建物修復支援ネットワーク  新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの

歴史を経た古民家をはじめとする古い建物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まって、11年を数えております。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がりました。 そして津波被災地も含めた東北各地で、御堂から古民家まで様々な古建築が再生されました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されますが、はたして本当なのでしょうか? このサイトではそんな疑念を抱く方々とともに、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読などもご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
 なお古い建物や歴史文化遺産を生かすための活動は、皆様の心あるお力添えによって支えられております。 多くの皆様のご理解とお支えを賜りながら、古いもの、災害によって手ひどい被害を負った建物と生活文化保全への支援を続けてまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

【ご支援いただける場合の寄付金口座】
建造物救援 : 三井住友銀行 新潟支店 (普通)癸沓隠毅牽坑僑院〃物修復支援ネットワーク 
文化財救援 : ゆうちょ銀行 記号番号11220−11740051 被災建物・史料救援ネット

「被災建物史料文化財レスキューの集い」9月6日@宇城市、 被災建物修復説明会(最終)9月13日@宇土市

熊本地震発生から4か月を越えて、被災した建物の修復支援と、やむなく解体されゆく建物からの文化財レスキューが、オーバーラップする境目の時期にさしかかってきました。 事業者向け建物修復再建にかかる「熊本県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_16068.htmlも8月26日で二次募集締め切りを迎えます。 一方益城町では先週末おこなわれた地盤工学会の主催による地盤被害に遭った宅地建物対策説明会は、60名あまりの被災者が参加され、いよいよ修復できるものは修復する具体的アクションの目途をつける時期にもなってきたようです。 
私たちの活動も節目にさしかかり、再来週9月7日には「被災家屋とともに、廃棄の危機にある古文書資料調度品を守る集い」を、宇城市小川町の風の館「塩屋」にて、また翌週13日、宇土市新小路町の教育委員会会議室では「被災建物の対処を、修復可能性から考える」と題した被災家屋の復対策説明会をおこなうことになりましたのでお知らせします。
熊本宇城小川町セミナー20160907


20160913被災建物修復相談会 宇土市

一事が万事に通ず。 台風襲来前に対策を【再々掲出】!

 被災家屋を調査していると、屋根から白いものが降ってくる。 よく見ると雨漏りを押える養生シートの重しになっている土嚢袋が紫外線で劣化し、破れた布片が風で舞っているのだ。 熊本地震から4か月を越えて、屋根工事を含めて生活の砦となる住家の復旧が進んでいない。 どころか屋根の雨漏り対策が4か月前の被災当初のままのものも多く、劣化が尋常ではない。 劣化した土嚢袋が破れれば、今度は砂が降るどころか、雨どいから、排水管まで詰まってしまい一大事となるだろう。

 気候のタイムラインを読んで復興計画を!とは、雪国の話ばかりではない。 台風対策ゆえの重い屋根がやられている熊本をこの時期常襲する台風は、当地では尋常ではない自然の輪廻である。 先日もセルフビルドならぬ、セルフ雨対策ともえる痛々しい屋根養生の姿を見た。 広範囲に被災した屋根を修復するのは、地域だけの業者では3年たっても終わらないだろう。 いまは個々の建物を完璧にやるのではなく、応急修理を希望する世帯をくまなく、ブルーシートではなく、耐UV(=紫外線)に優れたシルバータフシートでしっかりと養生することである。 即屋根葺き(恒久復旧)ではなく、雨漏り風対策という家屋のこれ以上の劣化を防ぐ屋根や壁の仮対策・応急処置なのである。
 
 そこをわかっている全国の屋根業者は、いま一度熊本の知り合い、屋根工事組合と真剣に台風対策の声を上げてみてはどうだろう。 熊本市内の屋根業者も資材置き場、デポのシェアリングなど、県外・域外の業者との連携もそれなりにはしているのだろうが、このままでは、もう全然間に合わない。 ここでかける応急処置の数十万は、きっと被災された方のこれからの人生を左右するかけがえのものになるはずである。 そう思って屋根屋さんだけでなく、屋根にあがり慣れた鳶職人さんにも、できればブルーシートではなく、シルバーシート掛けの現場応援と、そのための連携調整をお願いしたいところだ。 
台風シーズンに備えよRDSC09430

台風シーズンに備えよRDSC09488台風シーズンに備えよRDSC09335

甲佐町、小川町に続き8月10日開催。被災建物修復説明相談会@西原村

震度7の激震地西原村の主催で、被災建物の現場対処説明相談会を行うことになりました。 長年馴染んできた住まいや土蔵、また地域の歴史的景観を守る意味を含めての開催です。 ご多忙の折とは思いますが、生涯学習センター「山河の館」(=西原村役場隣接)への皆様のご参集をお待ちしております。

