August 12, 2013

新省エネ遮熱・断熱塗装システム『快装エコノ』展開開始

健康・省エネ住宅の追求に取り組んでいる「いやし健康増進住宅研究会」(以下「研究会」 代表:長井智史 運営:日菱企画株式会社)では、このたび、新築・リフォーム提案に活用しやすい省エネ塗装システム『快装エコノ』の展開を研究会会員対象に始めた。

遮熱・断熱対策として様々な建材があるが、『快装エコノ』は、遮熱・断熱性能と『リーズナブル、簡単、きれい』を両立させた新しい省エネ塗装システムで、新規開発された水性断熱下地塗料と屋根用に開発された水性遮熱塗料、外壁では断熱塗料として認知が広がっているGAINA(ガイナ)を組み合わせたシステムである。

『快装エコノ』は、従来の同塗料の塗装方法と比較して、外壁で約4割、屋根で約3割のコストダウンを実現している。新築にもリフォームにも、活用しやすいシステムとして会員企業様にご活用できる。

こちらのHPを参照
http://www.iyashi-k.net/お知らせ一覧/

nihonkenzai at 18:07 この記事をクリップ!

あなたに会えて嬉しい構造用合板


あなたに会えて嬉しい,私たちは、構造用合板の製造業者である。歓迎私達についての詳細を知っている。
web: www.chengwangplywood.com



dear friend

glad to meet you
we are professional plywood manufactuer
for 8 years in shandong of china.
we may produce plywood, jas plywood.
flooring base and so on.
welcome you know more about us.

your sincerely

carolin


tel:86+15153939967
skype:hanjie2011
QQ:776836925
web:www.chengwangplywood.com


nihonkenzai at 16:31 この記事をクリップ!

July 02, 2013

木製可動ルーバー建具のウッドシャターと桐建築材

 菏泽塞托士窗饰生产科技有限公司のAnneと申します。
  弊社は「上質な建築材 」の専門メーカーで建築材の研発.製造.販売を行っております。
 弊社の主力商品は室内ドアや室内建具などに使える木製可動ルーバー建具のウッドシャターと桐建築材です。
 ウッドシャターはルーバー(羽根)のどれか1枚の角度を手で変えると全てのルーバーが連動し て精度良く回転し、簡単にルーバーの開閉調節ができます。
 木製ルーバーの風合いや、素材の美しさから、上質で心地よい空間が得られます。
 光、視野、風、空気の流れを調節する用途の他に、
 熱伝導率の低い木製ルーバーの効果を利用した遮熱用途や、吸音材と組合せた調音用途等、多岐 にわたる用途があります。
 使い方はいろいろです・ ドア、開き戸、引戸、折戸、FIX戸.間仕切り等、建物全体または居室間 の空気の流れや空間の拡がり方を制御します。
 またはエアコンの吹出し口に取り付けて風向を調節、クローゼットや脱衣室の調温調湿効果をねらった使用等さまざまな可能性を持った製品です。
 ウッドシャターはエコロジーな建具として、またパッシブデザインのエレメンツとして注目を集めている製品です。
 弊社が製作している製品はお客様毎に異なっており、同じ物はありません。
 弊社は日本への輸出実績もあり、品質も保証できます。             
 ご興味が有りましたら是非ともご連絡ください。


菏泽塞托士窗饰生产科技有限公司
销售部:Anne
 E-mail:kenzai@vip.126.com
  SKYPE:hezewuna
 FAX:0086-530-6160707
 電話:0086-530-6160808
 携帯電話:0086-13001791212

nihonkenzai at 11:45 この記事をクリップ!

