書き逃げ旅団

兵は詭道なり

■絶賛倍プッシュ中■
Star Wars: Outer Rim (FFG)


和訳に関するご意見等は、各エントリのコメント
またはMustAttackの「OK303」宛に頂けますと幸いです。

Nights of Fire: Battle for Budapest (Mighty Boards) 「早く送ってほしいの」

2019-08-09 14.18.22-1
ハンガリー動乱をテーマにした、非対称COINゲーム。
Kickstater案件。

間違ってもハチゴー(T-34/85)が群馬の峠を下る話ではない。

ゲーム自体はユニットが秘匿されている革命軍と、アクションをプロットするソ連軍の対比が面白い。
シンプルながら、繰り返し遊べるような工夫が随所に見られ、なかなか良いタイトルとの印象を受けました。


手放しで褒めたいところですが、
ワタクシの荷物がまだ届いていませんよ!
このままだと、届く前に飽きるのではないか。

最近のKSはfullfilmentサービス関係でのトラブルが多く、ちょっとうんざりしています。

KeyForge: Call of the Archons (FFG) 「ビルドのいらない手軽さ」

2019-07-31 01.04.25
カードゲーの神様、Richard Garfield先生の準新作である『KeyForge』(赤箱)を買ってみました。

アンドロイド・ネットランナーみたいに捻ったシステムを予想していましたが、マニュアルを読んだところ意外とシンプルな感じ。
細かい字でぞろぞろとテキストが書いてある他のLCGと比較して、言語依存も低い印象を受けました。

LCGなのにデッキビルドが不要という点に興味がありましたが、プレイで使用するデッキがアーミー単位で固定されており、ブースターもアーミー単位で売られているということのよう。
なんとなーくNeuroshima Hexみたいな印象を受けました。

2019-07-31 01.04.49
ちなみに、ボックスにはスターターの2アーミーにランダムな2アーミーが封入されており、ボックス単位で構成が異なっている模様。
これ、ランダムなアーミーが被ってたりする事故はないんですかね?



ついで


2019-07-30 00.28.00-1
『Star Wars: Destiny』が割と良かったので、ボバ・フェットとグリーヴァス将軍(輸送中)のスターターを買い増しました。

ボバ・フェットのお供キャラはストームトルーパー(一般兵)。
特殊能力がなく、その分ブランクの出目が増えています。
こ、これは・・・

デッキの特徴として、全般的に与ダメージ能力は高いのですが、射撃主体で目標キャラを指定できない攻撃が多い印象。ブランクも目立つので、リロール能力が大事かもしれないです。




2019-07-25 15.34.50
『Star Wars: Outer Rim』
銀河の辺境におけるアウトロー稼業で名をあげるゲーム。
これは良い!

原作のフレーバーを上手く活かしたうえで、ゲームとしても完成させているさすがのコニエツカ先生。

序盤は輸送や密輸で稼いで、船や装備をアップグレードしたら、賞金首の捕獲やミッションの受注に進む感じでしょうか。
完全にイベントの内容を把握してしまったらさすがに飽きるとは思いますが、それでも相当は楽しめそう。

3人ベストとのことですが、4人だとマップが狭くなりすぎて、イベントが枯渇する感じなんですかね〜。

プレーヤー同士の殴り合いはあんまり発生しないので、ユーロ寄りの設計だと思います。

Star Wars: Destiny (Fantasy Flight Games) 「ダイスマネジメントが楽しい」

2019-07-06 22.35.21
これなんなん?

