(1)自民党本部の政治資金の自己調達額は大幅に減少しているにもかかわらず、
自民党本部の政治資金は、税金が原資の「政党交付金」収入のお陰で
バブル経済時代よりも多い中、
自民党本部は、「政策活動費」「調査費」名目で党幹事長ら国会議員に支出し、
その以上の具体的な支出内容は不明であり、
その総額が2010年からの8年間だけで104億円超であることを紹介した。

2019年参議院通常選挙を迎えて【5】(自民党本部の「事実上の税金」の使途不明金は8年間だけでも104憶円超)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51923886.html

(2)この投稿では、その受領国会議員を紹介しよう。
ただし、紹介するのは、「政策活動費」名目で
「1000万円以上受領した国会議員」に限定して紹介する。
(「調査費」名目の受領分はここでは紹介しない。)

その前に、再度、
自民党本部が2010年から8年間で「政策活動費」名目で支出した
100億5460万円の毎年の合計額を紹介しておこう。

  年 「政策活動費」支出合計額 受領議員数
2010年  7億7900万円 17人
2011年  5億6670万円 18人
2012年  9億6510万円 19人
2013年 12億9080万円 14人
2014年 15億9260万円 13人
2015年 12億3920万円 22人
2016年 17億 390万円 19人
2017年 19億1730万円 20人
 合計   100億5460万円

(3)では、以上のうち、
「政策活動費」名目で「1000万円以上受領した国会議員」を紹介しよう。
(党内役職は政治資金収支報告書には明記されてはおらず、上脇の調査に基づく推定である)

。横娃隠闇
受領議員   受領金額    党内役職
大島 理森 4億1150万円  幹事長、9月から副総裁
石原 伸晃 1億8160万円  9月から幹事長
尾辻 秀久   6000万円  7月末まで参院議員会長
川崎 二郎   2300万円 9月まで国対委員長
鈴木 政二   2000万円  7月まで参議院国対委員長
逢沢 一郎   1400万円  9月から国対委員長
河村 建夫   1150万円  選挙対策局長
小坂 憲次   1000万円  7月から参議院幹事長

■横娃隠映
受領議員   受領金額    党内役職
石原 伸晃 3億4750万円  幹事長
森山 裕    3640万円  TPP参加の即時撤回を求める会会長
逢沢 一郎   3400万円  参議院国対委員長
脇 雅史     2500万円  参議院国対委員長
大島 理森   2100万円   副総裁
河村 建夫   1800万円   選対局長
中曽根 弘文   1660万円   議院議員会長
岸田 文雄   1430万円  10月から国対委員長
小坂 憲次   1000万円  10月まで参議院幹事長

2012年
受領議員   受領金額    党内役職
石破 茂   2億6000万円  9月から幹事長
安倍 晋三 2億5000万円  10月から総裁
石原 伸晃 2億0780万円  9月まで幹事長
森山 裕      6280万円  TPP参加の即時撤回を求める会会長
岸田 文雄 4130万円 9月まで国対委員長
脇 雅史 2700万円 参議院国対委員長
河村 建夫 1500万円 選対局長
甘利  明 1340万円 広報本部長、経済・財政・金融政策調査会長
菅 義偉 1310万円 9月から12月まで幹事長代行
細田 博之 1100万円 9月から総務会長
中曽根 弘文 1100万円 議院議員会長
高村 正彦 1000万円 9月から副総裁
谷垣 禎一 1000万円 9月まで総裁


ぃ横娃隠廓
受領議員   受領金額    党内役職
石破 茂   10億2710万円  幹事長
河村 建夫   4600万円  選対委員長
脇 雅史     4000万円  7月まで参議院国対委員長
鴨下 一郎   3000万円  10月まで国会対策委員長
山口 泰明   3000万円   経理局長
高村 正彦   2500万円   副総裁
高市 早苗   1730万円 政調会長
佐藤 勉 1410万円 10月から国対委員長
野田 聖子 1320万円 総務会長
細田 博之 1100万円 幹事長代行
伊達 忠一 1000万円 参議院国対委員長

ィ横娃隠看
受領議員   受領金額    党内役職
谷垣 禎一 8億5950万円  9月から幹事長
石破 茂   5億1140万円  8月まで幹事長
山口 泰明   3000万円  8月まで経理局長
溝手  顕正   3000万円  参院議員会長
稲田 朋美   2500万円  内閣府特命担当大臣(規制改革)、9月から政調会長
二階 俊博   2500万円  9月から総務会長
高村 正彦   2500万円  副総裁
茂木 敏充   3800万円  9月から選対委員長
佐藤  勉   2000万円  国対委員長
吉田 博美   2000万円  幹事長代理、9月から参議院国対委員長

Γ横娃隠鞠自民党
受領議員   受領金額    党内役職
谷垣 禎一 7億0880万円  幹事長
茂木 敏充 1億5550万円   選対委員長
吉川 貴盛   6000万円   経理局長
二階 俊博   4950万円   総務会長
佐藤  勉   4900万円   国対委員長
細田 博之   4500万円   幹事長代行
吉田 博美   4000万円   参議院国対委員長
高村 正彦   2500万円   副総裁
溝手 顕正    2100万円   参院議員会長
河村 建夫   2000万円   5月から予算委員長
伊藤 忠一   2000万円   参議院幹事
山口 泰明   1400万円   財務委員長・選対副委員長、10月から組織運動本部長
稲田 朋美   1330万円   政調会長

В横娃隠暁
受領議員   受領金額    党内役職
谷垣 禎一 6億7950万円 8月まで幹事長
二階 俊博 5億0250万円 総務会長、8月から幹事長
吉田 博美 1億2000万円 参議院国対委員長、7月末から参議院陰幹事長
茂木 敏充 1億0190万円 選対委員長、8月から政調会長
吉川 貴盛 5000万円 経理局長
細田 博之 4960万円 幹事長代行、8月から総務会長
佐藤  勉 3000万円 9月まで国対委員長
高村 正彦 2500万円 副総裁
竹下 亘 2430万円 8月から国対委員長
下村 博文 2000万円 8月から幹事長代行
溝手 顕正  2000万円 参院議員会長
伊藤 忠一 2000万円 8月まで参議院幹事長
古屋 圭司 1600万円 8月から選対委員長
稲田 朋美 1500万円 8月冒頭まで政調会長
橋本 聖子 1280万円 7月末から参議院議員会長

┌横娃隠掲
受領議員   受領金額    党内役職
二階俊博  13億8290万円 幹事長
吉田博美   1億0000万円 参議院幹事長
古屋圭司     7750万円 選挙対策委員長
竹下 亘 6850万円 国会対策委員長、8月から総務会長
吉川貴盛 6100万円 経理局長
細田博之 4760万円 8月まで総務会長
塩谷 立 4300万円 8月から選挙対策委員長
岸田文雄 2660万円 8月から政務調査会長
橋本聖子 2590万円 参議院議員会長、
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実行本部長
森山 裕 1410万円 8月から国会対策委員長
茂木敏允 1290万円 8月まで政務調査会長
林 幹雄 1000万円 8月まで幹事長代理
下村博文 1000万円 幹事長代理
松山政司 1000万円 8月まで参議院国会対策委員長

(4)以上の各国会議員は、受領した「政策活動費」名目の資金を
いつ、何のために、誰に対して支出したのだろうか?

政治や選挙の裏金になっており、政治や選挙を歪めている可能性もあるし、
懐に入れてネコババしている可能性もある。

この疑念を払拭するためにも、
上記各議員は、きちんと主権者国民の説明する責任がある!

(つづく)