建物修復支援ネットワーク  新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの

歴史を経た古民家・土蔵などの建造物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり13年を数えてきました。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。

震災に被災した歴史的建造物と所蔵史料を読み解く講演会@白馬・小谷

 新潟との県境にも接し、日本海から遠く甲斐の国まで通じていた塩の道の言わば喉の部分に当たる長野県白馬村と小谷村は、集落ごと、谷合いごとに微妙に異なる地域文化が残存する地域です。

長野県白馬村 庄屋横澤家住宅家相図

その中でも、長野県大北地方最大とされる、大庄屋横澤家住宅(現在は解体され現存せず)からレスキューされた所蔵資料を読み解く講演会・公民館講座が、今週末10月14日(土)長野県白馬村にある、白馬村歴史民俗資料館にて開催されます。 

日時 : 2017年10月14日 13:30〜15:30
会場 : 白馬村歴史民俗資料館 〒399-0301 長野県白馬村北城265
    (白馬グリーンスポーツの森にある再生された茅葺き古民家が会場です)
参加費 : 500円(凍み餅つき)
お申し込み/お問い合わせ : 白馬村公民館 電話 0261−85−0726
申込書送付先 : ファックス 0261−85−0723(白馬村公民館)
主催:白馬村、 協力:被災建物・史料救援ネット

2017(H29)1014白馬村公民館講座「横澤家住宅」
201504白馬村文化財レスキュー


また来月11月19日(土)には、お隣の小谷村にて公民館主催による、地域固有の大工技術に関する講演会が行われます。 こちらはチラシができ次第アップいたしますのでしばらくお待ちください。

広報おたり2017(H29)年08月12日
(小谷村公民館講座第一回のときの様子)


この11月22日で長野県神城断層地震から3年となりますが、秋本番の爽やかな風が吹きわたる、白馬村小谷村へお出かけください。

「大規模災害時における被災者の住まいの確保策に関する検討会」要旨(内閣府発表)

 某大臣の「東北でよかった」を受けてのことでもあるまいが、9月1日防災の日を目前にして本日、目を通すに値すると思われる情報が国(内閣府)から発表されました。 

以下公開された、国(内閣府)の「大規模災害時における被災者の住まいの確保策に関する検討会」要旨です。

「首都直下地震や南海トラフ地震等の大規模災害においては、圧倒的な住宅不足により、被災者の広域的な避難が発生し、応急的・一時的な住まいの生活が長期化するほか、被災地方公共団体の事務負担等が大幅に増加することが予想される。
 これらの状況に的確に対応し、被災者の住まいを迅速に確保するとともに、住宅再建・生活再建を円滑に進めるため、大規模災害時における被災者の住まいの確保にあたっての課題等について整理し、今後の方向性について検討する。」

原ページ >>> http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hisaishasumai/index.html

論点整理(参考資料) >>> http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hisaishasumai/pdf/ronten_sankou.pdf

次に示すのは、事前防災および被災建物の修復を含む住宅再建関連の要点整理ページですが、
20170829住宅再建支援制度検討資料

全壊家屋の修復に対する支援金制度、仮設住宅→本設(復興住宅)に比較して著しく低い応急修理制度による補顛金額や期間設定、みなし全壊の扱い改善、また公費解体の弊害など、踏み込めていない部分も依然としてあるものの、 自宅の修理の促進 、コミュニティーの維持、住まい供給の選択肢の多様化など、多発する自然災害に対して、少し進化した現段階の制度支援概要がまとめられていることが、全体からは窺うことができます。

東北を踏まえてなお中々生かされない教訓、現在進行形の熊本で、九州北部豪雨の被災地で、多くの専門家が訴え続けてきた制度化への声が、少しずつでも盛り込まれたことを歓迎しつつ、なお被災者に寄り添った不公平感のない実りある制度が整備されることになりますように、そのためにも被災対応の現場と、法制度論議のテーブル双方での、やり取りがここからなお活性化することを祈りたいものです。


【補遺】制度まとめ(津久井 進先生のページより)
20170829内閣府防災制度提言要旨






9月2日、9月23日は秋の色づきはじめた小谷村へ

ブログの更新が滞っていた言い訳をするわけではないのですが、7月上旬から各地で次々に起こった豪雨災害に、天気予報を見ない日はなかったこの夏でした。 新潟、福島、島根、福岡、大分、秋田、岐阜、愛知そして一昨日の首都圏と、梅雨前線、迷走台風だけでは分類仕切れない、いつどこで起きてもおかしくない位の、人の力では抗うことのできない自然の猛威を実感させられました。
小谷村夕景SDSC02925

さて災害を機に地域資源・文化遺産を見直そうということで始まった専門家と地域の人々の互いに学びあう交流イベント。 6月の建築系「杣しごと」を見る学ぶ講座に引き続いて、小谷村公民館講座2017の歴史系講座が、来る9月2日(土)と9月23日(土)連続して開催されます。
過疎高齢化そして自然災害と、放置すれば一気に除却処分される懸念もあった県境の小さな村の、歴史的建造物を含む民俗文化遺産を守り受け継ぐ試み。 2015年から始まって3年目の取り組み成果の紹介も兼ねての勉強会でもあります。

