建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

熊本地震発生から2年。 日常からの職人技術実践機会づくりと普請文化の継承に向けて

熊本地震発生から今日4月14日で2年となります。 建築職人の高齢化と恒常的不足が、熊本の建築復興の足かせになっているという報道も聞いたここ数日。 ひとたび災害が起きたとき、伝統技術を持つ職人がどれだけ地域に健全に営みをしているかが、スムースな生活再建の助けとなり、また建築文化を健全に維持する生命線となるように思います。 同時にこのことが見慣れた街並み景観保全に資するということも理解しなくてはなりません。
平時からの市民レベルでの理解と意識啓蒙そしてパトロン(発注者)としての働き。 現代ではなかなか理解されにくいことかもしれませんが、いくら職人が優れた技術を持っていても、その実践と見合った対価を得られなければ技術は潰えていく。 厳しい現実に対峙しているのが今なのです。

そこでこんな記事 >>>
https://kino-ie.net/interview_461.html〜文化財保存修理技術に加えて、伝統木造住宅を新築する技術まで広げよう! つまり大工職人が文化財保存継承にとどまらず、伝統技術で新築するところまでを包摂することで、現代に生る伝統技術となるという提言ですね。

そんな思いを訴えるべく、大型連休の初日4月28日(土)「普請文化フォーラム2018〜未来へ継承すべき伝統建築・庭園・石垣技術〜」と題されたシンポジウムが、明治大学にて行われることになりました。
折しも「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載提案http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005723.htmlがなされたこの時期。 願ってもないタイミングでのフォーラムと思います。

普請技術を Intangible Cultural Heritageに!オモテ
普請技術を Intangible Cultural Heritageに!うら


【講演名】:普請文化フォーラム2018〜未来へ継承すべき伝統建築・庭園・石垣技術〜
【日時】:2018年4月28日(土)13時〜16時半(受付12時/開場12時半)
【場所】:明治大学アカデミーホール
【住所】:東京都千代田区神田駿河台1−1 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン内
【参加費】:1,000円(事前振込/学生無料)
【URL】
http://dentoh-isan.jp/meijisympo-entry
【主 催】
一般社団法人伝統を未来につなげる会
【共 催】
伝統木造技術文化遺産準備会/公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ
【後 援】
公益社団法人日本建築士会連合会/一般社団法人日本建築学会/全国建設労働組合総連合
明治大学社会連携機構/明治大学震災復興支援センター/公益財団法人竹中大工道具館/
これからの木造住宅を考える連絡会/NPO法人伝統木構造の会/NPO法人日本民家再生協会/
NPO法人緑の列島ネットワーク/職人がつくる木の家ネット/公益社団法人日本左官会議
一般社団法人日本左官業組合連合会/日本漆喰協会/奈良県/京都市/熊本市

URL:http://dentoh-isan.jp/meijisympo-entry
※ホームページにアクセスし、お申し込みください。


歴史的建造物の活用に向けて、国から二つのガイドライン

急速に進む少子高齢化によるまちと建物の担い手不足、後継者難が表面化する中で、国土交通省から歴史的建造物の利活用に向けた二つのガイドラインが打ち出されました。 
写真は地域の人々、遠方にいながら守る意思を見せた所有者の皆さん、そして専門家がそこでスクラムを組んで守り抜いた能登・輪島市黒島の街並み風景です。 2007年能登半島地震以降2年半ほど、我々も通った街並みですが、この3月25日「その日」から11年の日を迎えました。
能登黒島PICT0761

今では重要伝統的建造物群保存地区にも指定され、一見して安泰に守られているように見えますが、所有者、居住者の高齢化は進む一方です。 地域に定住、週末居住など、様々なかたちでの「まちとたてもの」の見守りとサポーターがなくては、文化的景観は守れなくなってしまう・・・。 そんな懸念は都市近郊も含めて、各地で起こりつつあります、

そのような中で自治体行政にたいして、独自制度を裁量権を持って進められるようにと打ち出された制度。 ここでは所有者の意向を汲んだ形でのまちづくり団体、地域団体、支援団体が声を上げ、自治体に積極的に働きかけることがその実現にむけ一歩を踏み出すきっかけをつくりだしたいものです。

建築基準法§3条1-3の適用除外で、魅力あるまちなみ保全と観光まちづくり

歴史的建築物の活用に向けた条例整備ガイドラインについて >>> 
http://www.mlit.go.jp/common/001225882.pdf

そしてもう一つ、
クラインガルテンなど週末農業、小規模農業というライフスタイルを目指す人と、農地つき民家・空き家をどうしたらいいか悩まれている人に。 こちらもニーズとシーズを結びつける、行政の役割が重要です。

「農地付き空き家」の手引きを作成しました
〜田園回帰等の移住促進に向けて空き家や農地を地域資源として活用〜 >>>
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000107.html

「人生の楽園」3月10日(土)再生事例 OA

人生の楽園(テレビ朝日系)に当ネットワークメンバーでおられる、石川県志賀町富来の山口木材さんとそのお施主様が取材を受けられ、2018年3月10日(土)18:00より、その作品がオンエアされるようですのでお知らせします。 
世紀を越えて生きながらえてきたクリ材でつくられた土蔵が、どのように生まれ変わったか?  
2007年能登半島地震発生から間もなく11年目の春を迎えようとする穴水町の蔵カフェ菜々へ、直接おいでになられてはいかがでしょうか?

