50
第3版カードパックを買い損ねたため、やむなく本体ごと交換したのですが、先日のリリースによるとまさかのリプリントで気絶しています。ううーん。

ざっくりと見た感じだと、パック交換だけあってかなり変わっている感じ。
特に前半部分に使用するカードに変更(イベント名称/効果そのものが置き換わっている)が多く、後半のカードにはあまり手が入っていない印象を受けました。

そもそもGMT版とVPG版からしてカードに差異があったので、かなりプレイ感は変わったのではないでしょうか。
詳細を判定できるほどやり込んでいないのですが、バランス調整なのだとは思います。


ところでGMT版とVPG版の何が違うのという話なんですが、GMT版は

・Na Berlin!とNo Surrender!、ソリティアモジュール(マーカーのみ添付でルールは無償配布)の入った拡張全部入りだよ。
・実質的に第3版ルールだよ。
・GMT版のみ採用されているメカニズムがあるよ。

てな感じでしょうか。
元のVPG版が2008年で、ざっくり10年近く経過しているわけですから、いろいろあるんでしょう。


ちなみに今年の10月には、個人的にシリーズでもっともインパクトを受けた『No Retreat 3: The French and Polish Fronts』が出るので楽しみ。
あのNR2より、NR4よりエッジのきいたシステムが・・・。

いちおう、『No Retreat 5: The Western Front, 1944-45』がシリーズ最終作という構想になっとるようですが、個人的には『No Retreat: Gettysburg』にベットしてもいいかなと思っています。