建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

水害に遭った家屋にいち早く帰るために(水没コンセントの対処と仮設電気の引込み)

豪雨水害から一か月を超えて、旧盆も目前のところ。 家の中の片付けもある程度進むと、「電動工具を使って早く作業を進めたい」という方も多いと察します。 丸鋸を使っての床板の開口、また「家の中でちょっと休みたい」「家でそれなりに快適生活をしながら復旧工事したい」というのは、新型コロナ禍の影響で、多くが家族親族で片付けなくてはならなかった今、とくに聞かれることです。
しかし水に浸かった建物では、コンセントやスイッチプレートの内部では、ごみの付着や錆の進行など様々なことが起こっています。 そんなとき不安を持ちながらブレーカーを上げるのではなく、まず電気屋さんに、「仮設電力を引き込みたい」お願いして、仮の受電設備を設置してもらうことをお薦めします。

地震などの自然災害なら、電気保安協会による保安検査(漏電テストなど)を受けて通電再開するところですが、水害で被災し電気のコンセントが水に浸かったとなると話は別です。 災害後はどの職人も繁忙なうえに、水害の場合は家全体を一定程度まで乾燥させてから電気工事をしないと、湿気でコンセントやスイッチ類が錆びてしまうことが考えられます。 水害時に泥が少なかった場合など、水が引くと一見問題なさそうに見えますが、壁内や天井裏が濡れている場合は、時間の経過と共に錆や接触不良など、あとあと障害が起こる可能性が高いのです。
軽微な床上浸水でも、水没コンセントに要注意
床上浸水18cmの壁の中
台風19号水害で床上18僂凌賛紊蚤腟模半壊とされた家屋の壁内浸水状況(長野市)

コンセントプレート
水没して一ケ月後の壁埋め込みコンセントの錆(風組関東・小林直樹さん提供) 

応急仮設電気が引き込まれたら、電工ドラムで家屋内のどこでも電機が使えるようにカスタマイズ(但しタコ足配線には気を付けて)。 あとは取り壊し・応急修理工事、その後本工事へと進み、電気工事店にコンセントやスイッチボックスの交換をすべて終了したところで、本電引き込みとなります。 家の内外に配線してある電気ケーブル(VVF)自体は、水没してもほぼ問題はなく、端子に接続している部分を数センチ剥き直せば再使用可能で、改めての電線引き直し・交換までは必要はありません。 また分電盤までの浸水被害を受けた場合には、分電盤の交換も必要になると思われます。 コンセントやスイッチボックス等交換部品自体はホームセンターにも売っているものですが、交換工事には電気工事士の資格が必要になりますので、くれぐれも安全のためにも、最寄りの電気工事店にご相談をお願いします。
災害後の対応には、大工さんだけでなく電気工事屋さんも同様の忙しさのはず。 こういった依頼も地域やご近所でまとまってお願いするならば、地元の電気工事店、電気工事士さんの負担も多少なりとも軽減され、工事費も安くなる可能性があるかと考えます(引き込みポールの共有など)。

水損家屋・土蔵などの「通り番付」作業と部材取り外し清掃

水害発生から3週間が過ぎ、昨日までの4連休、天候の合間を縫って多くの方々が被災地各地で支援に取り組んだ中、現場からの相談を複数お受けました。 今日は経験豊富な専門家がきわめて少ない現地で頑張っておられる多くの一般の方々向けに、ある程度室内の片付けが進んだと仮定して、水害に遭った建物の対処法の続編として平易に解説してみます。
作業の手順は「建物の上から下へ」という話は、昨年10月の弊ブログでも紹介している通りですが、濁流で揉まれた天井や壁上部の部材取り外しや、梁組み(二階床組み)構造部材や清掃など、必要な処置が終わったら、次は状況をみながら床板を剥がすことになります(床板を撤去すると、足元が危険で作業効率も悪くなるので、同じ階のその他部分の撤去や清掃が終わった最終段階に行うことが肝心です)。
フローリング床は、床断熱材が入っていない場合などは、そのまま温存して乾燥のための風を送ることで対処することも可能ですが、問題は床下の泥出しです。 床下空間が高さ45儖幣紊△辰匿佑入ることのできる高さがあれば、床面に一辺が60僂両臆偲生仝をつくることで泥出しは可能となります。 もっとも被災した家がタタミ敷きの和室であれば、タタミ下地板を取り外して泥出しをします。 タタミ下地などの無垢の木板は洗って再使用出来るケースが殆どですが、そこでご注意いただきたいのは、取り外し解体する前に、マジックインキ、ガムテープに番号付けなどの方法で「通り番付」を振っておくことです(写真ではチョークで番付していますが、これは移動・洗浄を伴わないケースです)。 これは洗って乾燥させた後、元の位置に戻す際に、いわば住所地図の地名地番のように部材の位置区割を意味するものです。 
通り番付は、「い通り1番」・・・「ろ通り◇番」のような振り方が一般的ですが、取り外す部屋数が複数にわたる場合は部屋名称をつけるのも忘れずに! 即ち「部屋名+イ・ロ・ハ+1・2・3」「部屋番号+東西南北・中右左+番号」どちらでも、約束事として作業にかかる前、最初に決めておくのです。
通り番付_SDSCF3053
通り番付_SDSC02313