TCGの1種。
カード24枚、ダイス8個というのが1デッキの標準構成です。
各プレーヤーごとに2人いるキャラの、体力を削り切れば勝ち。

2019-07-13 04.46.03
ダイスは特定のカードと1対1で対応しており、カードの使用時の効果をランダムに決定します。
ダイスの使用タイミングや組み合わせに、ちょっとしたマネジメント要素のあるのがミソ。

さすがアメゲーの星、Konieczka先生という感じで良くできております。
1戦は30分ちょっと。

1デッキは15ドルくらいの値段ですかね。
とりあえずはヴィランを中心に集める予定です。

Cataclysmリビングルールをざっと確認する

今年の2月に出ている修正ですが、けっこう内容的に重要な部分があるので、影響が出そうな範囲をまとめてみました。

孤立主義
ワシントン海軍軍縮条約が解除された場合でも、参戦するまでアメリカはフィリピンに陸軍を展開できなくなりました。

これにより、日本のフィリピン占領が容易に。
やっぱりフィリピンはチョークポイントですし、日本が北進してソ連を叩く場合でも、ここだけは必要だと思います。

しかしフィリピン陥落がほぼ確定的になると、米国は英国と同盟しないと開戦時にまるで動きが取れなくなりますね。
逆に日本の空母の役割は、フィリピンに対する米国のLOCを潰すことと定義しても良さそう。

あと連合がフィリピンを奪還する起点としてインドシナが重要そうなので、仮に英仏の同盟が成立したら英軍1個をインドシナに入れる手があるのでは? と思いました(フランス降伏時にゲットできる)。

エチオピア侵攻
外交マーカー(すなわちドゥーチェ)でできるようになりました。
あとあと、ギリシアあたりへの外交シツレイや軍事侵攻シツレイをしてしまった時のフラッグ流出を考えると、ここで1枚渡してでも1VP取っておくのは良い考えかもしれませぬ。(西側とのVPが逆転したら、年をまたがずフランス奇襲でしょうから)


あと前から修正入ってましたけど、参戦度が「シビリアン」のときの「攻勢マーカー→生産」への交換レートが、生産フェイズと同じ2対1だと明記されました。
つまり攻勢マーカーが2枚ないと1生産にならないんですね。
今までのレートが錬金術だったので、これで一安心。

Fire in the Skyがショップさんに入りますように(七夕)

最近、ターンサイクルが1週間になりました(ご挨拶)。
でもしかし、さすがに上半期の総括をしないわけにはまいりますまい。

まずは印象に残ったタイトルから

Axis & Allies & Zombies (Wizards of the Coast)
2019-01-25 17.27.37
これの凄いところは、色物ながら本家A&Aよりプレイバランスという点で良くなっている気がするところ。
ゾンビさんのおかけで、いい具合に展開が固定化しない感じでしょうか。

安いしテーマ性もいいですし。
「何か初心者向けに良いものがありますか?」と聞かれる機会があれば、何食わぬ顔でコレを出します。

Pacific Tide (Compass Games)
2019-01-29 13.52.47
最初はバランスに難があるかも、と思っていましたが、気のせいでした。
マレー方面がちょっと寂しいという気はしますが、たぶん主力は見えないビルマにいるんだ!

マニュアルはすごく読みにくいですね。
特にプレイシーケンスはしっかり整理して書いて欲しいと思いました。

Tango Down: Man to Man Urban Combat (Tiny Battle Publishing)
2019-04-04 14.13.08
ルームクリアリング!
そうだよ、男の子はこういうのが好きなんだよ!
SWATごっこをやりたいので、早急に非殺ルールのついたエクスパンションが欲しいところです。

第三帝国の盛衰 (GJ)
2019-05-28 15.32.25
マガジンゲームはあまりプレイする機会がないんですが、これは本当に別格。
シンプルなルールで、ETOゲームの様々な要素を上手く煮詰めている印象を受けました。

UBOOT: The Board Game (PHALANX Games)
2019-06-21 13.12.27


あっすいません、美味いベトナム料理の写真と間違えました。

2019-06-21 17.59.17


二人羽織ではなく四人羽織で潜水艦を動かすゲーム。
デバイダーが必要になるタイトルってほかにあります?(Harpoonかな・・・)

めちゃくちゃ人を選ぶゲームですが、ユーロ勢が着々とプレイしてるのが凄い!


