上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場

憲法研究者の社会活動の一環として、ブログを開設してみました(2008年4月5日)。 とはいえ、憲法問題全てについて意見を書くわけではありません。 政治問題について書くときがあるかもしれません。 記録として残しておくために、このブログを使用するときがあるかもしれません。 各投稿記事の右下の「拍手」が多いようであれば、調子に乗って投稿するかもしれません。 コメントを書き込まれる方は、カテゴリー「このブログの読み方とコメントの書き込みへの注意」の投稿を読んだ上で、書き込んでください。 皆様のコメントに対する応答の書き込みは直ぐにできないかもしれませんので、予めご了解ください。 ツイッターを始めました(2010年9月3日)。 https://twitter.com/kamiwaki フェイスブックも始めました(2012年7月29日) http://www.facebook.com/hiroshi.kamiwaki.7 かみわき・ひろし

2011年近況報告

2011年最後の近況報告

今日から帰省します。
年末年始の投稿は予約投稿になります。

今年最後に近況報告をして、今年最後の投稿とします。

皆様良いお年をお迎えください。


1.原稿執筆の進捗状況

(1)『ねっとわーく京都』277号(2012年2月号)の原稿締切は先日(今月15日)でした。

「政治とカネ連載28 「陸山会」裁判(5) 事件の背景・動機(小沢事務所と企業の癒着)」。

校正も終わりました。

(2)「長谷川正安「政党論」」はすでに脱稿し、校正ゲラが届きました。
返送の締切は年明け10日。



2.マスコミでのコメント等

全国紙でも、地方版の記事もありますので、ご注意ください。
以前の記事を昨日紹介したので、だいぶ前の記事におけるコメントもあります。
ご留意ください。

(1)The Japan Times  Wednesday, March 9, 2011
Maehara donation trap easy to fall into, and rectifiable


(2)「東電株、10年に議員4人が取得 原発事故後に売却も」日本経済新聞(2011/7/4 11:16)で、私のコメントが紹介されました。

(3)「「数百万円立て替え」本当か  「意図的な収入隠し」指摘も 菅前首相からの「市民の党」側献金問題」産経新聞(2011.9.8 01:11)で、私のコメントが紹介されました。

(4)韓国の国民日報2011.10.12 22:18
[정치자금 겉과 속] 日 정치자금 감시하는 2인… 가미와키 교수와 도쿄신문 사사가세 기자


(5)「小沢元代表、法廷:きょう第2回公判 三権分立で喚問応じぬ姿勢 法曹界から疑問の声」毎日新聞 2011年10月14日 東京朝刊で、私のコメントが紹介されました。

(6)「伊方原発再考 − 福島が問うリスク 第6部 行き詰まる政策 3政治と結びつき 献金・電力組織票で圧力」愛媛新聞2011年12月17日で、私のコメントが紹介されました。

(7)「パーティー券:過剰販売、収容3倍超も 古賀氏後援会など」毎日新聞(2011年12月18日 11時01分)で、私のコメントが紹介されました。

(8)私のインタビュー記事です。

「ただせ小選挙区制 識者に聞く 進んだ”財界主権”政治」しんぶん赤旗2011年12月19日。

(9)「やらせ 外部調査要請へ  佐賀県議 知事関与巡り」朝日新聞2011年12月22日で、私のコメントが紹介されました。

(10)ほかにもあると思いますが、未確認なので、確認できたら、ご紹介します。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)今月初めに講演しました。

日時:2011年12月3日(土)13時30分〜(60分)。
演題「憲法9条を取り巻く情勢」(仮)
会場:須磨一ノ谷プラザ(JR須磨駅または山陽須磨駅から700メートルほど)
主催:西須磨9条の会

(2)年明け早々講演です。

日時:2012年1月8日(日)11時〜13時(このうち50分)
演題:「憲法をめぐる最近の政治状況  〜 とくに選挙制度問題について」
会場:池田地域福祉センター(!?)
主催:神戸市長田区池田地域9条の会(新年会)

(3)以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。

日時:2012年2月17日(金)午後の予定。
演題:地方議会の選挙制度を考える(仮)
会場:尼崎です。

研修会です。
詳細は、後日、ご紹介します。


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

(26)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(27)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

(28))「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー

(29)「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」
『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)101ー104頁。

