またしてもCataclysm。
はじめて西側連合やりましたが、これは結構難しい。


まあ、気付いたところを列挙しますと

西側とソ連が意識的に協力しないと、枢軸には対抗できない。

ソ連は、国内事情が結構脆弱なんですよね。どうしても本国が主戦場になるので、負けるとダメージがデカく、勝っても益が少ない。ソ連が2エリア削られて崩壊すると、降伏の可能性が1/2近くあるのがしんどいです。
開戦後にどうやってフラッグを供給するのか、というのはソ連の大いなるテーマになりそうです。

現状では、西側に渡すフラッグを絞るプレイが強い。

英仏の同盟に最低2枚、米国との同盟に最低2枚(レンドリース+同盟)、フランスを再軍備し英米を動員状態に持っていくのに5枚。これにプロパガンダ分が入るわけですから、これはしんどいでしょう、という話。
「フランスはどうせ降伏するので、フラッグ効率から見て英仏同盟はいらないのでは?」という話もあり、なるほどそれはそうかも。
英仏同盟で対独開戦するとフラッグ供給が止まりますが、同盟していないとフラッグが流れ込んで来るはず。

アメリカもレンドリース→同盟というルートではなく、交易停止→対日単独開戦というルートがアリな気がしてきました。
とにかく日本のスロープレイを阻止しないといかん気がします。