建物修復支援ネットワーク

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
これまでタイトルについていた「ー新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの」を、東日本大震災7年の節目を前にして、外させていただきます。 被災地における過去の知見を次の被災地に生かす試みが広がりますように!

水害被災地における被災建築の取り扱いに関する情報(2)

西日本の各地に報道のあるなしを問わず、点々と広がる水害被災地。 各地の社会福祉協議会を核にして、ボランティア支援が広がっていますが、その中で支援者の皆様、被災者の皆様に知っておいてほしいことがあります。 
それは日本の長い災害史の中で、先陣は多くの人命や財産を奪う自然災害にどう対処してきたか? そして建造物とそれをつくり守る建築技術は、どう応えてきたか?. ということです。
それを考えるとその文化的価値も含めて見直されるかどうかの節目にかかっているのが、今回の水害に被災した家屋・歴史的建造物(指定登録外の文化財など)とも言えると思います。
土壁の落ちた家、あきらめないで!!

阪神淡路大震災の教訓を生かすべくはじまった「ひょうごヘリテイジ機構(H2O)」の活動から、全国に広められたヘリテイジマネージャー(歴史的建造物保全活用推進員)の、建築専門家としての知識・助言、また非常時の対応力が生かされるのも、このような時なのかもしれません。

もうひとつ水害対処のうち、土壁に関する情報が、こちらに簡潔かつ的確にまとめられておりますので、ご紹介させていただきます。
Karth関西木造住文化研究会・岡山連携情報

作成者:こどもみらい愛ネットワーク http://kodomomirai.org/
協力:関西木造住文化研究会 http://karth.org/


印刷用画面 >>>
土壁の落ちた家、あきらめないで!

Karth・岡山連携情報






被災土蔵・土壁の家の修復可能性 / 水害被災地に向けて

このたびの広域にわたる西日本の水害・土石流災害に被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
行方不明者の捜索も続いている現況に胸が痛むばかりですが、泥出し、片付けなどが徐々に進み始める中で、「当地には土壁住宅が多くある。土壁の補修はどうすればよいのか教えてほしい」というご相談をお受けしました。
そこで早速ですが、岡山、広島、島根、鳥取、愛媛、高知など、土壁の住宅建物の多い地域、被災者の皆様に、被災建物の修復の一コマ、土壁の修復にポイントを絞って、被災後の対策にかかる情報をここで共有させていただきます。 この時期この段階、「うちはこんな程度ではない!」「泥水に浸かった家にきれいごとは不要!」とお叱りを受けるのを覚悟の上での、投稿であることをどうかお許しください。

被災した土蔵・土壁の家再生可能性small
下地の補修から土壁の修復まで、四コマレクチャsmall


すでにご存じの方も多いことですが、同時多発広域にわたる被災と職人不足は、熊本地震被災地においても依然として深刻です。 その現状は2年を超えても依然として続いており、長期的な視点での粘り強い取り組みが望まれるところです。
つまり一気呵成に進めようとするのではなく、救命救急〜応急対応〜暫定対応(修復に向けた調査・修復計画)〜本格復興へと、段階的な復興タイムラインを意識すること。 とくに災害発生の初動においてこのような長期戦になることを意識しつつ、災害発生時の初動、とくにものの道理にも通じた冷静な専門家としての助言や過去の教訓が功を奏すると思います。 復興初動の軸足を誤っては、逆に成るものも成らなくなってしまうのです。

歴史を受け継いできた伝統的な建物は、構造がシンプル。 真壁構造であれば軸組の健全性は容易に目視できます。 またグラスウールなどの断熱材が入っていなければ、比較的乾燥も容易と言えます。 床板もタタミ下地板を外せば、フローリングのはられた現代的な住宅よりも、泥の入った床下の掃除も比較的容易に行うことができます。 古さを理由に壊すにはしのびない、伝統的な構法の家には修復する上では多くのメリットがあることも忘れてはなりません。

木造軸組み構造の再生small





茅葺き講座7月22日開催@長野県小谷村

小谷村20180722_Lecture of Thatching technique in Japan

来る7月22日(日)午後、長野県北安曇郡小谷村にて、茅葺き技術(Thatching technique)を学ぶ、公開講座が開催されます。 今回は小谷村公民館 「ふるさと再発見!」 講座「杣職人編」「大工職人編」に続く、伝統の建築職人技術にかかる第三回目です。  以下は主催者からのメッセージです。 

 屋根の茅の葺き方は地域によって異なる中、特に雪深い小谷での茅葺き技術は全国からも注目されています。 また小谷は「カリヤス」と呼ばれる良質な山茅が産する地域でもあります。  そして伊勢神宮をはじめとする茅葺き屋根葺きにその腕を買われて出かけていく職人が、この小谷村発でご活躍しておられます。
 本講座では、長年地域で培われてきた伝統的な職人技術についてのお話を聞き、現在茅葺き屋根の全面葺き替え工事中の小谷村郷土館の現場を見学し、学習を深めます。

2018年7月22日小谷村公民館講座_茅葺き編


小谷村公民館講座「茅葺き編」Summer2018

開催日: 平成30年7月22日(日)
      13:30〜16:00

講 師:(株)小谷屋根(おたりやね) 松澤敬夫(まつざわけいお)さん、
                   松澤朋典(まつざわとものり)さん
     信州大学 工学部 建築学科 准教授 梅干野成央(ほやのしげお)さん  
     建物修復支援ネットワーク 代表 長谷川 順一さん
      