(30)「政治とカネ連載27 「陸山会」裁判(4) 判決理由の要旨」『ねっとわーく京都』276号(2012年1月号)86−89頁。

2011年12月中旬の近況報告

今年(2011年)も半月を残すだけになりました。

相変わらず自転車操業状態は続いています。

近況報告をしておきます。


1.原稿執筆の進捗状況

(1)「政治とカネ連載27 「陸山会」裁判(4) 判決理由の要旨」『ねっとわーく京都』276号(2012年1月号)86−89頁。

(2)『ねっとわーく京都』277号(2012年2月号)の原稿締切は先日(今月15日)でした。

「政治とカネ連載28 「陸山会」裁判(5) 事件の背景・同期(小沢事務所と企業の癒着)」。

当日に脱稿し、校正ゲラを待っています。

(3)「長谷川正安「政党論」」
締切りは先月(2011年11月)末でしたが、締切を1週間延ばしてもらい、先日脱稿しました。

校正ゲラが届きました。
返送の締切は年明け10日。

(4)先月、原稿依頼の電話があり、テーマは野田内閣における憲法問題で、分量は約1万字、締切りは今月(12月)下旬頃だったのですが、正式の依頼がないので連絡したところ、依頼者が完全に失念されており、結局、依頼はなかったことになりました。
ホッとしました(笑)。



2.マスコミでのコメント等

全国紙でも、地方版の記事も記事もありますので、ご注意ください。

(1)「政治資金:片山元総務相の政治団体、関係先に指定せず」毎日新聞 2011年11月24日 15時00分(最終更新 11月24日 15時08分)で、私のコメントが紹介されました。

(2)「経済相時にパーティー収入 海江田氏、2回分計1100万円」朝日新聞2011年11月24日夕刊で、私のコメントが紹介されました。

(3)「小沢氏政党支部へ1億円 旧新生党資金「私物化」 参院選資金か」産経新聞(2011.11.25 05:07)で、私のコメントが紹介されました。

(4)「小沢氏支部、献金迂回か 寄付当日に陸山会へ 旧新生党1億円」産経新聞( 11月26日(土)7時55分配信)で、私のコメントが紹介されました。

(5)「松井知事の会社が秘書に給与 政治資金規正法に抵触か  4年で2000万円 政治資金報告書記載なし」読売新聞(2011年11月29日 で、私のコメントが紹介されました。

(6)「麻生、古賀誠議員の政治団体 パー券過大販売」西日本新聞2011年11月29日 10:03 =2011/11/29付 西日本新聞朝刊で、私のコメントが紹介されました。

(7)「政治資金で高級クラブ代22万円 松本純議員の支部」産経新聞(2011.11.29 16:42)で、私のコメントが紹介されました。

(8)「古賀誠氏パー券:400万円分、同一人物経営4社から」毎日新聞 2011年11月29日 22時09分(最終更新 11月29日 23時40分)

(9)「政治資金収入8.2%減」朝日新聞(2011年11月30日神奈川県)で、私のコメントが紹介されました。

(10)「政治資金収支報告書の監査人からの寄付3件、専門家指摘「適正さに疑念も」/神奈川」神奈川新聞2011年11月30日で、私のコメントが紹介されました。

(11)「小沢氏側、新人19人に1億2500万円 参院選で配分、旧新生党資金か」産経新聞(2011.11.30 22:41)で、私のコメントが紹介された。

(12)共同通信社の配信記事に私のコメントが紹介されました。

私のコメントを含め当該記事を採用した新聞は以下のとおりです。

「小沢一郎氏の関係政治団体 「迂回寄付後」解散の可能性 資産処理など曖昧さ残る」山梨日日新聞2011年12月1日

「9588万円寄付後に解散 小沢元代表の関係政治団体 政党支部を迂回か」新潟日報2011年月1日

「10年政治資金収支報告書 迂回か 寄付後に解散 小沢氏の関係政治団体」富山新聞2011年12月1日 

(13)「9人「議員関係政治団体」外す 政治資金透明化に逆行」読売新聞2011年12月1日で、私のコメントが紹介されました。

(14)「九電幹部50人 自民に献金「事務方から振込用紙渡された」読売新聞2011年12月1日で、私のコメントが紹介されました。

(15)「役員は自民、労組は民主  電力、労使で資金提供」日経新聞2011年12月1日で、私のコメントが紹介されました。

(16)「政治資金収支報告書:県選出国会議員、監査を支持者に依頼 中立性疑問指摘も /山梨」毎日新聞 2011年12月2日 地方版で、私のコメントが紹介されました。

(17)「自民党大分県連:パーティー券 収容人数の3倍販売」毎日新聞 2011年12月2日 14時53分(最終更新 12月2日 15時01分)で、私のコメントが紹介されました。