May 29, 2013

住宅のゼロ・エネルギー化推進事業 補助金 対応緊急セミナー

住宅のゼロ・エネルギー化推進事業 補助金 対応緊急セミナー
 2013年も住宅業界は大変革しています。昨年暮れに実施された低炭素住宅認定制度をはじめとして、エネルギー消費量だけでなく、建物本体の性能も規定され、特に中小工務店には厳しく消費税アップ前の駆け込み需要の期待もありますが、大手との厳しい競争、職人不足、材料高騰など憂慮されます。
 しかしながら、我々中小は何としても新しい市場を掘り起こさなければなりません。この状況を打破する為には、時代が要求するゼロ・エネルギー住宅やスマートハウスにどうしても取り組まなければ完全にトレンドに乗り遅れます。国土交通省が昨年度に続き「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」を打ち出しました。一棟毎の補助金額が165万円であり、公募締切が7月5日と短いのですが、是非この機を利用して、取り組むことをお奨めします。
 今回は、基本的な建物設計から、申請手続、販売商品、販売手法等で既に実証済みのノウハウ公開セミナーです。これからの厳しい時代を乗り切る為に、皆様の参加を心よりお待ち致しております。

6月7日㈮ 13:30〜16:30 会場:LED省エネスマートモール 東京都千代田区神田練塀町68
6月14日㈮13:30〜16:30 会場:アットビジネスセンター 東京都中央区八丁堀1-9-8
参加特典 オリジナルゼロ・エネ住宅「ナレッジ」(16P)  「ドリームソーラー」(12P)カタログサンプル 進呈致します。

講師 橘場 保則
襯好據璽好リエイティブ 代表取締役
講師 福士 健郎
螢┘弌璽哀蝓璽鵝\賁骸萃役
講師 内山 岳彦
螢─次Ε┘后Ε妊 代表取締役
※敬称略

sss

nihonkenzai at 11:41 この記事をクリップ!

March 19, 2013

綺麗な高品質の四角洗面器

アムベストの李と申します。

今度は、綺麗な高品質の四角洗面器を紹介いたします。
世界中九割以上の四角洗面ボウルは中国南に潮州という都市で作られています。
でも、一旦TOTOとINAXのような大手メーカーのブランド名を洗面ボウルに付けると、最低3〜5万円の値段が付きます。このような洗面ボウルはイタリアやヨーロッパのいろんなメーカーにも売られていますが、名高いデザイナーの名前が付くと、洗面ボウルの値段はTOTOとINAXの水準より3〜5倍高くなります。Civita Castellanaなど小さな会社で転売してシンガポールの輸入業者を通して日本に輸入したら、洗面ボウルの値段はTOTO/INAXの水準より30〜40%低いです。日本当地の零細企業も輸入していて、日本製を掲げています。その値段は大体イタリアの水準と同じくらいです。同じ人、同じ粘土で作った洗面ボウルなのに、どうして値段の差がこんなに激しいのでしょう?我が社は理念としてダイレクトを掲げております。商品は産地から輸入して、直接消費者に提供されるため、8046円という安価でお売りしております。四角い洗面ボウル以外、弊社にはまだ様々な洗面ボウルがあり、しかも輸入直売の理念も同じです。近いうちにお取り引きが出来ることを願っております。

お問い合わせ先はこちら
大阪市生野区巽北3−8−19
合同会社アムベスト
電話 050-5534-9582
FAX 06-7635-5485
ネットショップ http://shop.ambest.co.jp/?mode=grp&gid=574027


nihonkenzai at 18:45 この記事をクリップ!

December 12, 2012

出版物案内=「ゼロエネルギー住宅とパッシブハウス」=

本書はゼロエネルギー住宅とはそもそも何なのかを、欧州で始まったパッシブハウスの起源から説き起こし、低燃費の住まい作りの重要なポイントを解説。市営アパートから一戸建て住宅までの際立った特徴をとりあげ、こうした家を作ることができる住宅事業者を北海道から九州まで選び出している。ただし、ゼロエネルギーといっても、太陽光発電の売電メリットのことはあまり書かれていない。主に躯体の性能向上がエネルギー消費量にどのような影響を与えるのかという視点に基づいて書かれており、建物ひとつでどれだけ快適な住まいが作れるかという普遍的なテーマについて、熱エネルギーの視点から説き起こしている。
  この本は、業者向けに書かれているが、情報収集意識の高い住まい手にも理解できるように書かれているので、住まい選びの情報資源としても活用することができる。

