はじめに

(1)舛添要一氏(現在の東京都知事)が代表をていた時代の「新党改革」の借入金2億5000万円の一部が実質的には税金で返済されたという問題については、当時幹事長の荒井広幸氏現在の現代表)が釈明をし、基本的に舛添知事はそれを否定せず、是認しています。

そこで、その釈明の問題点の第一として、荒井代表が2011年と2012年に立法事務費(税金)を借金返済に活用したとの”自白”を取り上げました。

「新党改革」借入金問題の弁明について(1)荒井代表の「立法事務費」返済活用”自白”と舛添知事の責任転嫁

(2)次に、立法事務費を活用せず1億5000万円を返済した2010年において、借入金が1億6000万円超残っていたという荒井代表の弁明について、取り上げ、果たしてそれが真実なのか、検討しました。

その結果、どのように計算したとしても(私の計算にミスがなければ)、2010年、最初の1億円返済時に「借入金が1億6000万円超残っていた」という弁明が真実ではないのではないかと指摘しました。
また、荒井代表が否定した「立法事務費」が2010年も活用されていたのではないかとも指摘しました。

「新党改革」借入金問題の弁明について(2)「借入金が1億6344万円超残っていた」は本当か?

この分析の結果の通りであれば、2億5000万円の借入金のうち、その残金で1億5000万円を返済したという荒井代表の弁明も真実ではないことになりそうです。

(3)また、この点は、最初の返済直前の「新党改革」の財政状況を知るために、政党交付金の収支も含めて検討してみました。

「新党改革」借入金問題の弁明について(3)政党交付金も考慮して(「借入残金1億6344万円超で1億5千万円返済」は嘘ではないか!?)

(4)ところで、荒井代表が2011年と2012年に立法事務費(税金)を借金返済に活用したと”自白”しましたが、その活用した立法事務費の金額は、約2520万円ということでしたが、実際には、もっと少なかったのではないか、と指摘しました。

「新党改革」借入金問題の弁明について(4)2011年・12年「立法事務費約2520万円活用」は真実か?

実際には、政党交付金を迂回・還流により借入返済に活用したことを隠すためだったのではないかとの疑念が生じます。

(5)2010年については、少し具体的に政治資金の収支状況を分析してきました。

残っている2011年と2012年の政治資金収支状況を分析したいと思っていますが、この投稿では、2011年を分析します。

2011年の「新党改革」の政治資金収支報告書と政党交付金使途報告書は、以下です(なお、以前紹介しましたが、以下は、総務省のホームページで公表されています。もうご承知の方も負いとは思いますが、政治資金収支報告書は印刷できますが政党交付金使途報告書は印刷できません。)。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/0000500024.pdf

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/KF20120928-05.html

以上以外に、報告の概要が掲載される「官報」があります。


1.「新党改革」2011年政治資金収支と借入返済の概要

(1)2011年の政治資金収入概要は以下のとおりです。
・前年からの繰越金  1344万6398円
・本年収入    1億7393万5862円
・収入総額    1億8738万2260円

(2)このうち「本年収入」の概要は、以下のとおりで、税金の占める割合約77・6%もあります。
・政党交付金   1億1941万円
・立法事務費     1560万円
・ほかの収入     3892万5862円(そのうち供託金返金1200万1200円)

政党交付金4月分 29852500円 2011年4月20日
政党交付金7月分 29852500円 2011年7月20日
政党交付金10月分 29852500円 2011年10月20日
政党交付金12月分 29852500円 2011年12月20日

立法事務費 1300000円 2011年1月14日
立法事務費 1300000円 2011年2月14日
立法事務費 1300000円 2011年3月10日
立法事務費 1300000円 2011年4月13日
立法事務費 1300000円 2011年5月12日
立法事務費 1300000円 2011年6月3日
立法事務費 1300000円 2011年7月22日
立法事務費 1300000円 2011年8月12日
立法事務費 1300000円 2011年9月15日
立法事務費 1300000円 2011年10月31日
立法事務費 1300000円 2011年11月18日
立法事務費 1300000円 2011年12月21日
 計    15600000円

税金(政党交付金と立法事務費)を除く「ほかの収入」は3892万5862円しかありません。

(3)2011年の借入返済5200万円と利息等の支払いの合計は5300万4913円です。
2011年1月7日 返済金 10000000円
2011年1月11日 借入利息 60616円
2011年1月28日 返済金 3500000円
2011年2月10日 借入利息 56575円
2011年2月25日 返済金 3500000円
2011年3月10日 借入利息 64657円
2011年3月30日 返済金 3500000円
2011年4月11日 借入利息 58595円
2011年4月27日 返済金 3500000円
2011年5月10日 返済金 3590823円
2011年6月10日 返済金 3586439円
2011年7月11日 返済金 3579407円
2011年8月10日 返済金 3582680円
2011年9月12日 返済金 3568557円
2011年10月11日 返済金 3566678円
2011年11月10日 返済金 3566597円
2011年12月12日 返済金 3556252円
          小計 52837876円
借入返済その他の支出 167037円
       合計 53004913円

