40
『Pericles: The Peloponnesian Wars 460-400 BC』やりました。
とりあえずは、プレーヤー全員に「このマニュアルはわけがわからないよ」(意訳)と言っていただけることに成功。

これ、いちおうChurchillシステムなんですが、もはや別次元に進化したメカニズム、マーク・ハーマン先生の筆が冴えに冴えわたったデザインノートという名の脱線、あらゆるコンポーネントに固有名詞をつけようとする試みによりああもうなんだこれ。

仮に1級ペリクレスインスト士という資格があったら、これもう大企業に就職できますよ。

ただしゲームの中身としては面白くて展開もいいし、プレイの重さも慣れれば解消するんじゃないでしょうか。
チャーチルというよりは、COINの方が近いかな。

新機軸ですが、実にしっかりとしたマルチ。ご要望あれば3級インスト士がお伺いすると思いますよ。たぶん。

44
アテナイのミープルが、かの有名なアルキビアデス先生。亡命すると口先三寸でペルシアを丸め込み、スパルタのためにペルシアから資金を引き出してきます。