インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ:キャンプ場 > NAO明野高原キャンプ場

前回の続き

チェックアウトしたのが10時

お昼ご飯を予定してるお店のオープンが11時

到着予定時刻が10時12分・・・早すぎる

「道の駅でも行ってお土産見ながら時間つぶそうぜ!」ということになり
そのお店から最も近い道の駅を検索


距離にして400m強



近っ!



持ってるな俺!



でも



道の駅「白鳥」休館日
道の駅にも休みがあるんかっ!

持ってませんでした


仕方ないのでもう少し国道156号線をさかのぼり
次の道の駅発見
2017-03-28-10-39-17
2016年8月にオープンというか道の駅に昇格した「清流の里しろとり」

食品サンプル作りの体験コーナーもあります

今回そんな時間はありませんので体験はパスして
物販棟を覗いてみました
2017-03-28-10-42-05
ツ、ツリーハウス?
2017-03-28-10-41-22
まげわっぱやくりぬき弁当箱の豊富さにちょっと感動

館内には野菜やおみやげ物の販売、アウトドアショップ(ウェア・ザック中心)が入ってました

結局何も買いませんでしたが
「ここでサンプル作りはアリやな」と脳内のいつか行くかもフォルダにしまい込みました
よくデータが破損します


ちょうどいい時間になったので
昼食予定のお店に向かいます


2017-03-28-10-55-18
本日の昼食は「さんたべーる」

古民家風の雰囲気のいい建物
2017-03-28-10-57-06
オシャレな店内にイタリアンが中心のメニュー

そんなところにスキーウェアな我が家w
2017-03-28-11-05-45
前菜と自家製パン(パンはお代わり自由)
2017-03-28-11-17-25
味は平均的ですが
お代わり自由なパン・サラダ・前菜・スープ・ドリンクついてるのでコスパはまずまずですね
何より店の雰囲気が◎


さて食べ終わったのでスキー場に向けて出発



この日、滑る場所に選んだのは
スノーウェーブパーク白鳥高原

雪が降ったときにこの道を走るのはちょっとしんどいな・・・



ぐんぐん高度を上げていき
さんたべーるから20分ほどで到着
2017-03-28-12-20-37
対面にウィングヒルズ白鳥リゾートが見えます

2日目にここを選んだ最大の理由は料金

2016~2017シーズンは月・火・水がレディースデイで女性無料

しかも全日、大人のリフト券(1日券/半日券)1枚につき子供2人まで無料という
家族で滑るのにとてもありがたい料金設定
そうへさんのブログで知りました
2017-03-28-12-41-38
つまり今回、午後券で家族4人滑るのにかかる料金は・・・

たったの2,000円

だがしかしリフト券売り場は封鎖w

シーズン終了間際の平日で来場者も少なく
人員削減のため売店で販売されてました
2017-03-28-12-41-45
そしてスクールはこんな感じ
利用者が少ない感じが表れてますね

ゲレンデのほうはというと
2017-03-28-12-54-49
フード付きクワッドリフト1本でほぼ完結しています


コースは夏場ゴルフ場になっている場所をスキー場として利用しているので
段々畑のような感じです
あまりコースというものが無くスキー場内なら基本的にどこ滑ってもOK
2017-03-28-13-01-02
あまり急斜面はないですが

新雪が降れば一瞬現れる急斜面とかそれなりに楽しいでしょうね

ただ、そうなるとアクセス道が厳しいというジレンマ
2017-03-28-13-01-13
パークはそれなりに

特にオペレーションもないのでこちらも基本自由
2017-03-28-13-28-57
ゲレンデトップから隣の山を見る
「あ~あっちも気持ちよさそうやな」

2017-03-28-12-54-54
キッズパークはこんな感じ
特に遊具などはないみたい
ま、無料ですからね

2017-03-28-14-42-35
午後3時ごろ「最後の1本を滑ろうか~」というところで天気が急変
分厚い雲に覆われて横殴りの吹雪に!

3月も末だというのに雪ってw


こうなると娘のテンションはダダ下がりなので、とっとと退散しました

帰路は多少渋滞したものの
ぼちぼち予定通りに自宅に到着

車の中で寝ていた子供たちは元気に公文に行ってくれました



そして審判の時


嫁様にスキー+キャンプの感想を聞くと
「無し寄りのアリやな」 


ということで大成功!でした
え、都合よく解釈してるって?