(18)「政治資金でゴルフ、浴衣 岐阜民主、自民の政党支部」(中日新聞2011年12月4日 09時57分)で、私のコメントが紹介されました。

(19)「前原・民主政調会長・政治団体 後援会関係者が監査」毎日新聞2011年12月7日で、私のコメントが紹介されました。

(20)「パーティー券、収容人数の4倍販売 自民党県連」熊本日日新聞2011年12月04日で、私のコメントが紹介されました。

(21)「前原・民主政調会長:政治団体、後援会関係者が監査」毎日新聞 2011年12月7日 大阪朝刊で、私のコメントが紹介されました。

(22)「【剛腕出廷】旧新生党 迂回献金疑惑 小沢氏、脱法性認識か」産経新聞 12月8日(木)7時55分配信で、私のコメントが紹介されました。

(23)「政治資金報告書に見た自民・民主の堕落 政党助成金 血税今すぐ変換して復興にまわすべき」しんぶん赤旗日曜版2011年12月11日号で、私のコメントが紹介されました。

(24)「事務所 無償提供ける 99年から藤沢市長後援会 政治資金規正法に抵触か」朝日新聞2011年12月14日(神奈川県)で、私のコメントが紹介されました。



ほかにもあると思いますが、未確認なので、確認できたら、ご紹介します。



3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)講演しました。

日時:2011年12月3日(土)13時30分〜(60分)。
演題「憲法9条を取り巻く情勢」(仮)
会場:須磨一ノ谷プラザ(JR須磨駅または山陽須磨駅から700メートルほど)
主催:西須磨9条の会

(2)年明け早々講演です。
日時:2012年1月8日(日)11時〜13時(このうち50分)
演題:「憲法をめぐる最近の政治状況  〜 とくに選挙制度問題について」
会場:池田地域福祉センター(!?)
主催:神戸市長田区池田地域9条の会(新年会)

(3)以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。

日時:2012年2月17日(金)午後の予定。
演題:地方議会の選挙制度を考える(仮)
会場:尼崎です。

研修会です。
詳細は、後日、ご紹介します。


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

(26)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(27)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

(28))「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー

(29)「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」
『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)101ー104頁。

(30)「政治とカネ連載27 「陸山会」裁判(4) 判決理由の要旨」『ねっとわーく京都』276号(2012年1月号)86−89頁。

2011年11月中旬の近況報告

今月締切の原稿に追われています。

11月中旬の近況報告をしておきます。


1.原稿執筆の進捗状況

(1)『ねっとわーく京都』276号(2012年1月号)の原稿締切は今月18日でしたが、10日の夜に脱稿。

「政治とカネ連載27 「陸山会」裁判(4) 判決理由の要旨」

校正ゲラを待っています。

(2)原稿依頼の電話がありました。
テーマは野田内閣における憲法問題のようでした。
締切りは12月下旬頃
分量は約1万字。
具体的かつ正確には、正式の依頼文書が届いてから紹介します。

(3)地方政党に関する原稿依頼がありました。
今すぐ書けそうにないので、もし時間が確保できれば書きたいと思います。

(4)長谷川正安・名古屋大学名誉教授(故人)の政党論についての原稿執筆。

締切りは今月(2011年11月)末。
締切厳守の文書に続いて、電子メールが届きました。
大車輪で頑張っていますが・・・。


2.マスコミでのコメント等

以下はこれまでの近況報告で紹介したものも含まれていますが、記事そのものを紹介していなかったので紹介します。

(1)「小沢氏団体、政治資金でディスコ、キャバクラも 少額領収書で判明」産経新聞2011年3月6日で、私のコメントが紹介されました。

(2)「菅前首相から「市民の党」側献金 原資どこから?」産経新聞(2011年9月8日)で、私のコメントが紹介されました。

(3)「政党交付金:大江参院議員、自身団体へ 改革ク離党時、600万円全額移す」毎日新聞 2011年10月1日 東京夕刊で、私のコメントが紹介されました。

(4)「横峯良郎議員 今度は「事務所費を不正受給疑惑」」フライデー(2011年11月18日号)で、私のコメントが紹介されました。

(5)「財務省の恫喝に「キャン!」と鳴いた自民党 「駐車場土地代未納36億円」指摘され「消費税10%」丸呑み密約」週刊ポスト(2011年11月25日号)で、私のコメントが紹介されました。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)「西須磨9条の会」から講演依頼がありました。
演題「憲法9条を取り巻く情勢」(仮)
日時:2011年12月3日(土)13時30分〜(60分)。
会場:須磨一ノ谷プラザ(JR須磨駅または山陽須磨駅から700メートルほど)

