐの
「道の駅たかの」に到着
看板はりんごモチーフなんですね
ogidani 159

ogidani 160
比較的新しい施設で高野で人気のスポットです
松江自動車道の無料区間にはSAがないので
SA的な役割も担ってるんでしょう

たくさんの人が利用していました

道の駅の中には
雪を利用した天然の冷蔵庫
ogidani 162
雪室(ゆきむろ)に入ることができます
このときはりんごが保管されてました
意外ですがりんごがちょっと名産っぽいです

BlogPaint
卵と
焚き火用に身が黒いとうもろこしを購入!









でも画像が無いw







焼き上がりの画像も無いw





なぜなら生焼けでおいしくなかったからw



あ、まだ家に1本残ってた・・・


そのうちね、そのうち、うんそのうち


買い物を済ませ
大鬼谷キャンプ場に向けて出発
ogidani 166
「あ、なんか山のほうすごい雲・・・」

キャンプ場付近の道路は1台分の幅ですが
見通しは良いです
ogidani 167

そして道の駅から10分ほど

ついに
ogidani 171


とうちゃく~



子供たちに向けて言ういつもの台詞

「キャンプ場、着いたよ~

も自然とボリュームアップでございます

ほんと遠かった



いや~、しかし天気いいっすね天気予報がうそみたい

ogidani 175
はやる気持ちを抑えきれず管理棟で受付をするために急いで並びます

と思ったらツリーアドベンチャーの受付に並んでいましたw


落ち着け自分w


今回利用したのは流し水道つき・電源無しなので
Bサイトエリアになります
map

地図で言うと管理棟から右手に進み川を渡ります



地図に従って
「えっと、こっちやんな」




と進んだ先には





「えっ!」



BlogPaint
西丹沢の事故があっただけに、ちょっと目を疑いました

が、地図的にはここを通るはず

子供を遊ばせていた奥様に
「ここを通るんですか?」
と恥ずかしながら聞いてみたけど


「さぁ・・・」
Aサイトエリアの方だったようです


恥ずかしいだけw

ogidani 191
増水したら職員の指示も的確みたいだし
緊急の出入り口も使えるみたいで問題は無いようですがビックリしました


ついつい

「ワイルドだろぉ~」

言いたくなります


ちなみにここは自転車で遊ぶ子達の格好の遊び場になってて
何人も水しぶきを上げて横断してました

「なんかすごいね~」とか盛り上がってしゃべってるとサイトに到着
BlogPaint
19番サイト
今回ここに車2台、6人で利用します
※舗装部分にもう1台止めるため奥に駐車しています

大鬼谷オートキャンプ場では基本1サイトに車1台、(タープを除いて)テントは1つまでというお約束
追加で車の台数やテントの数は有料で増やせますが

車、テントの両方を追加する場合はもう1サイト取らなければなりません

節約のためテントは1、でも寝床は2つ用意します

てか、広いね~
今迄で一番かも(フリーサイト貸切を除く)


さっそく設営~

でもその前に
もうこの日は運転しないぞっ!と
ogidani 181
独特なお味ですが
僕は好きです

BlogPaint
大型の幕はこれしかないので防水性能が未知数なTakibi-Tarp TC Wingでリビング作成
寝室はピルツ15

ogidani 183
ハーフインナーで4人
エアライズのインナーに2人
プライバシーの確保もOK
十分寝れます

ogidani 184
大体の設営が完了したところで
汗だく

川で汗を流すことにして

水着に着替え

歩いて5分(もうちょいかかるかも)のさっき通った川を目指します

ogidani 185
って、歩いてる途中で激しいにわか雨w

汗は流せるけど遊べんやないかーw

それでも川に向かいます

IMG_4231[1]

BlogPaint



ogidani 194
娘は道路部分を渡るだけで楽しそう

ogidani 195
あー遊びたかった

残念っ!



寒くなる前にサイトに戻りました
ogidani 201
24℃って涼しい

続く


 

↑このページのトップヘ