集合場所:小谷村公民館 住所:長野県北安曇郡小谷村大字中小谷丙131(小谷村役場内)
     15:00より「小谷村郷土館」の茅下ろし、葺き替え現場へ移動
     

日 程:13:30〜15:00 映像説明&対談「茅葺き屋根の伝統技術」について
    15:00〜16:00 小谷村郷土館の現地見学
 
受 講 料: 500円 

持ち物: 筆記用具、ヘルメット (遠方の方、お持ちでない方は、その旨お知らせ下さい。)

お問い合わせ・お申込み: 7月19日(木)迄に小谷村公民館(TEL.0261-82-2587、FAX.0261-82-3164)までお申し込み下さい。 なお電子メールでは、アドレス sumai.kukanアットマークgmail.com (アットマークを半角@に変換)あてでも受け付けます。

DSCF6231S民家園
※ 写真は 四国高松の「四国村」の茅葺き民家。 涼やかさを感じさせる、
屋根も壁も茅という珍しい建物です。
 










余震を警戒しながら、屋根・壁からの雨漏り予防対策を

今朝の大阪市北部での地震。 最大震度6弱とのことだが、建物や地盤の状況によっては各地で倒壊には至らなくとも、屋根瓦のズレや壁の脱落などの被害も推測される。
2年前の熊本地震では地震直後に大量の降水があったため、十分に直すことのできる家も、応急的な雨対策が間に合わず、修復を諦めた建物が続出した。 梅雨入りしたこの時期折しも台風接近中で、また同時多発被害にどの程度の専門家対応ができるかは未知数である。
しかしながら、地区町内などでまとまって動くことができるなら、なかなか来てもらえない業者さんへの対応依頼を、瓦業組合、建築組合などに掛け合うことも一案だろう。 都市部の狭小地であっても、屋根シート掛け、壁の防水処置、また倒壊防止措置を含む応急対策をまとまって頼むことで、車も資材も最小限でできるのだ。  熊本では屋根シートの調達からシート張りまで、住民独自で行っていたケースも多かったが、風で煽られるたびに屋根に上がって直す、またシートそのものが紫外線などでやられ数か月ごとに張り替える事態も続出した。
同時多発の災害に全国の屋根職人が集まっても、修復が全部終わるのに2年程度かかっている、東日本や熊本からのこれらの教訓を生かしてほしい。 

屋根被害対応の初動で財産を守れ from Kumamoto


過去ログ >>> 地震、雨漏り、そしてカビ。 苦悩が滲む熊本被災地へ向けて
http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/52226696.html

#地震、#大阪、#応急対策

国の重要文化財/江藤家住宅 修復現場見学会

来る6月10日(日)熊本地震で被災し全壊と判定されながら、修復過程にある国指定の重要文化財/江藤家住宅の修復見学会が、開催されるようです。 熊本地震に被災した建物の多くが共通に抱えた、被災後雨に晒されるという課題を克服して、いかにしてこの建物は修復されようとしているのか? 文化財に値する建物の被災後の取り扱いについて、いまだ困難に直面している多くの方々、ヘリテイジマネージャーの皆様にとりましても、ためになる見学会となることと思います。

熊本大津_江藤家_見学会_縮小版20180610


お問い合わせは、TEL.096−293−2180(大津町生涯学習課)

熊本県大津町ホームページより 江藤家に関する基本情報(2006年9月)
https://www.town.ozu.kumamoto.jp/kiji0036610/index.html

同 見学会の告知情報(2018年5月)
https://www.town.ozu.kumamoto.jp/kankou/kiji0037264/index.html
大津町_江藤家住宅_保全解体現場_20180610


< 江藤家住宅の歴史をひも解く >

 平成28年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けた重要文化財 江藤家住宅は、平成28年度から約7年かけて主屋をはじめとする建物群および石垣などの復旧工事を進めています。昨年度より進めてきた土間棟の全解体工事が完了し、本年度からは復旧に向け、柱や梁等の主な構造部材の繕いや瓦の製作などを進めてまいります。
 今回の公開では、解体された大きな部材や、多種多様な瓦を間近にご覧いただけます。また、これまでの工事過程をパネルにてご紹介いたします。ぜひお越しください。

第2回 国指定重要文化財 江藤家住宅 修理現場見学会
期 日:平成30年6月10日(日曜日)
時 間:10時〜15時
場 所:江藤家住宅 保存修理現場(熊本県菊池郡大津町陣内1652)
駐車場:大津町浄化センター(熊本県菊池郡大津町陣内1523)
対 象:小学生以上(中学生以下は保護者同伴)
申 込:不要
参加費:無料
主 催:大津町教育委員会
協 力:江藤武紀、江藤家住宅まもろう会
その他:・工事用足場からの見学も含みます。車椅子用の設備はありませんのでご了承ください。
    ・写真撮影及び当日以外の見学はご遠慮ください。
    ・少雨決行


Profile

【 事務局 】住まい空間研究所 内 (新潟市中央区)

 地震災害の被災地支援や、これまでの様々なご相談・現場体験などから得られた知見をもとに、建物の修復に関する情報を発信しています。

【支援業務内容】

/□震災被災建物の修復ご相談
/□気候風土に根ざした住まいづくり
/□古民家再生・住宅再生
  リフォーム(修復リノベーション)
/□建物の耐震診断と耐震補強
 (市町村の公的補助相談含む)
/□高齢者・障害者のための住宅
  改修
/□建築と住まいに関するご相談
  コンサルティング

Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