元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:スキー > 鷲ヶ岳スキー場

前回の続き


数本滑り娘が疲れてきたので休憩することにしました

お腹もすいたのでセンターハウス3Fのレストランで軽く腹ごしらえ

ここはかなりのキャパがあり席に困ることはなさそうです
BlogPaint
レストランの一角にはDJブースもありゲレンデでかかる曲のリクエストできます

BlogPaint
キッズルームもありました



3人にはのんびり食事してもらって、僕だけ食事を後回しにして一人でチョイ滑り

レインボー第3クワッド→オーロラ第2クワッドを乗り継ぎゲレンデトップを目指します
2017-03-27-10-17-28
途中ゲレンデ最大斜度の「尾根コース」が見えましたが
35度という割に緩そう

そういえば鷲ヶ岳にはコブコースはほとんどありません


そうこうしてるうちにゲレンデトップに到着 
2017-03-27-10-51-48
ここでホワイトピアたかすと接続しています

レインボー第3クワッドリフト降り場からオーロラ第2クワッドリフト乗り場までの
マジカルコースの難易度が高めで
ホワイトピアたかすへの往来を難しくしています


最上部の雪質は、ゲレンデベースとは雲泥の差で
2017-03-27-10-26-52
3月末でこの雪質

驚いたことにまだ、雪なんですw
ザラメではなく湿雪

しかも未圧雪が残ってたりするから驚き
(たぶんあまりそういう志向の人が来るゲレンデではないからでしょう)


距離は短いものの未圧雪の楽しいバーンを満喫です

尾根コースはちょっと物足りない感じ


さ、楽しく滑ったことだし食事でもと戻ってみると
image
「って限定メニュー全部売り切れやん!」

あとはよく見るようなゲレ食だし・・・割高やなぁ


食後はまた4人で滑ったり、息子と2人で滑ったりして
予定より早めの2時に切り上げました
BlogPaint
キッズパークはリフト券を持っていれば利用できるのですが
今回は別料金がかかると勘違いしていたのと、時間もなかったので利用していません

あとセンターハウス1Fには温泉があり
2017-03-27-16-10-03
※写真のガラスのところはプールだった気がしますが、今は営業してないっぽい

リフト券を購入すると温泉割引券ももらえます
なお、今回は別の温泉に行きたかったので利用しませんでした


さて
キャンプ場に向けて出発しましょうか

6分ほどで到着

はやっ!


今回のキャンプ地は
 
NAO明野高原キャンプ場
です
え?知ってた?

県道316号線から管理棟が見えてるんですね
2017-03-27-13-49-39
入り口からもうちょっと奥まったところに管理棟があるほうが気分が盛り上がるんですけどね~
普通に「あ、ここや」って感じ

2017-03-27-13-55-38
薪ストーブのある受付でチェックイン

スキー場の割引券や温泉の割引券なんかも置いてあります

今回の利用料は
サイト料(電源込)4,200円+除雪・暖房協力費800円(中学生以上1人につき)×2
で5,800円

やや高めかなといった感じですが、除雪や圧雪は大変ですからね
通年営業してくれててありがたい

それからゴミの分別がちょっと細かい感じです

缶・瓶・ペットボトルはゴミ捨て場で分別
2017-04-14-23-09-20
燃えるゴミはビニール類・紙類・トレー・プラスチック製品に分別
ゴミ袋をそれぞれ100円で購入して捨てるか持ち帰りです

なんか大変そうなので
追加ゴミ袋は購入せず持ち帰りました
2017-03-27-13-55-57
売店はお菓子・レトルト・インスタント・調味料など
2017-03-27-13-56-17
酒類も多少
売店と受付は早めに閉める的なことを言われましたが
特に必要もなかったので何時か忘れてしまいました

多分冬季はいつもより早めに閉まると思います
2017-03-27-13-56-46
受付横の自販機コーナー・コインシャワー・コインランドリーは24時間開いてます

2017-04-14-23-08-44

それではサイトに向かいます
割り当てていただいたサイトはB-4~6
トリプルサイトっていうところでしょう
3つのサイトがくっついています

その中の一つを適当に使ってくださいとのことでした
2017-03-27-15-05-37
雪のある部分はこのように圧雪されてます
B-5とB-6は雪がありましたが
B-4 部分はあまり雪が無かったので、そこに設営することに
2017-03-28-09-57-04
地面は粘土質な赤土の上に砂利を敷き詰めてあります

若干砂利の粒が大きく、お座敷仕様で膝をつくと痛いことも

土が露出してる場所では
雨が降ったり今回のように雪が溶けたりすると幕が結構汚れます

ペグも使用後は結構土がついてくるのでそのまましまう気になれません


できるだけ汚れないように位置決め
2017-03-27-14-51-53
床面の3割ぐらいは雪の上


今回庇の出入り口は使いませんでした
万が一、夜中に雪が降って庇部分に雪が積もった場合、落としに行くのが億劫なので~
2017_0327_155019_004
そしてハーフインナー
セラミックファンヒーターで温かく寝ようと思うとインナーは必要なんですが
ハーフインナーを使うと2つある出入り口の1つがつぶれちゃうんですよね