長野県小谷村公民館講座201709
 
小谷村公民館講座 2017 (小谷の歴史を読み解く連続講座)
古文書から小谷の歴史に学ぶ
日 時:第1回 9月2日(土) / 第2回 9月23日(土)
    各回ともに午前9時30分〜12時
参加費:1,500円(受講料、昼食代含む、お昼が必要ない方は500円)
送 迎:両日ともマイクロバスが小谷村役場を9時に出発します。
   (最寄駅JR大糸線・南小谷駅より徒歩10分) 
参加お申込み:小谷村公民館(電話0261−82−2587)までご連絡下さい。

小谷秋色DSC02548

これまでは村の公民館での開催が主でしたが、今回は9月6日が国の登録有形文化財でもある小谷村の秘境の湯「山田旅館」、9月23日が新潟県境にほど近い集落「大網公民館」と、見て聴いて歩いて楽しいフィールドでの開催です。
秋色に染まり始めた白馬三山がまぶしい、アルプス山麓の小谷村へあなたもぜひお越しになってはいかがですか。

注意すべき線状降水帯、気象庁は危険度分布情報運用開始

梅雨末期によくあらわれる線状降水帯が、先週末より北陸〜新潟、そして今日未明からは島根県を襲っているようです(県西部に大雨特別警報発令中)。 13年前の新潟福島豪雨を彷彿させる豪雨に、これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

気象庁では昨日より危険度分布に関する情報提供システムの運用を開始しています。 豪雨により起こりうる重要なリスクファクターの説明は、以下の画像に集約されているように思われますが、これと時系列タイムグラフで示されたレッドゾーン&イエローゾーンを読み込んで判断することで、行政などが避難指示や勧告を行ううえで有用なシステムと思われます。
3つの水害リスクファクター

「大雨警報(浸水害)や洪水警報の危険度分布の提供開始」、及び「大雨・洪水警報や大雨特別警報の改善の延期」について ――― 気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/press/1707/03a/20170703riskmap.html

警報の危険度分布 ――― 気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/riskmap.html

日頃忙しい我々が、短時間で我が地域がどういう状況に置かれているか、あるいは今後どのような雲行きになるかを判断するために、以下の情報も併せながら我が身を守ることを考えましょう。
【 レーダーナウキャスト 】降水量に関する現在時刻から4時間前および1時間後の情報
URL >>> http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
レーダーナウキャスト4時間前から1時間後まで

【 GPV 】降水量・雲量に関する現在時刻から4時間前および39時間後(スパコンによる予測)の情報
URL >>> http://weather-gpv.info/
GPV 地方別では4時間前から40時間後まで

続きを読む

近代和風建築総合調査≧文化財ドクター派遣≒登録有形文化財という特例図式で、一軒でも多くの歴史的建造物を救う熊本での試み

2017年2月15日の熊本日日新聞で報じられて久しい、未指定非登録の文化財建造物の保全復旧支援。
参照:http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/2017-02.html
 それが先月末あたりからようやく具体的な動きとなり、熊本県行政による建物所有者へのアナウンスと制度説明が戸別訪問方式ではじめられたようだ。 これは震災復興基金による支援メニューのひとつだが、現時点で未指定非登録であっても、登録有形文化財相当と判断され、被災建造物所有者の登録への同意があれば、修復工事費の2/3にあたる金額が補助されるという。
 2011年東日本大震災被災地のひとつである茨城県桜川市真壁でも、歴史的建造物の保全への補助率較差補てんの意味合いから、登録有形文化財に対しても修理費補助率がかなり引き上げられ、歴史的街並みが守られたことは記憶に新しい。 今震災では財政事情や救済すべき建物の多さから、補助率こそやや低いものの、登録も指定もされていない歴史的建造物への支援策が具体的に示されたことは、「熊本発」の災害復興支援の指標として今後の行方が注目されることになると思う。
被災文化財建造物等復旧事業について
文化財ドクター(文化財的価値ある建造物のレスキュー)事業
被災文化財建造物復旧事業の申請フローチャート

 熊本県では震災発生の半年前、全国で実施された文化庁主導の近代和風建築総合調査(第一次調査)がなされた。 本制度適用判断にあたって、そのリストを基にしながら災害後文化財ドクターという建造物支援の網をかぶせたことも画期的である。 これも今回の熊本で承継されたことで、災害非常時の文化財行政のありようとして、東日本大震災以来の被災地における新たなトレンドとして定着しつつあるといえるのかもしれない。
近代和風総合調査の抽出対象建物選定基準一本だけで十分であるかという課題は残るものの、文化財ドクター派遣を、近代和風調査対象であるかを問わずオンデマンドでできるようになるならば、大きな取りこぼしも起きにくいように思う。
 まさに兵庫の教訓を得て発足したヘリテイジマネージャー制度運用の成果ともいえる、熊本での動き。 平時からのヘリマネのあり方が今回の災害後フォローあってこそのものといえよう。 それでも古建築修理に通じた建築専門家の絶対数が限られている中、建物の修復に向けた詳細調査や意向調査、さらに修復見積もりなど、これからなすべき課題は山積している。 一方で公費による被災建物解体がここへきて70%に近づいているという事情も看過できない。 保全修復への具体的道筋がつけられなければ、解体の憂き目に遭うことになりかねない状況は変わっていないのだ。

上のチャートでもおわかりいただける通り、近代和風建築総合調査≧文化財ドクター派遣≒登録有形文化財と例えてもよいかともみえるこの特例はまさに画期的。 ここからでも一軒でも多くの歴史的建造物が救われることを祈るばかりである。

Profile
Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