新潟県地域生活支援ネットワーク

新潟アメニティー・ネットは、学校の先生、相談事業所の相談員、就労支援のジョブコーチ、発達障がい支援コーディネーター、行動援護サービス提供責任者、行政職員、移動支援ヘルパー、当事者家族、通所施設施設長、地域活動支援センターの管理者、社協のワーカー、入所施設の介護者、NPOの理事長などなど、職場を越えて地域福祉を推進する個人の横断型ネットワーク組織です。自分らしく、当たり前に地域で暮らせる社会を目指し

新潟フォーラム10 in長岡 #6

ナイトセッション 2部
また、伝染(^-^)
image

新潟フォーラム10 in長岡 #6

新潟フォーラム初のナイトセッション
大原全国ネット代表と北岡全国ネット顧問

かさ地蔵と鶴の恩返しについてのお話し

image

新潟フォーラム10 in長岡 #5

これから情報交換会
森市長、衛藤さんからエールをいただきました(^-^)
image

新潟フォーラム10 in長岡 #4

講演「スウェーデンから日本の福祉の風景を眺めてみた」
野沢和弘(毎日新聞論説委員)

講演「スウェーデンの社会保障について」
井上誠一(前厚生労働省障害保健福祉部企画課 課長)

鼎談「日本の社会保障は、どこまでできているのか?」
衛藤晟一(自民党参議院/内閣総理大臣補佐官)
井上誠一(前厚生労働省障害保健福祉企画課 課長)
北岡賢剛(社会福祉法人グロー/全国地域生活支援ネットワーク 顧問)


スウェーデンの福祉の紹介を通じて日本の社会福祉を考える。
というと、スウェーデンへの憧れが強調されるものですが、現実的な比較では、日本の良さもあり、スウェーデンやデンマークの以外な仕組みもあり、面白い比較でした(^^)
スウェーデンの経済力の強さは高福祉と相互に影響しあっているかも知れないですね。
いずれにしても、きちんと何を参考にするのか考えていくきっかけになる講演会と鼎談でした。
image

新潟フォーラム10 in長岡 #3

「ノーマライゼーションは子どもから パート4」〜「障害児支援の在り方に関する検討会」で議論されたこと〜

大塚 晃(上智大学 教授)
光真坊浩史(福井県総合福祉相談所 判定課 課長 :福井県)
水流源彦(社会福祉法人ゆうかり 副理事長 :鹿児島県)

コーディネーター
江部健幸(新潟県相談支援専門員協会)
image

新潟フォーラム10 in長岡 #3

鼎談「誰かを"看取る"ということ」〜命に向き合い、光となすこと〜

金森暢子(社会福祉法人グロー 特別養護老人ホーム ふくら 看護主任 :滋賀県)
水流源彦(社会福祉法人ゆうかり 副理事長 :鹿児島県)

聞き手
大原裕介(全国地域生活支援ネットワーク 代表理事 :北海道)


地域移行を全力投球してきたなか、進んでいた移行した方々の高齢化。
入所施設へ戻りたい方、心配する保護者、認知症に支援で戸惑うスタッフ。
家族の様に思っていた利用者の高齢化をどう考えて行くのか?
水流さんより


特別養護老人ホームでは出来ることは大切にしながら生活。あまり障害の有無は影響していない。それぞれの人の特技や嗜好品、思い出を大事に関わっている。
やがて人生の終わりにを迎える。看取りカンファで本人の大事にしてきたものを、キーワードどとして掘り起こして提供すると鳥肌が立つような驚きと嬉しさがある。
カンファには偲びのカンファレンスも大切にしている。
豊かなケアの提供がスタッフの豊かな気持ちに繋がっている。
家で亡くなる選択肢を持つようになった。一人一人どこがいいか考える。
大事にしているのは、
いつもいつもとちがう
老化と生活の質の理解
死生感
ストレス対応
金森さんより
image

新潟フォーラム10 in長岡 #2

講演「我が国の障害福祉について」
厚生労働省 社会援護局障害保健福祉部 企画課長 川又竹男 氏 登壇いただだいてます。
image

新潟フォーラム10 in長岡 開催 !

