July 17, 2006

<5>【水と緑の文化を育む 水の郷100選】
■目的
/經超の保全が適正に行われている、⊃紊砲かわる歴史ある特色や文化が地域の活性化に活かされている、水環境の維持等に住民の取り組みが活発であるといった特徴を持つ地域を選定した。
■選定機関
国土交通省土地・水資源局水資源部
■選定年
平成8年
■問合せ先
国土交通省土地・水資源局水資源部水源地域対策課 TEL03-5253-8111
■参考資料
国土庁資料

【北海道】
(1)虻田郡喜茂別町
概要/羊蹄山麓にあり町の77%が森林。渓流魚が多く、夏は釣り大会が行われるほか、放流も実施している。この水郷の名水で作られたアスパラガスは全国的に有名。

(2)虻田郡京極町
概要/湧水を中心とした「ふきだし公園」には、遊歩道や展望台も。8月の「しゃっこいまつり」では水の感謝祭を初めとしたイベントが行われる。

(3)中川郡美深町
概要/天塩川でのイカダコンテスト・カヌーレースの他、水と緑テーマにした大自然体験拠点プロジェクト「びふかアイランド」など、水に親しめる町。

(4)広尾郡大樹町
概要/日高山脈を源とする歴舟川では今でも砂金が取れ、毎年探訪会が開かれている。カヌーにも絶好のフィールドであり、8月にフェスティバルを開催。

【青森県】
(5)北津軽郡鶴田町
概要/野鳥の宝庫といわれる津軽富士湖は淡水魚も多く生息し、毎年5月には「全国へら鮒釣り大会」が開かれる。木造の「鶴の舞橋」が美しい。

(6)上北郡十和田湖町
概要/西部は十和田八幡平公園で、日本三大渓流美の一つ奥入瀬渓流がある。ミネラルウォーターや銘酒、十和田湖ほまれ・奥入瀬しぶきを生産。

【岩手県】
(7)盛岡市
概要/北上川は毎年白鳥が越冬する川。鮭の放流や清掃活動など、市民の水環境保全意識は高い。市内の湧き水「大慈清水」は今でも生活用水である。

(8)胆沢郡胆沢町
概要/農耕の地として町の歴史は古く、残存する堰に昔がしのばれる。日本一の大円筒分水「徳水園」は町のシンボル。史跡や文化財も多い。

(9)下閉伊郡岩泉町
概要/日本三大鍾乳洞の一つ龍泉洞の地底湖の水を源流とする清水が町を潤している。みずまつり、淡水魚の養殖の他、ミネラルウォーターの生産も。

【宮城県】
(10)石巻市
概要/我が国初の西洋式港湾の野蒜築港に伴い明治期に開削された北北上運河は貴重な財産である。民間団体が河岸松並木のライトアップ活動をしている。

(11)刈田郡七々宿町
概要/七々宿ダム上流では、水源林整備を中心とした「七ヶ宿水源文化の森」事業が進められている。わさび、天然水の他ヤマメなどの川魚が特産。

【秋田県】
(12)北秋田郡森吉町
概要/森吉山麓を中心に佐渡杉原生林や甌穴、小又峡、ブナ原生林のクマゲラなど豊かな自然が残る。阿仁川の水はアユ、わさびなどの特産物を生んだ。

(13)仙北郡六郷町
概要/六郷は湧水の町。古来より百清水と呼ばれ、町内には60以上の湧水がある。ニテコ清水、藤清水など情緒ある名前で、人々の暮らしに密着している。

【山形県】
(14)長井町
概要/かつて最上川の舟運で栄えた商家を復元した「丸大屋敷」では長井の歴史に触れられる。桜、つつじ、あやめ、萩などの四季折々に美しい花の町。

(15)西村山郡西川町
概要/寒河江ダムには水没した112戸の人々の心を忘れないために112mの大噴水が作られ、町のシンボルになっている。自然学習システムの整備も進む。