それからもう一つ、ガシャガシャに壊れた建具はともかく、組み子(障子の骨や)や彫刻の施された骨の残っている欄間など、木製建具は職人技と当主の趣向が窺い知れる貴重で再生可能な部材です。 帯戸や舞良戸などの木製板戸も、破損・流失などでたとえ枚数が揃わなくても、乾燥させて再生させることはできます。 それらも廃棄せずに一旦は乾燥させて、保管することが賢明と言えます。 なお被災した我が家に戻れるのかのご判断に苦しみ、現地での建物再生・再居住を迷っておられる方も、現時点では清掃を進めている方も多いと思います。 乾いてしまった建具であれば、無理に今改めて洗うなどの作業は行わず、風通しの良いところに(カビが生えないように)適度に隙間を開けて置いておくだけでも良いと思います。 
木製建具にも通り番付_SDSCF3050


取り外したら部材を水洗いする場合は洗浄終了後、スポンジたわしなどで最後拭き取りをし、風通しの良いところ(場所がなければ軒下など)で、できれば日の当たらない場所に保管します。 これは濡れた板や建具などを日に当てるなどして急速に乾燥させた場合、反りや狂いを生じる場合があるためです。 個々でも慌てず焦らずが肝心です。
下地荒板番付後取り外し&洗浄作業_DSC03395

建具の清掃・乾燥_SDSC03495



水害に被災した家屋・土蔵などのカビ発生対策

 7月3日深夜より波状的に九州地方、中部地方、中国地方に発生した、広域水害から3週間のいま、被災した建物に大量のカビが発生しています。 7月下旬の今も梅雨明けは沖縄の一部のみで、長雨続きの水害被災地では新型コロナ禍のなかでボランティアの動きも限定的で、被災家屋の泥出し清掃も終わらぬままのカビ発生には、復興への気持ちも削がれてしまうことと推察します。
 下は熊本県人吉市の一階部分がほぼ水没したある旅館の天井梁、ほぼ同じ場所の一週間前(7/18)と昨日(7/25)の状況で、緑色のカビが増殖している様子が分かります。 カビは将来そこに住む人ばかりか、清掃作業を進めるボランティアや、その後の復旧作業に従事する人々の健康に重大な影響を与えることが予想され、過去の豪雨災害被災でも長時間にわたるカビ吸い込みで健康を害された事例が報告されています。 カビ対策の前提は、まずその部材を流れる風に晒すことで高湿度環境を改善することに尽きるのですが、どっぷりと水に浸かった建物を乾燥させるには、相当な時間をかけての隅々までくまなくの風通しが必要です。 

※ダクトファン等を使った風通し乾燥については、下記のページとその前後をご覧ください。
参照ページ >>> 浸水被害から間もなく1ヶ月、ここからの建物対処は?

