建物修復支援ネットワーク  新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの

歴史を経た古民家をはじめとする古い建物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり12年を数えております。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
 なお建物や歴史文化遺産を生かすための私たちの活動は、心ある方々のお支えによって継続が可能となります。 皆様のご理解とご協力・ご支援を賜ることができれば幸いです。

【ご支援いただける場合の寄付金口座】
建造物救援 : 三井住友銀行 新潟支店 (普通)癸沓隠毅牽坑僑院〃物修復支援ネットワーク 
文化財救援 : ゆうちょ銀行 記号番号11220−11740051 被災建物・史料救援ネット

糸魚川大火災は「風害」として、被災者生活再建支援法適用へ

雪国特有の雁木通りの景観をなす、伝統的なまちなみを含む糸魚川市中心部およそ40,000屐東京ドームほぼひとつ分の面積を焼失させた火災から1週間。 国はこの火災を折しも吹いていた強い南風による「飛び火」を延焼拡大の原因ととらえ、火災としては初めて自然災害の「風害」として扱うことを決めました。
家屋再建の元手とするには、決して十分と言えないにしても、家屋を含む生活再建に資するこの被災者生活再建支援法適用という、極めて迅速かつ的確な「運用措置」にまずは拍手をおくりたいと思います。
振り返れば4月の熊本地震、8月の東北北海道台風10号災害、10月の鳥取地震と、その破壊力、前例にない災害発生パターンという意味に於いても記憶にとどめるべき災害が繰り返されました。 しかし災害発生後の取り組み、なかんずくこの行政判断如何によって、人的物質的被害の爪痕を癒やし、復興に向かう被災者や地域、そして支援者の人心をも左右することを実感もさせられました。
 
2016123糸魚川大規模火災被災者生活再建支援法適用へ

TBSテレビ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161230-00000070-jnn-pol

一昨日の茨城に続いて今朝も東北福島沖で地震がありましたが、いくら祈ったところで、自然災害による被害をなくすることは不可避。 そのような中で予後、人の「ほどこし」がどれほど大切であるかを実感させられる歳末のサプライジングニュースでした。

被災者生活再建支援法関連過去記事(参考) >>> http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/50754267.html

今年一年の新たな出会いに感謝し、また一方旧知の皆様のなかでは、平素ご無沙汰をお詫びしつつ、来る年の穏やかならんことを期して、暮れゆく2016年の挨拶とします。

 

ユネスコ危機遺産建造物修復調査を終え帰国しました。

9日間中、往復4日・空路32,000kmあまりの移動を含むミッションを終えて、昨日帰国しました。 
SDSC05738

日本側にはなかなか伝わってこない現地状況、遠目には工程遅延ばかりか、世界遺産としての価値を損ないかねないように見えていたものも、現地で一つひとつ調査・聴き取り・分析をしてみれば、それぞれ細かな事情の積み重ねの結果として現状があるということ。 また輻輳した困難にも負けることなく、プロジェクトマネージャーから、職人の一人ひとりまで、様々な外的要因にときに翻弄されながらも、慎重に日々現場で組んでいる積み重ねの結果であることもわかりました。
MAM DSC03093
Artisan MAM SDSC02905
MAM DSC02868
Muzibu Azaala Mpaanga, The World heritage in danger

Bujja bukula DSC03108
Bujja Bukula, Existing thatched roofed traditional gate house at Kasubi Tombs

詳細はさておき1882年の創建、1938年英国統治下で再建された建物の約78年ぶりとなる再建工事に、建物存続の前提としての保全技術そのものの継承が、いかに困難であるかをまた実感。 一歩引いて世界中をみてみれば、どこでも圧倒的に地域を侵食また凌駕しつつある現代建築。 それを求める時代の趨勢にたいして、1938年以来となる歴史と伝統ある建物を再建させるチャレンジングな地元建築家のと職人の取り組み。 逆風の中にもそこに取り組み続ける人がいるからこそ成り立ちうる建築。 この現況にたいして、ドナーとしてどのような助言と条件を示していくべきか? 金曜日午前の王国首相を囲むカンファレンスの席では、20年ごとに建て替えられる日本国の伊勢神宮の話を引き合いに出しながら、職人技術のたゆみなき継承をバックアップすることの大切さを強調してきました。 これからその緊急事業評価と提言レポートを早急にまとめなくてはなりません。
Buganda kingdom SDSC03123