番組ホームページ >>>
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/#nextweek

蔵カフェ菜々 >>> 電話:0768−52−0855(月曜定休)

10


糸魚川大火後の復旧復興を意識したか?「建築基準法の一部を改正する法案」閣議決定

昨夜のニュースで取り上げられていた、「建築基準法の一部を改正する法律案」閣議決定。 一昨年暮れに起こった糸魚川大火後の復旧復興にむけて、まさに追い風になるか? また防火地域・準防火地域における延焼防止性能の高い建築物の建ぺい率制限緩和などまちなみ維持と景観保全に貢献することになるか?
「既存建築ストックの活用」と、明確に法改正の意義付けをうたった閣議決定。 まさに全国で起こっている市街地衰退へ向けての強力なカンフルになりうるものか注目すべき内容で、同時に市街地の景観をなす町家など伝統木造のまちなみの良好な保全に向けても実効性のあるものと期待されるものと思います。 その意味からも建築実務者として、また町並み保全を願う一市民として、よく読み込んでみたい朗報、期待される内容となっているようです。

閣議決定趣旨説明>>>
 最近の大規模火災をめぐる状況や防火関連の技術開発をめぐる状況等を踏まえ、建築物・市街地の安全性の確保、既存建築ストックの活用、木造建築物の整備の推進などの社会的要請等に対応して規制を見直した「建築基準法の一部を改正する法律案」が、本日、閣議決定されました。
「国土交通省」報道広報ページへ>>>
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000708.html

京都東山SDSC00396

※ 写真は報道内容と直接関係があるものではありません。

講演会2題@京都&大阪。3.11東日本大震災から間もなく7年

いつもご覧下さっている方々はお気付きかと思いますが、3.11東日本大震災発生から7年を前にして、ブログタイトルを変更しました。 建物修復支援ネットワークの発足は、ほぼ11年前の2007年能登半島地震時に遡ります。 その後も2004年新潟県中越地震以来の知見をもとに、同年7月に起こった新潟県中越沖地震、2008年岩手宮城内陸地震、2011年東日本大震災&翌日の長野県北部地震、2012つくば竜巻、2014年長野県神城断層地震、2015年常総水害、そして2016年熊本地震と合計9つの災害後対応に出動し、これまで記名相談数にして合計1,100軒余りにのぼる被災建物を診てきました。 
活動開始当初は「全壊判定された建物が直るはずがない」と言われながらも、地道に丁寧に実績を重ね、その後も東日本そして熊本と極めてクリティカルな状況に置かれていた被災建物に対する、修復に関する助言指導などによって、修復事例が重ねられるうちに、次第にその「ありえない」が「あたりまえ」になってきました。  
阪神淡路大震災以降、新潟県中越の一部自治体が適用した以外は鳴りを潜めていた公費解体(半壊以上の建物解体除却運搬処分に公的資金投入すること)が復活した東日本大震災。 沿岸被災地での適用がほどなく内陸被災地にも広がった結果、直せば使える建物も瞬く間に解体される事態を招来し、その後の熊本でも、涙を呑む状況が広がったのは周知の通りです。 利活用の前途が見えぬ中、あるいは相続など税法上の壁が立ちはだかる中、やむを得ず解体を決断した方もいらっしゃることも思えば、それも被災者にとってありがたい制度であった公費解体。 しかしこの制度には、解体すれば建て直さざるを得ないという言わば人工的に復興需要を見込むという「経済至上の論理」が裏に潜んでいることを忘れてはなりません。 冷静沈着に判断する時間的余裕のあった被災者は別として、公費解体制度が両刃の剣となり、それが不要不急の建物解体(技修復術の確立した現代において、直せばまだ使える建物や歴史的景観をなす多くの価値ある建物が壊されること)を促したという重要事実も忘れてはなりません。

そんな折ですがこの3月、長い間問いけられてきた「木造家屋は弱いのか?年月を経てきた伝統的な木造建築は危険なのか?」に応えんとする講演会・勉強会が相次いで開催されるようですので、ここにご案内させていただきます。 なお,老物修復支援ネットワーク関係者による講演となります。

 ゝ都市文化財マネージャー 第4回スキルアップ講習会
ー 歴史的建造物の防災と復旧復興の心得を学ぶ ー
  「どうなる文化財、どうする京町家? 大地震から地域の歴史的建造物を守るために」

日 時/ 2018年3月17日(土)13時開場、 13:30〜16:30
場 所/ 京都市景観・まちづくりセンター
    @京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83−1 /  ワークショップルーム2
会 費/ 無料
定 員/ 40名
主 催/ 京都市文化財マネージャー育成実行委員会 (事務局/NPO法人古材文化の会)
お申込み/ FAX: 075-551-9811 もしくは、
E-mail : bunkaアットマークkozai.or.jp あてお名前、ご住所、連絡先電話番号、
     およびメールアドレスをご連絡ください。 
※メールの場合アドレス中「アットマーク」を半角@に置き換えてください。



◆ヽ愀櫂札潺福 in 大阪 『耐震木造技術の近現代史』刊行記念
「伝統木造建築の英知とは」


日 時/ 2018年3月27日(火) 18:00開場、18:30〜20:30
場 所/ ドーンセンター(大阪府男女共同参画・青少年センター)
    @大阪市中央区大手前1丁目3−49 /  5F セミナー室
会 費/ 1000円
定 員/ 50名
主 催/ 学芸出版社
お申込み/URL http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1803nisizawa/index.htm

長野県神城断層地震 白馬村神城堀之内地区DSC09505


Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