以下はご案内文です。 >>> 甚大な被害をもたらした地震発生から100日が過ぎました。 この時期、震災に耐え残った家をどうするか、決断を迫られている方も多いことと思います。 一方で建物・地盤という複合災害を受けた中で、建ち残った建物をどうするかという点では、大工さん、屋根屋さんの手が及ばないことに加え、まだ保全修復に関する情報自体が少ない様子です。 
住み慣れた暮らしと地域の歴史的景観を守るために、いかなる手立てが取り得るのか?  このたび新潟県中越地震、能登半島地震、東日本大震災等の被災地において、建物の修復を重ねてきた専門家による、事例紹介・ご説明をさせていただくことになりました。 建物を解体してしまえば再建の道は容易ではありません。 地域コミュニティの維持と、少しでも痛みの少ない生活再建、地域復興・再生のためにも、お役立ていただければと思います。

【 実施要領 】
1.日 時:8月10日(水) 18時00分〜20時30分頃まで 
2.会 場:西原村生涯学習センター「山河の館」2階大会議室 阿蘇郡西原村大字小森3256
3.スケジュール内容:
講演 18時00分〜19時50分
「被災建物の保全修復と身近な地域の歴史遺産を守るセミナー」
長谷川 順一氏 たてもの修復ネットワーク代表・被災建物史料救援ネット共同代表
質疑応答・個別相談および現地調査予約=希望される方のみ 19時50分から20時30分頃まで
* ご希望者には、翌日現地での個別調査相談を行います(地元建築士も同行)
* 参加費・相談料は無料です。
* 個別ご相談をご希望される方へ
   家屋の写真や、図面(できればコピー)をお持ちいただくとよいです。お抱えの大工さんが
  おられる方は、ご一緒にお越しくださると、話もスムースに進みます。 なお当日だけでは、
  応じきれない場合も想定されます。 その場合は日時を改めて、ご相談をさせていただくこと
  を予めご了承ください。

4.参加申し込み  電話 096−279−4397(西原村役場 住民課 小谷)
            096-279-4424(教育委員会)
         電子メール kotaniアットマークvill.nishihara.lg.jp (アットマークを半角@に代えて下さい)
*地域の皆様はじめ、近隣市町村でのご被災者、町内会、行政関係、地域支援団体の方もご参加ください。
5.主催:西原村、協力:たてもの支援ネットワーク
20160810西原村被災建物修復相談会



8月2日開催!被災建物修復説明相談会@宇城市小川町

宇城市小川町「風の館塩屋」(旧商家岩崎家住宅)にて、このたび被災建物修復に関する現場対処説明相談会を行うことになりました。 先回の熊本県甲佐町における修復説明相談会同様、長年馴染んできた住まいや土蔵、また地域の歴史的景観を守る意味を含めての開催です。 ご多忙の折とは思いますが、風の館塩屋(旧商家岩崎家)への皆様のご参集をお待ちしております。

以下はご案内文です。 >>> 甚大な被害をもたらした地震発生から100日が過ぎました。 この時期、震災に耐え残った家をどうするか、決断を迫られている方も多いことと思います。 一方で建物・地盤という複合災害を受けた中で、建ち残った建物をどうするかという点では、大工さん、屋根屋さんの手が及ばないことに加え、まだ保全修復に関する情報自体が少ない様子です。 
住み慣れた暮らしと地域の歴史的景観を守るために、いかなる手立てが取り得るのか?  このたび新潟県中越地震、能登半島地震、東日本大震災等の被災地において、建物の修復を重ねてきた専門家による、事例紹介・ご説明をさせていただくことになりました。 建物を解体してしまえば再建の道は容易ではありません。 地域コミュニティの維持と、少しでも痛みの少ない生活再建、地域復興・再生のためにも、お役立ていただければと思います。
 
開催日時:8月2日(火) 18時〜20時30分 
会場:「風の館・塩屋」 宇城市小川町小川79-1 , TEL.080−5283−0052(風の会:冨士田)
*参加費相談料は無料
*ご希望者には、翌日現地での個別調査相談を行います(地元建築士会有志にもご協力戴く予定です)
20160802宇城市小川町被災建物対応説明相談会



続きを読む

8月9日〜11日は、被災建物修復を学ぶ、実践するワークショップ@熊本へ

 震災発生から3ヶ月を超えて、来る8月9日(火)から11日(木・祝)の三日間にわたり、地震に被災し雨漏り被害もある、大きな建物の修復ワークショップを、日本イコモス国内委員会等の後援を戴きながら、くまもと新町古町復興プロジェクト、および熊本まちなみトラスト主催で開催することになりました。 
 被災した建物を簡単にあきらめたりしては、地域の景観も歴史的な町並みも失われ、また業者さんにお任せしても、なかなか復旧復興にむけて、納得のできる次の答えは出てきません。 被災状況を調べ、ローテクで修復可能につくられた伝統民家・町家の智慧を学び、地域のお仲間、知り合い等で協働して直していく、言わばセルフビルド的な修復再生の道づけを試行的に行うものです。 ワークショップでは地域の方だけでなく、遠来の支援者、次代を担う学生さんも交えて和気藹々と建物の修復について学び実践して参りたいと思います。
夏休みに入ったいま、皆様奮ってのご参加をお待ちしております。 以下はその実施チラシ御案内です。