Embassy of Japan SDSC04846

Sebastien & Jun'ichi SDSC04837

 We have finished technical expert mission for Muzibu-Azaala-Mpamga, World Heritage property in danger, Uganda and returned to home safely.
We thank to all the persons who may concern to this reconstruction Project and keen attention and co-operation to the mission will highly be appreciated.

20161129 Bukedde,Uganda

しばらく日本を留守にします。

 ご存じの方もおられると思いますが、私たちは2011年から、東アフリカ・ウガンダ唯一のユネスコ世界文化遺産であり、その毀損を機に危機遺産とされた被災建造物の修復支援をしてきました。 第一回目の2011年10月に行われた、被災建造物の調査と保全助言を皮切りに、2013年3月〜4月の修復と保全継承のための技術的助言、2014年5月には、防災減災に関するハード&ソフトにまたがる技術的助言と提案と3度にわたり、昨年暮れのCRATerre技術者との情報交換・協議も含めれば4波におよぶ活動となりました。
 文化も技術もかけはなれた遠い国への支援。 日本信託基金と呼ばれる日本国の財布を借りての支援であり、これまでよく言われてきた「『カネを出しても人は出さず』の通例を打破しての支援なので・・・」という外務省国際文化協力室の依頼を受けてのミッションは、平易なものではありませんでした。 今回は危機的状況にあるその世界文化遺産の修復再建事業の現状調査と技術評価を行うという、謙虚にこれまでの活動を総括する一方で、風土文化技術の違いを乗り越えて、どこまでその助言や指導が意味を成したかを測る、これまでとは全く異なる性格のミッションです。 修復状況と環境との調和がはかられているかを見極め、場合によっては世界遺産としての修復援助打ち切りも視野に置くという、厳しい姿勢で臨まなくてはならないものです。
 長きにわたって先代から守り受け継いできたものが失われつつあるなかで、なぜユネスコと日本信託基金の支援を受けながらも、それをしっかりと守れないのか? お国柄も含め様々な事情や背景があることは尊重しながらも、事実を見極め、言うべきはきちんと言わなくてはなりません。 ここでは日本のモノサシで道理を押し付けるのではなく、世界遺産というカテゴリーの中で、いかにしたらそこを逸脱することなく、「顕著で普遍的な価値=OUV」を守り受け継ぐことができるのか?提言と道筋への合意をとれることができればと思います。
UNESCO JFIT Mission 2016 DSC03415

 ということで11月20日より11月28日まで行われる今回の技術評価ミッション。 赴く先では電子メールはつながりますが、電話通話をシャットダウンしています。 ご相談皆様、とくに熊本や鳥取の方々には、ご不自由をおかけしますが、事情をご賢察下さい。 なおメールでのお問い合わせ、ご相談は可能ですので、http://shufuku.com/?page_id=10にて、ご連絡くださいますようお願いします。







震災三週間を越えた鳥取中部地震被災地から

鳥取中部地震発生から3週間を迎えた週末、倉吉伝建地区(通称白壁地区)にて被災家屋の修復助言活動が行われたとの情報を現地よりいただきました。 活動されたのは、兵庫県建築士会を母体とするヘリテイジマネージャー(歴史的建造物保全活用推進員)のNPO団体、H2O(エイチツーオー)ひょうごヘリテージ機構メンバー。 
被災家屋の対応&見守りは、早期にまたその後も継続的に行うことが肝心ですが、初動から続いている善循環がその後もうまく続いている証左とも言えるでしょう。 現地での対応取り組みが一段落しつつあるこの時期、シート掛けは上手くいっているのか、余震が続いた中で、その後どのような状況変化が生じているか等々、被災者が落ち着いて調査助言を受け入れることができるのも、この時期なのかもしれません。
阪神淡路大震災から教訓を得て兵庫から始まった、歴史的建造物保全への取り組み。 それがヘリテイジマネージャー制度として整備されておよそ7年。 今はほぼ全国で行政主導の下、各地で平時取り組みとして近代和風建築調査が行われているが、今活動は災害対応として公的組織として動かれたという意味で範をなす。 災害発生後の復興の行方を本質から見据え、建築防災行政と一体となって動く、建築専門家対応として貴重な進展であると思う。
朝日新聞鳥取中部地震倉吉報道20161113

