建物修復支援ネットワーク  新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの

歴史を経た古民家をはじめとする古い建物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まって、11年を数えております。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がりました。 そして津波被災地も含めた東北各地で、御堂から古民家まで様々な古建築が再生されました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されますが、はたして本当なのでしょうか? このサイトではそんな疑念を抱く方々とともに、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読などもご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
 なお古い建物や歴史文化遺産を生かすための活動は、皆様の心あるお力添えによって支えられております。 多くの皆様のご理解とお支えを賜りながら、古いもの、災害によって手ひどい被害を負った建物と生活文化保全への支援を続けてまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

【ご支援いただける場合の寄付金口座】
建造物救援 : 三井住友銀行 新潟支店 (普通)癸沓隠毅牽坑僑院〃物修復支援ネットワーク 
文化財救援 : ゆうちょ銀行 記号番号11220−11740051 被災建物・史料救援ネット

8月9日〜11日は、被災建物修復を学ぶ、実践するワークショップ@熊本へ

 震災発生から3ヶ月を超えて、来る8月9日(火)から11日(木・祝)の三日間にわたり、地震に被災し雨漏り被害もある、大きな建物の修復ワークショップを、日本イコモス国内委員会等の後援を戴きながら、くまもと新町古町復興プロジェクト、および熊本まちなみトラスト主催で開催することになりました。 
 被災した建物を簡単にあきらめたりしては、地域の景観も歴史的な町並みも失われ、また業者さんにお任せしても、なかなか復旧復興にむけて、納得のできる次の答えは出てきません。 被災状況を調べ、ローテクで修復可能につくられた伝統民家・町家の智慧を学び、地域のお仲間、知り合い等で協働して直していく、言わばセルフビルド的な修復再生の道づけを試行的に行うものです。 ワークショップでは地域の方だけでなく、遠来の支援者、次代を担う学生さんも交えて和気藹々と建物の修復について学び実践して参りたいと思います。
夏休みに入ったいま、皆様奮ってのご参加をお待ちしております。 以下はその実施チラシ御案内です。

20160809-11新町古町WS

新町古町WS裏面


内容再掲 >>>
被災建物復興にむけた、地域協働ワークショップ 第一回
日時 : 8月9日(火) 9:00一部作業開始 11:00趣旨説明・一般参加者開始 16:00終了
   8月10日(水) 9:00開始 16:00終了
   8月11日(木・祝) 9:00開始 15:00終了
会場 : 清永本店 熊本市中央区西唐人町
対象者 : 被災建物をコストを抑えつつ、しっかり修復したいと考える被災者
    古いモノ、歴史的な建物に興味のある方
    古民家再生・リノベーションに興味のある方
    セルフビルドもしくは仲間による修復作業で、地域を元気にしたい方
    熊本のために汗を流したいという方

その1.調査作図ワークショップ
『新町・古町未来創造会議』
被災建物の実測調査と損傷調査を行い被災後の状態を知り、古民家再生の専門家からの意見や助言を交えながら自由な発想で活用方法を提案していただきます。 被災後雨漏りなどで厳しい状況に置かれた建物を、冷静に見つめつつ、修復利活用の可能性を探ります。 調査探求、難問打開のプロセスをみんなで少しでも楽しみにかえ、希望を見いだして行きます。 ワークショップの成果は3日目に発表させていただき、今後地域の皆さんと共有し協議させていただきます。 
8月9日(火):建物実測調査、平面図・断面図の作成、被災損傷状況の調査把握記録、 
8月10日(水):建物実測調査、平面図・断面図の作成、活用方法のグループディスカッション、中間報告
8月11日(木・祝):調査結果の取りまとめ(日帰り参加者には2日間の振り返り概要説明のうえ)、
8月11日(木・祝)午後1:00〜3:00 ワークショップ成果の発表会、建築修復再生専門家よりコメントを
      いただき、みんなで調査・修復の智慧を共有します。
      ※ 発表会:五福まちづくりセンター(五福公民館)4Fホールにて

その2.土壁ワークショップ
『町屋づくり応援隊』
壊れた土壁や剥がれ落ちた壁土を除去し、それを再利用するための準備作業を通じて、土壁のつくり方を学んでいきます。
8月9日(火):壁土の回収、ふるい分別、水おきor収蔵品レスキュー
8月10日(水):壁土の回収、分別、水おき、レスキュー後の収蔵品調査分別、目録作成
8月11日(木):土壁ワークショップの取りまとめ、および収蔵品レスキュー取りまとめ
       同日午後発表会:五福まちづくりセンター(五福公民館)4Fホールにて(その1と同じ)

