建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

被災文化財の救援について、格段の進化が見えた全国集会

しばらくぶりとなりましたブログ更新。 今回は被災建造物支援のヒントにもなる、動産文化財史料のレスキューにかかる、全国史料ネット研究交流集会に参加しての感想です。
一見するとジャンル違いのようにも見えるのですが、史料系文化財を古い民家・建造物系のレスキューに読み替えると、今まで見えてこなかった被災建物救援のヒントも見えてくるようです。 長文になりましたが、ご興味がありましたらご一読ください。

【進化・深化した文化財レスキュー】
都道府県単位で組織されるようになってきた史料(資料)ネットの全国研究交流集会(発表者と会場の活発な意見交換を意識し敢えて集会と呼ぶらしい)が、昨日一昨日と宮崎で開催された。 今や全国各地での史料ネットの活動は、複数県をまたぐ広域連携も含めて大きな広がりもみせ、各地に埋もれている歴史史料の救援体制はほぼ途切れなく浸透しつつあるように思われる。 また広域連携のみならず、建築士会等の異業種専門家との連携についても行動指針に盛り込んでいる史料救援団体が現れるなど、ここ数年のうちに加速度的取り組み進化と深化がみられる。交流集会では災害時のみならず、平時のネットワーク、史料レスキューに向けての対応ひろがりも報告された。これら広域連携や平時からの社会的コミットメントを意識した発表があったのは、「生命財産を守るのが先」と言われ、二の次にされかねない文化財救援の壁に遭遇しながらも、それだけノウハウ積み重ねてきたからこそ言えると評価できるのではないだろうか。
一方ひとつの課題として、被災地で一定の活動を経験して来ると、また全国的な組織化が広がると、活動のメッシュが密になりアンテナが高くなった分入ってくる情報も膨大となり、それら情報整理と峻別が必須となる。 組織メンバーが増えてくれば、ノウハウ共有もまた必須であるが、一方でノウハウの独り歩きや、マニュアル化に伴う硬直化、固定化なども無意識のうちに起こりうる。 どれ一つとして同じ災害はなく、ニーズは多岐多方面におよび、同じ受け口では対応に齟齬が生じないとも限らない。 活動側も経験が少なければ萎縮したり、ためらいも出がちで、そこで対応を固定化してはならないことにも気づかされる。

【多様化する文化財レスキューのニーズ場面】
史料レスキューのきっかけも災害時の対応のみならず、多様にあることが報告されている。 たとえば歴史ある館獲物の朱勇者から古民家ホテルに改造したいので、建物内にある史料や民具類を引き受けてほしいとか、また空き家の解体にあたり、古文書類が出てきたので見てほしいとかである。これらはありふれた日常の中で、歴史資料に対する市民意識に変化の萌芽が見えてきた兆候でもあり、知識ノウハウとしてはなくても、市民の目にこれらが「価値あるもの」として映った結果であろう。活動がSNSで取り上げられたり、災害地活動としてニュースに取り上げられたりすることで、徐々にでも平時から市民意識の中に刷り込まれていることの成果とも言える。
また災害地対応、歴史的建物のワークショップなどで、高校生や大学生がボランティア動員されることも一般化しており、文化財分野への開眼のきっかけになり、活動の中に「やりがい」や「楽しさ」を感じることで一種のファンづくりというか興味を持つ機会になったりもすることもわかってきた。一方で経済的に不自由な大学生にとってはレスキュー史料の処置や整理、目録づくりなどで長時間の活動が養成される場合、一定の報酬が支払われることも必要との意見が出された。いずれにしても生々しい現場であればこそノウハウも身に付いたり、文化財に興味を持つ貴重なきっかけにもなることからきちんと評価すべきであり、まさに文化財の持つ人と人とをつなげる力×近寄りにくい文化財の閉鎖性からの開放にもつながることと思う。 
またこれらとは一見関係のないように思える空き家対応は、文化財関係が窓口になることはないだけに、いまの時代社会の問題に対して受け身ながらも対処していかなくてはならないことを示している。


