ASL SK1のS2「War of the Rats」やりました。

S1とは打って変わって、機関銃やら火炎放射器やらのSWが出てくる展開。
シナリオカードやVASLを眺めて予習しましたが、それでもなかなか難しいところがあります。

ある方のご厚意により「ASLSK Tutorial」を拝見させていただいたのですが、これが大変参考になりました。
実際問題、「ユニットはフルスタックすべきか、バラすべきか」というところから手探りする状態でしたので。

・スタックは原則バラす
・準備射撃より前進を検討する

というのは大きな気付きでした。
しかしスカルキングってなんだ。ジャンプの漫画に出てくる悪役みたいな名前だな。


まあ、今回はドイツ担当ということで、とりあえずよくわからんなりに
・9-2指揮官とMMG+2個分隊のキラースタック
・FT
・爆薬持ちの9-1指揮官
を組んでみました。

FTが遠距離射撃で焼き、スモークを投げ、DCの圧力を背景にMMGを前進させて射点につけるという俺作戦。
笑ってはいけない。なにせS1では、ただ無策にハイスタックを組んで準備射撃していただけなのだ。


45
FTが燃料切れを起こさずに頑張った結果、ソ連8-1指揮官が率いるスタックはMMGを放棄して後退。
つ、つええ。


30
まさにO7が占領されようとする寸前に間に合ったソ連ショックグループ。
鬼のハイスタックにDC攻撃のバクチをかける8-1指揮官でしたが、なんとか乗り切ったかと思った瞬間に横のコンスクリプトに撃たれてPIN。お疲れさまでした。




いやーしかし、自分にはまったく合わないと思ってたASLですが、想像以上に楽しめています。
何事もやってみるもんですね。