子供たちにも感想を聞くと
「また来週もしたい!」 


いやそれは勘弁して


まーでも確かに疲れるけどそれ以上の充実度というか満足感はありました

反動で、何のアクティビティもないキャンプが物足りなくなるんじゃないかという不安がw



おしまい 


 



 

前回の続き

まだ夕食には時間があったのものの
温泉→夕食という行程は嫁様の都合により却下

場内散歩で時間をつぶすことにしました

ちなみにこの日、キャンプ場の利用は我が家を含めて2組
2017-03-27-15-11-37
キャンプ場内、車道の雪は無くなっていました

あまり使われていないサイトは雪が残っています
2017-03-27-15-13-27
圧雪は予約状況により行われると思うので
サイトにより未圧雪状態で遊べる場所もあります

この日はズボズボ脛まで埋まって、遊んでいるとザラメ雪が靴の中に入って大変でした

ハイシーズンにスノーシューで遊ぶのも楽しいかもですね

割り当てられたサイトの近くにはトイレと炊事場がありました
2017-03-27-15-15-37
炊事場はほかにも数か所
トイレは管理棟とテントサイトの奥のほうにも1か所あります

ここしか見てませんが十分綺麗でした
2017-03-27-15-15-53
天気の悪い日は土で汚れるかもしれませんね
あと個室は和式でした、女性のほうは洋式がひとつあるみたいです

トイレの反対側に炊事場
2017-03-27-15-17-25
冬場利用にはありがたいお湯が出ます

管理等の付近には遊具と馬場
2017-03-27-15-24-59

IMG_9055
ま、この時期なら雪で遊ぶほうが楽しいですね

管理棟付近にディノアドベンチャーライドの乗り場があったんですが
今年はメンテナンスのため営業しないようで、封鎖されてました
2017-03-27-15-30-22
そして馬場の奥の方にゴミ捨て場
遠いので、頻繁に捨てには行きませんね

炭や灰は炊事場のペール缶かドラム缶だったかに捨てられます
2017-03-27-15-23-37
もちろん馬小屋もあります
覗けましたが、入れないようになってました

そろそろサイトに引き返します
2017-03-27-15-31-29
これは多分O-1サイト
まずまず広いですね

2017-03-27-15-30-49
今回のような利用ならバンガローでもいいような気がしますが
テントサイトと4人用バンガローの差額は日程により10,700~7,300円

でも、そんだけ出すならもうチョイ足してペンションなり民宿に泊まるかな


そんなこんなで時刻は16時過ぎ
2017-03-27-16-12-25
スキー場でリフト券を購入した際に45周年くじをもらったんですが

当選番号の発表が16時以降だったのでもう一度行くことにしました
(駐車場が無料なのでこういうこともできますね)


もちろん外れですけどw


で16時45分ちょっとフライングして夕食予定の「だいわ食堂」に到着
駐車場に車を停めて、オープンまで待つつもりでいたら
オーナーさんが「今からいいよ」と声をかけてくれました
※本来は17時オープン
2017-03-27-16-50-18
ラッキー^^一番乗り
この日は18時から予約が埋まってるようで、後から来たお客さんは入れなかったみたい
なかなか人気ですね

外観は暖簾がかかってないとあまり店舗という感じがしません
2017-03-27-16-55-08
綺麗な店内

ここの名物は「ケイチャン」と「ホルモン」
うどんのトッピングで頂きました
2017-03-27-17-05-12
どちらも美味しいですが、特にホルモンがめちゃウマ~
まだまだ食べたりなかったのでホルモン(これもうどんトッピング)を追加してしまいました

お肉・もやし味・キャベツ・うどんを炒めてから
味噌を投入して味付けするんですが、入れすぎには注意です
追加のホルモンは、最初の分の味が残ってたのか味噌の入れすぎかでちょっと濃すぎました

運転があり、お酒を飲めないのだけが残念でなりません


この辺で美味しそうな飲食店を調べると
「だいわ食堂」「よーらく」あたりがヒットするかと思いますが
「よーらく」は定休日だったんですよね~
そっちも機会があれば行ってみたいです

そして食後は「だいわ食堂」からすぐの湯の平温泉に
(車で3分、徒歩でも13分ほど)
2017-03-27-17-32-10
なんとなく露天風呂に入りたくなったので決めました
割引券利用で大人600→500円
小学生未満は無料です