【平時から非常時を想定した、人・モノ・場所と財政基盤の裏付けが急務】
一方で対応できる専門家も資料の保管場所も資金的裏付けも限られている中、求められるニーズのままに動くこともできるとは限らない。 小さな自治体では専門職も極端に限られており、業務を兼務する場合も多い。 自治体でたった一人の専門職である場合も少なくなく、この場合他の職員に解らないことを尋ねることも叶わず、寄せられてくる多様な相談にどう的確に応えるかという問題もある。 彼ら専門家にとっても研鑽と情報共有は不可欠であり、そういう意味での広域連携の必要性もある。 また史料ネットメンバーの学芸員などは、地域固有の文化の見守り役でもあることから、「この人だから相談できる」といった属人的な要素も色濃く、その地ならではのローカルな課題にも応えられる「かかりつけ医」のような制度も必要なのかもしれないと論ぜられた。 史料・民具などの保管・整理や読み込み作業場所の確保も課題である。 民家から引き取られても整理し目録を作成してもお返しする場所もない、あるいは寄贈を受けても保管展示する場所も人もいないという課題は今や全国共通の事象にもなっている。 ここでは法的・財政的根拠をもって少ないメンバーでも安心して動けるような体制づくり、基盤づくりもまた必要であることを忘れてはならない。

 以上のように新たな形で生まれる様々な課題の中でも、文化財レスキューへのニーズは限りない。専門家にもボランティアにも、行政にも、そして所有者にもそれぞれ限界がある中で、いかに今後の活動を広げて行くべきかについて考えると、平時から史料ネットのような窓口があることを意識させる、つまりコミットメントさせる、たえず繋がりを保つ機会を持ってもらうような仕掛けづくりは失われゆくものの膨大さを考えると、一段と大切になってくる。 
防災や文化財レスキューを考える際に、いきなり「ハザードマップを見て」ではなかなか住民には根付いて行かない部分もある。 日ごろからの参加しやすさ、気やすさ、社会の中の多様な接点を最大限に活用したつながりの広がりがあれば、イザという災害時にも抵抗感少なくつながりを持ち、救援される側もする側も連絡し易くまた頼みやすい関係になることが重要だ。 SNSでの発信や平時のやわらかいイベント開催なども重要だろう。 人口減少、高齢化、歴史を担った建物が地域内において円滑に継承されにくくなる可能性が高くなればなおのこと、声高に保存を呼びかけなくてはならないことが、最前線にある専門家の二重の苦しみにもなっていることを国は真剣に考え、文化施策に反映させなくては、文化大国、観光大国とはとてもなり得ないのではないか?
断捨離ブームも手伝って、大量に歴史の記憶や証拠をなす文物が失われゆく現代、その価値性に一人でも多くの人々が気付き「価値を知らない」「わからない」と、まるごと解体業者、廃棄物業者に託することを防ぐためにも、平時からの取り組みの意味が問われていると言えよう。