(16)飽海郡遊佐町
概要/鳥海山のブナ原生林を通った雨や雪解け水が流れる月光川は毎年サケが遡上する。遊佐米、清酒、ニジマス、岩海苔などの水の恵みは数多い。

(17)飽海郡八幡町
概要/鳥海山南麓の八幡には、国内でも貴重な万年雪がある。「湯の澤霊泉」は水を汲む人の絶えない名水であり、その水を使った銘酒や菓子が特産。

【福島県】
(18)郡山市
概要/明治初期の安積疏水開削により、郡山には美田と経済発展が生じた。猪苗代湖、馬入新田水芭蕉群生地、藤田川桜つづみなどの見どころがある。

(19)南会津郡只見町
概要/田子倉ダムを始め5つのダムがあるダムの町。川魚釣り、ボート、ブナ原生林の保全活動など、ダムは憩いの場としても整備されている。

(20)西白河郡西郷村
概要/200年前、松平定信に絶賛された「楽翁渓」は変わらぬ景観を伝えている。阿武隈川などの自然を活用する源流の里作り推進事業を進めている。

【茨城県】
(21)土浦市
概要/江戸時代から水運で栄えた土浦は町全体が水のイメージを持っている。霞ヶ浦帆曳船、桜川の花火、霞ヶ浦総合公園など、心和む町づくり。

(22)久慈郡大子町
概要/八溝山と阿武隈山水を集めた久慈川の支流、八溝川の流れる町。クレソン、鮎などがとれるほかキャンプ地としても知られている。

【栃木県】
(23)芳賀郡茂木町
概要/町の70%が森林で、カヌーのできる那珂川や逆川などの清流と美しく調和する。毎年夏と秋に、河川保護を訴える「水辺の音楽祭」が開催される。

(24)那須郡鳥山町
概要/那須山系を源とする那珂川が生んだ「鳥山和紙」とそれを演出に使った野外劇「山あげ祭り」は400年の歴史を有する。夏にはイベントも行う。

【群馬県】
(25)前橋市
概要/赤城、榛名、妙義の上毛三山に囲まれた恵まれた風土。詩人、萩原朔太郎ゆかりの広瀬川は河畔の柳が保存され市民の憩いの緑道になっている。

(26)甘楽郡甘楽町
概要/稲含山から流れる雄川の中流に取水する雄川堰は、織田信長の嫡流信良の手になる由緒あるもの。川沿いの桜が古い町並みにより風情を持たせる。

【埼玉県】
(27)加須市
概要/市中央部の「浮野」は地下水脈に石化した植物が浮かんだ状態の湿原で、希少植物が自生している。5月のあやめ祭りでは田舟漕ぎが再現される。

(28)大里郡寄居町
概要/日本武尊が湧出させたという「日本水」、関東一の水祭りといわれ提灯飾りの舟山車が出る「玉淀水天宮祭」が有名。トンボやホタルも多い。

(29)北埼玉郡北川辺町
概要/関東平野の中央部、利根川・渡良瀬川・谷田川を有する輪中の町。「水輪の文化」にこだわり、水質浄化や親水事業を住民主導で進めている。

【千葉県】
(30)佐原市
概要/「北総の小江戸」「水郷の商都」といわれる佐原は古くから利根川の水運で繁栄したところ。十二橋巡りやあやめまつりは水郷ならではのもの。

(31)香取郡小見川町
概要/利根川の下流に位置する小見川は、下水道整備を始めとした水質浄化事業と共に水上スポーツの町を目指し、施設整備やイベント開催に積極的。

【東京都】
(32)墨田区
概要/区のシンボル隅田川は夏の花火大会や早慶レガッタで全国に知られる。親水テラスの整備のほか区では雨を水源として見直す活動を進めている。

(33)日野市
概要/都心の近くながらふるさとの原風景が残り、湧水も170箇所ほどある。市民の手により、ビオトープ“ワンド(水たまり)”が掘られている。

【神奈川県】
(34)南足柄市
概要/民話にも残るとおり、南足柄は金太郎ゆかりの土地である。金時山麓にあり、グリーン文化基金の設立などの文化遺産保存に積極的に取り組む。

(35)愛甲郡清川村
概要/総面積の93%を森林が占め、丹沢山塊に囲まれて名前のとおり清い川が流れる。カヌー教室や花火大会、雨乞い行事「青龍祭」(8月)などがある。