開会挨拶は、地元の若手福祉職員のネットワーク 「なうネット」で中越福祉会の鈴木さん。
総合司会は「なうネット」で長岡福祉協会の波さん。
若手が引っ張ります(^^)v

森長岡市長、長島忠美 元衆議院議員をはじめ、、大地中越福祉会理事長からもご挨拶いただきました。
image
image

新潟フォーラム10 in Nagaoka (転載)

お待たせしました!ついに10回目となりました「新潟フォーラム10」の開催要領が出来上がりました!

11月29日(土)〜30日(日)
ニューオータニホテル長岡にて開催いたします。

基調講演は、この7月に厚労省障害保健福祉部の企画課長に就任された川又課長にお願いいたしました。数年前の「にいがたフォーラム」では企画官としてご登壇いただいたことがありますが、再び企画課長としてお話いただきます。

前回は「こぶし園」の小山剛さんをお招きして特養解体の思いを語っていただきましたが、今回はそこからさらに踏み込んで「看取り」をテーマにしたセッションをセットしました。(福)グロー特別養護老人ホームふくら看護主任の金森暢子さんのお話をじっくり聞き、全国ネットの水流源彦さんと大原代表がこれからの障害のあるかたの高齢化に対応する支援とはなにかを掘り下げます。

さらに「障害児支援のあり方検討会」で副座長をつとめた大塚晃さん、元厚労省の障害児支援専門官の光真坊浩史さんをお招きして、これからの障害児支援について、江部健幸さんが切り込みます。

そして、野沢和弘さんには「日本とスウェーデンの社会保障」を対比していただき、衛藤晟一さん、井上誠一・元障害保健福祉部企画課長とで日本の社会保障はこれからどうなるかを占う、重要なセッションもご用意。

二日目は地域移行のセッションとして「病床転換策」を語ります。NPO法人じりつの岩上洋一さんから講演をいただいた後は、なんと官房長になられた蒲原基道・前障害保健福祉部長がご登壇。精神科病院協会からは野木渡・浜寺病院理事長もご登壇いただきます。地元からは島田知子さん・南魚沼地域振興局地域保健課主査が登場。

トリは今、最も注目が高い「高齢化・重度化した障害のあるかたの住まいのあり方」で締めくくります。全国ネットの福島龍三郎さん、大原代表、そして、新潟フォーラムですっかりおなじみの田中正博(全国手をつなぐ育成会連合会 統括)からコーディネートをしていただきます。

新潟フォーラム初のナイトセッションも今回はご用意しました。今回は寄るまでやります。寝かせません。こちらには北岡賢剛さん(社会福祉法人グロー理事長)が登場(の、はず)!!でさらに飛び入り参加があり、予測不能のナイトプログラムです。

10回目となって、さらにパワーアップの「にいがたフォーラム」
皆様のご参加、お待ちしています。

詳細は以下のPDFをご覧ください。よろしくお願いします!!!!

○新潟フォーラム10_開催要領
https://drive.google.com/file/d/0B6TLcsfmF-9jbGpuQlA4ZkpvVnM/edit?usp=sharing

○新潟フォーラム10_参加申込書
https://drive.google.com/file/d/0B6TLcsfmF-9jSzh2T2M4eWpoazQ/edit?usp=sharing



社会福祉法人みんなで生きる 設立おめでとうございます



ついに新潟県に新しい挑戦が始まった。
そんな気がします。

シームレスかつボーダーレス。
社会福祉の支え手として、「りとるらいふ」の実践の先に、スケールメリットだけでなく、目指してスタートしたときからの必然だったと思います。

法人が大きくなり、本部ができるなか、創業のミッションを維持、発展させることはえてして難しいですが、きっと新しい提案をもって、法人名に刻まれている様な展開と実践を見せてくれる。
そう思います。
2010年新潟フォーラム6
niigata_forum6_logo

ありがとうございます↓クリック↓
人気blogランキング
ランキング参加してます。一日一回クリックで毎日のランキングに投票されます。応援お願いいたします(^^)
Profile
QRコード(携帯でも見れます)
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ検索など


http://www.50ism.com/HPツール




「ふくしチャンネル」

ランキング参加してます。よろしければ3っつ↓ ↓ ↓ともクリック大歓迎!
にほんブログ村 介護ブログ 障害者福祉・介護へ
FC2blog
人気blogランキング

新潟の天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
日本財団CANPAN
日本財団公益コミュニティサイト
コメント
ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をlivedoor clip!この記事をlivedoor clip
楽天市場
  • ライブドアブログ
QLOOKアクセス解析