【災害多発の中での、より効果のある文化財レスキューにむけて】
ご存じの通り近年各地で発生している水害対応を踏まえて、災害に見舞われた自治体もそうでない自治体も、災害対策にはハザードマップ作製、防災倉庫の整備、災害弱者の援護対策など、ハード&ソフト両面からの対策訓練が実施されている。 大きな津波が懸念される南海トラフ発生予想域では、役所機能の高台移転などの大々的な事前対策にはじまり、災害有事に動員が想定される人や組織に深く切り込んだ対策や訓練もまた必須である。 
2022年8月に大規模水害・土石流災害に見舞われた新潟県関川村では、災害から半年も経たぬ今から、社会福祉協議会がボランティアセンターの立ち上げから各種災害時の対応メニューに至るまで、組織的に想定訓練を行うと聞いた。 ボラセン立ち上げや情報公開(災害情報更新)などは、自治体の高い危機意識、住民向けサービスの生命線であり、より痛みの少ない災害復興にもつながる。
建物対応において我々の運営するもう一つのグループ「たてもの修復支援ネットワーク」は、水害発生2日後に関川村長と対応を協議。その中で最短となる日付で、国の被災者支援制度を含めた説明をしたいとの意向から、我々の提案に二階を載せるかたちで被災家屋対応の説明会を実施していただいた。 限られたマンパワーの中で地域の工務店がミスリードなく被災者対応を行うという趣旨から開催されたものだが、短期間でこのような必要対応をとれたのは、仲立ちをしてくれた関川村議と日ごろのおつきあいがあったからである。
ここから言えることは、平時から自治体の然るべき立場のある方とのつながりを持っておくことの重要性である。 また平時からの役所に面識があることは、被災時を想定した訓練にいろいろなメニューを加えるなどの提案ができることを意味する。 とくに大規模災害直後から立ち上がるボランティアセンターには、各地から支援に訪れるボランティアが多数にのぼるが、これらの方々が例えば水害ならば「水に濡れたものは外へ運び出して処分」「家屋の清掃」が中心となるが、運び出されたほとんどの物ほ仏壇お位牌などを除けば、ほぼゴミとして出してしまうという傾向が強い。
ここであらかじめボランティア作業のメニューに「必要なものは捨てずに残す」「古い資料やアルバムなどは救うことができるので、廃棄ではなく保全する」ということをメニューに入れておいてもらうのである。 残念ながらこれまでの多くの被災地では「文化財レスキュー」は特別な家の特別な支援という意識が強かった。今回の災害では「洗えば使える物まで捨てられてしまった」「捨てないように分けておいたのにいつの間にか廃棄されてしまった」」という声を聴いた。
そんな意味から、災害救援で大きなマンパワーとなる災害ボランティアメンバーの中にあらかじめ「文化財レスキュー」「大事なもの、残したいものを守る」意識を持ってもらうのは、まさに災害が起こる前、平時にこそその運営母体となる社会福祉協議会との申し合わせによってなされるものとではないだろうか?
文化財の概念も指定や登録などされていないものであっても「文化財たり得る」ことは、広く認知されつつある。水に浸かっただけで捨てるには忍びないものや貴重な史料があるかも知れない」といったことを事前に知らせておけば、復旧復興に向けたこういった意識の高い活動自体より良い評価になるのではないだろうか。
ボランティア作業は、限られた人数、時間の限られた中での短時間勝負であることを否定はしない。 しかしながら災害地における人助けは何かと問われれば、「被災者や地域に思いを寄せる」ことであることを忘れてはならない。
 仏壇やお位牌だけではない、思い出のもの、先祖代々のものへの思いを馳せることから、心の通ったレスキューになるのであれば、決して文化財や史料は後回しにはならないはずである。
建物も所蔵品も、その地、その人の復興のエンジンになり得ることを忘れず「捨てる前にひと呼吸を!」と歴史・民俗資料系の人々も臆することなく、災害支援ボランティアに声がけをしてほしいものである。

DSC07133 (2)


今回はリモート参加で、提供できる映像がありません。 写真は4年前、2018年11月17日の全国集会時の取り組み呼びかけのために、元締めである国立歴史民俗博物館にある、人間文化研究機構より提供されたものです。




エアコン室外機、雪に埋もれたまま運転していませんか?

突如新潟県内全域を襲った大雪ですが、外に設置してあるエアコンやエコキュートの室外機が雪に埋もれていませんか?
とくに外土間や基礎の上に、直置きしている場合、積雪が30僂魃曚┐討ると、吸気口をふさぐ可能性があります。
DSC07108

写真は新潟市内の最近ご新築されたお宅のエアコン室外機。 このまま夜も雪が降り続けば、トラブルが起こる可能性もあります。
ご自宅に帰ったらすぐエアコンスイッチを入れるのではなく、一度外回りを確かめて、室外機の前面だけでなく横方向にある吸気口まわりの除雪をしてから、スイッチを入れるようにしましょう。 除雪する範囲は、室外機の前面や横の吸気口から30儖幣紂∪磴崩れたり吹き溜まって来ないか確かめて下さい。