【新潟県】
(36)豊栄市
概要/天然記念物オオヒシクイの日本一の飛来地であり、また希少水性動物オニバスの北限の自生地として知られる福島潟を擁する。潟に因む製菓もある。

(37)北魚沼郡小出町
概要/信濃川最大の支流魚野川が町内を流れる。豊富な水に育まれた魚沼コシヒカリは横綱級の味という。サケやアユ、湿地性植物の保全も活発。

(38)中魚沼郡津南町
概要/日本一の河岸段丘上に拓けた豪雪農山村で、苗場山系の伏流水が湧出する。「竜ヶ窪の水」は伝説も残る神秘的な池。この水で仕込んだ吟醸酒「竜ヶ窪」は有名。

【富山県】
(39)黒部市
概要/黒部川の扇状地にひらけた黒部の市内にはしょうずと呼ばれる湧水群があり、酒や豆腐などの名産品作りの他、共同洗い場としても使われる。

(40)砺波市
概要/砺波平野の中央部、白山山系の庄川が形成する扇状地と山間地とからなる。平野部には珍しい散居村の家々がある。チューリップや砺波米が有名。

(41)下新川郡入善町
概要/県内随一の穀倉地帯として発展してきた入善は、米はもとより西瓜やわかめも特産品。国天然記念物「杉沢の沢スギ」は湧水地帯にある自然林。

(42)東礪波郡庄川町
概要/全町水公園化構想が持ち上がり、町が水天然記念物建設に着手したのは昭和56年のこと。現在は大噴水、水資料館、特産館などが整備されている。

【石川県】
(43)小松市
概要/12筋に分かれた水が落下する十二ヶ滝は素晴らしい風観見せ、イベントにも利用されている。梯川上流は水棲昆虫の貴重な生息の場である。

(44)輪島市
概要/日本海に突き出す能登半島の北端。長い歴史のある千枚田はしの名勝であり、今も米作りをしている。海産物、能登和紙、そして漆芸の本場。

(45)石川郡美川町
概要/手取川の河口に位置するため古くから水陸交通の要衝として栄えた。霊峰白山の雪解け水が川の伏流水となっており、美味しく生物にも優しい。

【福井県】
(46)大野市
概要/戦国時代築城の越前大野城を中心とする北陸の小京都。市内の湧水は住民が日々の生活に利用する。天然記念物のイトヨが生息し、特産品も多い。

(47)遠敷郡上中町
概要/かつての宿場町熊川宿の町並みと、中を流れる前川が、鯖街道の時代をしのばせる。天徳寺川上流には、冷たさで知られる瓜割の滝がある。

【山梨県】
(48)北都留郡小菅村
概要/大菩薩峠を源とし多摩川に注ぐ小菅川が村の中心を流れる。村のシンボルヤマメの養殖を始め、わさびやこんにゃくも生産し、釣り大会もある。

【長野県】
(49)上伊那郡箕輪村
概要/平成4年に箕輪ダムが造られ、別名もみじ湖と呼ばれて親しまれている。住民による活発な植樹活動で天竜川やアルプスを臨む水源地は色鮮やか。

(50)木曽郡木曽福島町
概要/江戸四大関所の一つ福島関所があり、宿場町として栄えた。木曽節に謡われる筏下り「中乗りさん」発祥の地。そば、酒などに名水が生きる。

(51)安曇野(豊科町、穂高町、明科町)
概要/水とロマンあふれる安曇野。安曇野の豊富な湧水を利用した、わさび栽培やニジマスの養殖が盛んで、表流水は堰により水田に利用され、地下に浸透した水が湧水としてわさび栽培に利用され、さらにその排水がニジマスの養殖に利用されるなど水が循環利用されている。

【岐阜県】
(52)大垣市
概要/14の一級河川を擁する大垣には、水との戦いの歴史が生んだ輪中・水屋等独特の文化がある。これら歴史的遺産と豊富な地下水の保存に努める。

