前回の続き

チェックアウトしたのが10時

お昼ご飯を予定してるお店のオープンが11時

到着予定時刻が10時12分・・・早すぎる

「道の駅でも行ってお土産見ながら時間つぶそうぜ!」ということになり
そのお店から最も近い道の駅を検索


距離にして400m強



近っ!



持ってるな俺!



でも



道の駅「白鳥」休館日
道の駅にも休みがあるんかっ!

持ってませんでした


仕方ないのでもう少し国道156号線をさかのぼり
次の道の駅発見
2017-03-28-10-39-17
2016年8月にオープンというか道の駅に昇格した「清流の里しろとり」

食品サンプル作りの体験コーナーもあります

今回そんな時間はありませんので体験はパスして
物販棟を覗いてみました
2017-03-28-10-42-05
ツ、ツリーハウス?
2017-03-28-10-41-22
まげわっぱやくりぬき弁当箱の豊富さにちょっと感動

館内には野菜やおみやげ物の販売、アウトドアショップ(ウェア・ザック中心)が入ってました

結局何も買いませんでしたが
「ここでサンプル作りはアリやな」と脳内のいつか行くかもフォルダにしまい込みました
よくデータが破損します


ちょうどいい時間になったので
昼食予定のお店に向かいます


2017-03-28-10-55-18
本日の昼食は「さんたべーる」

古民家風の雰囲気のいい建物
2017-03-28-10-57-06
オシャレな店内にイタリアンが中心のメニュー

そんなところにスキーウェアな我が家w
2017-03-28-11-05-45
前菜と自家製パン(パンはお代わり自由)
2017-03-28-11-17-25
味は平均的ですが
お代わり自由なパン・サラダ・前菜・スープ・ドリンクついてるのでコスパはまずまずですね
何より店の雰囲気が◎


さて食べ終わったのでスキー場に向けて出発



この日、滑る場所に選んだのは
スノーウェーブパーク白鳥高原

雪が降ったときにこの道を走るのはちょっとしんどいな・・・



ぐんぐん高度を上げていき
さんたべーるから20分ほどで到着
2017-03-28-12-20-37
対面にウィングヒルズ白鳥リゾートが見えます

2日目にここを選んだ最大の理由は料金

2016~2017シーズンは月・火・水がレディースデイで女性無料

しかも全日、大人のリフト券(1日券/半日券)1枚につき子供2人まで無料という
家族で滑るのにとてもありがたい料金設定
そうへさんのブログで知りました
2017-03-28-12-41-38
つまり今回、午後券で家族4人滑るのにかかる料金は・・・

たったの2,000円

だがしかしリフト券売り場は封鎖w

シーズン終了間際の平日で来場者も少なく
人員削減のため売店で販売されてました
2017-03-28-12-41-45
そしてスクールはこんな感じ
利用者が少ない感じが表れてますね

ゲレンデのほうはというと
2017-03-28-12-54-49
フード付きクワッドリフト1本でほぼ完結しています


コースは夏場ゴルフ場になっている場所をスキー場として利用しているので
段々畑のような感じです
あまりコースというものが無くスキー場内なら基本的にどこ滑ってもOK
2017-03-28-13-01-02
あまり急斜面はないですが

新雪が降れば一瞬現れる急斜面とかそれなりに楽しいでしょうね

ただ、そうなるとアクセス道が厳しいというジレンマ
2017-03-28-13-01-13
パークはそれなりに

特にオペレーションもないのでこちらも基本自由
2017-03-28-13-28-57
ゲレンデトップから隣の山を見る
「あ~あっちも気持ちよさそうやな」

2017-03-28-12-54-54
キッズパークはこんな感じ
特に遊具などはないみたい
ま、無料ですからね

2017-03-28-14-42-35
午後3時ごろ「最後の1本を滑ろうか~」というところで天気が急変
分厚い雲に覆われて横殴りの吹雪に!

3月も末だというのに雪ってw


こうなると娘のテンションはダダ下がりなので、とっとと退散しました

帰路は多少渋滞したものの
ぼちぼち予定通りに自宅に到着

車の中で寝ていた子供たちは元気に公文に行ってくれました



そして審判の時


嫁様にスキー+キャンプの感想を聞くと
「無し寄りのアリやな」 


ということで大成功!でした
え、都合よく解釈してるって?




子供たちにも感想を聞くと
「また来週もしたい!」 


いやそれは勘弁して


まーでも確かに疲れるけどそれ以上の充実度というか満足感はありました

反動で、何のアクティビティもないキャンプが物足りなくなるんじゃないかという不安がw



おしまい