エアコンメーカー(ダイキン工業様)の注意喚起ご参考までに。
大雪に関する困りごと 大雪が降ったときによくあるエアコンやエコキュートの症状

#大雪、#室外機、#エアコン、#エコキュート、#トラブル、#新潟、#東北、#北陸、#新築住宅、#初めての冬、

中越地震発生から18年の節目に「地震被災建物修復の道しるべ」第四版発刊

新潟県中越地震発生から今日で18年。 そんななかで中越地震以来積み重ねてきた、被災した建物をどう取り扱うかについての知見をまとめた書籍「地震被災建物修復の道しるべ」の再版がなされました。

本書の再版は2011年の東日本大震災時の再版以来のもので、その後の長野県神城断層地震、熊本地震、福島県沖地震の被災対応など、被災後いかにしてたら地域や個人が痛みの少ない復興を果たすことができるのか、また地震国日本において育まれてきた伝統建築技術の原理と道理、そして民家再生をはじめとする木造家屋・土蔵などのリフォーム参考書としても各方面にてお役立て戴いてきました。 建物が傾いたら壊して建て替えるしかない、土台や柱がシロアリに食われたり腐ってしまったらもう壊すしかないという「常識のウソ」から愛着の家屋を希望につなげる、最近では水害により浮上漂流した建物を曳き戻して修復するといった事例での参考にもなったとご好評をいただきました。
 これまで各地の道府県建築士会、建築士、ヘリテイジマネージャー、防災士、応急危険度判定士など建築関係者、防災関係者の方々などにもご活用いただいた、A4サイズ96ページの本書。 一般書店では販売しておりませんが、書籍ご入用の場合は一冊あたり送料消費税込みで2000円にて頒布させていただきます(二冊目以降は送料消費税込み1800円)。
ご希望の方は携帯電話090-3098-8683あてショートメールにてご氏名と送付先をお知らせください。 
地震被災建物修復の道しるべ2022_表紙

被災建物修復の道しるべ2022巻頭言_






傷んだ敷居やフローリングの直し方(水害後のお手入れ番外編)

つい先週は真夜中の静岡県内で恐ろしいほどの連続降雨。 次々と各地に起こる豪雨災害には本当に心が痛むこのごろで、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げる次第です。 
さて令和4年8月豪雨から約2ケ月。現地の様子をみると夏の暑さも手伝って、浸水した部位の乾燥が進んできました。 乾燥が進むと目立ってくるのが床や敷居の汚れや傷ですね。 とくに水害直後泥まみれになった家財道具を運び出したり、スコップで泥かきをしたりと、水害直後の混乱下ではとくに「床の傷みなど構っていられない」「どうせ剥がすのだから」と作業を急ぐケースが多いもの。 そんな時期を過ぎていよいよ我が家の乾燥が進み修繕着手となると、気になるのがこの敷居や床の傷です。
00傷んだ敷居_DSC04430 (2)

そこで今日は、誰でもできる!傷んだ敷居や床の直し方です。

「あのときもっと気を付けていれば・・・。」という声も聴きますが、先週末は被災した家屋数軒での「敷居直し」「床直し」「木材の化粧直し」ワークショップを行ってきました。

まず用意するものは、塗装用の刷毛、塗料を入れるポリペール、マスキングテープ(養生テープ)、サンドペーパー(120番から、240番、320番、1000番など数種類)、ウエス(ぼろ布)、そして本日の主役は「亜麻仁油」=アマニ油です。 亜麻仁油は少年少女時代の頃、野球のバットや登山用ピッケル、あるいはラケットの柄などの木部お手入れで使った方があるかもしれませんね。 農具の鋤や鍬などの柄にも塗ったという記憶があるかもしれません。
さて、今や食用の方が有名になってしまった感のあるこの亜麻仁油ですが、木部保護から防虫防腐の効果があって然るべきところに使われていたもので、今日のワークショップの主役。 使ってみるとどのようになるかって? こんな風に敷居も床もピカピカになってしまうのです。
10お手入れ後2_DSC04447 (2)


さてその作業手順ですが、まずはマスキング。塗料の付いてはいけない所を保護し、サンディングで余計な傷をつけないようにという配慮でもあります。
01マスキング_DSC04416 (2)


マスキングをしないで塗装を始めると、白木の柱を汚したりということもあります。
02マスクなしだとDSC04409 (3)


