※記事を参考にしての改造に伴い
故障・破損・不具合を生じましても一切の責任は負いません
火器の改造は思わぬ事故に繋がります、くれぐれもご注意の上
自己責任でお願いします

ホワイトガソリンが無い我が家

購入以来、点灯テストもできずにいた赤い286A

ようやく点灯することができました~


ホワイトガソリン用ランタン286をケロシン(灯油)用に変えるため
今回も世話になったのは奈良にある「コールマンパーツショップ」さん 

286Aをケロシン化する際に必要なパーツは日本のコールマンでは取り扱いが無く
海外から入荷するため、在庫切れの場合は入荷待ちとなります

コールマンパーツショップさんでは
パーツごとに入荷お知らせメール通知サービスがあるので
非常に助かります 

購入したのは
286のケロシンモデルである214のジェネレーターと
201用プレヒートカップです

214純正プレヒートカップは無いようなので・・・
サイズが多分あうであろう201用で代用 

ま、ジェネレーターを交換しただけで使えるかどうかは
個体差によるところが大きく
運試し的な部分もあるわけですが・・・

コレで無理ならガソリンでの運用に戻すつもりでやってみました


交換手順

ベンチレータートップのナットを外して
ベンチレーターを外します
ホヤ(グローブ)を外します


ヒートシールドを抑えてるクリップを外し
※勢いよく飛んでいかないように注意w 
ヒートシールドを外します 

バーナー部を押さえてるCリング?を外すために下側のナットを緩めます

Cリングを外します


バーナー部を外します



ジェネレーターナットを緩めバルブアッセンブリーからジェネレーターを外します

↑が今まで付いていた286用ジェネレーター
↓が今回用意した214用ジェネレーター 

ジェネレーターナットを通し

ジェネレーターの中の針金?をクリーニングロッドに引っ掛けてバルブアッセンブリーに取り付けます

分解の逆の手順でOKですが

バーナー部を取り付ける際
ジェネレーターにプレヒートカップを通し忘れないように

完成

早速カラ焼きして点灯テスト開始


4時間ほどテストしましたが問題なし

上手くいってラッキーでした

燃料が少なく(タンクの1割くらいに)なったら息継ぎするのは仕方ないですかね?


燃焼させてると
熱でベンチレーターの琺瑯の色が変わるんですね


Coleman(コールマン) ワンマントルランタン

現行品のグリーンのモデルでもケロシン化されてる方はいますね~

まぁ現行品購入するなら平行輸入品の639を購入するほうが失敗はないでしょうけど

ロマンですねw(謎) 



おしまい