(2)年明け早々講演です。

日時:2012年1月8日(日)11時〜13時(このうち50分)
演題:「憲法をめぐる最近の政治状況  〜 とくに選挙制度問題について」
会場:池田地域福祉センター(!?)
主催:神戸市長田区池田地域9条の会(新年会)

(3)以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。

日時:2012年2月17日(金)午後の予定。
演題:地方議会の選挙制度を考える(仮)
会場:尼崎です。
詳細は、後日、お知らせいたします。



5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

(26)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(27)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

(28))「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー

(29)「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」
『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)101ー104頁。

2011年11月上旬の近況報告

今年も残り2が月を切りました。

近況報告をしておきます。


1.原稿執筆の進捗状況


(1)「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー

(2)「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」
『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)101ー104頁。

(3)『ねっとわーく京都』276号(2012年1月号)の原稿締切は今月18日。

「政治とカネ連載27 「陸山会」裁判(4)」になる予定。
具体的には、少し迷っています。
今は、判決の主要部分の紹介にしようかとは思っていますが・・・。

(4)酒を呑んでいたら、原稿依頼の電話がありました。
あまり良くは覚えていません。
テーマは野田内閣における憲法問題で、
締切りは12月下旬頃で、
分量は約1万字だったように記憶していますが、正確ではないかもしれません。
具体的かつ正確には、正式の依頼文書が届いてから紹介します。

(5)地方政党に関する原稿依頼がありました。
今すぐ書けそうにないので、もし時間が確保できれば書きたいと思います。

(6)長谷川正安・名古屋大学名誉教授(故人)の政党論についての原稿執筆の依頼がありました。
締切りは今月(2011年11月)末。

締切厳守の文書が届いています。



2.マスコミでのコメント等

以下はこれまでの近況報告で紹介したものも含まれていますが、記事そのものを紹介していなかったので紹介する予定です。

(1)「小沢氏団体、政治資金でディスコ、キャバクラも 少額領収書で判明」産経新聞2011年3月6日で、私のコメントが紹介されました。

(2)「政党交付金:大江参院議員、自身団体へ 改革ク離党時、600万円全額移す」毎日新聞 2011年10月1日 東京夕刊で、私のコメントが紹介されました。

(3)「知事ら14人から「パー券」 電力会社と労組 九州・山口・沖縄 報告義務内額に抑制」毎日新聞2011年10月14日福岡本社版

(4)「小沢一郎が妻に渡す毎月344万円の家賃」「週刊現代」(2011年11月12日号)で、私のコメントが紹介されました。

(5)ほかにもありましたが、未確認のもの、掲載誌が届いていまいもの、ブログで紹介していまいものもあるので、次回紹介します。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)2011年10月23日(日)午後2時から1時間程度講演しました(質疑応答20〜30分)
演題「9条が危うい? 議員定数削減!」
会場:戸市立垂水勤労市民センター「レバンテホール」3階多目的室(JR・山陽電車「垂水駅」から北東へ徒歩3分)
主催:平和憲法を守る垂水区ネットワーク

(3)「西須磨9条の会」から講演依頼がありました。
演題「憲法9条を取り巻く情勢」(仮)
日時:2011年12月3日(土)13時30分〜(60分)。
会場:須磨一ノ谷プラザ(JR須磨駅または山陽須磨駅から700メートルほど)

(4)年明けに、選挙制度問題について講演が入りそうです。
2012年2月17日(金)の予定。
以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。
ご挨拶に来られるそうです。


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

(26)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(27)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

(28))「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー

(29)「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」
『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)101ー104頁。

2011年10月中旬最終日の近況報告

10月の中旬最終日の近況報告をしておきます。

1.原稿執筆の進捗状況

(1)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(2)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

