建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

水害・水没被災家屋の相談会@岡山

豪雨災害に被災した建物をどうしたらよいのか? そんな被災者の悩みに応える建築相談会が岡山県内で始まりました。
20180730-岡山相談会_チラシ


西日本豪雨水害には、土石流や水流による建物基礎からの洗掘被害から、越水破堤などによる水没家屋まで、多種多様な被災家屋が存します。 先行する岡山県内でのこの相談会は、主に後者向けということでしょうか? 同県内では、倉敷市、岡山市、総社市、高梁市、矢掛町で、7月30日から2019年3月末日までという長期間にわたる被災建物の扱いに関する相談窓口開設となるようです。 運営にまわる行政側も、忙しい時間の合間を縫っての建築専門家の皆様にも、ロングランの相談会。 まずは被災された方へのよりよき選択肢を示し、心の痛みを和らげるものになってほしいと願います。

印刷用 >>>
20180730岡山倉敷被災建物相談会


岡山県ホームページ 「水害被災住宅の建築相談窓口を開設します」>>>
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/569902.html


水害被災地における被災建築の取り扱いに関する情報(3)

 先日掲載した土壁の取り扱いに関するチラシは、「修理すれば住み続けられるという一番大切な部分が欠落していて、何のために土壁を残さなければならないかが、伝わりにくい」というご指摘を受けました。 そこで長いこと使っていなかった「壊せばゴミ、直せば我が家」という2004年新潟県中越地震以降改訂を重ねてきたフライヤー(チラシ)を、久しぶりに再アップさせていただきました(能登半島地震、新潟県中越沖地震の際には、版・写真は異なりますが、市の相談窓口にも掲出されたものです)。

壊せばゴミ、直せば我が家_2018(水害編) 

 使われている写真は、残念ながら水災に遭ったものではありませんが、被災後慌てて壊さない、慌てて捨ててしまわないことで、建物や所蔵品も含めてじっくりと向かい合うことの意味が伝わればと考えます。 2016年熊本地震の被災地では、公費による建物解体の嵐が吹き荒れる中、「壊すに忍びない」「これが残せるなら先祖も喜ぶだろう」そんな思いで、被災者を主体に、地域と建築士会メンバー、ヘリテイジマネージャー、市町村の文化財保護委員などが活動し、被災地各地・各団体から声を上げることが、国や県の行政をも動かす力になりました。
参照「被災文化財等復旧復興事業「歴史的建造物(未指定文化財)」
URL. http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_21645.html  
 
ところで今回の西日本豪雨災害の被災地のひとつ、岡山県倉敷市などではすでに地元建築士会、ヘリテイジマネージャーによる被災建物・住宅の相談窓口も開設される動きとなってきました。 文化財的価値ある景観を守るためにも、何より住み慣れた元の地域に戻るためにも、そしてコミュニティ再生のためにも、被災した家屋の再生にむけた動きが広がることを祈ります。

なお、先のブログに紹介した岡山でのチラシ作成に協力した関西木造住文化研究会は、2004年新潟県中越地震の2か月後、伝統的な木造がただ古いというだけでまっとうな評価も検証もされぬままに取り壊されていく風潮に歯止めをかけたいという共通の想いからご一緒させていただいてきた、木造建築実務者と専門家の団体であることをお伝えしておきます。

ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

ときに多くの人命や財産を奪う自然災害に、先人はどう対処してきたか? 

また建造物とそれをつくり守る、受け継ぐために、日本の建築技術はどう応えてきたか?

それらに思いを馳せながら、専門家の力も借りながら、被災した家屋の再生を考えてみてはいかがでしょうか?

そして何より、地域の専門家の皆様にお伝えしたいこと。
それは目の前で同時に起こっていることに、ひとり立ち向かうのではなく、復興のタイムライン(技術の単価推移、時間をかけて整えられていく好適支援制度整備も含んで)を見極めて動くということです。 長い時間をかけて築いてきた、お客様との関係が切れるのも、信頼の糸を紡いでいくのも被災初動から一ケ月が勝負です。 できないことを「できる」と言って、仕事のボリュームと時間の経過で信頼を失ってしまうことはあまたあります。 まずは「おおむね2年程度の覚悟を決めれば、きっと良い復興が遂げられる」ということをお客様に伝えること。 信頼できる応援大工さん、職人さんを、自宅作業所・下小屋に住んでもらいながら動員することも、過去の被災地では多くありました。 どんなに素晴らしい技術を持っていても、それを生かすロジスティックスがなければ、技術も死んでしまいます。 過去の多くの経験知に触れながら、自身の周囲を上手に盛り立てながら協力を得て、被災者と伴走していけるということをわかっていただきたいと思います。

ただし二次災害に警戒すること。 台風シーズンを控えて身の安全を担保されること。 釈迦に説法となることを恐れつつですが、くれぐれもそういった大前提があることも留意してください。




水害被災地における被災建築の取り扱いに関する情報(2)

西日本の各地に報道のあるなしを問わず、点々と広がる水害被災地。 各地の社会福祉協議会を核にして、ボランティア支援が広がっていますが、その中で支援者の皆様、被災者の皆様に知っておいてほしいことがあります。 
それは日本の長い災害史の中で、先陣は多くの人命や財産を奪う自然災害にどう対処してきたか? そして建造物とそれをつくり守る建築技術は、どう応えてきたか?. ということです。
それを考えるとその文化的価値も含めて見直されるかどうかの節目にかかっているのが、今回の水害に被災した家屋・歴史的建造物(指定登録外の文化財など)とも言えると思います。
土壁の落ちた家、あきらめないで!!