うーん、総合すると現時点でのトップは「第三帝国の盛衰」でしょうか。
誰ですか、ETO三倍段とか言ってる子は。



てなところで、最後に現時点で注目しているタイトルをいくつか。

Star Wars: Outer Rim (Fantasy Flight Games)
あのスターウォーズ・リベリオンを世に出したコニエツカ先生の新作。
ポチった! 読んだ!

マニュアル時点では好感触。
アメトラの対義語はなんですかね、アメリカンマスターピース?

密輸業者とか賞金稼ぎみたいなアウトローになって、名をあげるゲームですね。
船の乗り換え要素もあったりして、これで採掘要素があれば、まるきりスペースコンバットシミュレーターなんですが。

Fire in the Sky (PHALANX Games)
GJ版もMMP版も買い損ねたので、これはうれしい再版。
Kickstarterに出す予定はないようで、バッカーキットのショップで予約を受けています。
ただ、なぜかカートのプルダウンメニューにJapanの国名がないという問題がありまして・・・。
いやいや、北朝鮮やイランはあるやないですか。

相変わらず、通販道は修羅道なのでありました。

UBOOT: The Board Game (PHALANX Games) 「海図用品が欲しいです」

ちょっとだけセッションしました。
ひとことでいえば多人数プレイするSilent Huterという印象ですが、これがなかなかに面白いし、かなりマニアックな調整になっているのではないでしょうか。
つまるところ、物凄く難しい。

ゲームのメカニズムそのものについてのレビューは、これから多く出てくると思うので、ちょっとプレイした上での戦術面において気付いたことを、タクティカルガイドを読んだうえで書いてみたいと思います。


ミッションの流れ
まずは乗組員を浮上航行の配置に移動させ、最初の目標への針路を出し、ディーゼル機関を全速にするといいよ、と書いてあります。

43年以降は敵がレーダーやHF/DF(電波傍受による位置特定)を使ってくるとあるので、基本は夜間に浮上航行と充電、昼間はずっと潜水という感じじゃないでしょうか。
43年のシナリオないけどな!

もっとも敵沿岸部は航空機や駆潜艇がいるはずなので、いずれにせよ潜水して接近することになると思います。
ESMがあればいいんですけどね。

とにかく各プレーヤーは、浮上と潜水の2つの状態で、どこに乗組員を移動させるか常に考えておく必要がありそう。操舵と機関、トリムは外せないので、発射管や砲に誰を割り当てるのか、決めておくとスムーズかもしれません。

基本的には潜水時は見張員がヒマだし、浮上時は魚雷員がヒマ。
夜間は敵の視程より魚雷の射程の方が長いため、浮上したまま雷撃できますが・・・。

あとSilient Hunterもそうなのですが、浮上時の見張りや潜望鏡よりハイドロフォンの方が遠距離から探知できるとのこと(最大54NMとある)。
目標海域に到達したら、まずは潜水してハイドロフォンでの探知を試みるのが良さそうです。

燃料
基本的に、燃料の心配をする必要はありません。
このゲームにおける燃料搭載量はミッションの終了時間として表現されており、燃料系のトラブルが発生したりするとミッション時間が短くなります。
その他の場合において、どんな速度で走ろうがミッション時間が短くなることはありません。

航法
ルーラーや分度器が使いにくいこともあって、イージーモードでも割と精度が落ちます。
ノーマルモードでは航走した時間の記録が重要なので、戦略マップシートは拡大コピーした方がいいかもですね。
あと海里表示のルーラーがないため、戦術ディスプレイ上で彼我の距離を表示する際に、一瞬困ります。
たしか1NM=1.5cmのスケールなので、電卓でパッとcmに変換して、デバイダーで距離を取ると良さそうです。

攻撃
識別表を見るとQシップ(浮上した潜水艦を狩るための砲を装備した偽装商船)がいるみたいなので、大戦初期でもなければ浮上砲戦はやめた方が良さそう。
そもそも、操艦のスキル持ちと砲戦のスキル持ちが被っているのも面倒くさいです。

