(1)猪瀬直樹東京都知事(すでに辞任)の5000万円受領問題については、このブログで、5000万円が”裏献金”であるとして法律上の問題点を指摘しました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その1):条例違反

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その2):裏献金

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その4):公選法・政治資金規正法違反

(2)元検事の告発状については、酷い内容だと私見を書いておきました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その3):元検事の告発状の中身への疑問

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その8):元検事の追加告発状についての感想

この元検事の告発が受理されたとの情報はいまだにありません(もし、ありましたら、教えてください。訂正しますから)。

(3)猪瀬氏5000万円受領問題出、先月(2013年12月)8日(日)に私を含む31名が公職選挙法違反と政治資金規正違反で告発状を東京地検(特捜部)に郵送したこと、あわせて「政治資金オンブズマン」のホームページで国民の皆さんに「はがき」による告発を呼びかけたことは、すでにブログで紹介しました。
マスコミも、それを報道してくれました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その5):私たちの告発

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その6):告発のススメ

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その7):告発状送付と告発呼びかけの報道

(4)猪瀬氏が知事を辞任すると表明するとの情報が流れた時、あるいはまた正式に辞任表明した時には、私たちの告発で捜査が進むと報道されました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その9):辞任表明直前以降の私たちの告発についてのマスコミ報道

しかし、告発状「受付」から2週間が経過しているのに、東京地検特捜部は私たちの告発状を受理しないのは、異常であることを指摘しました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その12):なぜ東京地検特捜部は私たちの告発の受理を渋っているのか?

(5)私たちの告発は、送付からほぼ1ヶ月後(2014年1月7日)、東京地検特捜部によって、やっと受理されました。

猪瀬都知事5000万円「裏金」受領問題(その13):東京地検特捜部が私たちの告発を正式受理

(6)本日の朝日新聞が、猪瀬氏は仲介者の右翼団体の人物に「当選の謝礼など」として500万円を渡していたことをスクープ報道しました。
猪瀬氏側、仲介者に500万円 徳洲会5千万円問題
朝日新聞2014年1月18日05時00分

 東京都知事選の直前に医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた猪瀬直樹・前都知事(67)側が、当選直後の2012年12月下旬、新右翼団体「一水会」の木村三浩代表(57)に500万円を渡していたことが関係者の話で分かった。5千万円の一部である疑いがあり、猪瀬氏と徳洲会の仲介役だった木村氏への「当選の謝礼」とみられる。
 関係者によると、猪瀬氏の妻が、12年12月16日の知事選で当選が決まった後の同月下旬、当選の謝礼などとして木村氏に500万円を渡したという。5千万円を預けていたとされる銀行の貸金庫には同月18日の利用記録が残っており、ここから500万円を持ち出した可能性がある。木村氏はすぐに大半を使ったという。妻は13年7月に亡くなっている。
 朝日新聞の取材に対し、木村氏は500万円の受領を認め、「猪瀬さんの奥さんが『当選の謝礼』と言ってきた。『謝礼はいらないが、ちょっと貸して下さい』と言って借りた。借用証はない」と話した。
猪瀬氏5000万円返却の経緯









(7)仲介者の右翼団体の人物は、その500万円の受領を認めたようですが、猪瀬氏と同じように「借入金」だと強弁しているようです。

前者を踏まえて言えば、猪瀬前知事の弁明が嘘だったことになります。

すなわち、
”受領した5000万円には一切手をつけず、そのまま5000万円を返却した”という趣旨の弁明は、嘘だったわけです。

また、猪瀬氏が(妻を介して)仲介者の右翼団体の人物に500万円を「当選の謝礼」として渡したのであれば、”徳田氏側が5000万円を貸してくれるというから個人的に借りただけ”という趣旨の弁明も、嘘だったことになりそうです。
個人的な借入れに対し500万円もの大金を謝礼として渡すはずがないからです。

となると、猪瀬氏が仲介者に「当選の謝礼」として500万円を渡したことは、徳田氏側からの猪瀬氏への5000万円が、私たちの告発の通り”闇献金”であったことを裏付ける証拠の一つになるでしょう。