2018-09-03 14.35.18
『1918: Brother Against Brother』やりました。

史実通り初期は赤衛軍が優勢ですが、それを白衛軍がゴリゴリと押していくゲーム。
鉄道以外にまともなインフラがないため、ヴァーサからヘルシンキまで兵員を送り込んでいくのが大変ですね。

攻める側がやや大変なメカニズムなので、白衛軍には計画的なマネジメントが必要なのではないかと思います。
慣れるまでは、ヒストリカルオプションルール採用(白衛軍強化)しても良いのでは?
最終的には、白衛軍が優勢という指摘はありますが。

2018-09-03 14.35.23
うーん、ヘルシンキ陣地抜けなかった。

インスト込みで3時間ちょっと。
プレイ感は軽やかで、メカニズムはシンプル。
イベントカードに登場する人物が、ことごとく「この人誰?」である点を除けば、なかなかに面白いタイトルと言えます。

いやーしかしこれ、フィンランドのパブリッシャーなんで、あんまり出回りがないですね。
ちょっと高いですが、バッカーキット経由なら買えます。
(追記) ↑かどうか、ちょっと確認取れなかったので(プレオーダーの表示になったまま)、未確認情報としておきます。