魚雷には電気推進と蒸気推進(ウェットヒーター)の2つがあり、前者は航跡を引かず発見されにくいが射程が短く速度が遅い、後者は射程が長く速度も早いが航跡が目立ちやすいという特徴があります。
有効射程はどっちも2NM。夜間だったら浮上していてもギリギリばれない距離ですかね。

D9sANL-UIAAuwoU
試したところ、蒸気推進はやっぱり雷跡がバレるので、昼間攻撃で護衛がいるときは電気推進魚雷を使った方が良いかも。
あと、ハイドロフォンを使うと距離も針路も出ますが、なんと潜望鏡ではどっちも出ません。
ハイドロフォン→針路修正→ハイドロフォン
みたいな繰り返しになるので、これはどうしたものか。

襲撃機動
いくつかのパターンが例示してありますが、そもそもコマンド数に制限があるので難しいですね。
ただし、同航時には目標のベアリングが後方1/3のアークに入った時点で転針すると、上手く目標の側面を取れるとあって参考になります。

D9uTjulUYAUsV3c
こういう計算を即座にやる必要があるので、なかなかに面倒くさい・・・。

防御機動
エスコートに捕捉されると、まっすぐ突っ込んでくるので、深深度にダイブしつつ敵と直交する針路で全速離脱する。
深度があるほど探知から逃れやすいので、船体にダメージがなければ赤色まで潜っていいんじゃないでしょうか。

初手の爆雷が外れたら、機関出力を絞って離脱。

アスディック(アクティブソナー)の有効探知範囲はタクティカルデータにもないですが、500メーター程度じゃないかなーという気がします。

探知アークがかなり狭いようで、駆逐艦の針路から外れているときは、近距離でも探知されないです。

Axis & Allies: D-Day (Avalon Hill Games) 「Avalon Hill健在なりや」

2019-06-07 02.19.46

みんな大好きAxis & AlliesのD-DAY版が来ましたよと。

いきなり米Amazonからリコメンドが送られてきて驚きましたが、2版が出てたんですね。
Avalon HIll(すなわちWotCでありハズブロ)は、あんまりボードゲーム市場に向けてのアナウンスをしない印象があるんですが、なんででしょう。
いつも突然だ。

ちなみに、ちょっぴり右上のロゴが新しくなってるのが見分け方。
あとは、値段も全然違いますが。
国内から入手するなら、やはり米Amazonがいいかと思います。

ちなみにカードの横幅が67mmジャストあって普通のスリーブには入らないので、スリーブガードを買いました。
具体的に言うと、ホビーベースの94×69のやつです。
スリーブ化される方はどうぞ。1パックあれば足ります。
カード屋さんが作ったカードではないただの厚紙で、角丸もされていないので、できればスリーブ化した方がいいかもですね。


中身については、おいおいお話させていただく機会があるかと思います。
非常にシンプルな作戦級に仕上がっているので、どう動くのか興味があるところです。

第三帝国の盛衰 (GJ) 「ETOモノの新たな佳作」

かなり面白い作品だという確信を深めています。
これはいい。

ETOモノは外交、生産、開発に大きな特色が出ると思っていますが、シンプルなルールでこれらを上手く制御しているのが凄いところ。

ただマガジンゲームとしての制約だと思うのですが、ややルールに説明が足りないと感じる部分があります。
たとえば、

動員のルールが不明瞭
オプションルール[16.7]には、守備隊は「同じ国籍の領土にのみ配置できる」とあります。
すなわち、通常であればユニットは自国領土外に配置できると解釈できます。
ただし[12.0(3)1]を見ると「所属する国籍の領土の、自軍支配下の策源エリアから連絡線を引けるエリアに配置する」とあるので混乱します。
これが「所属する国籍の領土の自軍支配下の策源エリアから、連絡線を引けるエリアに配置する」であれば矛盾がないと思うのですが。

海上移動のルールが不明瞭
・陸上ユニットは陸上移動と海上移動を組み合わせて実施できるのか。
・陸上ユニットが海上移動した場合、海上に留まることができるのか。またその場合は使用済みになるのか。
・海上ユニットが上陸する場合、上陸エリアに敵制圧ユニットが存在していると、追加移動力を支払う必要があるのか。あるいは上陸そのものも、海上移動の一部と見なされ、追加移動力は必要ないのか。