 本書は全5章の構成となっている。
第1章:「パッシブハウスとゼロエネルギー住宅の基礎知識]として、基本用語の解説。
第2章:「日本一の省エネ住宅 全国マップ」と題した、グラビア写真と、本書の協賛企業のコマーシャル。
第3章:「地域別に見るゼロエネルギーハウス、パッシブハウスの諸特徴」とした、全国の住宅事例。
第4章:「省エネ改修工事 次世代省エネ基準レベル」とした、断熱リフォーム事例の紹介。
第5章:「国が定める省エネルギー基準」と題した、法規制や基準、断熱材の厚み一覧表などのデータ集。


【公式HP】 http://www.lli-publishing.com/media/books/zero-energy-house.html


ゼロエネルギー住宅とパッシブハウス


nihonkenzai at 13:14 この記事をクリップ!

November 07, 2012

「Japan Home & Building Show 2012」 11月14日から開催

 一般社団法人日本能率協会(山口範雄会長)は11月14日から16日までの3日間、「Japan Home & Building Show 2012」を開催する。
 この展示会は日本最大規模の住宅建材・設備・建築関係の専門展示会で、ハウスメーカーや工務店、設計事務所、ゼネコンなどの建築関係者が来場し、国内・海外から建材・建築設備・サービスを一堂に展示・紹介。住宅・建築関連業界関係者の商談と情報交流の活発化を目的として開催される。
 また、今年はファブリックを中心としたインテリアに関する専門展示会「JAPANTEX2012」の開催も決定しており、「ホーム・ビル&インテリアWEEK」として、東京ビッグサイト東1〜3ホールにてワンフロアでの合同開催される。


<開催概要>
会 期  2012年11月14日〜16日
時 間  10:00〜17:00
会 場  東京ビッグサイト東ホール
主 催  一般社団法人日本能率協会
入場料  1000円(税込)  ※ただし招待状持参者・事前登録者は無料
問合せ  03-3434-1988

公式HP http://www.jma.or.jp/JHBS/

nihonkenzai at 12:24 この記事をクリップ!

October 26, 2012

木造構造計算セミナー【構造塾】〜序章〜 埼玉で開催

 構造計算を中心とする研修や情報交換を行う構造塾(新潟県新潟市、佐藤実塾長)は、木造構造計算の技術や最新情報に関するするセミナーを11月2日、大宮ソニックシティービル 会議室602(定員70名)にて午後1時30分より開催する。
 参加料は無料となるが、定員となり次第締め切りとなる。

<開催概要>
会 期  2012年11月2日(金)
時 間  第一部 13:30〜15:00
      第二部 15:30〜17:00
会 場  大宮ソニックシティービル 会議室602
      〒330-8669埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
主 催  構造塾(塾長 佐藤実)
参加料  無料
定 員  70名
問合せ  025-228-0088(株式会社M's構造設計)

【公式HP】 http://www.kouzou-cram.com/


構造塾-埼玉


nihonkenzai at 13:00 この記事をクリップ!

October 22, 2012

(社)住宅エネルギー診断協会 セミナーのご案内

●具体的に省エネ改修方法とその効果を知る!●

 脱原発がうながす既存・住宅の性能向上

 住宅をはじめとする建築物の省エネを推進する「一般社団法人・住宅エネルギー診断協会」は、「これからの既存・住宅の省エネルギー性能の確保」をテーマとしたセミナーを開催いたします。
 昨年3月11日の大震災・原発事故を契機として、節電・省エネは、すべての国民にとって身近な問題となりました。このセミナーでは、今後求められる、「住宅」および「既存住宅」の省エネルギー性能を考え、当協会にて診断・計測した省エネ改修の実例を基に、既存住宅の改修前・改修後の性能比較、工事費と性能、実例から見えてきた省エネルギー改修の注意点、などを具体的に解説していきます。また、赤外線カメラなどを利用し、視覚的にもお施主様にも説得力のある評価・診断手法、換気・通風効果なども検討出来るシミュレーションを利用してのプレゼンなどもご紹介する予定です。
 多くの方のご参加をお待ちしています。