以下はふたつのワークショップ共通の御案内です。

参加費:無料

ご連絡、お問い合わせ、お申し込み :
くまもと新町古町復興プロジェクト 担当:吉野 携帯090-2517-3483
Facebookイベント「みんなで復興ワークショップvol.1〜清永本店編」で検索、メッセージでも申し込み下さい。
ワークショップ Ν△里匹舛蕕忙臆担望かを明示して、下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
メール info@restartkumamoto.com 
タイトルに「ワークショップ申込」と明記し、本文に住所・氏名・年齢・電話番号・および参加希望日をお知らせ下さい。 参加お申込は、いずれも8月3日までにお願いします。 

※ご参加の皆様へのお願い
・汚れてもよい服装と安全靴(お持ちでない方は運動靴でも大丈夫です)でお越しください。
・手ぬぐい、マスク、軍手等をご持参ください。また、ヘルメットをお持ちの方はご持参をお願いします。
・ボランティア保険に加入されていない方は、ご加入戴きます(保険料は当会にて負担します)
・この作業に報酬はございません。 また現地までの交通費は自己負担となります。
・昼食は各自でご用意願います。
・駐車場はございませんので、お車でお越しの方は近隣のコインパーキング等に駐車をお願います。

主催:くまもと新町・古町復興プロジェクト
共催:熊本まちなみトラスト、科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「コミュニティに依拠する歴史的市街地の震災復興」プロジェクト、
後援:日本イコモス国内委員会、NPO全国町並み保存連盟、NPO日本民家再生協会
協力:とちぎ蔵の街職人塾、桐生伝建修習の会、建物修復支援ネットワーク、被災建物・史料救援ネット

長野県白馬村、小谷村の皆様へ、今週末は歴史的建造物&文化財レスキュー報告会へ

直前の告知となりましたが、夏の三連休初日、来る7月16日(土曜日)午後、長野県白馬村との共催による、第3回歴史的建造物&文化財レスキュー報告会が行われます。 
2014年長野県神城断層地震では、地域の歴史文化を内包していた、多くの歴史的建造物が解体を余儀なくされました。 その中で多くの建築専門家(建築士、建築史家、ヘリテイジマネージャーなどを含む)と、文化財専門家(学芸員、美術史家、仏像修復家など)の協働により、多くの地域の歴史の記憶が発見され、記録救出がなされました。 今回はその発表会のシリーズ第三回です。 
ご参加ご希望の方は、下記要領により実施しますので、ご参加ください。 なお本報告会は事前申し込み不要(要約筆記アシストつき)につき直接会場へお越しください。

会場:長野県北安曇郡白馬村
白馬村ふれあいセンター(白馬村役場前)2階ホール
日時:2016年7月16日(土)13:30〜15:30 (13:00開場)
報告会内容:
長野県神城断層地震被災建造物&文化財レスキューの現場から
第一部「1714年 小谷地震とその被害」原田和彦氏(長野市立博物館 学芸員)
第二部「木造建築物の地震被害から考えること −歴史的な建物を地震から守っていくにはー」松田昌洋氏(信州大学 工学部 建築学科 助教)
参加費:無料
主催:被災建物・史料救援ネット
共催:長野県白馬村
お問い合わせ:090-3098-8683(被災建物史料救援ネット・長谷川)

被災建物・史料救援ネット Facebook(フェイスブック)ページ

https://www.facebook.com/preservation99/

小谷村から白馬方面を遠望RDSCF1681
 写真:塩の道長野県最北端の小谷村より、白馬村方面を遠望する。


納屋・倉庫等を住宅として転用する場合の応急修理拡大適用(益城町)

熊本地震により甚大な被害を受けた益城町において、応急修理制度の拡大適用が発表されました。 これは住家に甚大な修復不能なほどの被害を受けた世帯に於いて、納屋・倉庫等を住宅として転用する場合に、その応急修理費用の一部を補助しようというものです。
参照HP(益城町 平成28年熊本地震 災害情報): http://www.town.mashiki.lg.jp/kihon/pub/detail.aspx?c_id=138&id=537

熊本・長屋門を持つ屋敷DSC08317
熊本の農舎SDSC08806
(写真は地域に代表的な農舎や長屋門を参考までに掲出したもので、直接関係するものではありません)

熊本市内をはじめ益城郡、阿蘇郡などの郡村部を中心に、農業を主として生計を営んできた世帯の敷地内には、母屋だけでなく複数の建物がみられます。 なかでも伝統的な工法でつくられた骨太の農舎や納屋は目を惹くものが多く、中には長屋門(お屋敷の入り口の顔をなす門を兼ねた納屋や土蔵)の風貌をなした地域固有の建造物も多く残っています。 
被災地のなかで独自支援策として打ち出された「修復の選択肢」を広げるためのこの公的制度の拡大適用。 地域に戻るためにこれらを、住宅としてコンバーション(転用)するという被災家屋の復興がどれくらいケースとしてあらわれるか、また他の自治体に同調した動きが打ち出されてくるのか、注目してゆきたいと思います。