もし追加移動力が必要な場合、ドイツがロンドンに歩兵を揚陸することが、きわめて難しくなると思うので・・・。

損害割り当ての方法
ユニットの所有者が損害を割り当てる場合、「耐久力が2以上のユニットは実質的に『耐久力−1』に等しいヒットを無視できる能力がある」、という解釈で間違ってはいないと思うのですが・・・。

例: 耐久力2の装甲2ユニットが4損害を受けた場合、それぞれに3損害と1損害を割り当てることで、ユニット1つのみが裏面となる。

という感じで良いのでしょうか。

フォートレスの洗礼

有利な場所に全アセットを集中させてハイスタックを積む、徹底したフォートレス戦術になすすべがありません。

存在自体は知っていましたが、はじめて目の当たりにしました。
まあ、極端に悪い状況と言えるんじゃないでしょうか。
有利な地形に籠る相手だと2倍では足りず、背面の補給が切れない限りは、その他の手段でも殺せないことになります。

おそらく、後方の根拠地は陸上も航空もカラに近い状況だと思いますが、それでも前線での優勢を取れない以上、どうしようもない気がします。

中国も徹底した後退戦術+限界までのハイスタックなので難しいですね。
陸上のスタック制限が厳しいMODがあたっているので、2〜3倍は無理にしても1.5倍程度を持っていこうとすると相応のペナルティを食うことになります。

ハイスタックを削れない=いつまでも戦力の傾斜が生まれない
という状態なので、陸上は現状のまま押し込まれて終わりの可能性が高い。

唯一、余剰の生まれる余地があるのはフィリピン攻略部隊かと思いますが、見えてるだけでも数十隻規模(おそらくはMk14を運用する潜水艦のすべて)がサプライ輸送に投入されており、なかなか補給が切れません。
1隻約30トンは積めますから、月に2500トン程度は輸送しているのではないでしょうか。
トランスポート側は積極的にエンゲージしようとしないため、ASWも原則は素通りです。

これに関しては、「USはSST以外の潜水艦を兵員輸送や補給に使用しない」との注文をつけるべきでした。

とにかく航空戦のキルレートが非常に悪く、同数でもまず航空優勢を取れません。
当然、あとは全部それに引きずられるわけです。


現段階での感想としては、
フォートレス・パレンバン戦術が強い
のひとこと。

最序盤からリスクを取って阻止にかからないと、いいようにコントロールされるということがよく分かりました。

Crusade and Revolution (Compass Games) 「民兵弱すぎ・・・」

お試ししてみました。

フルマップサイズのマウンテッドマップ2枚構成になったデラックス版。
マップが4つ折りなので、箱までデカいのです。

買っておきながらなんですが、ここまでのスーパーデラックス仕様にする需要があったんですかね。
重いわ!
生産数が少ないみたいなので、欲しい方はお早目に。

さて、中身を初めて見ましたが、テッド・レイサー先生のシステムそのまんま。

都市の防御評価が安く、実にあっさり落ちる。
補給が切れた状態で死ぬと永久除去なのに、互いに主力が分断されている(補給線の確保が危うい状態でのスタート)。

というあたりが初見での感想でしょうか。
あと、エリアナンバーみたいなものはないので、地名と照合しながらやるセットアップが大変。
グーグルマップで実際の位置を検索しながら、なんとかやりました。

プレイ自体は期待を裏切らぬ面白さでしたが。


個人的に、このシステムの進化の頂点はStalin's Warだと思っているので、またやりたくなりました。


2019-06-04 15.35.57
え、マドリードは補給源じゃないの? という気付き。

サイコロキャラメルとほぼ同寸

Hearts and Minds第3版やりました。

いやしかし、これエラッタ多くないですか?
2版が手放せなくなってしまいました。

2019-05-21 21.35.03
あとマニュアルに数ページにわたって穴が開いてました。
発見しにくいとはいえ、この状態で検品を通したプリンターには文句を言いたい。

2019-05-21 21.37.16
あと、おそらくブルー側がマップの東端に座るはずですから、増援の表記が逆じゃないですかね?