開催 日時 : 2012年 11月15日(木)13:30〜 16:30
会    場 : プラザ・八重洲北口 5階―1号室
         東京都中央区八重洲1-7-4 矢満登ビル
対    象 : 工務店、リフォーム事業者、設計事務所などの住宅関連従事者  
参 加 費 : 3,000円

JRER 2012年秋のセミナー-掲載用


nihonkenzai at 15:20 この記事をクリップ!

October 19, 2012

木造構造計算セミナー【構造塾】〜序章〜 東京で開催

 構造計算を中心とする研修や情報交換を行う構造塾(新潟県新潟市、佐藤実塾長)は、木造構造計算の技術や最新情報に関するするセミナーを10月30日、東京銀行ビル(定員50名)にて午後1時30分より開催する。
 参加料は無料となるが、定員となり次第締め切りとなる。

<開催概要>
会 期  2012年10月30日(火)
時 間  第一部 13:30〜15:00
      第二部 15:30〜17:00
会 場  東京銀行協会ビル7階
      〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-3-1
主 催  構造塾(塾長 佐藤実)
参加料  無料
定 員  50名
問合せ  025-228-0088(株式会社M's構造設計)

【公式HP】 http://www.kouzou-cram.com/



構造塾-東京


nihonkenzai at 13:00 この記事をクリップ!

October 09, 2012

東京国際木工機械展/グリーン展

 日本木工機械協同組合(下平紘一理事長)は10月18日(木)から20日(木)までの3日間、2012東京国際木工機械展/グリーン産業展を開催する。
 39回目となる今展の開催テーマは「見つけよう 木工の未来」。最先端技術を駆使した木材加工機械・合成樹脂・軽金属、セラミックなどの非木質系加工機械、加工用刃物、チップ製造機械などが一堂に展示されるほか、国産材の利用拡大を軸にした新産業の創生を通じ木材需要の本格的な復興をめざすグリーン産業展をサブタイトルにして、再生可能な固有の森林資源を基盤に持続する次世代産業のあり方を提案する。


<開催概要>
会 期  2012年10月18日〜20日
時 間  9:00〜17:00(最終日は16:00まで)
会 場  東京ビッグサイト西3ホール
主 催  日本木工機械協同組合
入場料  500円
問合せ  03-3643-0531

【公式HP】http://www.mmjp.or.jp/nichimoku



tokyoTN_poster


nihonkenzai at 15:38 この記事をクリップ!

August 28, 2012

窓辺からはじめる涼しい住まいづくり〜遮熱と通風〜

 震災以降、省エネルギーに対する意識は急速に高まり、この夏も電力消費の低減化に大きな関心が寄せられています。家庭でできる節電方法のひとつ:冷房エネルギーの削減に最も効果的、かつ持続可能な方法として<窓周り>の対策が挙げられます。
 本展では、窓から射し込む太陽光を上手に遮り、風を取り込んで室温を下げることで可能となる冷房エネルギーの低減について考えます。快適な暮らしを守りつつ、省エネルギーを実現する工夫をさまざまな関連製品とともに紹介します。近年の猛暑を反映して、種類や選択の幅が広がった遮熱性能のある製品、自然風を利用して室内に風を取り込むための製品等をカタログやサンプルとともに展示します。また、住まいづくりのどの段階で検討すべきか、大がかりな工事の有無、リフォームにも可能か、インテリア計画との調整などについて、製品選びのポイントとあわせて解説します。

<開催概要>
会期  2012年6月28日(木)〜9月18日(火)
時間  10:30〜19:00
会場  リビングデザインセンターOZONE(7F CLUB OZONE スクエア)
     〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
取材  リビングデザインセンターOZONE
入場料 無料(※CLUB OZONE スクエアは、会員専用コーナーです)
問合せ 03-5322-6500(10:30〜19:00 水曜日休館)

【公式HP】 http://www.ozone.co.jp/


OZONE-2012-08-10


nihonkenzai at 10:28 この記事をクリップ!