この欠点は何とかしてほしい


何とかしてほしいといえば息子の宿題
せっかく雪のあるキャンプ場に来たのに満喫できてませんなw
2017-03-27-15-52-48
石油ストーブのアルパカのみで17℃、外の気温は知りませんw
体感でよければ5℃

お座敷仕様だとお尻は冷えるのでオールウェザーブランケットの上に(電源をつけてない)電気毛布
その上に毛布のようなラグそしてサーマレストZライトソルの座布団

これで大丈夫でした


設営が完了したので場内散歩に行こうかな~というところで


続く








待望の春休み
3月27日~28日にスキーとキャンプに行きました
2017-03-27-10-22-16
春休みの予定を立てる際に




子供達にどこ行きたい?と聞くと

「スキー!」「キャンプ!」
なんともパパ孝行の答え

「スキーとキャンプを一緒に楽しめるとしたらどう?」
とそそのかしてみたら・・・


2人そろって
「それがいい!」


「ふ、子供なんてちょろいもんさ」

積雪量・休みの日程とも好条件の今年
かねてから計画しているプランを実行に移すチャンス到来


問題は嫁様

プレゼンは何とか成功

あとは次につなげれるように何としてもスキー+キャンプを良いものにしなければなりません

それには
入念な下調べと
事前の計画が大事

あと手抜きと妥協も必要


設営して料理もするとなると大変なので
朝食以外は外食で済ませることにしました

そうなると夕食時の飲酒ができないですが、そこは妥協


食事をするお店、温泉、リフト料金を含めてスキー場のリサーチは入念に


そして出来上がったキャンプスケジュール
1日目
  • 6:00        出発
  • 9:00        スキー場到着
  • 9:00~15:00   スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 15:10      キャンプ場到着
  • 15:10~17:00 チェックイン&設営
  • 17:00~19:00 夕食・温泉
  • 19:00      焚き火
  • 21:00      就寝
2日目
の計画は起床以外は1日目が終わってから考える流動的なものでしたが
  • 6:00     起床、朝食
  • 7:00~10:00   撤収作業&場内でソリ遊び
  • 10:00      チェックアウト
  • 10:00~11:00 周辺散策
  • 11:00~11:45 昼食
  • 11:45~12:15 移動
  • 12:15~15:00 スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 18:30      自宅到着、公文へ
結果こんな感じになりました


荷物も多いので
積み込みも早めから準備

 万が一、雪が降った時の事も考えて幕はピルツ15
2017-03-27-05-42-33
寒いのでハードクーラーボックスは不要だから荷室にピルツ15が積めました

ルーフボックスの中は
スキー板×4、スキーブーツ×4、ストック×2、そり、スキーウェアのジャケット×4、薪

一応持っていきたいものはすべて積めました(※忘れ物は除くw


後は計画通りにこなすだけ


当日の朝、6:10出発
2017-03-27-08-45-08
道中、全然雪もなくキャンプ場の雪が無くなってやしないか心配しましたが

白鳥ICを超えたあたりから山の中腹以上に雪が見え始め一安心
「嫁様的にはキャンプ場の雪なんかなくなってしまえばいい」だそうです

予定通り
9:00頃スキー場到着
春シーズンで駐車所場料金が無料になっていました
2017-03-27-09-00-46
高鷲ICを降りて数分で到着してしまいます

コンビニでおにぎりやカップ麺を調達したい場合
ICからスキー場までの道中にコンビニはないので経路をそれて寄り道するか
途中のSAにあるコンビニに立ち寄るかしたほうが良いですね

今回、なんとなくSAのコンビニに寄るのが億劫だったのでパスしました


ちなみに駐車場は微妙に傾斜しており
駐車方向も傾斜に平行なので、車中泊する場合は結構気になると思います


リフト券は
子供のレベル的にホワイトピアまで遠征することもないので
鷲ヶ岳スキー場限定リフト券で大丈夫(少し安い)
2017-03-27-09-22-04
2016~2017シーズン
月曜日がレディースデイで女性はリフト券無料

この日は月曜日、リフト券代を回収できるか疑問な嫁様と娘が無料になりすごく助かります


男チームは事前にヒマラヤ(かな?)で店頭配布されていたクーポンで
大人平日1日券が4300→3100円、子供平日1日券が2000→1500円に

土日祝だったら親子券を買うのがお得かな~
2017-03-27-16-13-53
ICチップ入りのカードで保証金が必要ですが
ここは1000円もかかります、紛失したら泣けますw


鷲ヶ岳スキー場は今年で45周年
奥美濃エリアでは老舗のスキー場ですが古さは感じませんね
2017-03-27-09-12-17
そういえば来るのは15年ぶりくらいかな

2017-03-27-09-36-45
前に来た時は広い一枚バーンとちょっと派生したコースしかないゲレンデといった印象でしたが・・・

今回滑ってみて

子供と滑るのに適した斜面と
ちょっとした時間に一人で滑るのに適した斜面
我が家が丸1日滑るには規模や斜面構成などちょうどいい感じでした


※酔いに注意

2017-03-27-11-25-31
しんちゃんを見つけて子供は大喜び


2017-03-27-09-37-01
非日常の景色とザラメ具合がたまらんっすね~


続く







↑このページのトップヘ