見えない障害と闘いながら

18歳に交通事故で脳挫傷。脳が半分になり1ヶ月間意識不明。
脳挫傷の人から見えず分かりにくい後遺症と闘い日本大学工学部建築学科時代から現在まで。 

カテゴリ: 母のこと

[肺炎] ブログ村キーワード
前回、母親が肺炎で入院してる静岡県東部の病院へ嫁と見舞いへ行ってきた続きだが、肺炎を起こし3年たち、当病院での入院は2年を過ぎた。86歳の母だが死ぬ時は実家で過ごして欲しい。
12母の見舞い写真 (1)
 当病院の外壁・内装の改修工事。週に1度は来るが、工期が長い。過去に沼津市のセブン&アイ・ホールディングスの内外改修工事監督をしたが客が多い中、工期半年間で夜勤もした。
12母の見舞い写真 (4)
 肺炎で鼻からチューブを通し酸素を吸入する病床に横たわる母は間質性肺炎   母の手を握りしめ、早期回復を願い、3人で楽しい会話をした。


脳挫傷の僕へ応援おねがいします (´∀`*)
にほんブログ村 病気ブログ 高次脳機能障害へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

blogram投票ボタン

[富士山] ブログ村キーワード
 母親が肺炎で入院してる静岡県東部の病院へ嫁と見舞いへ行ってきた時に、車内から撮った世界遺産登録の巨大な富士山ド━゚(∀)゚━ン と撮れたので2枚お見せしたい。
母の見舞い途中に撮った巨大な富士山写真で
 まず母親の入院する病院へ行く時の一般国道246バイパスに交流する時の富士山

母の見舞い病院近くから撮った巨大な富士山写真
  富士山の美しき姿は昔から多くの心を刺激し、この姿になぞらえ多くの物語がある。
 ともあれ富士山日本の柱なのである。



脳挫傷の僕へ応援おねがいします (´∀`*)
にほんブログ村 病気ブログ 高次脳機能障害へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

blogram投票ボタン

[健康長寿] ブログ村キーワード8月誕生日で86歳になる母の見舞いへ行くと病室が冷房で寒く「母さん寒いでしょ?」、「寒くない」と母。前の女性が寒くて震えてる様で、「ホラ、あの方も寒くて震えてるよ?」というと、「アレは貧乏ゆすりだよ?」と言う母に爆笑した 母の入院する病室  
 日本人の平均寿命は男性が80.5歳 、女性が86.8歳。健康長寿に関する健康寿命とは日常的・継続的な医療・介護に依存なしで、自立した生活ができる年齢で、日本人の健康寿命の平均は男性が70.4歳、女性が73.6歳。 #ブログ写真で健康寿命の寝たきりや認知症になる年齢
 母は65歳で脳梗塞で倒れ右半身麻痺となったが、肺炎になる83歳>まで通院してたが、実家で自立した生活ができてた。身内や多くの知り合いの方々も、早く退院し自宅での生活が出来る事を祈念して下さっている。母の痴呆のレベルも上がってきて見え悲しいが、長生きして欲しく、時があれば見舞いへ行くつもりです。

m ( __ ) m 脳挫傷の僕へ応援おねがいします m ( __ ) mにほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ

blogram投票ボタン


 週に2度ほど母の見舞いです。静岡県裾野市の介護老人保健施設。今は、胃ろう(腹壁を切開して胃内に管を通し、食物や水分や医薬品を流入させ投与するための処置)を母が取り外してしまい、口から食べる一般食事です。
6586263b.jpg


 胃ろうを付け直し、車椅子で食堂とイベント参加し車椅子生活ですが、ほとんどベッド。日曜に見舞いへ行くと写真の様に母の両手には白いグローブが取り付けられ、胃ろうを取り外さない為と思われた。まだ軽い痴呆だが、85歳母の心、意識、魂、生命もしっかりしてる。年老いた母だが、人間の可能性を信じている。

m ( __ ) m クリック応援よろしくお願いします m ( __ ) m にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ

blogram投票ボタン



[母親] ブログ村キーワード[胃ろう] ブログ村キーワード[介護老人保健施設] ブログ村キーワード[車椅子] ブログ村キーワード

 母の入居する静岡県裾野市の介護老人保健施設へ見舞いに週に2回程、嫁と来てます。少し認知症でも生命力ある母はよく語るが、胃ろう生活で退院したいストレスもたまりがちだが、肺炎が原因で病院から施設へ来てます。
母の入居する静岡県裾野市の介護老人保健施設の病室前から受付をデジカメ写真撮影した
 母の病室前から受付を携帯シャメった。施設入所数約100人で大きなデイルームで職員看護師たちが面倒みてるが、職員人数が入居者に対し少ない。
看護師呼び出しボタンを壊した寂しがりやの母だがカメラを向けるとニッコリ笑顔

 ナースコールは寂しがりや母が鳴らし過ぎで設置されてなく、肺炎が原因で痰(たん)による咳が出てるが職員看護師たちが常時、見回りに来てる。
 ※ 早く退院して家に帰りたい母の気持ちが痛いほど分かります。出来るなら僕が早く「胃ろう」設置方法を学び、家に帰させてあげたい。しかし24時間体制で母を見守るわけにも行かないのが難点。

↓クリック応援(*´-ω・)ンよろしくお願いします( ノω-、)にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ



blogram投票ボタン

[Twitter] ブログ村キーワード[ひとりごと] ブログ村キーワード[写真ブログ] ブログ村キーワード[mixi] ブログ村キーワード[障害者] ブログ村キーワード[認知症] ブログ村キーワード[携帯カメラ] ブログ村キーワード[母] ブログ村キーワード[胃ろう] ブログ村キーワード[ストレス] ブログ村キーワード[肺炎] ブログ村キーワード[痰] ブログ村キーワード[介護職員] ブログ村キーワード[看護師] ブログ村キーワード[病院] ブログ村キーワード[静岡県] ブログ村キーワード[介護老人保健施設] ブログ村キーワード

↑このページのトップヘ