インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ: 車中泊

車を乗り換えたこともあり

夏の旅行では車中泊をしたわけですが

その方法について備忘録を兼ねて記事にします


まず、我が家は子供が9歳と5歳と小さく
家族4人寝るのに必要な空間はやや小さめでも大丈夫(広いにこしたことはないが)なので

  • 2~3列をフルフラット化してそこに3人寝る
  • 1列目を横にフラットにして背の低い人が1人寝る
ことにしました

2段ベッド化は製作が間に合わなかったりコストがかかることから今回は見送り
子供が成長し、窮屈になったら考えます


そんなわけで2~3列をフラットにした空間に入りそうで
それなりに厚くコスパ良さそうなインフレータブルマットを購入
2017-07-28-19-53-53
もちろんキャンプでも使えます
車中泊→キャンプの場合は兼用できるので、荷物の増加が抑えられます

2017-07-28-19-52-32


一番狭い場所に合わせて110㎝幅のものを選びましたが
幅はあと10㎝あったほうがもっとピッタリしたかも

でもよくある幅は130㎝で、それだと入らなさそう

とりあえず
2~3列のフルフラットで
幅120㎝奥行き220㎝ほどの空間ができます
シートの段差はシュラフやラグ、グランドシートなどで埋めました


車中泊からのキャンプで積載場所に困るのがクーラーボックスなんですが
3列目シートの下側にイグルーマックスコールドが
ちょうど入ったのはラッキーでした

残念ながらモビクーは入らなかったんですけどね・・・


それから1列目の寝床
2017-08-28-17-55-40
ウォークスルー部分を埋める箱を直前に作りました
2017-08-28-23-09-14
まぁただの箱です
材料も家に転がっていた端材なので見た目はお察し

2017-08-28-23-09-39
よっぽどでない限り上に乗っても壊れ無いと思うw

もちろん中にはキャンプ道具を収納
2017-08-28-23-10-22
ごちゃごちゃしがちな明かり関係をまとめています
中身は
ハリケーンランタン、ジェントス777×2、灯油缶、ルミエールランタン
ヘッドライト×4、小型ランタン×2、OD缶、ケロシンランタン用具、チャッカマン、茶缶等

キャンプ中、サイトにはこの箱ごと置いてました


箱の高さはシートベルトの差し込み部分の高さに合わせたので
2017-08-28-17-57-26
シートには嵩上げするマットが必要です

今夏は銀マットを重ねてちょうどいいサイズのマットを1つ作り
もう一方のシートはサーマレストZライトソル(5つに切ったやつ)を重ねて
大体のレベルを出し、よしとしました

これで1列目に140~145㎝くらいの奥行きの寝床ができるので
これまた家にちょうどあった150㎝のマットが何とか収まります

背もたれをできるだけ倒すと広々感がアップ

ここで身長130㎝未満の息子が寝ましたが、後ろの3人よりも快適に寝ていましたよ



おしまい






前回の続き

軽食をキャンプ場で食べたものの
10時ごろだったので、またお腹が空いてきました

能登島大橋すぐそばの
「お食事処 みず」で遅めの昼食
2017-08-07-14-01-19

ちょっと見た目がアレですが・・・

内装も抵抗ある人もいるかとは思いますが・・・

リーズナブルな人気店です
2017-08-07-14-05-30
日によって単品メニューで岩ガキ(生)やアワビ、焼きホタテなどもあります

僕は刺身定食と単品のホタテを食べましたが
定食は想像通りいわゆる大衆食堂的なものでした
ホタテが美味しかったので単品メニューは当たりもありそうな雰囲気

息子はチーズハンバーグ定食
2017-08-07-14-19-49
600円でこのボリューム

定食のメイン以外はセルフサービスで
小鉢は数種類あるおかずやフルーツの中から3つ選びます

説明は特にないので要注意ですw



食後は島から本州にわたってすぐの和倉温泉「総湯」へ
2017-08-07-15-05-10
とても立派な建物

2017-08-07-15-06-26
綺麗で広々とした施設です

2017-08-07-15-16-06
そして何よりお値段が安め

露天・サウナもあります
しょっぱい温泉ですが飲用も可です

92℃の源泉を熱交換器によって無加水で使っていて
この日の温度設定は41℃~42℃でした



温泉の後は
2017-08-07-15-59-53
お土産とスイーツを求めて
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」
ついでに併設されてる「辻口博啓 美術館」
※もとは「角 偉三郎 美術館」だったようですね