阪神淡路大震災の教訓を生かすべくはじまった「ひょうごヘリテイジ機構(H2O)」の活動から、全国に広められたヘリテイジマネージャー(歴史的建造物保全活用推進員)の、建築専門家としての知識・助言、また非常時の対応力が生かされるのも、このような時なのかもしれません。

もうひとつ水害対処のうち、土壁に関する情報が、こちらに簡潔かつ的確にまとめられておりますので、ご紹介させていただきます。
Karth関西木造住文化研究会・岡山連携情報

作成者:こどもみらい愛ネットワーク http://kodomomirai.org/
協力:関西木造住文化研究会 http://karth.org/


印刷用画面 >>>
土壁の落ちた家、あきらめないで!

Karth・岡山連携情報






被災土蔵・土壁の家の修復可能性 / 水害被災地に向けて

このたびの広域にわたる西日本の水害・土石流災害に被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
行方不明者の捜索も続いている現況に胸が痛むばかりですが、泥出し、片付けなどが徐々に進み始める中で、「当地には土壁住宅が多くある。土壁の補修はどうすればよいのか教えてほしい」というご相談をお受けしました。
そこで早速ですが、岡山、広島、島根、鳥取、愛媛、高知など、土壁の住宅建物の多い地域、被災者の皆様に、被災建物の修復の一コマ、土壁の修復にポイントを絞って、被災後の対策にかかる情報をここで共有させていただきます。 この時期この段階、「うちはこんな程度ではない!」「泥水に浸かった家にきれいごとは不要!」とお叱りを受けるのを覚悟の上での、投稿であることをどうかお許しください。

被災した土蔵・土壁の家再生可能性small
下地の補修から土壁の修復まで、四コマレクチャsmall


すでにご存じの方も多いことですが、同時多発広域にわたる被災と職人不足は、熊本地震被災地においても依然として深刻です。 その現状は2年を超えても依然として続いており、長期的な視点での粘り強い取り組みが望まれるところです。
つまり一気呵成に進めようとするのではなく、救命救急〜応急対応〜暫定対応(修復に向けた調査・修復計画)〜本格復興へと、段階的な復興タイムラインを意識すること。 とくに災害発生の初動においてこのような長期戦になることを意識しつつ、災害発生時の初動、とくにものの道理にも通じた冷静な専門家としての助言や過去の教訓が功を奏すると思います。 復興初動の軸足を誤っては、逆に成るものも成らなくなってしまうのです。

歴史を受け継いできた伝統的な建物は、構造がシンプル。 真壁構造であれば軸組の健全性は容易に目視できます。 またグラスウールなどの断熱材が入っていなければ、比較的乾燥も容易と言えます。 床板もタタミ下地板を外せば、フローリングのはられた現代的な住宅よりも、泥の入った床下の掃除も比較的容易に行うことができます。 古さを理由に壊すにはしのびない、伝統的な構法の家には修復する上では多くのメリットがあることも忘れてはなりません。

木造軸組み構造の再生small





茅葺き講座7月22日開催@長野県小谷村

小谷村20180722_Lecture of Thatching technique in Japan

来る7月22日(日)午後、長野県北安曇郡小谷村にて、茅葺き技術(Thatching technique)を学ぶ、公開講座が開催されます。 今回は小谷村公民館 「ふるさと再発見!」 講座「杣職人編」「大工職人編」に続く、伝統の建築職人技術にかかる第三回目です。  以下は主催者からのメッセージです。 

 屋根の茅の葺き方は地域によって異なる中、特に雪深い小谷での茅葺き技術は全国からも注目されています。 また小谷は「カリヤス」と呼ばれる良質な山茅が産する地域でもあります。  そして伊勢神宮をはじめとする茅葺き屋根葺きにその腕を買われて出かけていく職人が、この小谷村発でご活躍しておられます。
 本講座では、長年地域で培われてきた伝統的な職人技術についてのお話を聞き、現在茅葺き屋根の全面葺き替え工事中の小谷村郷土館の現場を見学し、学習を深めます。

2018年7月22日小谷村公民館講座_茅葺き編


小谷村公民館講座「茅葺き編」Summer2018

開催日: 平成30年7月22日(日)
      13:30〜16:00

講 師:(株)小谷屋根(おたりやね) 松澤敬夫(まつざわけいお)さん、
                   松澤朋典(まつざわとものり)さん
     信州大学 工学部 建築学科 准教授 梅干野成央(ほやのしげお)さん  
     建物修復支援ネットワーク 代表 長谷川 順一さん
      
集合場所:小谷村公民館 住所:長野県北安曇郡小谷村大字中小谷丙131(小谷村役場内)
     15:00より「小谷村郷土館」の茅下ろし、葺き替え現場へ移動
     

日 程:13:30〜15:00 映像説明&対談「茅葺き屋根の伝統技術」について
    15:00〜16:00 小谷村郷土館の現地見学
 
受 講 料: 500円 

持ち物: 筆記用具、ヘルメット (遠方の方、お持ちでない方は、その旨お知らせ下さい。)

お問い合わせ・お申込み: 7月19日(木)迄に小谷村公民館(TEL.0261-82-2587、FAX.0261-82-3164)までお申し込み下さい。 なお電子メールでは、アドレス sumai.kukanアットマークgmail.com (アットマークを半角@に変換)あてでも受け付けます。

DSCF6231S民家園
※ 写真は 四国高松の「四国村」の茅葺き民家。 涼やかさを感じさせる、
屋根も壁も茅という珍しい建物です。
 










Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