借入金2億5000万円のうち、1億5000万円は2010年に利息とともに返済し、2011年には5200万円が同様に返済されているので、残りの借入金は4800万円(2012年に完済)です。

(4)しかし、「前年からの繰越金」と税金以外の「その他の収入」の合計は5237万2260円です。
・前年からの繰越金  1344万6398円
・ほかの収入     3892万5862円
  計        5237万2260円

(5)つまり、借入金返済には63万2653円不足するのです!

ですから、借入金返済には税金を活用したのではないかと推察できるのです。

(6)以上は概算なので、もう少し具体的に政治資金の収支を確認して、税金活用の実態に迫りたいと思います。

すでに荒井代表は税金が原資である立法事務費を借入返済に活用したことを”自白”しているので、注目点は、それだけでは借入返済が不可能であったかどうか、です。
言い換えれば、政党交付金が実質的に借金返済に活用されているかどうか、です。


2.政党交付金の実質活用(迂回・還流)疑惑その1(2010年から2011年へ)

(1)2011年最後の返済(12月12日)までの税金以外の収入を試算して算出してみましょう。

その場合、政党交付金と立法事務費を除外し、「新党改革」に有利に収支を試算します。
したがって、収入には、最高額になるように、
前年からの繰越金(13446398円)、日付の不明な「その他の収入で1件10万円未満のもの」(102007円)「その他の寄付」(11000円)も含めます。

また、支出には、最低額になるように、
支出日不明なものは一切含めません。

(2)こうして、試算すると、
その時点(12月12日)での残金は 4124万円1605円となります。

しかし、これでは、借入返済・利息の支払5300万4913円には、1176万3308円不足するのです。

(3)したがって、その時点までの立法事務費 1430万円が借入返済に活用されていることは当然想定できます(荒井代表は金額の点は不明だが、これを認めています)。

しかし、問題はそれだけではないようです。

返済に充てられた政治資金収入(「その他の収入」)を分析する必要があるからです(「前年からの繰越金」にも税金が含まれている可能性が高いですが、ここでは、分析の対象から除外します)。

(4)「新党改革」本部は2010年の1億円返済後、国から政党交付金の交付を受けると、その一部を特に2つの政党支部に交付し始めました!

具体的に言えば、
国から10月分の政党交付金の交付を受けています。
政党交付金10月分 29,881,500円 2010年10月20日

そして、政党支部に政党交付金を交付して4いますが、特に2つの政党支部に交付金を交付しています。
2010年10月25日 新党改革比例区第四支部 3,000,000円
2010年10月25日 新党改革比例区第二支部 3,000,000円
             合計 6,000,000円

また、国から12月分の政党交付金の交付を受けます。
政党交付金12月分 29,881,500円 2010年12月20日

そして特に2つの政党支部に政党交付金を交付しているのです。
2010年12月20日 新党改革比例区第四支部 3,000,000円
2010年12月20日 新党改革比例区第二支部 3,000,000円
              計 6,000,000円

以上の「新党改革比例区第四支部」代表は舛添要一代表(当時)です。
「新党改革比例区第二支部」代表は荒井広幸幹事長(当時)です。

(5)このうち、2011年の借入返済に重要な役割を果たすのは、以下説明するように舛添氏の政党支部(および資金管理団体)です(荒井幹事長の政党支部・資金管理団体の役割は最後に指摘します)。

3.政党交付金の実質活用(迂回・還流)疑惑その2(2011年)

(1)2011年、借入年内最後の返済まで政党交付金の政党支部への交付と政党支部・資金管理団体からの寄付が行われていますが、そのうち、真っ先に注目すべき政党支部は、舛添代表が代表の「新党改革比例区第四支部」と資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」です。
支部からの寄付収入(723万円) 日付 支部への交付金支出(3075万円)
新党改革比例区第四支部 10000円 1月19日    
新党改革比例区第四支部 10000円 2月9日    
新党改革比例区第四支部 10000円 3月8日    
新党改革比例区第四支部 10000円 4月8日    
              4月20日 新党改革比例区第四支部 10250000円
新党改革比例区第四支部 10000円 5月12日    
新党改革比例区第四支部 10000円 6月13日    
新党改革比例区第四支部 10000円 7月12日    
              7月20日 新党改革比例区第四支部 10250000円
グローバルネットワーク研究会 3000000円 7月20日    
グローバルネットワーク研究会 1500000円 8月10日    
新党改革比例区第四支部 10000円 8月15日    
新党改革比例区第四支部 10000円 9月9日    
新党改革比例区第四支部 10000円 10月14日    
              10月20日 新党改革比例区第四支部 10250000円
グローバルネットワーク研究会 2500000円 11月9日    
新党改革比例区第四支部 10000円 11月11日
   