利用者が多いので土日や時間帯によってはなかなか混雑しますが
泉質もヌルヌルの温泉らしさがあり、露天風呂も広めで気持ちよかったです
空いてる時間に行けるならオススメします



サイトに戻ってきたのは19時前
ま~予定通りですね
2017-03-27-18-58-47
宿題をするのでLEDランタン多めでありますw
(電池が弱っているので1個1個の明るさが微妙)
2017-03-27-18-51-21
ヘッデンまで投入
2017-03-27-20-30-49
換気用のベンチレーターはそれなりに開けてますが
セラミックファンヒーターとアルパカストーブで幕内は20℃

ただ、この時点で電気毛布の一つが壊れてることも判明w

息子は宿題
嫁様はそれの監視

ということで僕と娘は焚火
2017-03-27-19-18-55
サイトに落ちていた大量の杉の葉が焚き付け
火付きが良く、かんたんに薪に火が付きます
2017-03-27-19-41-05
焚火は楽しいのもあるけど
廃材を処分したいというのが第一
さっさと燃やしてさっさと幕の中に引きこもります

P3270483
星空撮影の練習もしたかったんですが、外は寒くて1枚だけw


あ、そうそう
電気毛布が壊れていたので念のため湯たんぽ使おうと思ったら
痛恨のケトル忘れ

管理棟でレンタルしようと思って19時20分ごろに行ったらもう閉まってました

ちょっと不安でしたが
セラミックファンヒーター弱600Wだけで快適に寝れました
2017-03-28-06-15-39
朝6時過ぎ起床
2017-03-28-06-01-23
幕内の温度1℃(インナーの中は測っていません)、外の気温-2℃でした


寒い朝はコーヒーが飲みたく・・・




ってケトルがありません


代わりになるものといえば・・・


2017-03-28-07-07-21
シェラカップ買ってから初めて火にかけました

ちょっとワイルドなシェラカップになった気分

朝食を簡単に済ませ
後は撤収作業をしながら雪遊び
2017-03-28-08-35-15
雪の残ってるサイトで遊びます
2017-03-28-08-28-52
「押すなよ!押すなよ!」

積載の関係で「ソリは無理かな~」と思いましたが諦めずに持ってきてよかった

ソリはマストアイテムですw
雪質が良くない為、ヒップソリでは滑りません


天気も良く、干せるものは干します

地面に接するものはどうしても汚れますが洗って干すほどの時間もないので
その辺は割り切って汚れたままさっさと畳みます
(もちろん乾燥キャンプの予定を翌週に組んでます)

10時前撤収完了!
2017-03-28-09-57-04
そういやテントとスキー板の絵が欲しかったのに
ずっとキャリアに乗っけたままだったことにブログを書いてて気づいたw


さぁ~2日目も遊ぶぞ!


続く


 




 

前回の続き


数本滑り娘が疲れてきたので休憩することにしました

お腹もすいたのでセンターハウス3Fのレストランで軽く腹ごしらえ

ここはかなりのキャパがあり席に困ることはなさそうです
BlogPaint
レストランの一角にはDJブースもありゲレンデでかかる曲のリクエストできます

BlogPaint
キッズルームもありました



3人にはのんびり食事してもらって、僕だけ食事を後回しにして一人でチョイ滑り

レインボー第3クワッド→オーロラ第2クワッドを乗り継ぎゲレンデトップを目指します
2017-03-27-10-17-28
途中ゲレンデ最大斜度の「尾根コース」が見えましたが
35度という割に緩そう

そういえば鷲ヶ岳にはコブコースはほとんどありません


そうこうしてるうちにゲレンデトップに到着 
2017-03-27-10-51-48
ここでホワイトピアたかすと接続しています

レインボー第3クワッドリフト降り場からオーロラ第2クワッドリフト乗り場までの
マジカルコースの難易度が高めで
ホワイトピアたかすへの往来を難しくしています


最上部の雪質は、ゲレンデベースとは雲泥の差で
2017-03-27-10-26-52
3月末でこの雪質

驚いたことにまだ、雪なんですw
ザラメではなく湿雪

しかも未圧雪が残ってたりするから驚き
(たぶんあまりそういう志向の人が来るゲレンデではないからでしょう)


