インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

タグ:ファイアープレイステーブル

焚き火をしてない状態でファイアープレイステーブル(以下FPT
を大きなテーブル化しよう、という構想で
一番簡単なのは1100×1100の天板を乗せればすぐに完成です
が、
一般的なホムセンで売ってる合板のサイズは1820×910なのでどうしても2枚必要です
出来れば蝶番で2つに折れればいいかな~とおもい探しに行きました

ベニヤ板でもやはり綺麗なシナベニヤで考えていましたが
強度のことを考えて9mm以上で探すと
2枚でほぼ6000円かかるようなので、断念

第二案にすのこ状の渡しを乗せる方法を考えたのですが
そうなると2つ折にするのは難しく、650×650以上のものをそのまま積載するというのは
ちょっと難しいので、これも却下

めんどくさいけどやっぱりテーブルつくらないといけないかぁ~
ってことで・・・

ヒノキ買いに行きました
  • 天板用 90×9×1820が2本、90×9×910が一本
  • 骨格 30×25×1820が2本、30×25×910が1本、25×12×1820が1本、25×12×910が1本
画像 539
切るの好きなんで手引きでギーコギーコ


画像 550
精度がやはりこの日も悪くw
良い日はないんですけどね
ものすごく「田」の字が歪んでしまいましたが何とか修正できました

しかし
画像 552
蝶番の取り付けがむずい・・・

画像 554
3回やり直し
ねじ山つぶれそう

何とか許容範囲内で開閉できるようになりました
画像 553
設計図も落書きみたいなのしかないんですが、設計に不具合があることが判明し
余計な穴が多少あいてますね~

画像 556
きたな~いが、パテで埋めてごまかしましょ

画像 557
天板張ったらそれっぽくなりましたね

脚の取り付けは骨組みに鬼目ナット埋め込んで
脚に穴を貫通させて6mmボルトで行きます

こういう穴あけがいっちばん嫌いです
だって垂直出ないんだもん・゚・(ノД`;)・゚・

足の両側から掘り進んで誤差を何とか少なくしようと悪あがきしましたが
やっぱり最後はドリルで多少穴を広げてズレを吸収することにw
精度は非常に低いですが
使用には問題なくがたつきもあまり出ないようなのでOKとします

最初の設計から細かいところはいろいろ変更されちゃいましたが
何とか完成
画像 559
ビスの位置が微妙なのは下に通るコーススレッドが干渉しちゃってたりして仕方なくデス
まっすぐビス打つのすら横着しちゃってますね・・・
画像 560

気を取り直して
いざ、オープン
画像 558

画像 561
写真だとちゃんとできてるっぽいですね~

サイズ感のために缶置いてみました
画像 562




















が、なんかちっさく見えるので

画像 563
これならどうだ!w
今回のテーブル私の中では大物です

あ、そういえば高さ確認しないといけませんね!
これは長め作った脚を仮組みしてから余分をカットしたから大丈夫!

って、アレ?
画像 564
5mm縮んでる!!!!!!!

いや縮んではいないんだろうw
何の手違いかわかんないけど

困ったなどうしよう

どうしよう・・・

・・・

2股ジョイントのときの保険パーツちょっとゴソゴソ探して

これならどだ!
画像 567
5mm厚のゴムスポンジくっつけちゃいました
屋内でも使いやすくなったし結果オーライw
画像 565

高さもバッチリ

はめても居ないしサイズ測ってもいないけど・・・見たサイトを信じますw
きっとぴったりと収まってくれることでしょう


Coleman(コールマン) ファイアープレイステーブル
Coleman(コールマン) ファイアープレイステーブル

この画像ボケてますよねーナチュラムさん






おまけ

一時リビングでも下の子供がストーブ触らないように
FPT使ってたんですが
フローリングが傷付かないように
画像 591

画像 592

 こーいうのをファイアープレイステーブルの脚に巻きつけました(コードを束ねたりするやつだったかな~)
わかりやすいように巻きつけてるのはポールに取り付けるランタンフックです
FPTじゃなくてすみません
わざわざ出してくるのが億劫だったんで 

ロゴス(LOGOS) Qsetメイト・ランタンフック
ロゴス(LOGOS) Qsetメイト・ランタンフック


以前からコールマンのファイアープレイステーブル(以下書くのが面倒なのでFPTでお願いします)
の中にINするテーブルを作ろうと思いつつ

半年が過ぎてしまいました

最近FPTにINしてる記事をいくつか見たので
一念発起し取り掛かりました
ま、FPTを物置から出してきてサイズを測るのすら面倒だなって思ってたところに
サイズまで書いてあったってのも大きいですがw

あとは某妄想さんの影響もあるかな~

ブログ記事からぴったりINできるサイズは
650mm×650mm×270mm(h)だそうです

これ信じて作ったけど
全然サイズ違ったら笑えますねw

オイルフィニッシュの予定ですが
思ってたよりてこずったので、今日はここまで
画像 559

画像 563
遅くなったので、詳しくはまた後日~

って詳しく書くとこあるっけ・・・ 

↑このページのトップヘ