用意周到にマスキングをしたら、塗装する場所のサンディング(やすりかけ)です。 引きずり出した家財道具やスコップ、あるいは安全靴などで傷めてしまった敷居などは、とくに注意しないとささくれた部位でとげが刺さったりすることもあるので、平滑に処理していきます。
番号は粗いものでは120番とか若い順から使っていき、中仕上げでは600番台、最後の仕上げでは水ペーパーとも呼ばれる1000番台のものでやすり掛けしていきます。
03サンディング_DSC04389

04サンディング_DSC04432 (2)


写真は3人並んで荒仕上用のサンドペーパー、中仕上げ用のサンドペーパー、そして掃除担当による共同作業です。
05敷居のささくれを滑らかにする_DSC04394 (2)


サンディングを終えたら、いよいよ亜麻仁油を必要な分だけポリペールに移し替えて、塗装を始めます。 余った亜麻仁油をビンに戻すわけにはいかないので、使い切れる量を器にとるのもワザのうちかもしれません。
06塗装_DSC04399 (2)


刷毛で塗るとそれなりの厚さで塗膜ができるので、塗装の厚さを均一にするために、ウエス(ぞうきん)で薄くのばしていくようにします。本来白木の文化とも呼ばれる和室の仕上げに、テカテカした敷居というのも気が引けますので塗装も控えめに、少しづつ様子を見ながらが大切かと思います。
07拭き取り_DSC04402 (2)


そして塗装のビフォア&アフターです。
08お手入れ前_DSC04411 (3)
09お手入れ後_DSC04414 (2)

縁側のケヤキのフローリング(床板)と色合いも揃ってきれいになりました。

気温が高い9月、10月中が乾燥の勝負時

豪雨による浸水被害発生から5週間を過ぎ、ひときわ厳しかった夏の暑さもあって床やタタミを剥がしたところの乾燥が進んだ家屋は多い。 しかし眼に見えて乾燥が進んだ居室の床下はともかく、トイレや洗面脱衣室の床はどうだろうか?
今回の水害では、二階まで浸水した家屋は全国的に見てもほぼゼロに近いものと思われる。 ということは被災した家屋が二階建て以上の場合はそのまま居住し、乾燥を進めている方も多いということ。 しかしそれは水廻りを機能させることが前提であることから、水廻りの壁や床の乾燥処置がされていない場合も多いことを意味するとも理解できます。
見えない狭小空間に風を送るの図

この写真の家屋もその一つで、専門家ボランティアが入っていることから安心していたが、つい先週ようやく水廻りの壁を開口したばかりだという。 ダクトファンもお茶の間まわりの床下が乾いたことから運転停止しておられたので、急遽の判断で洗面脱衣室にダクトファンを投入したところである。 
(ダクトファンは床上以上の比較的乾いた空気を床下に送ることが大切であることを、この写真でわかって欲しい!=もうひとつの急所)


 「乾燥の要諦は、放っておいても乾くところより、乾きにくい目に見えない部位に目を光らせること」である。

床下浸水家屋も甘く見ないの図


一昨日の村上市での総合相談会でも、部屋から運び出した家財や荷物が家の中に入れられず、ブルーシートをかけて屋外保管していたものが先日の雨で、再びダメージを受けてしまったという例があった。 「乾燥と居住」、「乾燥と家財荷物の同居」の問題は深刻である。 そんな場合は6畳程度以上の大きな部屋の中央に仮設床を設けて、「島」のようにしてそこに家財をまとめておくのである(下図)。
乾燥中の家屋の荷物処置_荷物は中央に寄せるの図


最も乾燥しにくい土台は壁際、部屋と部屋との界壁間にあり、そこに風を送れるようにすることがポイントになるのです。
風を壁にぶつけて土台を乾かすの図

そのほかユニットバスの外周壁に入っている断熱材は、どのような状態になっているだろうか?

気がかりな点は目に触れない場所にあることを忘れずに、いま一度見落としがないか調べてほしい。

何もかも乾かなくなる季節、冬の到来まであと2ケ月あまり。 

忙しくしている大工さんをせかすよりも、大工さんを待っている今のうちに、徹底して乾かしておくことがとても大切であることを解ってほしいものである。



Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