今月8日に発売されています。

(3)『ねっとわーく京都』275号(2011年12月号)。

今月18日締切でしたが、1日遅れで昨日脱稿しました。

「政治とカネ連載26 「陸山会」裁判(3) 土地取得をめぐる事件」

校正ゲラ待ちです。

(4)「「陸山会」裁判で有罪判決」全国商工新聞2011年10月24日号7面視点コーナー
文字数は1500字。締め切りは今月(10月)11日(火)でした。

校正も終えました。

(5)地方政党に関する原稿依頼がありました。
今すぐ書けそうにないので、もし時間が確保できれば書きたいと思います。

(5)長谷川正安・名古屋大学名誉教授(故人)の政党論についての原稿執筆の依頼がありました。
締切りは今年(2011年)11月末。

締切り厳守の文書が届いています。



2.マスコミでのコメント等

ブログでまだ紹介していないものがありますが、後日紹介する予定です。

(1)「菅前首相から「市民の党」側献金 原資どこから?」産経新聞(2011年9月8日)で、私のコメントが紹介されました。

(2)「スカンピン自民党が辿る「社会党への道」」週刊ポスト(2011年9月30日)で、私のコメントが紹介されました。

(3)小沢一郎元秘書ら3名の有罪判決について「東京新聞」(2011年9月27日)で、私のコメント「規正法の趣旨尊重」が紹介されました。

(4)小沢一郎元秘書ら3名の有罪判決について「しんぶん赤旗」(2011年9月27日)で、私のコメント「悪質性重視し画期的」が紹介されました。

(5)「元秘書有罪の波紋 小沢法廷(上) 4億円原資説明変転 地裁判決、不信感にじます」日経新聞(2011年9月28日)で、私のコメントが紹介されました。

(6)「鹿児島県議 代表質問執筆■事務所で資料収集 通常活動にも政調費」読売新聞(2011年月28日)で、私のコメントが紹介されました。

(7)「政党交付金:大江参院議員、自身団体へ 改革ク離党時、600万円全額移す」毎日新聞 2011年10月1日 東京夕刊で、私のコメントが紹介されました。

(8)「東電と議員 なれ合い パーティー券 原発推進保つ狙い」朝日新聞2011年10月2日で、私のコメントが紹介されました(無料のインターネット版では、私のコメントが掲載された社会面の記事は見ることができません)。

(9)「東電:複数の議員からパーティー券購入 献金自粛と矛盾?」毎日新聞 2011年10月2日 20時00分(最終更新 10月2日 21時14分)で、私のコメントが紹介されました。

(10)小沢一郎・元民主党代表の初公判における小沢氏の意見について「朝日新聞」(2011年10月7日)で、私のコメント「判断が適正な注視」が紹介されました。

(11)「小沢被告初公判どう見る」しんぶん赤旗2011年10月8日で、私のコメント「自ら責任認めるべきだ」が紹介されました。

(12)「東電、役員の献金を会社側が差配 企業献金の代替狙う」「前任者が献金、ノーと言えず」朝日新聞2011年10月8日(東京本社版)で、私のコメントが紹介されました。

(13)「九州電力 パー券購入 さらに8人 鹿児島知事と国会議員」読売新聞(2011年月8日)で、私のコメントが紹介されました。

(13)「小沢元代表、法廷:きょう第2回公判 三権分立で喚問応じぬ姿勢 法曹界から疑問の声」毎日新聞 2011年10月14日 東京朝刊で、私のコメントが紹介されました。

(14)韓国の国民日報に紹介されました。
2011.10.12 22:18
[정치자금 겉과 속] 日 정치자금 감시하는 2인… 가미와키 교수와 도쿄신문 사사가세 기자

残念ながら私は何が書いているのか読めません。

(15)「小沢民主党元代表初公判 4億円原資説明なし」しんぶん赤旗日曜版(2011年10月16日)で、私のコメント「三権分立だからこそ国会喚問を」が紹介されました。

(16)ほかにもありましたが、未確認のもの、掲載誌が届いていまいもの、ブログで紹介していまいものもあるので、次回紹介します。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)自由法曹団兵庫県支部の総会で講演しました。

日時:2011年10月15日(土)午後1時〜〜5時(このうち1時15分頃から60分程度。そのあと質疑応答でした)
場所:産業振興センター601号室(特別会議室)
特別企画 比例定数削減問題学習会

(2)2011年10月23日(日)午後2時から(講演1時間程度で、質疑応答20〜30分)
演題「9条が危うい? 議員定数削減!」
会場:戸市立垂水勤労市民センター「レバンテホール」3階多目的室(JR・山陽電車「垂水駅」から北東へ徒歩3分)
主催:平和憲法を守る垂水区ネットワーク

(3)「西須磨9条の会」から講演依頼がありました。
日時:2011年12月3日(土)午後。
詳細は後日紹介します。

(4)年明けに、選挙制度問題について講演が入りそうです。
2012年2月17日(金)の予定。
以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。
以前の私の講演がそんなに良かったのでしょうか?(それとも、引き受けてかいないのでしょうか?)


