前回の続きです

食事のあと、車で10分ほどの大河原温泉「かもしか荘」に向かいました
2013年7月20日にオープンしたばかりの施設です
画像 2404
正確には、老朽化した施設を取り壊しての新築
なのでナビに登録されていました
画像 2406

この周辺では比較的安い入浴料です
画像 2408
施設内はどこも綺麗

画像 2409

画像 2410
ラウンジ

画像 2411
休憩所

時刻は21時、平日と言うこともあり
男風呂には誰もいなかったので撮影することができました

脱衣所は
画像 2412
ロッカーの鍵が渡されるので、小銭は必要ありません

ベビーベッドもありますが、オムツはお持ち帰りです

浴室は
画像 2413
シンプルで
画像 2415
露天風呂と

画像 2417
サウナもあります

お風呂の貸切は開放的でいいですね~


お風呂上りにジェラートを購入しました
画像 2418
子供は「おいしいおいしい!」と言ってましたが
僕には少し甘かった

キャンプ場に戻ると
フリーサイトは
炊事場とその横の自動販売機の明かりと
電源サイトに続く道にある明かりのみ
画像 2420
反対向くと真っ暗です
貸し切りすぎてちょっと怖いです
画像 2392

林の中に獣の気配が感じられるので
焚き火でもして追い払いましょうってことで
画像 2390
薪となるのは家の壁の解体で出た廃材

一部を持ってきました

画像 2422
置き場所に困っているので燃やし尽きないといけません

これが思ってたよりも時間がかかるため
ビールをつい、呑みすぎてしまいました
画像 2423



でもって、この焚き火の中で
豆炭に着火しました

実は
キャンプの2日前に届いた荷物があります


画像 2376
豆炭アンカと豆炭2kg

アンカのなかには1個豆炭がついていましたが
画像 2378
この付属の豆炭は着火しにくいので
焚き火の中に放り込みました
画像 2379
ふたをして

画像 2380
コーデュロイの袋をかぶせればOKです
豆炭アンカを使ったことが無いので
赤くなった豆炭を入れて蓋をしただけのもので「本当に大丈夫か?」と半信半疑でしたが

心地よい暖かさを25時間ほど持続していました

これはいいですね、湯たんぽだと寒くなる朝方には温度が低下しているのと比べると
ずっと快適です

といっても、寝袋に頭までもぐってしまうと一酸化炭素中毒の危険があるので
子供には湯たんぽですけど

豆炭アンカ(品川)

豆炭アンカ(品川)
価格:2,780円(税込、送料別)


今回は1つしか購入しませんでしたが
送料のこと考えたら2つ買っておくべきだったと思いました

オススメです

で、一応コチラも購入
画像 2374
一酸化炭素警報器です(多分w
説明書が英語しかないので、大体のことしか分かりません

必要な電池も付属してるのがいいですね
画像 2375
丸型と違うデザインに惹かれ購入

よく見かけるのはこのタイプですね


並行輸入の僕が買った商品は、現在アマゾンで在庫が無いようです

しかし・・・



この警報器



おもいっきり家に忘れてきちゃいました

この日はあまり寒くなかったんですが
アンカは寒がりの嫁様の足元に入れといて就寝しました

続く
画像 2462