創作自由市場 日本舞踊の新しい風

日本舞踊の創作作品を発表する団体「創作自由市場」の公式ブログ。
<メールお問い合わせはこちら>

花柳錦翠美です。

花柳錦翠美です。
今回は【月を盗んだ鬼】を再演させていただきました。ご来場くださった皆様、またスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

未熟ながらも何度も何度もいろんな作品を創ってきて(と言ってもまだまだ浅い年月でしかありませんが)、今回改めて強く感じたことがいくつかありました。
そのうちのひとつが、当たり前と言えば当たり前のことではありますが、「自分の創った作品を大切に思い、愛していくことの大変さと楽しさ」でした。
【月を盗んだ鬼】での、女の紅いアザはどこからヒントを得たのか、という質問をたくさんいただきましたが、どこからでもなく、「女の抱える心の闇の具象として最もシンボリックなもの」を考えていく過程での、ふとした発想でした。
その闇を抱える女を『演じること』に徹底してこだわり抜こう、として創った作品でした。
今回の稽古期間中、その女を通して踊ると、たった一回でいろんな意味でかなり疲弊してしまい、そのうち自分の作品でありながら作品そのものが手に負えない生き物のように思えてきて、本番まで何度も作品と(なのか、その女となのか?)向き合ってただただボーッと座っている、ということがありました。
これは初演ではなかったことであり、再演だからこそ感じたこと、気づいたことのひとつでした。
もちろん、単純に私自身の未熟さ故での現象、とは思います。
が、どんな稚拙な作品であっても、作品はやはり息をしている生き物であるようにも思うのです。
今回は、その生き物を愛し・育てていくことの大変さ、難しさ、そして若干の楽しさを強く感じた公演だったように思います。
また、毎回感じることではありますが、どこかに安易な気持ちがあって創ったものは必ずそこが舞台に現れるし、見透かされてしまいます。
もちろん誰しもハナから安易なものを創ろうとしているわけではないとは思います。
が、自分では決して安易なつもりがなくても、人様に観ていただいたり、何度も練り直していくことで初めて自らの安易さに気づく、ということも、私にかぎって言えばあります。
再演は、そういう意味でもよかったように思っています。

いまさら何を長々と、の話になってしまいましたが、自分なりにいろいろ考え、感じたことを今後の作品創りに生かせればいいなぁ、と強く思えた今回の公演でした。
最後に以前ある先生に言っていただいた私の好きな一言を。
「だって創るって素晴らしいことですもの!」





智寿彦です

早いもので、公演から1ヶ月が経ちました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

今回も6作品、個性派ぞろいでした。創作は人柄がモロに出て、怖いです。

私はサラリーマンを演じましたが、なんでかな?と考えると、家族(主人・父)がサラリーマンであり、私もかつてはOLだったからかもしれません。

舞台には人生の出会いが図らずも出てしまうようです。
心して生活していきたいと改めて思います。

来年は何を創ろうか…
どうぞ今回に懲りず、お付き合いくださいませm(__)m

若柳恵華でございます。

「シャボン玉」という作品を出品・出演させていただきました。


IMG_6589















しゃぼんの玉をつくる精となり

また

しゃぼん玉となる

しゃぼんの玉になり

自由な世界を飛び回る未来に願いを込めて創りました

主題をシャボン玉にしましたが

いざ つくる段になり、とても難しいと思い返され

つかみどころのないシャボン玉に悩むときもありました

しゃぼん玉を一つの宇宙とも捉えると

色々な色に輝きます


HYP_0976


















しゃぼん玉とのコラボレーションをすることができました


ありがとうございました


By KEIKA

坂東冨起子です

78232ac1.jpg坂東冨起子作 唄語りの舞踊劇『贋作ヤン・リーピン』
〜さんせう太夫の物語から消えた「鶏娘」の一場より〜
を出品させて頂きました。

出演:坂東冨起子 青山吉良 青柳敦子 坂東富三乃 坂東辰起 語り・琵琶 古屋和子

前夜の最後の稽古で、突然、膝に激痛が走り、歩くのもやっとに。今日の本番で踊り切れたのが奇跡的でした。

さらに、やっと出来上がった大道具の障子が立たない??? 倒れちゃう??? 本番では、裏で障子を支えるのが、私の一番重要な仕事に。



公演後、即届いた3つのメール。嬉しかった〜!



●「お能のような歌舞伎のような、またバリの影絵のような、若冲の鶏????も想起させる圧倒的な迫力。素敵な時間を有難うございましたm(_ _)m」

(イベントプロデューサー 女性)



●「拝見しました。最初の影絵の趣向、音楽構成の巧みさ、ドラマティックな展開、素晴らしかったです。
有難うございます」

(舞踊作家 男性)



●「すごく面白かったです。いやー、坂東さんの発想と仕上がりの絶妙なバランスに最後まで気が抜けませんW(`0`)W。
帰りに飲んで帰りましたが…いいものを観た後は、お酒がうまい???」

(ナレーター・演劇プロデューサー 女性)



その後も数々の感想を頂きましたが、今日、新たに下記のメールを頂きました。
皆様に感謝!

