2018-08-11 15.48.49
2対2のチーム戦でアテネとスパルタがぶん殴りあう、『Pericles: The Peloponnesian Wars』をやりました。

マニュアルポエムという、新たな芸術の領域に踏み込まれたハーマン先生の作品。

二人羽織でアツアツのオデンを食べるがごとくの協力のままならなさと、Churchill譲りの議会工作システムが特徴でしょうか。
非常に独特の打ち回しを要求されるため、やるたびに新たな発見というか見落としがあるのが辛いところではあります。
いや、これに熟練できる日が来るのでありましょうか。


念のために申し上げますと、面白いです。