August 23, 2012

「第28回 ジャパン建材フェア」開催

ジャパン建材株式会社は「第28回 ジャパン建材フェア」を東京ビッグサイト東展示棟1・2・3ホールにて開催する。
 創業から75周年を数える今年のテーマは「未来をクリエイトするジャパン建材」。
 同社のブランドであるBullsコーナーのさらなる充実や、快適住実コーナーによる「スマートハウス」の展示・提案などを行う予定。

日程と概要は以下の通り。

【会期】 2012年8月24日(金) 9:30〜17:30
          8月27日(土) 9:00〜17:00
【会場】 東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東1・2・3ホール
【主催】 ジャパン建材株式会社
【協賛】 ジャパン建材会、ブルズ会
【問合せ先】 ジャパン建材(株)営業企画課
        電話:03-5534-3712
【公式HP】 http://www.jkenzai.co.jp/fair/28/

JK建材フェア広告


nihonkenzai at 10:00 この記事をクリップ!

August 16, 2012

地域型住宅ブランド化事業、第1回公募採択結果は363グループ

 国土交通省は平成24年度「地域型住宅ブランド化事業」について、補助事業の適用を受けようとするグループ応募総数592の中から、363グループを採択したと発表した。

 本事業は地域工務店等・関連事業者が緊密な連携体制を構築し、地域資源の活用による地域の気候・風土にあった良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図るとともに、地域経済の活性化や持続的発展、地域の住文化の継承と街並みの整備、木材自給率向上による森林・林業の再生などに寄与することを目的としている。
 このため、本事業では、中小住宅生産者等が他の関連事業者とともに構築したグループを公募し、グループ毎に定められた取り組みが良好なものを国土交通省が採択し、採択されたグループに所属する中小住宅生産者等が木造の長期優良住宅の建設を行う場合、その費用の一部を補助するというもの。

 グループの採択にあたり、学識経験者からなる「地域型住宅ブランド化事業評価委員会」)において592の適用申請書について評価を行い、同評価委員会の評価の報告を受けて、国土交通省が添付資料「採択グループリスト」のとおり363の採択グループを決定した。

 採択グループの適用申請書の情報及び「地域型住宅ブランド化事業(平成24年度第1回)評価委員会総評」については、以下の評価事務局ホームページを参照。

・平成24年度地域型住宅ブランド化事業評価事務局
・URL:http://www.chiiki-brd.jp

なお、同事業は来月9月以降に第2回公募が予定されている。

nihonkenzai at 10:00 この記事をクリップ!

August 09, 2012

ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業 2次公募募集中

 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会では、ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業 2次公募期間を開始しています。
 ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業とは、2030年の住宅のネット・ゼロ・エネルギー化を目指すべく、その施策の1つとして、高断熱性能、高性能設備機器と制御機器等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロとなる住宅を導入する者に補助金を交付し、予算の範囲内において、その活動を支援するものです。

◆公募期間:(申請A)7月20日(金)〜8月16日(木)
        (申請B)8月17日(金)〜9月4日(火)
◆事前相談期間:平成24年7月20日(金)〜8月3日(金)
◆予約者決定:(申請A):9月中旬予定
          (申請B):10月上旬予定
◆事業期間:予約者決定通知日以降の契約・着工〜平成25年1月31日(木)迄 (新築・既築)
※住宅の建築主・所有者が対象

関連リンク
ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(一般社団法人 環境共生住宅推進協議会)
http://www.zero-ene.jp/zeh/meti/second.html

nihonkenzai at 14:49 この記事をクリップ!