●「思いを表現するときに日本舞踊はひとつのツールなのだということを実感しました。

屋敷の離れに無数の鶏とともに幽閉された娘、親の因果が子に報いた彼女は心根が真っ直ぐで思いを胸に秘めているからこそ激しい。

障子のシルエットで屋敷内を覗き始めた私たちはいつの間にか鶏娘の激しい胸の内に誘いこまれます。

追い込まれる鶏、舞い散る白い羽・・・歌舞伎舞踊というツールだからこそ体現出来る日本人が忘れかけていた奇譚。是非再演、再再演をお願いいたします。あの奇跡にまた遭いたいです」

(舞踊家・女性)

若柳杏子です。

「ちっちゃな種のものがたり」を出品させていただきました若柳杏子です。

この作品は「命のサークル」や「共生」をテーマとしておりましたが
内容に踊りが追いつかず、たくさんの方に助けていただいて無事本番を終えることが出来ました。
ご来場下さいました皆様、ご指導を賜りました先輩方に感謝申し上げます。

とても分かりやすく楽しい作品だと言っていただけたことがとても嬉しく、また励みになりました。

自由市場に出品させていただいて
今回が3つめの作品となりましたが少しづつ創作の楽しさや可能性を感じてまいりました。

まだまだ未熟な私ですが
これからも精進いたします。

ご来場賜りまして、誠にありがとうございました。

花柳寿之吉です

283d1c21.jpg



10月19日(日) 座.高円寺で公演致しました創作自由市場も無事終えることが出来ました。
ありがとうございました!
今回私は初めての参加で、何から何まで同出演者の先輩方にやって頂き、私はただ作品を作って出るのみという、なんともありがたい環境で出演させて頂き大変感謝致しております。

この度は朝靄のレクイエムを踊らせて頂きました。
作品作り、思っていたとおり、大変でした。衣裳も紆余曲折しながら、迷ったあげく、二日前に全変更を決意、前日に手持ちの着物をゴソゴソと探し出す始末。

当日は母から以前もらった着物に変更、その着物に合わせ、髪飾りも祖母からもらった本物の一つ粒ダイヤを額に、父からのダイヤの指輪を髪に。
頭につけてた造花の百合は排除(笑)襦袢も比翼の正絹の襦袢、襟も正絹‼︎‼︎

当日、終わると、来てくれた知り合いはみんな品が良かったと言って下さり、前々日に心配していた周囲の姉さま達もホッとしたわー!と安堵されてました。(笑)

お忙しい中ありがとうございました。

第26回創作自由市場 IN 座・高円寺無事終演

第26回創作自由市場 IN 座・高円寺無事終演いたしましたm(._.)m

応援頂きありがとうございました


IMG_9393


これからもよろしくお願いいたしますm(._.)m

創作自由市場一同

若柳恵華でございます(*^^*)

こんばんは🌙

しゃぼん玉

作品出品出演させていただきます

IMG_9179


しゃぼん玉の未知の世界観を表現できたらと

創作しております


明日
もう12時超えてしまいました💧

本日

10月19日19時開演です

座・高円寺にて

応援よろしくお願いいたしますm(._.)m


恵華💕

第26回創作自由市場 IN 座 高円寺

次回の公演 第26回創作自由市場 IN 座 高円寺

順番・タイムテーブル決定いたしました!!

ポスター [11328]















































チラシ_02 [11332]
























出演名

第二十六回 創作自由市場 IN 座・高円寺第26回創作自由市場 IN 座 高円寺

日時

平成二十八年十月十九日(木)

開場

18時30〜

開演

19時〜

会場

座・高円寺2ホール

入場料

全席自由 三千円

(収益の一部を熊本地震災害義援金として寄付いたします)

主催

創作自由市場事務局

お問い合わせ

創作自由市場事務局
TEL
 0-3407-6965

090-1611-9894(幸若)FAX 03-3406-7844

150-0001 東京都渋谷区神宮前5-30-6秀幸ビル
E-mail
nihonbuyou@livedoor.com
URL

創作自由市場 日本舞踊の新しい風ブログ
 

内容

伝えたい・創りたい・踊りたい、という思いを持つ、若い舞踊家が集まり{創作自由市場}が生まれました。
これまで二十五回公演を重ね、述べ365名の日本舞踊家が出品・出演しています。
日本の伝統芸能を伝承している日本舞踊家たちが流派の垣根を越えて、枠にとらわれず、新しいものを創造・創作してゆく場。
それが創作自由市場なのです。