距離は短いものの未圧雪の楽しいバーンを満喫です

尾根コースはちょっと物足りない感じ


さ、楽しく滑ったことだし食事でもと戻ってみると
image
「って限定メニュー全部売り切れやん!」

あとはよく見るようなゲレ食だし・・・割高やなぁ


食後はまた4人で滑ったり、息子と2人で滑ったりして
予定より早めの2時に切り上げました
BlogPaint
キッズパークはリフト券を持っていれば利用できるのですが
今回は別料金がかかると勘違いしていたのと、時間もなかったので利用していません

あとセンターハウス1Fには温泉があり
2017-03-27-16-10-03
※写真のガラスのところはプールだった気がしますが、今は営業してないっぽい

リフト券を購入すると温泉割引券ももらえます
なお、今回は別の温泉に行きたかったので利用しませんでした


さて
キャンプ場に向けて出発しましょうか

6分ほどで到着

はやっ!


今回のキャンプ地は
 
NAO明野高原キャンプ場
です
え?知ってた?

県道316号線から管理棟が見えてるんですね
2017-03-27-13-49-39
入り口からもうちょっと奥まったところに管理棟があるほうが気分が盛り上がるんですけどね~
普通に「あ、ここや」って感じ

2017-03-27-13-55-38
薪ストーブのある受付でチェックイン

スキー場の割引券や温泉の割引券なんかも置いてあります

今回の利用料は
サイト料(電源込)4,200円+除雪・暖房協力費800円(中学生以上1人につき)×2
で5,800円

やや高めかなといった感じですが、除雪や圧雪は大変ですからね
通年営業してくれててありがたい

それからゴミの分別がちょっと細かい感じです

缶・瓶・ペットボトルはゴミ捨て場で分別
2017-04-14-23-09-20
燃えるゴミはビニール類・紙類・トレー・プラスチック製品に分別
ゴミ袋をそれぞれ100円で購入して捨てるか持ち帰りです

なんか大変そうなので
追加ゴミ袋は購入せず持ち帰りました
2017-03-27-13-55-57
売店はお菓子・レトルト・インスタント・調味料など
2017-03-27-13-56-17
酒類も多少
売店と受付は早めに閉める的なことを言われましたが
特に必要もなかったので何時か忘れてしまいました

多分冬季はいつもより早めに閉まると思います
2017-03-27-13-56-46
受付横の自販機コーナー・コインシャワー・コインランドリーは24時間開いてます

2017-04-14-23-08-44

それではサイトに向かいます
割り当てていただいたサイトはB-4~6
トリプルサイトっていうところでしょう
3つのサイトがくっついています

その中の一つを適当に使ってくださいとのことでした
2017-03-27-15-05-37
雪のある部分はこのように圧雪されてます
B-5とB-6は雪がありましたが
B-4 部分はあまり雪が無かったので、そこに設営することに
2017-03-28-09-57-04
地面は粘土質な赤土の上に砂利を敷き詰めてあります

若干砂利の粒が大きく、お座敷仕様で膝をつくと痛いことも

土が露出してる場所では
雨が降ったり今回のように雪が溶けたりすると幕が結構汚れます

ペグも使用後は結構土がついてくるのでそのまましまう気になれません


できるだけ汚れないように位置決め
2017-03-27-14-51-53
床面の3割ぐらいは雪の上


今回庇の出入り口は使いませんでした
万が一、夜中に雪が降って庇部分に雪が積もった場合、落としに行くのが億劫なので~
2017_0327_155019_004
そしてハーフインナー
セラミックファンヒーターで温かく寝ようと思うとインナーは必要なんですが
ハーフインナーを使うと2つある出入り口の1つがつぶれちゃうんですよね

この欠点は何とかしてほしい


何とかしてほしいといえば息子の宿題
せっかく雪のあるキャンプ場に来たのに満喫できてませんなw
2017-03-27-15-52-48
石油ストーブのアルパカのみで17℃、外の気温は知りませんw
体感でよければ5℃