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

(26)「政治とカネ連載25 「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)63−66頁。

(27)上脇博之・井上哲士「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」前衛2011年11月号30−47頁。

2011年9月下旬初めの近況報告

仕事の方は相変わらず自転車操業状態が続いています。

秋雨前線と台風の影響で、大雨と土砂崩れによる被害が心配されます。

大学・大学院は後期に入りました。

近況報告をしておきます。

1.原稿執筆の進捗状況

(1)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

「陸山会」裁判について数回の連載を始めました。
その最中に、小沢一郎民主党元代表の元秘書ら3名の判決が今月26日午後下されます。

(2)「政治とカネ連載25」『ねっとわーく京都』274号(2011年11月号)の原稿締切りは昨日(9月20日)でした。

「「陸山会」裁判(2) 「西松建設」違法献金事件」

近日中に校正です。

雑誌は来月上旬に出ます。

(3)「対論 野田政権の登場と二大政党の行方」

お相手は再び井上哲士参議院議員。

近日中に校正です。

(4)地方政党に関する原稿依頼がありました。
今すぐ書けそうにないので、もし時間が確保できれば書きたいと思います。

(5)長谷川正安・名古屋大学名誉教授(故人)の政党論についての原稿執筆の依頼がありました。
締切りは今年(2011年)11月末。

締切り厳守の文書が届いています。



2.マスコミでのコメント等

大震災前に在日外国人の寄付受領問題について私のコメントが掲載された記事については、このブログで以下の2つを紹介しました。

(1)「外相辞任・識者談話  規正法の議論不十分」時事通信社(2011/03/06-22:42)

(2)「菅首相:外国人献金 上脇博之・神戸学院大法科大学院教授の話 ◇認識なし追及は…」毎日新聞 2011年3月11日 東京夕刊

(3)「鹿児島知事に選挙費用 補助金申請 財団理事長が100万円」毎日新聞(2011年8月6日)で、私のコメントが紹介されました。

(4)「全国フェミニスト議員連盟・夏合宿 「地方議会にも比例区を」」小倉タイムス(2011年8月11日)で、私のコメントが紹介されました。

(5)「都議の政調費返還半減」(2011年8月13日 読売新聞)で、私のコメントが紹介されました。

(6)「都議会・政調費領収書を公開」「自己物件で家賃、今回も 自民都議受領 前回、問題視」朝日新聞(2011年8月13日)で、私のコメントが紹介されました。  
(7)「佐賀県議に九電幹部献金 現在の原子力委員長」朝日新聞(2011年8月23日)で、私のコメントが紹介されました。
なお、無料のインターネット版「自民佐賀県議に九州電力献金 幹部6人から計5万円」朝日新聞(2011年8月23日7時26分)には、私のコメントは紹介されていません。

(8)「サンテレビ」の午後5時30分からのニュース番組「シグナル」(2011年8月26日)で、神戸市のタツー条例について、私のコメントが紹介されました。

(9)「前原氏へ献金 京都の会社 外国籍夫妻全株式保有「説明不足」指摘も」読売新聞2011年8月28日で、私のコメントが紹介されました。
無料のインターネット版では、私のコメントは掲載されていない。)

(10)「山教組問題引きずる輿石新幹事長 政治とカネ「心配」」産経新聞(2011.8.30 21:41)で、私のコメントが紹介されました。

(11)私のコメント「外国人献金 外国企業の献金も問題」産経新聞(2011.9.4 10:14)

(12)「政調費ゼロ「名ばかり」 飯塚市議会 費用弁償を増額計上」毎日新聞(2011年9月7日)福岡本社版で、私のコメントが紹介されました。

(13)「連戦連敗「王様は裸かもしれない」小沢はこれで終わったのか」週刊現代2011年9月17日号で、私のコメントが紹介されました。

(14)ほかにもありましたが、未確認のもの、掲載誌が届いていまいもの、ブログで紹介していまいものもあるので、次回紹介します。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)「桜が丘・押部谷九条の会」の例会(6周年記念)で講演しました。

日時:2011年7月18日(月・祝)14時〜16時30分(そのうち講演は60分の予定でしたが、70分ほど話してしまいました)
会場:桜が丘ジョイフル集会室

テーマ:「東日本大震災と憲法」

(2)自由法曹団兵庫県支部と兵庫労連の共催の緊急学習会で講演しました。

日時:2011年8月30日(火)18時〜20時(90分講演、30分質疑応答)
緊急学習会  〜国会議員の比例定数削減問題を考える〜
場所 神戸市勤労会館(サンパル南側)404号室(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
                     
