福島県郡山市にある日大工学部建築時代は行かなかった福島県は会津のさざえ堂(国指定重要文化財)。階段を登っていくとなぜか入り口に戻っている不思議な二重らせん構造の斜路をもつ建築物を写真と図で紹介する。
福島県 会津さざえ堂の全景写真

会津さざえ堂は江戸時代後期、本来は三匝堂(さんそうどう)。螺旋(らせん)構造で外観がサザエに似ていることから通称で「栄螺堂」(サザエ堂)と呼ばれる。サザエと来たら、やっぱ「サザエさん」だね。

会津若松市のさざえ堂に長谷川町子原作のドラマサザエさんが来ている

会津若松市のさざえ堂に長谷川町子原作のアニメのサザエさんが来ている(2014 年3 月)。

福島県 会津さざえ堂の建物写真

↑ 正式名称は「円通三匝堂」(えんつうさんそうどう)で(重要文化財指定名称は「旧正宗寺三匝堂」)。平面六角形の建物。内部は二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と左回りに下りる斜路が別々に存在。入口から斜路を最上階まで上り、人とすれ違わずに上り降り、出口から出られる。

福島県 会津さざえ堂の内部の下り通路写真

会津さざえ堂の内部の下り通路写真。下りる人専用の通路で当然、上がる人とは出会わない構造。図面を加工して下に表してみよう。

9d05c20d.jpg


会津のさざえ堂の構造を俺が加工してわかりやすくした図面。

会津のさざえ堂は二重らせん構造の斜路をもつ素敵な建築物。世界文化社「家庭画報」新年号に掲載された(2011年)。正宗寺というお寺があり、その住職の住職であった僧郁堂(いくどう)の考案した建物。世界の名建築100選に選ばれ、アンガールズのお二人が撮影に来た。世界的に有名なデザイナー、トム・ディクソン氏がCasaBRUTUS誌の取材で来日し、同誌にて「建築家が選ぶ日本建築人気番付」にて東の横綱の称号を頂く。戊辰戦争で官軍と戦った若き少年隊士の「白虎隊」の二番隊の隊士のうち、19名が自刃して最期を遂げた場所。尚、この二重らせん構造を採用したものは、フランスのロワール地方にあるシャンボール城内部にて、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したものなど少数だ。まさに福島県の素敵な建築物だ。

(ソース:各都道府県のかっこいい建築物&水間徹雄建築工房)
脳挫傷の僕へ応援おねがいします m(*-ω-)m
にほんブログ村 病気ブログ 高次脳機能障害へ
にほんブログ村


高次脳機能障害ランキング