2019-05-21 21.37.07
これは・・・なんだろう。
エリアの境界が切れてるんですが、チャートかトラックを入れようと思ったけど、結局はやめた跡地ですかね?

2019-05-14 23.56.51-1
大きいことはいいk     ものにはげんどというものがある

2019-05-22 16.48.17
最後に、やらかしすぎてどうにもならなくなった人たち。
これでも崩壊していないARVNはさすが。




そのほかのひとたち


2019-05-14 16.47.53
Twilight Struggle (GMT Games)
はじめて日本語版をさわりました。
久々にやると難しい。

PC版のAIにボコボコにやられる虫けらレベルから、だいたい勝率5割程度になるまで精進したはずなんですが、昨日やったらボコボコにされました。
せつない。


2019-05-14 17.42.49
Monolith Arena (Portal Games)
ニューロシマヘクスのファンタジー版。
標準で4ファクション付属してますが、どれも固有能力に癖がある感じ。

そのためニューロシマよりとっつきが悪く、あちらを遊び倒した上級者向けかな〜という印象も受けます。


2019-05-24 17.21.44
1989 (GMT Games)
ひたすらにストラグルファミリーを遊ぶ週間でした。
保守派担当時には、渾身のサレンダー芸をご披露させていただきました。
しかし伝説のノールックサレンダーはさせてもらえず。


2019-05-28 15.32.25
第三帝国の盛衰 (GJ)
強襲メカニズムでETOを? という不安感を払拭する面白さ。

しかしこれ、連合が上陸カードで海上輸送かけると、やっぱり裏面になっちゃうんですかね?
上陸直後の相手手番で機動予備をぶつけられると、なすすべなく死んでいくのは想定された状況かもと思いつつ・・・

サラエボ速攻

遊びでは ありませんのよ 仕事です(上の句)
※事実ではありません

最近は、いわゆる熟練ボードゲーマーの方にはどういう系列のストラテジーが受けるのだろうか・・・などと考えつつ、境界線ゲームを投入しております。

The Fog of War
2019-04-16 17.14.24
単純ながら革新的なメカニズムを持つETOゲーム。
この期に及んでルール読み間違いなどをやらかしていたことが判明しましたが、まあヤバいところじゃなかったので気にしない。

ちなみにデザイナーであるGeoff Engelstein先生の最新作は、『The Expanse Boardgame』(SF原作モノ)の拡張みたいですね。
周辺にエクスパンスを見ている人がいないせいか、イマイチ受けは良くありませんでしたが、なかなかに良いゲームでした。
『Churchill』を作ったMark Herman先生と組んでデザインしている政治ゲーム、『Versailles 1919』も気になるところ。


Space Corp
2019-04-19 16.03.25
宇宙企業お金儲けゲーム。

まあ、カードとタイルの引きに左右されやすいタイトルではありますが、それでもやっぱり面白いのが秀逸ですわ。
もしエクスパンションが出るならば、1位のプレーヤーを引っ張り降ろせる強力なアクションか能力があるといいかもですね。


Europe in Turmoil
2019-04-26 16.19.55
トワイライト・ストラグルシステムでやる、第一次世界大戦前夜の闘争。

ようやく慣れてきた!
中央同盟は、アメリカがちょっかい出してくる前に大戦を勃発させて早期終了させるのが良さそうですね。
どうりで、フランツ・フェルディナントのカードが中央同盟側なわけです。

革命が起きるとどうしてもロシアから追い落とされちゃいますが、大戦になればロシアはスコアリング対象外になりますし。

Tango Down: Man to Man Urban Combat (Tiny Battle Publishing) 「SWATエキスパンションまだですか?」

2019-04-04 14.13.08
特殊部隊ルームクリアリングもの。

見下ろし型なんで、PCで言うところの『Rainbow Six』というよりは、『Door Kickers』とか『Breach & Clear』に近い印象ですかね。
こういう系がお好きであれば、すごくマッチすると思います。