(53)海津郡海津町
概要/木曽、長良、揖斐の木曽三川流域に計画された国営木曽三川公園の公園センターがある。漕艇やトライアスロンの大会も盛大に行われている。

(54)群上郡八幡町
概要/町内各所に湧水が見られ、細かく張り巡らされた用水路は食物や洗濯物の洗い場として利用されている。名水「宗祇水」、郡上袖、藍染が特産品。

(55)益田郡馬瀬村
概要/全国屈指の釣り所である馬瀬川が流れ、鮎、あまごは村の特産品。村民あげて清流保全に取り組んでいる。南飛騨馬瀬川温泉も有名。

【静岡県】
(56)三島市
概要/富士山、箱根山の麓に位置しかつては東海道の宿場町として栄えた。駅前の三島湧水郡は富士山を源とするもので市民の憩いの場になっている。

(57)天竜市
概要/静岡県の西北端、天竜川が遠州平野に流れ出る接点に位置し、古くは信州の木材を河口へ運送した。ゲンジボタルの住む阿多古川には七滝がある。

(58)かわね郷(川根町、中川根町、本川根町)
概要/川霧沸き立つグリーンゾーン、かわね郷、大井川に清流を復活させるなど河川環境の保全に積極的に取り組んでいる。大井川の川霧による高品質のお茶の生産も盛んであり、「流したい」などの伝統行事も伝承・保存されている。

【愛知県】
(59)東加茂郡旭町
概要/矢作川を中心に発展してきた町で、矢作ダムなどの国内有数の水力発電施設がある。日本一のカヌー競技場としても脚光を浴びている。

【三重県】
(60)桑名郡長島町
概要/木曽三川河口部に位置する低地の輪中地帯で、失われつつある水郷の生活様式を伝えようと平成5年に「輪中の郷」資料館がオープンした。


【滋賀県】
(61)近江八幡市
概要/北西部にある琵琶湖のほか、大小様々の湖沼が全国にも類のない自然度の高い水郷地帯を形成する。「金剛寺町往古の湧泉とまちづくり」を推進。

(62)犬上郡甲良町
概要/犬上川岸の扇状地に開けた農業の町で、日本で最初の灌漑用ダムが築造された。雨乞いの踊りの北落おはな踊り(8月)は、国無形文化財。

(63)坂田郡米原町
概要/霊仙山から出た丹生川が琵琶湖に流れ込む特異な地形にあり、ハリヨ、イワナ、バイガモの保護を始め、きめ細やかな水環境保全がなせれている。

(64)高野郡マキノ町
概要/琵琶湖西北のマキノ町は、ヤナ漁などの伝統文化が残る知内川と共にあった。鮒などの湖魚や鮎の加工品が特産品。清酒「竹生島」も造られている。

【京都府】
(65)北桑田郡
概要/900m級の山々に囲まれたブナの木峠を水源とする由良川に、棚野川が合流した豊かな清流をもつ町。国重要伝統的構造物郡の茅葺民家が残る。

【大阪府】
(66)大阪狭山市
概要/我が国最古の灌漑用ため池である狭山池では、昭和63年からの大改修で多数の遺物が発見された。それらを展示する予定の資料館を建設中。

【兵庫県】
(67)富岡市
概要/日本海に面した但馬地方の中核都市。古くから水運で栄え、川霧が幻想的な円山川の流域は水生動植物の宝庫であり、コウノトリが生息する。

(68)赤穂郡上郡町
概要/町の中央を流れる千種川沿いの集落は稲作が盛んなことで知られた。風光明媚な鳳宮池、山野里大池などのため池があり、伝説も多い。

(69)宍栗郡天川村
概要/兵庫アルプスと呼ばれる中国山地に源を発する千種川の上流に位置する。手漉き和紙、素麺、高原野菜に加え、砂鉄を原料に刀剣も作っている。

【奈良県】
(70)吉野郡天川村
概要/紀伊山地の山々に囲まれ、総面積の4分の1が国立公園という自然環境に恵まれた村。名水を使った豆腐や飲料の他、アメノウオなど珍しい物も。

【和歌山県】
(71)日高郡美山村
概要/昔は流域で産出された紀州材を運送した日高川の中流にある。昭和63年完成の椿山ダムに架かる吊り橋「レイクブリッジ」は全長200mもある。