 

震災2か月。 出てきた被災宅地地盤への支援策

きょうで震災二か月の日を迎えることになった熊本。 入梅を迎えて地盤関連の二次災害が心配されるこの時期、国の方で擁壁や宅地地盤の復旧に係わる対策事業・支援プログラムが昨日打ち出されました。 被災された皆様が気になっている宅地が、この要件をクリアできるかが課題ですが、仮にそれがならなくても、今後自治体単位で個別救援策を含めて、さらにきめ細かな災害対策事業が打ち出されることもあり得るかもしれません。 
また地盤の液状化など、すべてを網羅するものではありませんが、「地域でまとまって実情を冷静に伝えてゆけば、きっと何らかの施策は打ち出される」という過去の経験則もあります。 あきらめずに中間目標を節目節目に設定しながら、地域で声をまとめて、行政に対峙すればきちんと対応してくれるはずです。 今回はまさにその一歩。 あきらめずに復興の道を少しずつ前へ。

【 ひとめでわかるチャート図 】
災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業・災害関連地域防災がけ崩れ対策事業の採択要件の緩和
http://www.mlit.go.jp/common/001133788.pdf

平成28年熊本地震に係る災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業等の採択要件の緩和(特例措置)について
http://www.mlit.go.jp/report/press/sabo02_hh_000021.html

大津町DSC06332



深刻化する屋根被害に、応急処置の共同発注を。

地震後の雨漏り被害が、各地で拡大しているようなので、ここでひとつの提案です。
地元の業者さんのみでは対応しきれず、域外の業者さんに頼らざるを得ない現状。 しかしながら見知らぬ業者に声をかけるのは、なかなか勇気の要ることでもあります。 一方で外から応援してあげたい、何とか力になりたいと思っていても、どれだけ仕事が続くかわからない。 信頼関係が築けぬ中で、仕事をすることはできないし、何より地元の業者さんの手前もあり、声がけするにも気が引ける。 そんな関係が見え隠れしています。

依頼する側と、依頼される側との間には、微妙な間合いが求められるのですが、信頼できる関係づくりは容易なことではありません。 しかし梅雨入り本番を迎えて、このいつ直しに来てくれるかわからない屋根をどうするかは、そのまま地域の建物復興の行方を左右します。 屋根工事は葺き替えとなれば一棟当たりおおむね1週間前後、部分直しでも最低半日はかかります。 しかし瓦の破損箇所への部分鈑金差しや、部分取り替えで応急シート掛け範囲を狭めておいて、シート掛けなら一棟当たり半日で済ませることが出来ます。 既報 http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/52226696.html


そこでご提案は、地域輩出の議員さん、地区の世話役を中心に地域ごとにまとまって、仕事の依頼をすることです。 「すでに大工さん、屋根屋さんに頼んだから・・・」というのが大部分とは思いますが、同時多発の被害に対応には限界があります。 問題はそれがいつ来てくれるかわからぬ状態で、家屋内の傷み、カビ発生を法著できるかということです。 必要なのは数とスピードを求められる「応急修理」です。 
すでに屋根下地には穴が開き、室内もビショ濡れでは、たとえ一部損壊レベルの被害であっても、修復には多大なコストがかかります。 これ以上の雨漏りが進むことを、何とか食い止めるためにも、地域内で要望をまとめてみる。 まとまった中では、屋根業者も仕事の総量が把握でき、耐候性シートなど必要な資材や人の手配もラクにできるということです。
そしてえたとえ域外の業者さんであっても、信頼して応急処置を任せて、地域内複数の目での見守りながらの工事であれば、安心感も生まれてくるはずです。 地域でまとまるためのイニシアチブを取れる人がいなければ、3人4人でもまとまって業者さんと相談することです。 まとまって「応急処置→恒久復旧」と段取りができるなら、屋根屋さんも仕事がまとまり見通しがつく。 被災者の個々の悩みも少なからず軽減されるのです。

ところで修復の対象は変わりますが、中越地震、中越沖地震では、転倒した膨大な数に及ぶ墓石を、ある地域では個々に頼んだ結果、狭い墓所での作業効率とコストが上がったりする一方で、あるお寺では檀家がまとまって、ミニ重機を入れて一挙に修理したことで、大幅な効率化とコストダウンがなされて、檀家衆が大いに助かった事例がありました。

日頃まとまりの深い地域と、そうでない地域があるのは、仕方がないことですが、背は腹に代えられぬ状況下、いま一度地域の皆さんで声かけあって、協働発注の試みをなされてはいかがでしょうか?

西原RS DSC08509
益城RSDSC08270
Profile
Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