簡略化するべきところは簡略化しているのに、しっかり雰囲気が出てるし戦術も効いて面白い。
割と運要素が大きめですが、この手のゲームをタイトな調整にしちゃうと、かえって面白くなくなるんじゃないでしょうか。

ただひとつだけ、ドアの開閉という概念がないので(開けっ放し)、基本的に回廊のLOSは通ります。
あと臨機射撃の優先度が高いので、敵が直接LOSの通らない開口部の影に隠れている場合は、排除が難しい。

2019-04-04 15.11.15
だから、敵の臨機射撃を物理で止められるアサルトシールドか、敵の射線に入らず投げ込めるグレネード、開口部を作り出せるブリーチング・チャージがないとキツいですね。
特にシナリオ6なんかは、中央の会議室に籠られるとスナイパーの射線も通らないし、爆薬頼みになるんじゃないかな〜という気がします。

このあたり、初期アイテム数で担当陣営をビッドするルールなんかがあってもいいんじゃないでしょうか。「相手に好きなアイテムを2つ取らせる代わりに、防御側を選択する」みたいな感じで。




ところでPnP版があるのに、PDFマニュアルがない件について・・・

Rebel Raiders on the High Seas (GMT Games) 「リーがいなくても7個振れる」

2019-03-28 17.10.55
見えない陸軍で戦う戦略級南北戦争ゲーム。
うん、そうなんだ。ゲームに陸軍ユニットなんて登場しないけど、実質的には陸軍が主役なんだ。

何を言ってるかw(ry


戦力のエスカレーション度合いが大きいため、最初は爪楊枝でつつきあってたのが、最終ターンにはパイルバンカーをブッ刺すようなダイナミックな流れになるのが特徴でしょうか。
「最終問題の得点は5億点です」的な展開なんですが、まあそこまでコツコツ積み上げてきた戦略が効いてるのは間違いないので・・・。

結局のところ、この面白さを説明するのは難しいのです。


しかし、またしても最後のリッチモンド攻略戦(もちろん陸戦)で決着がつくことになりました。

今回のハイライトは、
・大事な最終決戦の前に、うっかり更迭されるリー
・CSSテネシーとCSSマナサスのチートくさい活躍(他のネームシップは、あんまり出なかった)
・1ターン延長の地獄(南軍にとっての)

の3本でしょうか。

遊んでなぞいない

すべて期末が悪い!


すいません、取り乱しました。
いろいろ積み残しがあるので、程々にしておきたいと思います。

ええええ、いま遊んでいるわけではございません。
すべて過去の話です。

Battletech Introductory Box Set (Catalyst Game Labs) 
2019-03-08 16.08.03
熱処理なし、格闘なしなのでちょっとシンプルですね。
ウォーゲーマーには物足りないかしら?

Glory Recalled: Hong Kong 1941 (Homeland Workshop)
2019-03-08 15.36.37
なかなか良い、だがマニュアルの解読はしんどい。

Twilight Imperium(Fantasy Flight Games)
2019-03-12 17.30.42
なるほど、これがSFゲー四天王の1人か!(残りの3人は不明)
ダウンタイム長いといいつつ手番外にもやることあるし、何より面白い。
あそこまでデカくなかったら、ぜひウチの棚に欲しい作品ですね。

Tango Down: Man to Man Urban Combat(Tiny Battle Publishing)
2019-03-18 15.26.08
マニュアルを読んでみましたが、良い意味で予想を裏切られる内容。
いろんなシチュエーションが再現できそうなメカニズムですねこれ。

Conquest of Paradise(GMT Games)
2019-03-09 17.10.51
日頃の人徳が評価されたような引きで、部族ごと海に沈みました。
攻撃タイミングを計っているうちにさっくりサドンデスされましたが、毎回これでやられているような。
Profile
旅団長
特技:逃亡
特徴:記憶力がない
記事検索
Archives