【鳥取県】
(72)西伯郡淀江町
概要/秀峰大山の山麓に位置し、5〜7世紀の古墳が残る古代からの町。湧水「天の真名井」は米つき水車や野菜洗い、ニジ鱒の養殖などに利用されている。

(73)松江市
概要/松江城の城下町として始まった松江には、宍道湖のシジミやシラウオ、日本三大舟神事の一つホーランエンヤなどの名物の他親水イベントも多い。

(74)邑智郡桜江町
概要/山陽側に発し、中国山地を越えて日本海へ注ぐ大河、江の川の下流にある。目では国指定名勝千丈渓や観音滝、舌では鮎を楽しむことができる。

(75)鹿足郡津和野町
概要/山陰の小京都とも呼ばれる町の中にはいたるところ水路が巡らされ、鯉が飼われ菖蒲が植えられている。古くから石州和紙の製造も盛んだった。

【岡山県】
(76)岡山市
概要/市内中心部でも天然記念物アユモドキやゲンジボタルが生息する良好な自然度。果実など美味しいものが多く、朝市やフリーマーケットは盛況。

(77)苫田郡加茂町
概要/7世紀頃から製鉄が行われ、当時作られた水路は現在も農業に利用されている。黒木ダム湖畔のレイクパーク加茂など水と森の郷づくりが進む。

【広島県】
(78)広島市
概要/広島市は太田川のデルタの街で、同水系の34市町村が水源の森基金を設置し森林造成に努めている。8月に元安川などで原爆慰霊灯篭流しをする。

(79)東広島市
概要/灌漑用に築造されたため池は大小3000近くを数え、赤瓦と白壁の民家と共に固有の景観をつくる。西条は中硬水使用で日本三大銘醸地に入る酒拠。

【山口県】
(80)山口市
概要/「ホタル護岸工法」によった河川改修がゲンジボタルを呼んだ。5月には「ほたる鑑賞の夕べ」が開かれ、一の坂川両岸の桜並木に人々が集う。

(81)萩市
概要/市街地を流れる約2.6kmの運河、藍場川の周辺を市では歴史的景観保全地区に指定し、官民一体となって河川環境の保全活動に取り組んでいる。

【徳島県】
(82)徳島市
概要/四国一に大河吉野川の沖積平野に発達した徳島市。豊かな水を用いた藍染と運搬、醸造、織物に歴史がある。古い湧水が名水として復活した。

【香川県】
(83)仲多度郡満濃町
概要/「讃岐の水がめ」と呼ばれる日本最大の灌漑用のため池、満濃池がある。池の「ゆる抜き」は夏の風物詩でこれが済むと一斉に田植えが始まる。

【愛知県】
(84)西条市
概要/石鎚連山を源とする加茂川がもたらす地下水は、市内の各所で「うちぬき」と呼ばれる自噴水となって湧出する。ほたるの里や陣屋跡がある。

【高知県】
(85)中村市
概要/清流四万十川河口の都市。古くからの漁業や運送の川舟で流域は賑わい、現在でも鮎、アオノリ、アオサ、ゴリなどが市の特産品になっている。

(86)高知県嶺北地域(本山町、大豊町、土佐町、大川村、本川村)
概要/四国三郎 吉野川源流 爐譴い曚瓠 屬譴い曚はひとつ」の考えにより、自治体の広域連携や「吉野川流域ネットワーク」で、水源涵養のための森林整備活動なども行っており、「四国のいのち」の水瓶としての早明浦ダムは水遊びや上下流の交流活動のメッカとして位地づけられている。

(87)高岡郡梼原町
概要/四万十川源流域の広大な山村で、日本三大カルストの一つ四国カルストや、保全のためにオーナー制度をとっている千枚田などがある。

(88)幡多郡十和村
概要/4月中旬〜5月の「こいのぼりの川渡し」には全国各地からこいのぼりが届けられ、川の上を鮮やかに飾る。夏の四万十川まつりでは花火も上がる。

【福岡県】
(89)柳川市
概要/矢部川から引いた水を市内に行き渡らせた掘割は、自然体で実に470km、総面積の12%にも及ぶ。名物の川下りは「どんこ舟」と呼ばれる川舟で。