(3)自由法曹団兵庫県支部の総会で講演します。

日時:2011年10月15日(土)午後1時〜〜5時(このうちの50分程度か!?)
場所:産業振興センター601号室(特別会議室)
特別企画 比例定数削減問題学習会

(4)10月23日(日)午後2時から(講演1時間程度で、質疑応答20〜30分)
演題「9条が危うい? 議員定数削減!」
会場:垂水勤労会館「レバンテ」3階多目的室
主催:平和憲法を守る垂水区ネットワーク

(5)「西須磨9条の会」から講演依頼がありました。
日時:2011年12月3日(土)午後。
詳細は後日紹介します。

(6)年明けに、選挙制度問題について講演が入りそうです。
以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は以前とは異なるようです。
以前の私の講演がそんなに良かったのでしょうか?(それとも、引き受けてかいないのでしょうか?)


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁

(25)「政治とカネ連載24 「陸山会」裁判(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)67−70頁。

2011年8月中旬初めの近況報告

8月の中旬に入りました。
相変わらず猛暑は続いています。

3月11日の東日本大震災、東京電力の福島原発事故から5ヶ月を迎えました。

私は相変わらず仕事は自転車操業状態です。
ブログは、その合間を見つけて投稿しています。

近況報告をしておきます。

1.原稿執筆の進捗状況

(1)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁。

雑誌の書店発売は今月(8月)8日でした。
新聞広告はその翌日付「京都新聞」1面下段に掲載されたはずです。

(2))「政治とカネ連載24」『ねっとわーく京都』273号(2011年10月号)の原稿締切りは今月(8月)19日。

「陸山会」裁判について数回の連載を始めます。
その最中に、小沢一郎民主党元代表の元秘書ら3名の判決が来月26日午後下されることでしょう。

その連載の1回目は
「「陸山会」裁判について(1) 検事調書一部不採用で元秘書3名は「無罪確実」!?」
になりそうです。

(3)地方政党に関する原稿依頼がありました。
今すぐ書けそうにないので、もし時間が確保できれば書きたいと思います。

(4)長谷川正安・名古屋大学名誉教授(故人)の政党論についての原稿執筆の依頼がありました。
締切りは今年(2011年)11月末。

先日、締切り厳守の文書が届きました。



2.マスコミでのコメント等

(1)大震災前に私のコメントが掲載された記事については、まだこのブログで紹介していません。
どうしようか迷っています。

(2)「京都市議長「借金」未報告 知人「献金求められた」 異なる言い分 議長職 辞任の意向」読売新聞(2011年7月15日「京都」面)で、私のコメントが紹介されました。

(3)「九電 社員が住民視察同行 仏原発など 玄海町実施」毎日新聞(2011年7月22日)で、私のコメントが紹介されました。

(4)「県議会政務調査費 2年目の課題(下)」熊本日日新聞(2011年7月23日)で、私のコメントが紹介されました。

(5)「下関市議 選挙カー助成 虚偽申請 「ハイヤー使用」実は自家用車」読売新聞(2011年8月1日)で、私のコメントが紹介されました。

(6)「九電動員 2007年も指摘放置 佐賀知事、以前から疑惑黙認か」朝日新聞2011年8月1日で、私のコメントが紹介されました。

(7)「宿泊費上乗せ 政調費受領 鹿児島 県議13人、県外出張で」読売新聞(2011年8月5日)で、私のコメントが紹介されました。 

(8)ほかにもありましたが、掲載紙がまだ届いていないので、次回紹介します。


3.呼びかけ

(1)竹下彌平さんについての情報提供をお願いします

なお、有力な情報提供がありました。

(2)今年の小中高生向け憲法本の選書リスト


4.講演

(1)「桜が丘・押部谷九条の会」の例会(6周年記念)で、講演しました。

日時:2011年7月18日(月・祝)14時〜16時30分(そのうち講演は60分の予定でしたが、70分ほど話してしまいました)
会場:桜が丘ジョイフル集会室

テーマ:「東日本大震災と憲法」

(2)8月30日(火)18時〜20時
緊急学習会  〜国会議員の比例定数削減問題を考える〜
場所 神戸市勤労会館(サンパル南側)404号室(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
自由法曹団兵庫県支部と兵庫労連の共催
                     
(3)10月15日(土)午後1時〜
議員定数削減問題について講演
ある法律家団体の総会

(4)10月23日(日)午後2時から(講演1時間程度で、質疑応答20〜30分)
テーマ:「憲法とくらしと選挙制度」(仮)
会場:「垂水勤労会館レバンテ」3階多目的室
主催:平和憲法を守る垂水区ネットワーク

(5)「西須磨9条の会」から講演依頼がありました。
日時:2011年12月3日(土)午後。
詳細は後日紹介します。

(6)年明けに、選挙制度問題について講演が入りそうです。
以前、講演依頼があった、ある選挙管理委員会の担当者から連絡があったのですが、主催者は、以前とは異なるようです。
以前の私の講演がそんなに良かったのでしょうか?(それとも、引き受けてかいないのでしょうか?)


