本ブログの1番最初は私の大好きなまぐろのランキング
そしてとりあえず最後のランキングもやはりまぐろです。
最初のランキングはノーマルのまぐろのみのランキングでした。
しかし100円寿司にお邪魔して頂くまぐろはノーマルだけではありません。
ノーマルのまぐろが今一つだなと言うときは別のまぐろを頂きます。
そう、今回はまぐろ全般のランキングです。
何度も書いている通り私はまぐろが大好きで
100円寿司に限らずまぐろを必ず頂きます。
頂いた後のまぐろの満足度はノーマルのまぐろだけではありません。
今回は100円寿司にお邪魔してまぐろ系で満足度の高いランキングです。
大抵の方は私の様に100円寿司に週5回も行かれないと思います。
(このブログを初めてからは週7回以上ですが…)
一般的には月に2~5回位でしょうか?
今回はそんな設定でランキングしてみたいと思います。
なお、ノーマルのビントロは最近は横一線と思います。
またネギトロ巻、ネギトロ軍艦、鉄火巻(まぐろ巻)も
差が極めて少ない事から今回は触れていません。
さらにレギュラー品の中トロはお皿による差が大きすぎ考慮不可能です。

お寿司のネタは同じものはありません。
日時、お店、地域、そしてお皿によって大きく異なります。
ちなみにこちらは関東です。
またお寿司に仕様の変更等も御座います。
なおランキングとコメントはは私の目と舌と好みで私が勝手に決めたものです。
あくまでご参考程度にお願いいたします。
是非、実際にお店に行って頂いててみてください。


第1位 やはり強し とろの殿堂 スシローさん
これはノーマルのまぐろでばちまぐろ。
7df8c940
もちっとした食感で私の好きなまぐろですが
やはり切り方の問題でランキングは4位でした。
他店も切り方は同じですがばちまぐろは特に気になります。
またネタの大きさも他店よりワンサイズ小さいと思います。
さらにマグロ系の創作寿司も必ずしも他店より優れている訳ではありません。
もちろん駄目というではありませんけれど。
スシローさんのまぐろ系の創作はタレ炙り漬けまぐろ
軍艦のアボカドナッツ添え、山かけです。
85bda0bb
その他はフェア品では剥き身包みでしょうか。
複数回の登場です。
b4c46a2e
どれも比較的まぐろを生かしたお寿司とは思いますが
特別な人気商人ではないと思います。
また、スシローさんのタレは迷走することが多いと思います。
このタレ漬け炙りまぐろもそうでした。
201e2a41
私の舌が確かなら何度かタレが変わっています。
昔の方が美味しかったと思いますし
事実レーンを回っている数も5年位前に比べると激減しています。
それでもなぜ1位かといえばやはり上赤身、天身、中トとろ、大とろの
フェアの数の多さだと思います。
728c8cc4
DSC02229
e09494dd
定期的に通っているとやはりスシローさんがとろ度の高い
とろ系のまぐろを頂ける確率が高いです。
中とろのレギュラー品もありますが…
スシローさんのフェア品とろが定期的に頂けるので
私はあまり頂きません。
やはりフェア品のとろ度の高いとろが頂ける確率の高さで1位です。
やはりとろはまぐろの花。
しかも100円でこれだけのとろが頂けるのですから感謝です。
100円寿司の心髄と思います。


第2位 少数精鋭部隊 はま寿司さん
ノーマルのまぐろは文句なしの1位。
434c8b27
そこにはらみ、ユッケと続きます。
3bbf8fd8
24d20c56
もうこの3つで十分と言えるほど美味しいまぐろが楽しめます。
まぐろのクオリティは極めて高いと思います。
特にはらみがレギュラーメニューであるのは大きいです。
時にフェアでとろが出てきますが、もちろんこれも美味しいのですが
とろ度は低めです。
0d5b7bee
また漬けは筋が多い物があるのはやむを得ませんが
やはり柵の端をつかうのでしょうか。
かなりネタが小さい物も目立ちます。
私のランキングのお店では最後発のはま寿司さん。
強烈な個性が魅力ですが、まぐろも個性と品質があり好印象です。


第3位 創作寿司に活路を見出す くら寿司さん
ノーマルのまぐろは大まかに2種類に分かれると思います。
見た目で色が違います、赤色が強い物と弱い物。
部位の違いでしょうか、見た目確かに違います。
51755d68
この赤色が強い物の方が美味しくとろっぽい事が多くなります。
写真は赤色が強いまぐろです。
フェア品でとろも登場することもありますが200円皿でここは大きなハンデです。
その他はまぐろの極旨ねぎ塩、海鮮ユッケ風ですが
30f72aa6
8ac5f525
どちらもまぐろ本来の味を楽しめるお寿司で無くタレの味がメインになります。
美味しいですが、まぐろが食べたいっ! て時のお寿司とは違うかもしれません。
しかし最近スーパールーキーが登場しました。
柚子風味まぐろたたきです。
db13dccb
一時期他店でワッと出て消えたびんちょうまぐろのたたきがベースです。
私はこれ大好きです、かなり美味しいと思います。
フェア品とは別のニューフェイスです、ぜひ継続販売して欲しいと思います。


