2006年12月04日

記念すべきフレンチ。

ストラスブール1yucafeコメント
横浜での最後の夜。
関内にあるフレンチレストラン 『 ストラスブール 』 で結婚記念日のお祝いディナーを楽しんできました。
こちらのシェフ小山氏は、横浜パンパシフィックホテルのクイーンアリスで料理長を務められてた方で、数年前に独立。
横浜では、カジュアルに本格派フレンチが食べれるお店って事で、結構有名店みたい。
フレンチなんてめったに食べれないし、色々と行きたいとこピックアップして二人で悩みに悩んだけど
『 ストラスブール 』 にしてほんとに良かった♪
気取らず、終始アットホームな雰囲気で、楽しい時間を過させてもらったから。
大袈裟じゃなく、スタッフの皆さんの細かい気遣いに感動しました。
帰りは、私達が見えなくなるまで、何度も何度も手をふって見送ってくれました。
こんな素敵なお店に連れて行ってくれた旦那様に感謝です。そして家族にも感謝です。



二人別々のコースでお願いして、大好きな野菜をたくさん食べたいって希望まで聞いて頂いた。
食べるのに夢中で、お料理の名前を覚えてないものも多々あり (笑)


123まずは前菜。

・ あん肝と海の幸のテリーヌ サフランとイカ墨風味のマヨネーズソース
・ 自家製スモークサーモンと真鯛のカルパッチョ
・ フランス産ウズラのパロティーヌ 茸のマリネ添え


← アミューズは旦那様のコースにだけ登場。ウニの味が濃厚でうまいうまいと唸ってました。




4・ 洋葱とじゃがいものポタージュ。
器もアツアツ、スープもアツアツ。
洋葱なんて口にしたの初めて。すごくいい香り。
こんなに美味しいスープ、なんとか家でも作れないものだろぉか。。
あまりにも美味しいので、パンを食べるのも忘れてた。




5・ フレッシュフォアグラのポワレ トリュフソースと温野菜添え

ストラスブールの一番のおすすめ料理と聞いて、旦那様のコースに特別入れてもらったお料理。
ふわっふわでトロ〜っトロで、濃厚で甘くて。美味しいの一言。
フォアグラってこんなに美味しいものだったのねぇ (笑)




6・ 天然鯛とオマール海老のポワレ

季節野菜をたっぷり使ったソースが美味。
ここのお料理は、添えられた野菜全部が素晴らしく美味しかった。
アスパラも人参も、こんな味だったっけ?って思うほど、香りが良く甘い。




7お口直しのグラニテ。








8・ 蝦夷鹿のロースト黒胡椒風味 根菜類のピューレと共に

旦那様が選んだお肉は蝦夷鹿。
蝦夷鹿のお肉なんて産まれて初めて食べました。
すごぉく柔らかくて、牛フィレ肉みたい。
味の違いなんてわかりませんです。とにかく美味しいの (笑)



9・ 琉球黒豚のロースト 茸のソテーとエシャロットのソース添え

メインのお肉はすごく悩んだ。
なぜ黒豚にしたかと言うと、中華街で黒酢の酢豚が食べれず悔やんでいたから (笑)
このエシャロットのソースが最高に美味しかった。
温野菜もたっぷり添えてくださってて、中でもサツマイモの甘さには参った。



h デザートy デザートそしてそしてデザート♪♪

・ 柿のムースリーヌとブラマンジェ シャーベットとフルーツの盛り合わせ
・ 80%カカオのスープ仕立て 林檎のキャラメリゼと木の実のアイス
大きなお皿に、結婚記念日のお祝いメッセージを書いて下さった (涙)
ロウソクを立てて、スタッフ皆さんからオメデトウの言葉と拍手を頂きました。



デザートタイム珈琲たしなむ人ワイン













東京などでは、気合の入ったフレンチがたくさんあって、3800円とか5000円とかで、ど根性のコースを出すらしい。
そういう店は、予約がとれないわけです。そして、世界に名だたる巨匠たちも東京などにはごろごろいる。らしい。
ので、いっぺん食べてみたくなるものです。最後の最後まで、ミクニと迷った結果、ストラスブールに決めました。
20席というアットホームな雰囲気とシェフのこだわりが魅力でしたね。
テーブルについて、マダムが薦めてくれた一皿をどうしても食べてみたくなったので、ワンランク上のコースに変更してしまいました。
その一皿とはフォアグラです。
テレビで散々フォアグラトリュフをみていて、あんなんおいしいのか・・あやしい。と思っていたのですが、マダムが力説するので、どうしても食べたくなりました。
アミューズ、前菜、フォアグラ、魚、肉、デザート。
真剣勝負が続きに続き、対戦後は、ふわーっとため息が出てしまうような2時間でした。
一皿にかける情熱ていうものが、ちょっと違いましたね。
なぜそう感じたのかと、しみじみ考えてみたら、細部にまでギロロってにらみを利かせた仕事がされてある、からかなあ。という印象なんですね。
とくにフォアグラはすごかった。これは一体何なんだよー!!てうまさ。
フレッシュさ。こってりさ。さっぱりさ。甘さ。しっとりさ。が一気に来る。怖い。
もちろん蝦夷鹿も、琉球黒豚もキテるんですけどね。野菜がとにかく目立ってた。パク!え?って感じ。
パク!えー?な!そやなあ!パク!うーむ。はああ(溜息)て静けさに包まれてしまうテーブル。
アルザス地方の白ワインも素敵すぎる余韻でしたし、デザートの最後のひと口まで贅沢な気分で満たされた。
たまには行きたいぞ。って強く思いました。
そして、ぼくも、できるかぎりの力を込めてコーヒーを淹れたいと思いました。
そういう気持ちが強いか、普通か、時々か、で決まるような気がしてきた。
言葉にならないけれど、もっともっといろんな刺激を受けました。
100%出し切るって難しいことだなあってしみじみ思ってしまいます。
自分らしさを100%出す。それもなかなかできることではないし。
シェフの気合に完全にやられてしまいました。しかも、この日腕をふるってくれたのは、もっと若いシェフ。
育ててるし、育ってる。熱いぞ、フレンチ。そして温かいぞストラスブール。ごちそうさまでした。

Posted by nightswimming13 at 23:23│Comments(3)
この記事へのコメント
ステキング
横浜はわたしも大好きです☆が、ぼくがつ夫妻のグルメ情報はさすが!!ですね!!
わたしもそんなおとなになりたいです。
しっかり就職しようと思います。めいっぱいおいしいもの食べて、おしゃれするために!
Posted by にしかな at 2006年12月05日 00:38
またまた、かなり読み応え&見ごたえのある東京日記!こんな結婚記念日贅沢〜。う〜ん♪
妄想の世界はいっちゃうわ。
うちも、夫婦でデートしよう。。。
Posted by shinnyuu at 2006年12月05日 15:35
にしかなちゃん

横浜、すごい好きになったわー
どこ行っても過ごしやすかったしね。
食べる事が大好き&音楽大好き夫婦やから、
行く!!となったら、とことん調べまくるのょね(笑)
でも、行けるって事にホント感謝してます。
今度っ、二人そろって遊びに来てくださいな
アイルランド話し、聞きたくてたまらんの



shinnyuuまま

記憶に残るうちにと、覚書のよぉに日記綴ってます(笑)
横浜ツアー、ほんと良かったから、また落ち着いたらshinnyuuぱぱと行ってみてー
今はカラダの事考えても無理かもやけど。
IKEAがねぇ、絶対ファミリーでも楽しめるっ
Posted by yucafe at 2006年12月06日 05:39