5.2011年の著書・原稿などのまとめ

(1)判例評釈「名古屋市議会の会派が市から交付を受けた政務調査費を所属議員に支出する際に使途基準適合性の判断のため各議員から提出を受けた「政務調査費報告書」とこれに対応する領収書が、民事訴訟法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たるとされた事例」「判例時報」2093号・「判例評論」623号(2011年1月1日号)172-177頁(10-15頁)。

(2)「政治とカネ17 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(1)この迂回献金は違法だ!」『ねっとわーく京都』265号(2011年2月号)67-69頁。

(3)「第6回公開研究会 現代の諸問題と憲法
政党政治とその課題 ― 財界政治のための二大政党制化の諸制度を批判する」
法学館憲法研究所報」第4号18-36頁。

(4)「議員定数と民主主義を考える 1 庶民に「痛み」を押し付け」兵庫民報2320号(2011年2月6日)

(5)「政治とカネ 連載18 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(2) 小沢氏の実質的財布だった「改革フォーラム21」はペーパー団体!」『ねっとわーく京都』266号(2011年3月号)43-45頁。

(6)「議員定数と民主主義を考える 2 法定定数を下回る実際の議員定数と市町村合併」兵庫民報2321号(2011年2月13日)

(7)ブックレット「議員定数を削減していいの? ゼロからわかる選挙のしくみ」(日本機関紙出版センター・2011年)

校正ミスがありました。
ブックレット『議員定数を削減していいの?』の正誤表(お詫びと訂正)

「兵庫民報」2322号(2011年2月20日)で出版されたことが紹介されました。

「全国商工新聞」(2011年3月21日)の「読書」の欄で紹介されました。

法学館研究所のHPで紹介されました。

「前衛」2011年5月号の「本棚」のコーナーで紹介されました。

「救援新聞」1664号(2011年5月25日)の「今月の本」の欄で紹介されました。

(8)「議員定数と民主主義を考える 3 兵庫県議会 ~ 大政党に有利な1人区・2人区の多さ」兵庫民報2322号(2011年2月20日)

(9)「議員定数と民主主義を考える 4 議員定数を増やし、議会を“住民の縮図”に!」兵庫民報2323号(2011年2月27日)

(10)「政治とカネ 連載19 小沢一郎「陸山会」への迂回献金問題(3) 繰越金7億円裏金補填の可能性と私たちの刑事告発」 『ねっとわーく京都』267号(2011年4月号)74−76頁。

(11)「情報公開制度の利用」中道壽一編著『政策研究 ― 学びのガイダンス』(福村出版・20011年)66―82頁

(12) 「政治とカネ 連載20 他人名義でのパーティー券購入と在日外国人の寄付」『ねっとわーく京都』269号(2011年6月号)66−68頁。

(13)坂本修・小澤隆一・上脇博之『国会議員定数削減と私たちの選択』新日本出版社(2011年)

私はパート3「議員定数と選挙制度についての憲法論」を執筆しました。

法学館憲法研究所のHPで紹介されました。

「しんぶん赤旗」(2011年5月15日)の読書欄で紹介されました。

増刷され、第2刷が出ました。

「全国商工新聞」2983号(2011年7月18日)の読書欄で紹介されました。

(21)「政治とカネ連載21  電力会社の組織的な役員献金 ‥豕電力の場合」『ねっとわーく京都』270号(2011年7月号)47−49頁。

(22)「政治とカネ連載22 電力会社の組織的な役員献金◆‥豕電力以外も」『ねっとわーく京都』271号(2011年8月号)94−96頁。

(23)「地方議会の議員定数問題」月刊「地方議会人」2011年7月号31−35頁。

(24)「政治とカネ連載23 政党交付金を被災者・復興支援に回す方法」『ねっとわーく京都』272号(2011年9月号)57−59頁
Categories
あし@
livedoor プロフィール

nihonkokukenpou

TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