[葬儀告別式] ブログ村キーワード
  満88歳で亡くなった偉大な母の葬儀告別式を入会する創価学会の友人葬で送った様子を喪主を務めた私の写真ブログです。
母の葬儀式の祭壇01
  美しく芯が強く、創価学会で40代から地区婦人部長・地区・支部幹部を頑張り続け活動した偉大な母は、61歳で脳梗塞で倒れ、入退院をくり返しましたが、病院でも新聞啓蒙・祈伏を行い看護師に注意された事もありました。葬儀告別式では池田先生よりメッセージ及び静岡創価学会よりメッセージが届き、静岡県幹部の方も参加して下さりました。

 母の葬儀告別式の日時予定表
  母は、学会活動では、時には厳しく、時には優しく、会員と共に悩み
激励し、泣いた事も多くあり、私が脳挫傷事故後の大学時代では、常に祈念して下さり多くの激励手紙と送り物を頂き、1日1時間の題目を続ける指導もあり実践しました。
両親が健在の時に私が贈った短歌
 上の短歌は、両親が健在の時に贈った歌額。「母ありて我が優しさあり 父ありて我が強さあり ありがとうございます    智樹」(平成20年8月吉日)。
喪主の私は落ち着いて謝辞を参加して下さった多くの方々に感謝を込め、読み上げました。
母の葬儀告別式場の駐車場からの夕日
 葬儀祭壇や火葬する母が入る納棺には母の好きなピンク系色の花で埋め尽くされ、母は即身成仏されたと思ってます。 葬儀告別式終了後は多くの親戚と会食し、母の思い出を語り、20歳差の姉‥姉の娘:私より12歳若い姪の子は横浜市の進学校に通う女子高生で、姪が中学時代に東海統一テストで1位を取った事がある事を言ったら驚いてました。       SNSでは多くの方々にご心配をおかけしました。

脳挫傷の僕へ応援おねがいします m(*-ω-)m
にほんブログ村 病気ブログ 高次脳機能障害へ
にほんブログ村

人気ブログランキング