お座敷仕様だとお尻は冷えるのでオールウェザーブランケットの上に(電源をつけてない)電気毛布
その上に毛布のようなラグそしてサーマレストZライトソルの座布団

これで大丈夫でした


設営が完了したので場内散歩に行こうかな~というところで


続く








待望の春休み
3月27日~28日にスキーとキャンプに行きました
2017-03-27-10-22-16
春休みの予定を立てる際に




子供達にどこ行きたい?と聞くと

「スキー!」「キャンプ!」
なんともパパ孝行の答え

「スキーとキャンプを一緒に楽しめるとしたらどう?」
とそそのかしてみたら・・・


2人そろって
「それがいい!」


「ふ、子供なんてちょろいもんさ」

積雪量・休みの日程とも好条件の今年
かねてから計画しているプランを実行に移すチャンス到来


問題は嫁様

プレゼンは何とか成功

あとは次につなげれるように何としてもスキー+キャンプを良いものにしなければなりません

それには
入念な下調べと
事前の計画が大事

あと手抜きと妥協も必要


設営して料理もするとなると大変なので
朝食以外は外食で済ませることにしました

そうなると夕食時の飲酒ができないですが、そこは妥協


食事をするお店、温泉、リフト料金を含めてスキー場のリサーチは入念に


そして出来上がったキャンプスケジュール
1日目
  • 6:00        出発
  • 9:00        スキー場到着
  • 9:00~15:00   スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 15:10      キャンプ場到着
  • 15:10~17:00 チェックイン&設営
  • 17:00~19:00 夕食・温泉
  • 19:00      焚き火
  • 21:00      就寝
2日目
の計画は起床以外は1日目が終わってから考える流動的なものでしたが
  • 6:00     起床、朝食
  • 7:00~10:00   撤収作業&場内でソリ遊び
  • 10:00      チェックアウト
  • 10:00~11:00 周辺散策
  • 11:00~11:45 昼食
  • 11:45~12:15 移動
  • 12:15~15:00 スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 18:30      自宅到着、公文へ
結果こんな感じになりました


荷物も多いので
積み込みも早めから準備

 万が一、雪が降った時の事も考えて幕はピルツ15
2017-03-27-05-42-33
寒いのでハードクーラーボックスは不要だから荷室にピルツ15が積めました

ルーフボックスの中は
スキー板×4、スキーブーツ×4、ストック×2、そり、スキーウェアのジャケット×4、薪

一応持っていきたいものはすべて積めました(※忘れ物は除くw


後は計画通りにこなすだけ


当日の朝、6:10出発
2017-03-27-08-45-08
道中、全然雪もなくキャンプ場の雪が無くなってやしないか心配しましたが

白鳥ICを超えたあたりから山の中腹以上に雪が見え始め一安心
「嫁様的にはキャンプ場の雪なんかなくなってしまえばいい」だそうです

予定通り
9:00頃スキー場到着
春シーズンで駐車所場料金が無料になっていました
2017-03-27-09-00-46
高鷲ICを降りて数分で到着してしまいます

コンビニでおにぎりやカップ麺を調達したい場合
ICからスキー場までの道中にコンビニはないので経路をそれて寄り道するか
途中のSAにあるコンビニに立ち寄るかしたほうが良いですね

今回、なんとなくSAのコンビニに寄るのが億劫だったのでパスしました


ちなみに駐車場は微妙に傾斜しており
駐車方向も傾斜に平行なので、車中泊する場合は結構気になると思います


リフト券は
子供のレベル的にホワイトピアまで遠征することもないので
鷲ヶ岳スキー場限定リフト券で大丈夫(少し安い)
2017-03-27-09-22-04
2016~2017シーズン
月曜日がレディースデイで女性はリフト券無料

この日は月曜日、リフト券代を回収できるか疑問な嫁様と娘が無料になりすごく助かります


男チームは事前にヒマラヤ(かな?)で店頭配布されていたクーポンで
大人平日1日券が4300→3100円、子供平日1日券が2000→1500円に

土日祝だったら親子券を買うのがお得かな~
2017-03-27-16-13-53
ICチップ入りのカードで保証金が必要ですが
ここは1000円もかかります、紛失したら泣けますw


鷲ヶ岳スキー場は今年で45周年
奥美濃エリアでは老舗のスキー場ですが古さは感じませんね
2017-03-27-09-12-17
そういえば来るのは15年ぶりくらいかな

2017-03-27-09-36-45
前に来た時は広い一枚バーンとちょっと派生したコースしかないゲレンデといった印象でしたが・・・

今回滑ってみて

子供と滑るのに適した斜面と
ちょっとした時間に一人で滑るのに適した斜面
我が家が丸1日滑るには規模や斜面構成などちょうどいい感じでした


※酔いに注意

2017-03-27-11-25-31
しんちゃんを見つけて子供は大喜び


2017-03-27-09-37-01
非日常の景色とザラメ具合がたまらんっすね~


続く







↑このページのトップヘ