入店するには少し待ち時間があったので
まず美術館から
2017-08-07-16-00-57
「これが食べられる物!」という驚きはありますが

展示品よりやっぱりその時食べれるもののほうが興味あるわけで
2017-08-07-16-11-36
どれもとても綺麗なスイーツで
「食べるのがもったいない~」とか言いながら食べるのが良いわけでw

2017-08-07-16-15-58
店内からは能登島大橋が一望できます
台風が近づいてきてるみたいで波も出てきて天候が怪しくなってきました

このままのんびりと帰宅しようかと思ったんですが
子供らの猛烈な
「明日もどこか行きたい!」コール

チラッと牛岳パノラマオートキャンプ場も考えましたけど
この天気じゃ眺望も望めないしで

車中泊を一泊延長
(キャンプの荷物は一応積んでいるけどさすがにちょっと不安)
行けるときに行っとかないと、どんどん行けなくなるし、仕方ないね


翌日の天気や
雨でも大丈夫そうな目的地
車中泊する場所、経路を考えながら
2017-08-07-18-07-09
「北陸にきたらやっぱり秋吉食べたいね」ってことで

秋吉砺波店で夕食

久々に食べたけどやっぱりコスパ高い

でもでも
このあとも運転があるのでノンアルなのがつらいところ

車中泊の旅はこれがつらいなぁ~


で、この日の車中泊場所は
飛騨白川PA

前日の教訓を生かして標高が高めでトラックがあまり居なさそうなところです
その代わり施設は最低限

利用客がほとんどいなくて天気が悪いのもあって不安ですが、おやすみなさい~


・・・


無事朝6時50分ごろ起床

雨音以外は不満もなく
窮屈ながらも睡眠はしっかりと取れました


台風もどっかいったようなので
このまま天気が良くなってくれれば言うこと無しなんですけどね~

それでも天気予報はあまりよろしくないw


というわけで

雨でも楽しめそうなところとして白川郷にやってきました

2017-08-08-08-51-06
まず展望台まで車で行って写真撮影

靄がかっていて良い雰囲気です

それから駐車場に車を停めて散策しようと思ったら
2017-08-08-09-17-46
駐車料金が1000円に値上がりしてたΣ

駐車場手前で「たけーなとか」考えていたら
蕎麦屋「脇本」の店員さんが
2017-08-08-10-44-05
「お店で食事してくれるなら、観光の間駐車してていいですよ」と案内してくれました

お店の評判とか調べる暇がなかったけど
まぁ蕎麦も食べたかったし、ここでお世話になろうということで

車を停めて先に観光させてもらいました

2017-08-08-10-40-15
村営の駐車場からつり橋を渡って合掌造りの集落へ
庄川も思ったほど増水してない

2017-08-08-09-25-12

2017-08-08-09-41-10
雨もまた雰囲気のいい白川郷

2017-08-08-09-48-12
現在も居住中で大部分のエリアを一般公開している和田家も見学
大人300円/小人150円

白川郷にはいくつか有料の見学施設があり、全部見て回るのは時間的にも金銭的にもしんどいですが
多少は見学したほうが良いですね

中でも和田家が一押し
だと思うw
2017-08-08-09-48-40

2017-08-08-09-49-31
内部構造がよくわかります
2017-08-08-09-50-17
1Fに白川郷での暮らしについて娘さんがまとめたレポートが置いてあったりして
「5年生でこんなことが書けるのか・・・」とためになったりため息ついたり
息子の自由研究のクオリティたるや

それから白山八幡神社
何のかは知らないが聖地巡礼に来てる人もいました
2017-08-08-10-20-59
コチラも有料施設があり(大人300円/小人100円)
最後にどぶろくの試飲もできます

どぶろくは甘めでどろっとしていて個性が強いですが
ハマる人はかなりハマるようですね~


2時間ほど散策してお腹がすいてきたので
蕎麦屋「脇本」さんへ
2017-08-08-10-48-59
なかなかいい雰囲気のお店です
この日は台風でお客さんが少なく、のどかな風景と相まって
とてもの~んびりとできました
2017-08-08-10-55-07
子供らはざるそば(900円)
親は自然薯ミニとろろご飯+ざるそば(1300円)

蕎麦の風味が若干弱い気がするけど十分美味しかったですよ
子供らも1人前のざるをペロリでした


これで白川郷の観光は終わり

帰りは少し天気が良くなりつつあったので
白山ホワイトロードを通って帰ろうかと思いましたが
あいにく台風の影響で通行止め

それなら岐阜城にでも寄ろうかと思っていたら
子供らは車で爆睡

そのまま家まで直帰しました(公文あったしね)


というわけでキャンプはできなかったですが
車中泊の可能性を再確認できました


おしまい







↑このページのトップヘ