元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

カテゴリ: 子供

GWの最終日
嵐山までサイクリングに行こうと予定していました

家から嵐山まではさすがに娘の脚力じゃ無理なので
吉祥院あたりのパーキングまで車で自転車を運ぶ計画でしたが

直前に自転車の練習をしたらその距離もかなり怪しそうなので
上野橋付近にあるコインパーキングまで車で自転車を運びスタート

結果、片道4㎞ほどのご近所サイクリングプランとなりました


サイクリングに出発する前にサイクルベースアサヒで(嫁様と娘の自転車の)防犯登録を済ませ
防犯登録のステッカー、店員さんが貼ってくれたんですが
貼り付け位置が目立ちすぎです・・・


娘のモチベーションを上げるために、自転車用グローブを購入



amazonは高いけどアサヒだと2500円くらいで売ってました
ジュニアサイズは見つからなかったのでレディースのSサイズで、特に問題なし
嫁様も嵌めることができます
 IMG_6559
上野橋からすぐですが松尾橋で休憩

娘の自転車ですが、購入時からちょこっとアップグレード

TOPEAKのトップチューブバッグ

車種によって取り付けの相性が出ます、あんまりしっくりこない

MINOURAのペットボトル用ボトルケージ

小さいフレームなので普通のボトルケージはボトルの出し入れができません
ペットボトル用ならギリ出し入れ可能

LED内蔵の泥除け

スカートでも乗るので、これがないとタイヤで汚れまくります

さて
松尾橋といえば京都で有名なBBQスポットですが
IMG_6561
混雑期に当たる2019年、4月27日~6月16日は入場料を取って管理しています

料金は1人500円(小学生以下、65歳以上、障害をお持ちの方は無料)
有料化期間中は仮設のトイレとごみ箱が設置されます
IMG_6562
継続利用できるように模索していってほしいですね

HPみても、現地で見ても
肉のスーパーやまむらやが 仕切ってる タイアップしてる感じでした
IMG_6564
トイレもチェックしてきました
IMG_6560
まずまず奇麗でしたが
使用するとそれなりに臭うようです

松尾橋を後にしてサイクリング再開
IMG_6575
出発から1時間ほどで渡月橋に到着

時速4㎞ってちょっとのんびり過ぎませんか?
IMG_6572
暑かったのでソフトクリーム
早速グローブに垂れとる・・・


行程の大部分をアクションカメラで撮影してみたけど
自転車マウントの剛性不足でグラグラ

家に帰って速攻ポチリました

安いコピー品でも十分だったような気もする・・・


だいぶカットして編集してます

IMG_6576

やはり嵐山、人が多すぎて自転車を押して歩道を歩けません
かといって娘に車道を走るスキルもありません
BlogPaint
一か所だけ「映え」スポットに立ち寄ってみた


帰りも1時間かかったのでトータル3時間ほど
たいして疲れることもなく楽しそうでした



おしまい







気になっていた商品がAmazonのタイムセールで安くなっていたので購入!
2017-06-30-22-45-14
「ENKEEO フルフェイス スノーケルマスク」

シュノーケルはドイツ語で
スノーケルは英語なんだって!

知らなかった

※~ingをつけるなら英語表記のが正しいのだろうけど
言い慣れたシュノーケリングで表記します


以前、子供と一緒にシュノーケリングしようと思って
シュノーケリングセットを大人用と子供用を1つずつ購入しました

しかしこれが一向に上達しない!w

まー、確かに僕が子供の頃も
あれがうまくできた記憶がないので仕方ないのかもしれませんが・・・
2017-06-30-22-46-21
それならばこれはどうだ!

と、衝動買いしてしまったわけです

ちなみにこちらの商品
2017-06-30-22-44-51
マスク以外に付属品がありまして
それも購入したときの言い訳にしやすかったというw

「ほら、防水スマホケース1つしかなかったしさ~」とか
「GoProもどきのハンドマウント持ってなかったしさ~」とかね
2017-06-30-22-47-04
スマホケースのベルトが2サイズ入っていたり
マスクのストラップの予備、空気取り入れ口のパッキンの予備もついています

2017-06-30-22-46-48
この仮面ライダーや変〇仮面(鈴木亮平主演の映画やジャンプコミックス)のようなルックスさえ許容できるなら・・・

ま、付けるの僕じゃないしねw
2017-06-30-22-47-24
ストラップは後方の4点式シートベルトのような形状
ワンタッチでリリースできます

では
2017-06-30-22-36-15
実際に被ってもらいました

「フオオオオオオッ!!」

という雄叫びはなかったですね・・・
呼吸する音がかすかに聞こえるくらい
2017-06-30-22-36-27
「クロスアウッ!(脱衣)」してお風呂でテストしてみました

お風呂程度の浅い水深なら問題なく使えます

もちろん空気を取り入れる部分にボールが入っており
その部分が水に浸かった場合、水の流入を防いでくれます

少し潜って水圧が大きくなった場合はどこからか水が入ってきそうな気がしますが
水面でシュノーケリングしながら泳ぐ分には問題ないですね

子供でも呼吸は楽そうでした

今度、使う時がとても楽しみです^^



眉が気になる女の人にもいいのではないでしょうか?(責任持てんけど)


おしまい









息子の通っている小学校は4年生で2泊3日の「みさきの家」があります
※みさきの家というのは京都市教育委員会が所有してる宿泊学習用の施設で
奥伊勢先志摩半島、深谷水道のそばにあります
キャンプブログ的には志摩ACに行く途中で見ることが出来ます

最初は20Lくらいの子供用登山リュックでも購入しようと思っていたんですよね

ところが
5年生になると4泊5日で「山の家」に行くということが判明

リュックを何個も買うのは、もったいないし
4年と5年の宿泊学習両方で使えるものが良いだろうということで

もうちょっと大きめのやつを探しました

まぁしかし
子供用のリュックで大容量のものって無いんですね

息子は身長も低く女性用のバックパックですら無理だろうし・・・


結局
「林間バッグ」なるジャンルがあることを発見

モンベルのトリプルポケットパック45-60がこのジャンルでは代表的なのかな?


我が家はそこまで使用回数も多くなさそうなので
ちょっとお安めの
2017-05-19-20-26-38
コールマンの林間バッグ「トレックパック41~50」をamazonで購入しました

モンベルとの差は細かいところでいろいろありますが・・・
一番大きな違いはアルミフレームが入ってるかどうかですね

重量は少し増加しますが、モンベルのほうが荷物が増えたときは背負いやすいでしょうね

そして差額は4300円ほど
※結構amazon価格の変動があります

ま、コールマンでいいでしょw
柄もかわいいし
2017-05-19-20-29-31
↑は130cmの息子が背負ってみたところ

林間バッグは横長なので背の低い子供でも
背負ったまま座りやすいです

横幅が広いので登山には向きませんが、宿泊キャンプなどには
無理に大人用のリュックを背負わせるより、断然よさそう
2017-05-19-20-31-32
こういった林間バッグには
容量を増やせる機能がついたものが多いのも特徴
コールマンのものは41L→50Lにジッパーで調節が可能

2017-05-19-20-32-50
そしてナップサックが付属

2017-05-19-20-32-22
バッグ内部には仕切りが無いのですがナップサックを取り付けるループが付いているので
内ポケットのように使うことも出来ます

宿泊学習にだけじゃなく、キャンプの着替え入れにも活躍してもらおう



自分のときはこんな便利なバッグ無かったのか、買ってもらえなかっただけなのか・・・

ちょっとうらやましいと思いました


おしまい


 




 


なんとかできました!



ブログ再開ですw


 

↑このページのトップヘ