インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

タグ:鉄骨

海山の予約が5m×5mのサイトしか取れなかったので

「これは、次回のキャンプはいきなりてっこつの出番なんじゃないか?」と思いまして

ちゃんと張れるように&メンテナンスが必要
というわけで
dei 024
行ってきましたいつもの公園(児童公園じゃないほうw)

以前の記事で

てっこつテントの裾ゴムがまったくついてない件をコメントに書いたところ
「ゴムは必要です」
アドバイスをいただいて、すぐにホームセンターに向かいました

なかなかいいゴムが無かったので
とりあえず極太のひらべったい輪ゴムみたいなものを購入しました
16本入りで100円未満だったかな?

でも強度的に不安だったので
素直にキャプスタのテント用裾ゴムを購入
・・・とはいかずにw

dei 016
ほかにも流用できるし、たよんないけど一応ゴムあるしという理由で
コチラを購入
とにかくやってみないとわかんないので、いざ出発!

現地に10時前に到着
dei 023
ほとんど他の利用者はいません

公園内は芝刈りの真っ最中でテントを建てたら邪魔そう
dei 027
というわけでしばらくストライダーの練習してました
dei 026
芝刈りの終わったエリアに促され早速設営

基本に忠実に行きます~
屋根組んで

脚折ったまま
dei 032

幕体をかぶせて脚を立てて完成
dei 038
途中でカプラー(記事を書いてる時点ですでにカプラーという呼び方を忘れていました
にクラウンマークがあるかどうかも確認しましたが

残念ながら見つかりませんでした
この日
建てかたの練習の他に、メジャーでサイズの確認と防水スプレーを念のためしておこうと思ってましたが

メジャーを忘れ・・・

あまりの炎天下に車に防水スプレーは積んできたものの
雨のイメージがもてなかったのですっかり忘れ・・・

裾ゴムがうまくいかず、暑さにダウン・・・

結局ホームセンターで買ったゴムのほうが小さかったのでまだよさそうでしたが
地面にぴたっと設営するにはちょっとサイズがおかしいような気がしました

そもそも打ち方も良くわからないし超テキトーです

そしてインナーテントの装着
dei 039
確かにコレは簡単だわw
もうちょっと肌触りのいいインナーにして欲しいところですが~

とにかくサイズ感が大事
dei 040
メジャー忘れたけど・・・やっぱり前室はほどほどの広さ
dei 041

dei 042
庇の下をリビングにするか

dei 043

dei 044
インナーテントを畳んどくかですね

多分、使わないときは畳んどく方向で行きそうです

裾ゴムに疲れたのでBBQエリアの施設を見て回りました

dei 045
一応水場2箇所くらい
でも洗い場ではありません

dei 048
簡易トイレ2箇所
このときはペーパーはありませんでした

dei 046
石のサークルの中でBBQコンロを使うことが推奨ですかね?
詳しいこと聞きませんでした

dei 047
いや~
しかし、てっこつは便利ですねぇ

嫁様に「てっこつどう?気に入った?」とか何回か聞いてしまいましたw

こういうところからスタートしてロッジシェルターにいっちゃう気持ちが理解できました


おにぎりでお昼を済ませて

お兄ちゃんが小学校から帰ってくるので退散です

撤収時、フライにシームテープされてないことを発見してちょっと凹む

エアライズのシームコート使って目止めしとかないと・・・
コストダウンの跡が若干気になりますが

海山はコレでいきます

というわけで家に・・・
dei 052
アレ?ここは・・・


キャンプガイドとキャンプ場ガイドをもらいに寄り道しました

おしまい
 

リサイクルシーズン到来とか
へんな記事を書いて以来

ちょくちょくリサイクルショップを回っております

仕事帰りにちょっと遠回りをして
普段行かない店舗を回ってみたりしていました

はずれがほとんどという大前提ですが

そんななかでも「コレは安いっ!」っていうのも2つくらい発見して購入したんです

でも、購入したものの「我が家に今は必要ないな」っていうのもあり
とりあえずオークションに出品しました

売れなければ、もったいないので我が家で所有しようと・・・

結局、どちらもそれなりの値段
(値段が上がるとうれしいんですが売れてしまうんだ~という寂しさもあり、複雑です)
で売れてしまったので

オークションの記録が消えてからでないと記事にできません

で、性懲りも無くまた出かけた際に新たなお店を開拓して

「部品そろってるか不明のためジャンク品」という商品を発見

袋に入ってるものがどう見ても鉄骨なので調べてみることにしました
sportopia 007
袋をまさぐり手がかりを探すも「SPORTOPIA」のみ
カブトムシのマークがかわいい
しかも説明書なし・・・

とりあえずスマホで「SPORTOPIA 鉄骨」で検索するも
過去に2件オークションで取引されたとしか出てこず、詳細は不明

でも、ぱっと見
部品はそろってそうな雰囲気だし加水分解もしてないので購入してみました

鉄骨は重いので今まで敬遠してましたが
店舗から車まで運ぶのに鉄骨は重いんだなって実感しましたw
それでも鉄骨の中では軽量な方なんじゃないのかな?

収納袋はパツパツすぎて、はちきれないか不安なので
次からフレームは別にします

さてさて
「試し張りいけるかな~、でも時間ないしな~、でもしたいな~」
と葛藤しましたが

結局近くの児童公園なら時間的にいけるだろうってことで

またやってきちゃいました

sportopia 001
パツパツ

sportopia 002
ブルーシートでできた収納袋

中には
  • 色分けのされて無いジョイント部のついたフレーム3本と
  • 脚っぽいフレーム6本
  • ジョイントのついたフレームをつなぐ短いフレーム6本
  • キャノピー用のポール2本
がはいっていました

ショックコードが伸び伸びでしたが、かまわず組み立て
sportopia 003
初めてでもなんとなく・・・
というかカチッとはまる方向がそれしかないので迷いも無くここまではこれました

ただ、センターの脚が一方向に前傾してるので
インナーテントのつける位置がどっちかなんだろうけど、どっちかわかりません

知ってる方がいたら教えてください


とりあえずわからないインナーテントはつけずにフライシートだけかぶせてみました


すると
BlogPaint


どうみてもピルツカラーじゃないですか!!
ダルダルで申し訳ありませんが・・・w

下のほうに隙間があるのも調整不足です、今度時間があるときはちゃんとしたいと思います

写真と反対側の側面は跳ね上げることができますがメッシュはありません
入り口と反対側はセンターにジッパーが縦一直線にあります

スカートとインナーテントのボトムはブルーシート素材で、天井はオクスフォード?っていうのかな
そんな感じです

あとビックリしたのが
sportopia 006


昔は日本製とか多かったんですかね?
いまや日本製は貴重

>
 

 
















日本国内で生産される現行鉄骨
フラグシップモデルだけにたっか~~~



ホントはインナーつけたりピシッと張りたかったんですが

娘があまりにも蚊に狙われていて
虫除けスプレーのできない顔ばかり刺されるので
とっとと退散しました


というわけでSPORTOPIAについて詳しい方がいましたら
情報お待ちしています
 

↑このページのトップヘ