読売新聞鳥取地震倉吉報道20161113


鳥取県中部地震 風雨・風雪対策、応急対応から屋根復旧のツボ

鳥取倉吉およびその周辺では、時おり雨が降る中、家屋の片付けや応急対策が地域ぐるみで行われているようです。 
そこで屋根修理の際の注意点を少しだけポイントアップします。
(倒壊防止対策、余震対策、応急的養生については、以下のページをご覧ください。 
>>> http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/52191644.html

さて、まず最初に気を付けたいのは、地震災害は同時多発被害であるということ。 つまり屋根屋さんはすぐに修理に来てくれることは稀で、今回の地震規模では全ての屋根修理を終えるのに半年程度。 冬をまたぐことを考えればそれ以上かかることも予想されます。 つまり屋根修理は一気にかかることは稀で、応急対応で一時をしのぎ、その後順次調査見積もりをしながら数か月後に本工事に取り掛かるということです。 
今各地で行われているブルーシート掛けも、簡単にシートをかけて、風で剥がされたり、雪の重みで破れてしまっては次の対処が大変になります。 これから降雪期に向かっては、しかるべき配慮と対応が必要で、日本海沿岸に近いエリアでは、とくに風対策も大切です。 文化財の扱いとなれば一層慎重な対応が必要となることは言うまでもありません。

あと修理着手前には写真を撮ること。 保険金請求や、応急修理制度の適用などの場合には、それが求められます。

可能ならシルバー耐候性シートが理想的DSC09958
雨仕舞い対策・屋根養生は最低3ヶ月先を見てSDSC01834

なお、養生に使用するブルーシートはできれば#3000番台くらいのものか、もしくは簡易店舗・仮設店舗の外装屋根などで見かける、シルバー耐候性シートであれば理想的です。
とはいえそれを被災地全体で完璧に行うことは至難の業とも思われます。 中国地方からは震災半年の熊本へ屋根修理に出向いている屋根業者さんもいらっしゃると聞きます。 専門業者が限られるなか、地域全体でどのような対応ができるか、いろいろ知恵を巡らせる必要があります。

それから土葺きの屋根瓦には、時代が遡れば小さいもの、様々なかたちのものあります。 修理に必要なのはその時代時代でつくられた瓦のサイズや反りなどが微妙に異なります。 工業製品の廃番になったものが大切なことは多くの方が知るところです。 割れた屋根瓦は別としても、文化財の保全修復には古い瓦が必要になることもたびたびです。 また何より土葺きの瓦であれば、ある程度素人に近い方でも、古くてもサイズの合う部材があれば修復が効きます。 古い瓦も大きく壊れていないならば、とっておいて、互いに融通を効かせるのです。 
倉吉の文化財修理に関わっている方が知っていても、その他の業者さんや、一般市民の方々が、これを知っていることがとても大事かと思います。
修理のために取り置かれた屋根瓦@倉吉DSC01012


半年前の熊本地震被災地では、震災直後の大量降雨と風で、地震被害は直せないほどではなかった建物が、雨漏りのために修復できないほどの被害に遭った事例が多発しました。 同じような二次的な災禍を繰り返すことのないように、地域の中で、作業を早く早くと先を焦るばかりでなく、まず長期戦になることも覚悟して、戦略立てを行いながら、復旧復興に向けた取り組みが広がることを祈ります。

Profile
Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