建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

国立環境研究所・災害廃棄物情報PFへの掲載記事

ゴールデンウィークの五連休初日、3.11から10年の節目で3度目となる大きな揺れに驚かれた方も多いことと思います。 今年に入って3回の大揺れのなかで、もはや3.11の「余震」とは呼ばないこととする旨の方針が気象庁から出されたものの、これだけ月一ペースに近いかたちで大揺れが続くと、流石に東北在住であるか否かにかかわらず、とても心穏やかにはいられないものです。

さて今日は被災建物の公費解体に関する、国立環境研究所の災害廃棄物情報プラットフォームにおける、リレーコラムへの寄稿掲載のお知らせです。
阪神淡路大震災後の公費による「壊しすぎ」への反省から、中越地震、能登半島地震、中越沖地震、岩手宮城内陸地震では、被災した建物の公費による解体は、ほぼ収集運搬費のみとなり一定の抑制が働いていたところ、3.11東日本大震災以降、半壊以上の被害認定を受けた建物は、壊せば全壊扱いになるという麻薬付きで復活。 
そのことを含めて災害廃棄物処理について、ショートコラムに述べさせていただきました。

コラム寄稿ページ >>>
http://dwasteinfo.nies.go.jp/news/relay.html#relay_79_hasegawa

感染力の強い変異ウィルスを尖兵に、コロナ感染の急拡大が危惧される昨今。
自然災害の追い打ちだけは御免蒙りたいと思う、5連休初日でした。

熊本地震発生から5年/修復に関する映像記事スクラップ

4月14日で熊本地震発生から5年。 
遠隔地にもかかわらず震災対応で三十数回通った熊本。 昨年は令和2年7月豪雨という新たな災禍に見舞われ、まさかのかたちでの再訪を重ねること4回を数え、新型コロナの収束が見えない今は、細々ながらもリモートでの相談と後方支援が続いています。

その熊本のこれまでの5年を振り返る意味で、いくつかのWEB情報を含めてご紹介させていただきます。

まずは昨年日本イコモス賞を受賞した、熊本まちなみトラストの記録映像から。
新町古町地区の被災文化遺産は今―熊本地震から1年8カ月の復興の歩み―
動画はこちら >>> https://kumamoto-machinami-trust.org/archive/


同、一連取り組みを振り返っての熊本日日新聞記事(2020年3月31日)
熊本日日新聞20200331_記憶の継承


川尻六工匠の古川保さんらが取り組んだ木造公会堂の修復(熊本日日新聞2020年1月29日)
熊本日日新聞20200129_熊本市川尻公会堂の修復



熊本県建築士会宇城支部の方々と共に学び、取り組んだ民家の修復
2020.03.05熊本市南区鰐瀬_篠塚邸


上と並んで、地震により全壊、危険判定を受けながら修復された、熊本市南区の清田家住宅
熊本市南区_清田家震災から二年半_DSC02932

関連ブログ=古文書を読もう!「水前寺古文書の会」 >>> https://blog.goo.ne.jp/suizengi/e/c0f2478e81bba75d17ce7ea0bcbe473c


5年前の震災発生から二か月を経たところで修復説明相談会を開催した甲佐町にて、地元の松下さんら
が取り組まれたワークショップ併用の建物修復「古民家こうさてんプロジェクト」。
https://www.town.kosa.lg.jp/q/aview/235/4181.html
甲佐町の新旧時代が交差する古民家改修ワークショップ(こうさてんプロジェクト活動の様子)
https://magazine-bo.com/activity/588/


国重文「江藤家住宅」復興のシンボルに 部分解体、組み直して再建(熊本日日新聞2021年4月13日)
https://kumanichi.com/news/id192537

5年を丁寧に振り返るアーカイブには至りませんが、既存建物を生かし修復することが、地域の記憶をゆるやかにつなぐことの大切さを改めて物語ってくれているようです。



シェルター・イン・ハウス施工開始@球磨村神瀬地区

昨年11月の現地活動以来、メールとzoomなどを駆使して、現地とやり取りをさせて戴いてる、令和2年7月豪雨 球磨川水害被災地のひとつ、球磨村神瀬地区。
いまだ手つかずの家々が多い地区の中で、ひとつの大型民家のシェルターインハウス方式による修復が始まりました。 当初1月がその着工予定でありましたが、新型コロナ禍などの影響もあり3ケ月余り遅れてのリバイバルプロジェクト。
シェルター・イン・ハウスとは、大きな家を一気に手を掛けるのではなく、生活に必要最低限の居室と装備を、被災した家屋の中に設置して地域に戻る、また元の暮らしに戻るための足掛かりの第一歩となる拠点をつくるというものです。
大きな家を修繕するにはあまりに少ない資材ですが、ミニマム・コンフォートのためには、まずはこれから。
20210118資機材搬入@神瀬

修復計画は、被災した建物全般にわたって、リノベーション再生するのではなく、建物全体のうち約1/5の部分を、被災者生活再建支援金をベースに無理のない予算で部分的に再生するものです。
これから暖かくなってくる季節、遠く人吉市にある仮設住宅で鬱々とした閉じこもり生活をするのではなく「ふるさとのやま」神瀬で畑や水での野良仕事をしたい、地域の人々とお茶のみをしたい・・・。 そんな施主家主さんの思いに応えての取り組みになります。