とくに天井まで浸水した場合、石膏ボードや綿状断熱材などの再利用不能なものを取り除くに足場も必要となり、手間と時間を要します。

人吉市旅館天井_水害2週間後SDSC09881
人吉市旅館天井_水害3週間後_カビ発生状況

清掃の終わった建物の消毒用として、一般的にはオスバンーSなどベンザルコニウム塩化物液を200倍程度に希釈して噴霧することが推奨されていますが、ただカビ対策では、これは水分がかなり多いためエタノールに比べると効果が薄いと言われています。
 
 代わりに試していただきたいのが消毒用エタノール80%液(純エタノールの場合はエタノール:水=4:1で希釈して使用)を、園芸用の蓄圧式手動ポンプなどで対象部位に噴霧すること。 すでにカビが発生している場合には、カビをよく絞った雑巾などで拭き取ったあとで噴霧します。 80%液は、水分は20%しかないので乾きやすく、殺菌力が最も高いとされています。 消毒用エタノールは現在は新型コロナウィルス対策として需要が高いため、家庭用ボトルは割高で入手困難となっていますが、一斗缶単位では購入可能なので、医薬品卸などに在庫の有無を尋ねてみるとよいでしょう。
無水エタノール、消毒用エタノール80%液_DSC03594
無水エタノール(左側)は100%。 消毒用エタノールIP(右側)は80%前後でそのまま噴霧可能(添加剤=イソプロパノールが含まれ、第二級アルコールに分類されるため酒税がかからない)。

蓄圧式噴霧器_SDSC03474
噴霧作業_SDSC09356

なお使用に際しては、引火性があるので噴霧時ばかりでなく容器の移し替え時など細心の注意が必要です。仮に引火しても炎が青いので見えにくく、発見が遅れがちであることもご注意ください。
 カビは一般的に、養分、水分と空気があれば、どこでも発生しうるもの。 書類や写真などは汚れを取って水中養生をしながら一枚ずつ丁寧に剥がしていくことで助かることがありますが、建物はそういうわけには行きません。 水害発生から3週間を経た今は、大量の水で汚れを洗い流すことはやめて、できれば短時間の低圧洗浄(長時間の高圧洗浄は対象物を損壊させる危険性あり)と拭き取りで対処した上で、消毒されることをお薦めします。 なおアルコール噴霧によって、素材の変色や塗装の白化などが起こる可能性もあるので、目立たない所で試しながら本格的に噴霧をしたほうが良いでしょう。


第3回建物修復ワークショップ(三和土編)8月1日 @長野市

台風19号災害被災地のひとつ、千曲川堤防決壊エリアでもある長野市穂保の米澤家住宅(詳細は案内チラシ参照)において、8月1日(土)昔懐かしい三和土(たたき)づくりのワークショップを開催します。 
ご存知の方も多いと思いますが、野良作業と深くかかわる民家や農家の三和土(たたき)は、土間の汚れを気にすることなく、泥足で入ってくることができ、また作業床としても土間コンクリートに比べて足に優しく疲れにくいと言われます。
第3回目となる今回のワークショップは、この土間づくりを敢えてコンクリートで行わず、昔ながらの「土、消石灰、にがり」の3つの成分を混ぜてつくる「三和土(たたき)」で行うもの。 暑い夏でもひんやり涼しい土間のつくりについて学びたいという方、古くて凸凹になってしまった民家や町家などの三和土を直したいという方にも、見逃せない小さな体験イベントです。
災禍に遭った建物を修復するこの連続ワークショップは、「もったいない」とあきらめきれない思いが「本物志向」に変わった中、今回も伝統職人の知恵と力を借りながらの開催です。 午後の空き時間には、土塗り壁の中盤である中塗りも説明し、体験していただく企画も予定していますので、前回・前々回とご参加できなかった方もお越しください。

なお今回の企画も事前申し込み制とさせていただき、当日の体温計測の実施など、新型コロナウィルス対策を徹底し、ソーシャルディスタンシングを確保しながら実施しますので、皆様のご理解ご協力をお願いします。

20200801三和土(たたき)ワークショップ(三)


印刷用はこちらにて>>>
20200801たたき土間づくりワークショップ(第三回)


なお熊本球磨川水害(令和2年7月豪雨)被災地における現地対応等のため、告知がやや直前となりましたことをお詫びします。




令和2年7月豪雨被害の現地調査(第一報)