July 12, 2012

スマートみらい市 2012 東京ビッグサイトで開催

みらい市2012実行委員会は「スマートみらい市 2012」を東京ビッグサイト東ホールにて開催する。
2012年度のテーマは「設備の総合展示商談会 スマート・リフォームで事業拡大」。
「環境・省エネ」、「健康・快適」、「安全・安心」、「地域活性化」をキーワードに過去最大のみらい市を目指す。

日程と概要は以下の通り。

【会期】 2012年7月27日(金)・28日(土) 9:30〜17:00
【会場】 東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東1・2ホール
【入場料】 無料
【主催】 みらい会
【出展】 設備機器資材関連メーカー約300社
【問合せ】 橋本総業(株) 03-3665-9033
【公式HP】 http://www2.miraikai.com/syuto_mirai.html

みらい市_120712


nihonkenzai at 15:00 この記事をクリップ!

May 09, 2012

2012年春期アメリカ住宅建材セミナーを開催

ワシントン州政府・EBPAでは、「2012年春期アメリカ住宅建材セミナーを」5月29日、30日、31日に開催。

5月29日:東京都港区:吉野石膏虎ノ門ビル3F 大会議室
5月30日:宮城県仙台市:宮城県建設産業会館4F 第3会議室
5月31日:岩手県盛岡市:岩手県民会館4F 第2会議室

(時間)12:00〜16:30

基調講演1 「長期優良住宅とリモデルの本質」〜元気になる建築プロジェクト経営〜
        講師:戸谷英世(HICPM代表)

基調講演2 「恒久住宅の実現を目指して」 
        講演:小金澤敏明(ナーダックビルディングサプライ代表)

(申込み先)http://www.buyusa.gov/japan/forms/wahousing/index.asp

nihonkenzai at 18:21 この記事をクリップ!

お知らせ:ホームページ消えました

エルエルアイ出版のホームページですが、http://socks-center.xsrv.jp/
5月9日の夕刻に一時的に消えました。サーバ管理会社のシステム上のトラブルのようです。
関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。



nihonkenzai at 17:24 この記事をクリップ!

「屋根劣化診断・補修方法」研修会を開催

一般社団法人 住宅改繕技能育成協議会では、「屋根劣化診断・補修方法」研修会を開催する。
日程、概要、申込み方法は以下の通り。

平成24年5月22日(火) 13:30〜16:30
【会場】TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
東京都中央区京橋2-3-19TKP八重洲ビル

【定員/参加費】40名 / 一般  4,000円を割引→3,000円
【主催】 一般社団法人 住宅改繕技能育成協議会
【協力】 一般社団法人 街と暮らし環境再生機構
(受付開始13:00)

13:30〜14:00
リフォームの現状とリフォーム新市場 新・住宅ジャーナル編集長
スモールビジネス時代到来と住能協の活動 福原 正則

14:00〜14:30
スモールビジネス「豆工事」花盛り! 豆工事埼玉/(株)ホームケアサービス
職人不足で需要が増大する屋根工事 川連 育夫

14:30〜15:00
見つけにくい雨漏りを赤外線で見つける 一般社団法人 街と暮らし環境再生機構
非破壊雨漏り診断「赤外線建物診断師」 青木 由喜雄

15:00〜15:30
携帯電話から簡単に住宅履歴が作れる 株式会社 エー・エス・ディ 「目視録」を活用して顧客の囲い込み新戦略 内山 岳彦

15:30〜16:00
目からウロコの新リフォームビジネス (株)ピーアンドエフ 申請サポート事業部
屋根の修繕費用が住宅保険で充填できる! 深川 真樹

16:00〜16:30
まだ間にあう、復興エコポイント! エスエー企画株式会社 屋根補修と一緒におこなう断熱改修の提案 岩崎 謙治

20120522_屋根劣化診断・補修方法研修会


■ お申込みは今すぐこちらへ FAX 03-5809-3650   03-5809-3650

最新記事
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)