20160809-11新町古町WS

新町古町WS裏面


内容再掲 >>>
被災建物復興にむけた、地域協働ワークショップ 第一回
日時 : 8月9日(火) 9:00一部作業開始 11:00趣旨説明・一般参加者開始 16:00終了
   8月10日(水) 9:00開始 16:00終了
   8月11日(木・祝) 9:00開始 15:00終了
会場 : 清永本店 熊本市中央区西唐人町
対象者 : 被災建物をコストを抑えつつ、しっかり修復したいと考える被災者
    古いモノ、歴史的な建物に興味のある方
    古民家再生・リノベーションに興味のある方
    セルフビルドもしくは仲間による修復作業で、地域を元気にしたい方
    熊本のために汗を流したいという方

その1.調査作図ワークショップ
『新町・古町未来創造会議』
被災建物の実測調査と損傷調査を行い被災後の状態を知り、古民家再生の専門家からの意見や助言を交えながら自由な発想で活用方法を提案していただきます。 被災後雨漏りなどで厳しい状況に置かれた建物を、冷静に見つめつつ、修復利活用の可能性を探ります。 調査探求、難問打開のプロセスをみんなで少しでも楽しみにかえ、希望を見いだして行きます。 ワークショップの成果は3日目に発表させていただき、今後地域の皆さんと共有し協議させていただきます。 
8月9日(火):建物実測調査、平面図・断面図の作成、被災損傷状況の調査把握記録、 
8月10日(水):建物実測調査、平面図・断面図の作成、活用方法のグループディスカッション、中間報告
8月11日(木・祝):調査結果の取りまとめ(日帰り参加者には2日間の振り返り概要説明のうえ)、
8月11日(木・祝)午後1:00〜3:00 ワークショップ成果の発表会、建築修復再生専門家よりコメントを
      いただき、みんなで調査・修復の智慧を共有します。
      ※ 発表会:五福まちづくりセンター(五福公民館)4Fホールにて

その2.土壁ワークショップ
『町屋づくり応援隊』
壊れた土壁や剥がれ落ちた壁土を除去し、それを再利用するための準備作業を通じて、土壁のつくり方を学んでいきます。
8月9日(火):壁土の回収、ふるい分別、水おきor収蔵品レスキュー
8月10日(水):壁土の回収、分別、水おき、レスキュー後の収蔵品調査分別、目録作成
8月11日(木):土壁ワークショップの取りまとめ、および収蔵品レスキュー取りまとめ
       同日午後発表会:五福まちづくりセンター(五福公民館)4Fホールにて(その1と同じ)

以下はふたつのワークショップ共通の御案内です。

参加費:無料

ご連絡、お問い合わせ、お申し込み :
くまもと新町古町復興プロジェクト 担当:吉野 携帯090-2517-3483
Facebookイベント「みんなで復興ワークショップvol.1〜清永本店編」で検索、メッセージでも申し込み下さい。
ワークショップ Ν△里匹舛蕕忙臆担望かを明示して、下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
メール info@restartkumamoto.com 
タイトルに「ワークショップ申込」と明記し、本文に住所・氏名・年齢・電話番号・および参加希望日をお知らせ下さい。 参加お申込は、いずれも8月3日までにお願いします。 

※ご参加の皆様へのお願い
・汚れてもよい服装と安全靴(お持ちでない方は運動靴でも大丈夫です)でお越しください。
・手ぬぐい、マスク、軍手等をご持参ください。また、ヘルメットをお持ちの方はご持参をお願いします。
・ボランティア保険に加入されていない方は、ご加入戴きます(保険料は当会にて負担します)
・この作業に報酬はございません。 また現地までの交通費は自己負担となります。
・昼食は各自でご用意願います。
・駐車場はございませんので、お車でお越しの方は近隣のコインパーキング等に駐車をお願います。

主催:くまもと新町・古町復興プロジェクト
共催:熊本まちなみトラスト、科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「コミュニティに依拠する歴史的市街地の震災復興」プロジェクト、
後援:日本イコモス国内委員会、NPO全国町並み保存連盟、NPO日本民家再生協会
協力:とちぎ蔵の街職人塾、桐生伝建修習の会、建物修復支援ネットワーク、被災建物・史料救援ネット

Profile
Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