20210315シェルターインハウス設備先行・大工工事へ

こちらは、洗面脱衣室と浴室を装備予定。 浴室ユニットは地域再生計画が決まって、万一移転の話が出た場合でも、ゴミにすることなく持って行くこともできますからと施工を決めました。
20210315_洗面脱衣・浴室予定場所@神瀬

手前右のお座敷は、当分の間は作業場として活用。 ゆくゆくはみんなのお茶の間にしていく予定です。
20210315シェルターインハウス大工工事再開へ
20210315現場打合せ@神瀬
20210404_大工工事再開


こちらは、水害の痕跡を物語る建具。 
万が一かも知れないけれど、また水害や土石流が再来するという可能性もゼロでない中で行われる最低限の修復。 今後の地区再生計画を見極めつつ、ふるさとに戻るという希望を捨てないささやかな取り組みの再開です。
20210315_浸水深を物語る大戸@神瀬
20210404_サクラサク@神瀬

水害を乗り越えての春桜も応援してくれています。

「文化遺産と国際協力」映像公開

このたび私たちが日本国外務省およびユネスコ日本信託基金の取り組みにかかる委託業務で、2011年より微力ながらご協力させていただいてきた業務の一部が、ビデオ化され公開されました。
ビデオ映像を作成した文化遺産国際協力コンソーシアムによれば、動画タイトルは「人類の宝を未来につなぐ〜日本の文化遺産国際協力〜」とのこと。
以下のURLよりご覧いただけるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=GPIdNgKIrOI

2010.03 World Heritage in Danger, Kasubi tombs,Uganda

2011.10 First Mission to Kasubi tombs, Uganda_


2013.04 2nd Mission to Kasubi tombs, Uganda_


2014.05 3rd Mission to Kasubi tombs, Uganda_


2016.11 4th Mission to Kasubi tombs, Uganda_



防災科学技術研究所のWebサイト「防災クロスビュー」

「災害対応に過去と未来のクロスビュー」というキャッチフレーズで、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が、3月18日よりWebサイト「防災クロスビュー」を一般公開しました。
これまで、地震や水害等の災害発生の場合、各専門分野・機関・省庁・自治体ごとに情報が個々に発信され、災害の全体像が見渡し難い問題がありました。 しかしこのサイトの誕生により、ワンストップに近いかたち情報を縦覧(クロスビュー)することが可能となり、地震、水害、台風、雪氷災害など各種自然災害の「予防」「対応」「回復」に至るそれぞれの局面において活用できそうです。
WEBサイト https://xview.bosai.go.jp/ を見ると、現在のコンテンツは、以下に見る通りかなり多彩なメニューが織り込まれており、公開されている福島県沖地震のデータを見ると、運用時の精度課題は建物・住家被害状況(推定含む)などを見る限り、まだまだあるようですが、今後運用を重ねて行くうえで期待したいと思います。

【福島県沖地震のデータ事例】
震度情報
クライシスレスポンスサイト_事例20210213福島県沖地震
断水および給水支援情報
クライシスレスポンスサイト_事例20210213福島県沖地震_断水状況
災害関連法適用自治体情報
クライシスレスポンスサイト_20210213福島県沖地震_災害救助法


現在用意されているコンテンツ・バナー
【地震災害】
解析:建物被害推定
解析:斜面災害の推定結果 (国土地理院)
解析:液状化被害の推計結果 (国土地理院)
被害:住家被害状況
インフラ:鉄道運行状況
インフラ:断水状況・給水支援状況
対応:災害関連法適用状況
観測:光学衛星
観測:震源分布
観測:J-RISQ地震速報
観測:新強震モニタ
警戒:気象特別警報・警報・注意報
警戒 : 浸水・土砂災害危険度 (防災科研)
警戒:大雨・洪水警報の危険度分布
警戒:現在の気温分布
参考:J-SHIS Map (全国地震動予測地図)
本サイトについて
掲載情報重ね合わせ

【気象災害】bosaiXview気象災害クロスビュー2020
概要
気象:現在の気温
気象:解析雨量/降水短時間予報 (今後の雨)
危険度:大雨の稀さ(まれさ)情報(何年に一度の大雨?)
危険度:浸水・土砂災害危険度
危険度:リアルタイム洪水・土砂災害リスク情報マップβ版
危険度:大雨・洪水警報の危険度 (キキクル)
気象:台風経路
参考:地上風推定 (首都圏・九州)
参考:COVID-19×災害時避難
キーボード フォーカスをメディアに送信
作成:防災科学技術研究所 総合防災情報センター 自然災害情報室
解説:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)下における災害時避難について
(自治体がそれぞれの対応を相互に参照し合えるように情報をとりまとめたサイト)
参考:ハザード情報 (洪水浸水想定区域/土砂災害警戒区域/津波浸水想定区域)
掲載情報重ね合わせ

【雪氷災害】防災クロスビュー: bosaiXview雪氷災害クロスビュー2020
危険度:積雪深推定
危険度:積雪重量分布情報(雪おろシグナル)
危険度:現在の気温(融雪災害版、降積雪災害・凍結災害)
気象:特別警報・警報・注意報
対応:道路交通
対応:停電
対応:通信
対応:災害救助法適用自治体
対応:国・都道府県の対応
事例:今冬および過去多雪年の雪氷災害発生情報
事例:令和2年強い冬型の気圧配置による大雪に関連する過去の災害事例
事例:過去の雪氷災害事例


Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