今月6月上旬に友人てるみんこふさんが、我が母校の日本大学工学部のある福島県郡山市へ出かけた様子の写真を頂き、記事にしました。
26 郡山駅 01
 JR東日本郡山駅には東北新幹線利用可能である。懐かしい郡山駅で変わってない。
26 郡山駅 03駅のホームに
 福島県郡山駅内に貼られてた「福が満開、福のしま。」。福島第一原発事故の影響もあったが。
26 郡山駅 02商店街にて
 [郡山市]商店街きらめき21研究会のポスター。商店ガイレンジャーI ♡ 郡山。僕は郡山市が好き。
55代宮司の三男である安積艮斎は江戸で私塾を開いた。
 55代宮司の三男である安積艮斎は江戸で私塾を開いたの後に昌平坂学問所の教授を務めた朱子学者で、岩崎弥太郎吉田松陰などに大きな影響を与えたとされている。
 日本大学工学部にいた時の下宿の住所は郡山市安積町だった。安積町とは安積艮斎氏から取り上げられているに違いないと感じました。
m ( __ ) m クリック応援よろしくお願いします m ( __ ) m にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ

blogram投票ボタン


[福島県郡山市] ブログ村キーワード[郡山駅] ブログ村キーワード[JR東日本] ブログ村キーワード[商店街] ブログ村キーワード[岩崎弥太郎] ブログ村キーワード[吉田松陰] ブログ村キーワード[幕末維新] ブログ村キーワード