第4位 バリエーションが欲しい すしおんどさん
ノーマルのまぐろは比較的大きめです。
DSC01233
かつては大きさがバラバラの時代がありましたが
最近は複数店にお邪魔しますがかなりそろっています。
バリエーションは基本漬けのみ。
DSC01222
ただしこの漬けは美味しいです。
漬けは筋が多い物をよく見かけますが、すしおんどさんはこれがほとんどありません。
もっとも正確には漬け風でノーマルのまぐろにタレをかけた物だからでしょうか。
他にまぐろ納豆や海鮮ユッケ風軍艦等がありますが
DSC00915
まぐろを楽しむお寿司ではないと思います。
フェア品で100円寿司史上最強の赤身、そして美味しい中トロを販売しましたが
私にとってやはりランキングで上位に行くほどの販売期間ではありませんでした。
fd931af9
このフェア品の極上本マグロシリーズが販売期間がもう少し長く
そして頻度が多ければ100円寿司のまぐろの歴史が変わると思います。
(上の写真は同シリーズの赤身です。)
実は私のよく行くすしおんどさんは以前ファミレスだった場所で
学生時代に閉店まで友達と語り合った思い出のファミレスです。
いつもこのすしおんどさんに行くとかつてよく座っていた席を
(今は通路ですが)懐かしく思い出します。


さて、前回のまぐろランキングではさらにスーパーのお寿司と比較しました。
結果はスーパーの勝ち。
もちろんすべてのスーパーが対象ではありません。
その時のスーパーは私お勧めの山助さんです。
しかし探せば100円寿司より安く美味しいまぐろがあると結論付けています。
確かに半額シールが張られなくとも100円寿司より美味しい
スーパーのまぐろ寿司は存在しましたが最近はまずありません。
無くは無いのですがかなり希少です。
この山助さん全店で毎月25日はまぐろの日で特売になります。
もちろんお刺身だけでなくまぐろのお寿司も特売です。
わたしが100円寿司に行き始めた頃はこの特売日は
ばちまぐろのお刺身用の柵は100g100円でした。
それがいつしか150円になり、つい最近は200円になってしまいました。
それ以降山助さんの特売日に行っていませんので
現在はどうなっているのか分かりません。

1番最初に書いたように交通事故に合い社会復帰まで3年強かかりました。
保険屋さんからは後に訴訟できっちり保障をして頂きましたが
訴訟が終わるまでは、びた一文払わないと主張していました。
治療費、生活費を貯金で賄っていましたが家計は火の車。
それでもお寿司が、大好きな美味しいまぐろが食べたいっ!
そこから私の100円寿司の旅が始まりました。
しかし美味しく安いまぐろは100円寿司だけではありません。
前回はスーパーのお寿司との比較でしたが
今回はさらに安くハイグレードのお寿司を紹介します。
もう自作しかありません。
前回も半額500円のお造りでお寿司を握っていますが
さらなるハイコストパフォーマンスを狙います。
場所は小田急百貨店、TVでもおなじみのなべちゃんのまぐろ解体です。
まぐろの解体即売は自宅近くのマルエツでもたまにありますが
デパートの方が大型のまぐろを使う事が多くお勧めです。
ただしデパートの方が値段は高くなります。
相場としてはスーパーは中とろで180~200gの柵が1500円程度
デパートでは2000円~位と思います。
しかし私が狙うのはアラ、これです。
ワサビだけで18袋も入ってるよ!
DSC0230511
身の付いた皮で大小合わせて13枚、これで1000円です。
欠点は中々巡り会えない事、会ったら迷わず購入しましょう。
もっともアラでなく柵でも解体時はお得なことが多いです。
ちなみに同じように売られているアラでも加熱用と生食用があります、要注意です。
これをまずばらしていきます。、こんな風に。
kansei
上の2つが生食用、真ん中が皮、下の段の左は脂が強いので焼いていきます。
生食用は切り身になりそうなところ以外はブツか叩いて右下の様にネギトロにします。
見た目はちょっとグロいですが味は◎です。
ばらした後にご飯があったのでちょっと握ってみました。
DSC02329
よく見ると雑な仕事ですね、でも美味しいんですよ。
ちなみにこれだけ握るのに約3分弱、素人でもそんなもんです。
さらに驚くのはこのお皿のお寿司のネタは約100円。
もはや100円寿司は敵ではありません。
なお脂が多く加熱用にしたものは
返しで漬け込み古い抹茶用の風炉で炭焼きにします。
脂を落として焼いていくと激旨です。
皮は下茹でし水で洗いながらウロコを取ります。
一度茹でるとウロコは簡単に取れます。
さらにもう一回茹で、氷水で冷やし保存します。
そのまま頂いても焼いても美味しいです。
ただ歯ごたえがあるので厚めの千切りが頂きやすいです。
ヌタで合えても良いですし、中華風に豆板醤で炒めるのもGood。
そのまま頂くときは出汁醤油が合います。
ワサビを使うときは亀甲萬の出汁醤油。(右)
ワサビを使わない時はカマダの出汁醤油(左)が美味しいです。
カマダの出汁醤油は塩分も少なくお寿司の醤油にも使います。
この2つのお醤油は絶対にお勧めです。
P1020226自宅のお寿司ライフには欠かせません。

日本発の世界に愛されるお寿司。
回転寿司の登場によってお寿司は高級料理から一気に幅が広がりました。
さらにその幅を広げたのが100円寿司と思いますが
まだまだ幅は広げられると思います。
高いだけが、お店で頂くだけがお寿司ではありません。
もっと自宅でも気軽にお寿司を楽しむ事をお勧めします。
だってお寿司の国の人だもん…


DSC00300480
          ⇈ ブログランキング 応援クリックお願いします! ⇈




2011年10月の私のブログの検索キーワードのランキングです。
1位 くら寿司
2位 スシロー
3位 ランキング
4位 回転寿司
5位 はま寿司
6位 かっぱ寿司
7位 寿司
8位 100円
9位 100円寿司
10位 サンマ   でした。
その他に11位に鮮度くんが入り関心度の高さをうかがえます。
20位にデカ旨 25位にでか旨、すしおんどは22位でした。