(1)先日、私の大学院(神戸大学大学院法学研究科)時代の恩師・浦部法穂先生が、今年(2009年)3月末で名古屋大学を定年退職され、「浦部法穂教授退職記念論文集」が『名古屋大学法政論集』から公刊されたことを、ご紹介しました。

名古屋大学の知り合いからの事前の情報によると、昨日(8月3日)の夕刻に名古屋で献呈式が行われるということでした。

(2)浦部先生は、退職後、この4月から「法学館憲法研究所顧問」に就任されています。

(3)そして、2週間ごとに「浦部法穂の憲法時評」を公表されておられます。

アップされると、以前、紹介したNJPお勧め「論評」のページでも、基本的には紹介されるようです。

(4)今後も、浦部先生が、ご健康に留意のうえ、「社会の様々な事柄について憲法の視点で解明・問題提起」されることを、切に願っています。