(90)甘木市
概要/澄んだ空気と清い水が、淡水のり「川茸」や葛を産出する。筑前の小京都といわれる秋月の城下町には石積みの水路が残り、歴史を感じさせる。

【佐賀県】
(91)佐賀市
概要/2000kmにも及ぶ河川やクリークが市内を流れ、市民総出の清掃活動は佐賀の風物詩になっている。佐賀城の保存や「トンボ王国」作りに取り組む。

(92)佐賀郡富士町
概要/北は脊振山系、南は天山山系の間に流れる嘉瀬川の水を育む水源涵養地。清流のシンボル、カジカガエルの棲む里づくりを目指して活動中。

(93)神崎郡神埼町
概要/360年の伝統を誇る神埼そうめんは、明治期架設の水車で製粉された麦を使ったもの。水車は今でも町のシンボルとして生き続けている。

【長崎県】
(94)島原市
概要/古くは城下町として発展し、キリシタンの文化が残る。約200年前の雲仙岳噴火は、多くの湧水と共に市内中心部にある白土湖を作った。

【熊本県】
(95)熊本市
概要/ 熊本城と共に観光地である水前寺成趣園や江津湖公園は、阿蘇外輪山西麓の山地・丘陵部で涵養された地下水が湧出して形成された美しい水環境。

(96)阿蘇郡白水村
概要/村内を縦横に走る湧水水路に水神様を祭った神社が多数点在する素朴な土地。「水の生まれる里」として、豆腐や焼酎の他アイガモ米も特産に。

(97)上益城郡嘉島町
概要/町の東部に、日湧水量15万tを誇る浮島周辺水辺公園がある。30年前に天然の泳ぎ場を木枠で囲ったプールは別名「魚に泳ぎを教わるプール」。

(98)上益城郡矢部村
概要/国指定文化財の通潤橋は140年後の今も水が通り、当時の姿を保っている。農林業が盛んで、有機野菜や高冷地野菜の栽培、ホタルの飼育にも励む。

【大分県】
(99)日田市
概要/水郷をスイキョウと発音するほど「濁っていない」日田の里のシンボルは三隅川。川の遊舟からは、400年の伝統を持つ鵜飼を見物できる。

(100)竹田市
概要/神原渓谷のある祖母傾国国定公園や、歴史的遺産の農業用水施設「円形分水」「明正井路」がある。どじょうの養殖、豆腐・もやしの生産が盛ん。

(101)大野郡三重町
概要/ブナやマツの原生林を少しずつ流れ出る水が白山川となって岩間をゆく白山渓谷に、地元住民がゲンジボタルを復活させた。6月には祭りもある。

(102)下毛郡山国町
概要/町内全体が耶馬日田英彦山国定公園に指定されており、中でも猿飛千壷峡は変巧安山岩に水流と小石が無数の穴を開け、神仙境めいた趣がある。

【宮崎県】
(103)延岡市
概要/九州山地から市内を通り日向灘に注ぐ五ヶ瀬川に毎年秋300年の歴史がある「鮎やな」が架けられる。7月のいかだ下りは夏の勇壮なイベント。

(104)東諸県郡綾町
概要/牋柔邨銘の約3000haに及ぶシイ・カシなどの照葉樹林は国定公園綾区として指定され、照葉大吊橋や遊歩道、キャンプ場が整備されている。

【鹿児島県】
(105)揖宿郡開聞町
概要/薩摩半島南端、薩摩富士と称される開聞岳の麓に広がる。霧島屋久国立公園内。九州一大きい池田湖の浸透水が湧出する唐船峡の水源がある。

(106)川辺郡川辺町
概要/高田石工の高い技術によった井堰が多く残り、霧島井堰や鏡渕井堰は江戸期のもの。町内を流れる万之瀬川は、夏になると天然のプールになる。

【沖縄県】
(107)島尻郡玉城村
概要/垣花樋川(かきのはなひーじゃー)は林の中腹から湧き出る井泉で現在は農業用。沖縄では神聖な場所として信仰の対象となっている。玉泉洞鍾乳洞がある。


(20:38)