(2)つまり、「新党改革」本部は、借入金最後の返済(2011年12月12日)までに舛添代表の政党支部・資金団体から723万円の寄付を受領しているのです。

これは実質的には政党交付金ではないでしょうか。

なぜなら

本部から舛添代表の政党支部に政党交付金が交付され、その政党支部が本部に少額ですが寄付していたからです(税金の還流)。

また、舛添代表の政党支部は、本部から政党交付金の交付を受け、その支部が舛添代表の資金管理団体に寄付し、その資金管理団体が本部に寄付していたからです(税金の迂回を通じた還流)。
◇2011年、「新党改革比例区第4支部」(代表・舛添要一)から「グローバルネットワーク研究会」(舛添要一資金管理団体)への寄付
・ 50万円(政党交付金)2011年5月25日 「グローバルネットワーク研究会」
・600万円(政党交付金)2011年7月20日 「グローバルネットワーク研究会」
・600万円(政党交付金)2011年10月21日 「グローバルネットワーク研究会」

つまり、2011年内最後の借入返済時点での残金4124万円1605円には、舛添代表の政党支部・資金団体から723万円の寄付が含まれており、この寄付は、実質的には政党交付金ではないかと分析できますから、実質的には還流した政党交付金が借入返済に活用されていたのではいでしょうか!

(3)政党助成法が政党交付金を借入返済に充てることを金していることについては、荒井代表も認めています。

法律が禁止している政党交付金返済が実質的に行われているという疑惑について、「新党改革」の代表だった舛添要一東京都知事も、幹事長だった荒井広幸代表も、会計帳簿を公表して詳細に説明すべきです。


4.2011年の年内最後の借入返済(12月12日)後(2012年借入返済に備えて!?)

(1)2011年、「新党改革」は前述したように荒井幹事長が代表の政党支部に政党交付金を交付していましたし、年内最後の借入返済(12月12日)後にも舛添代表が代表の政党支部に政党交付金を交付していました。
日付 支部への交付金支出(5125万円)
2011年4月20日 新党改革比例区第二支部 10250000円
2011年7月20日 新党改革比例区第二支部 10250000円
2011年10月20日 新党改革比例区第二支部 10250000円
2011年12月20日 新党改革比例区第四支部 10250000円
2011年12月20日 新党改革比例区第二支部 10250000円

(2)2011年内最後の借入返済後、「新党改革」本部は、舛添代表が代表の政党支部と資金管理団体、そして荒井幹事長が代表の資金管理団体から寄付を受けています。
その合計額は201万円です。
また、荒井広幸幹事長の資金管理団体「荒井広幸後援会」から900万円の寄付を受けています。
収入(1101万円) 日付
グローバルネットワーク研究会 2000000円  2011年12月13日
新党改革比例区第四支部 10000円  2011年12月14日
荒井広幸後援会      9000000円  2011年12月19日

合計額は1101万円です。

(3)まず、舛添代表の方からみると、「新党改革」から政党交付金の交付を受けていた「新党改革比例区第4支部」(代表・舛添要一)は、2011年年内借入最後の返済後に「グローバルネットワーク研究会」(舛添要一資金管理団体)に寄付しています。
その合計額は900万円です。
・200万円(政治資金) 2011年12月21日  「グローバルネットワーク研究会」
・700万円(政党交付金)2011年12月28日  「グローバルネットワーク研究会」

つまり、「新党改革」は、舛添代表の政党支部・資金管理団体から201万円の寄付を受けていますが、それは、舛添代表の政党支部に交付した政党交付金から事後に補填されているのです。

(4)また、「新党改革比例区第2支部」(代表・荒井広幸)は「荒井広幸後援会」(荒井広幸資金管理団体)に寄付しています。
その合計額は1220万1085円です。
・300万円(政党交付金)    2011年4月25日 「荒井広幸後援会」
・200万円(政党交付金)    2011年7月27日 「荒井広幸後援会」
・720万1095円(政党交付金)2011年12月22日 「荒井広幸後援会」

つまり、、「新党改革」は、舛添代表の資金管理団体から900万円の寄付を受けていますが、それは、荒井幹事長の政党支部に交付した政党交付金が迂回したものなのです。

(5)以上は、おそらく2012年の借入金返済に当てられていることでしょう。
これについては、別の投稿で分析します。
また、舛添代表と荒井幹事長の個人寄付についても、別の投稿で分析します。