 

 

出品者(上演順決まりました)

 

 

花柳寿之吉作品           19:00~19:10

「朝靄のレクイエム」

出演 花柳寿之吉

 
若柳杏子作品

「ちっちゃな種のものがたり」19:11~19:22

出演 若柳杏子・泉彩霞

 

坂東冨起子作品              19:24~19:59

「贋作ヤン・リーピン」

出演 坂東冨起子

10分休憩 

 

 

若柳恵華作品                     20:00~20:12

「しゃぼん玉」

出演 若柳恵華

花柳智寿彦作品
「花さそふ」
出演     花柳智寿彦            20:13~20:23

花柳錦翠美作品                 20:24~20:39
「月を盗んだ鬼」
出演      花柳錦翠美 

 


期待の個人作品初出品者2名を含め6作品となりました。

ブログにて公開いたします


応援 よろしくお願いいたしますm(u_u)m


創作自由市場事務局 


若柳杏子です。

若柳杏子です。
この度は【ちっちゃな種のものがたり】という作品を出品させていただきます。


この作品には種と鳥が登場しますが「共生」をテーマとしておりまして
初めての試みもさせていただき、分かりやすい作品になったのでは!?と思っております。
私が種を、大学の同期の秀彩霞さんが鳥を踊らせていただきます。

宜しくお願いいたします(^^)

10月19日19時より   座・高円寺にて
ご来場、お待ちしております!


第26回 創作自由市場 コメント映像公開!

2016年10月19日(水)にいよいよ開催されます、
[第26回 創作自由市場 in 座・高円寺]
の出演者による演目紹介、コメントの映像が出来上がりました。 

今回もバラエティに富んだ演目が勢ぞろいしております。
是非お誘いあわせの上、お越しくださいませ!


 

『鶏娘』坂東冨起子

0c284582.jpg
ca790a5e.jpg
be9f1328.jpg
6cb2a4da.jpg
dfa4dbde.jpg
坂東冨起子です。『贋作ヤンリーピン』を出品させて頂きます。

この作品は先月、愛知県豊田市の神楽殿で初演した< 唄語りの舞踊劇『鶏娘』〜安寿と厨子王の物語から消えた一場〜 > を創作自由市場用にリメイクしたものです。

メインの音は太棹三味線、笛、琵琶ですが、今回は太棹と笛は残念ながら録音再生となります。また初演では、黒衣7名でしたが、今回は黒衣4名にて務めさせて頂きます。
では、10月19日 座・高円寺2ホールでお待ち致しております!

花柳智寿彦です

お久しぶりです。昨年は錦翠美さんの作品に助演させていただいておりました。自分の作品を出品するのは2年ぶりです。

寿之吉さんが、タイトルの付け方について悩んでいる投稿をなさってましたが、私も同じ思いです。

タイトル「花さそふ」
これは百人一首から取りました。男性の句なのです。
花さそふ 嵐の庭の雪ならで ふりゆくものは 我が身なりけり

そのこころは…また次回投稿で!

来月19日は、座・高円寺にお運びくださいませ!

花柳寿之吉です

祝諺郎郤由市場初参加寿之吉☆
(ノ≧∀)ノファイトォ─────!!
初めて日本舞踊の作品を作る機会をいただきました。難しそうで避けていたのですが、きっとお目まだるい作品になるとは思いますが、頑張りますので宜しくお願い致します

朝靄のレクイエム………
カッコいい題名をつけてしまいました。

自分で考案しておきながら、踊りが題名についていけません。題名を付ける際は気をつけることをマズ思い知りました。
何事も勉強です。
古典の日本舞踊の踊りにはストーリーもあります。そこも自分でこさえるとなると大変ですね。思い知りました。こうなると、もともとある話をパロディー化すると観る方もわかりやすいですね。勉強になりました……

今回は全く意味不の作品、100%私の超自由気ままな妄想の世界となっており、異次元空間になってしまえ……となかば自棄になっております。。全身全霊でヤケになりますのでそれはそれで見応えのあるものになると信じております。あと一ヶ月です

頑張りますので宜しくお願い致します。

花柳寿之吉

花柳錦翠美です。

花柳錦翠美です。

今回の私の作品は「月を盗んだ鬼」。

2010年に上演した作品で、再演になります。


異形のものとして生きる女

異形としてのイビツさと

ひとりの女としてありたいという切望を合わせ持つ女

そのように生きたいわけではないのに

そのように生きるしかないさだめを負った女の悲哀を踊りたいと思っています。


10月19日19時より

座・高円寺にて。

ぜひご来場ください!!
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
創作自由市場 (若柳公子 日本舞踊ブログ)
感想コメント募集
携帯アクセス
QRコード
プロフィール
  • ライブドアブログ