7月3日から4日にかけて熊本県南部と鹿児島県を襲った豪雨、また6日から8日朝にかけて福岡、大分・長崎・佐賀の各県で起こった豪雨、その後一週間のうちに長野・岐阜・島根・広島へと範囲を広げて起こった令和2年7月豪雨は、様々な被害をもたらした。
いずれも梅雨末期の線状降水帯出現により猛烈な豪雨が地域に降り続いた結果であるものの、その被害態様は実にさまざまで、特筆すべきはその後の対処において、手法もプロセスも異なるという点である。 実際の被災状況を人吉市、球磨村、八代市坂本の3地域で現地調査し、また住民にヒアリングした結果、明らかに令和元年台風19号災害などの過去の被災地と異なる状況が見られた。 以下はその現地情報の第一報というくくりで3つのポイントに集約しコメントさせていただく。 

 々發の速で構造被害を受けた住宅
 今回の水害では、氾濫型災害と、土石流災害に加えて、供賄な谷地を高速で大量の漂流物とともに流れ下った水によって、多くの建物が構造被害を受けている点である。 早い時期から専門家の中で「応急危険度判定を実施する必要があるのでは?」と指摘されていたが、高い水圧で長時間にわたり押されたり、土砂の流入により傾いたり、傷ついた建物の構造被害を無視するわけにはいかない。
また高速流水でよく発生する建物基礎の洗堀もある。 洗堀被害に対しては「グラウト」「アンダーピニング」といった工法により建物基礎底盤からの復旧を図ることが出来るが、構造被害に対しては、耐震補強を含めた対策をとる必要がある。
八代市坂本地区_RDSC00249
高い流速で長時間洗われた結果、洗堀によって建物の基礎下は深くえぐられていた(熊本県八代市坂本支所)

◆.團蹈謄つき2階建て、3階建て住宅も被災 
水害常習地また、沿岸部の津波被害が予想される地域で、よく見かけるピロティ形式の2層〜3層の建物も、今回大きな被害を受けている。 過去の災害に学び、建物1階を開放的な車庫等とすることで、浸水被害を最小限にとどめ、度重なる水害を凌ごうとつくられた築浅の建物。 下の写真は浸水深7.5mレベルの被害に遭った球磨村渡地区で、同様の建物が球磨川堤防沿いに数百メートルにわたって建ち並ぶ。 そのほか球磨村一勝地地区、八代市坂本町などでも、3〜4mの浸水に見舞われており、過去に例を見ないレベルの被害を受けている。 ピロティで助かった住宅とそうでない住宅では明暗を分けた形ではあるものの、助かったからと言って両手を上げるわけにはいかない。それほどに「地域」一帯の存続さえ危ぶまれる事態なのである。
球磨村渡地区_DSC09933
球磨川堤防に沿って立ち並ぶ住宅群の最上流部のピロティー型住宅。 住宅群の中には新旧建物があり、これは先代から長年受け継いできた土地で住み継ぐ決意のなか再建された建物であることが分かる。

 狭隘な水害常習地での復興
球磨川およびそこに注ぐ中小河川流域には点々と集落が存在している。 多くの橋が流失し道路が寸断された中で、災害後二週間を経ても孤立したままの集落が多数存在している。 またこれらの山間地では、通信、水道、電気などの基礎インフラも大きな被害を受け、八代や人吉などの大きな市街地でも、固定電話が使えるまでに2週間もかかり、インターネットに至っては未だ不通という役所庁舎が多数ある。 いくらネット上で発信しても必要な相手に届いていない。 避難所の掲示板は安否情報や必要なお弁当情報だけで肝心の被災者支援情報はなく、アナログの紙情報、耳情報だけが頼りという現実を見た。
当然のことながら、各地事前防災対策を施していてもなおである。 度重なる水害に道路や橋の嵩上げ、建物の嵩上げさえしても被害を受ける住民の心情を配慮すれば、ここから先は地域復興施策ありきである。 泥出し清掃ボランティアもまずは現地事情をよく理解、また主役である被災者の心情を十分に考慮したうえで心のケアも含めて、支援はじっくりかつ慎重に行わなければならないことを痛感する。
八代市坂本RDSC03155
球磨川流域の携帯電話による通信環境は、災害後2週間を経てようやく整えられつつある(熊本県八代市坂本町坂本)

なおこれは、去る7月16日、17日と熊本県、(一財)熊本県建築住宅センター、(公社)熊本県建築士会の主催する浸水住宅復旧のための講習会で、「被災建造物の修復と課題」と題し講演をする機会をいただいた中での、大切な補足でもあることを付記しておく。
Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