建物修復支援ネットワーク  新潟県中越地震・能登半島地震・中越沖地震・岩手宮城内陸地震から学ぶもの

歴史を経た古民家をはじめとする古い建物、愛着ある建物を守り生かす私たちの活動は、阪神淡路大震災以来の思いを重ねて、新潟県中越の被災地から始まり12年を数えております。 建物修復の智慧のバトンは、その後能登半島、中越沖、岩手宮城へとリレーされ、東日本では同時多発の広域複合災害でありながら、公費による建物解体の一方で、地域の歴史文化の記憶をとどめるべく広がり、建物再生の取り組みがなされました。 一方持続可能な世の中であるためには、災害時の家屋保全のみならず、平時より住まい・家屋の修復の道理にかなった正しい手当が求められます。 
 大規模な地震災害が起こるたびに「木造建築は弱い、古い建物ほど危ない」という風説に近い情報が流されます。 このサイトではそんな風説に負けることなく、また平時・災害時を問わず、古民家・町屋・土蔵・神社・寺院などの伝統木造建築、一般住宅から学校校舎・倉庫まで古い建物再生にチャレンジしようという方々に、多岐にわたる建築保全に関する見識と技術の継承のために情報共有と発信ができればと思っています。
 2015年4月からは、建物と同時に大量廃棄されかねない、地域の長年の歴史を受け継いできた、文化財・史料のレスキューを言わば車の両輪として位置づけるべく、被災建物・史料救援ネットも始動いたしました。 建物の保全再生や修復のほか、整理・解体する場合など、そこにある文化遺産(古文書、民具等)の調査レスキュー解読なども建築医たる建築専門家、博物館学芸員等の専門家がご相談に応じます。
 建物と地域の歴史文化を担ってきたものを、持て余して捨てたり、意味のないものと決めつけてゴミとして廃棄したりする前にちょっと立ちどまってご連絡ご相談下さい。
 なお建物や歴史文化遺産を生かすための私たちの活動は、心ある方々のお支えによって継続が可能となります。 皆様のご理解とご協力・ご支援を賜ることができれば幸いです。

【ご支援いただける場合の寄付金口座】
建造物救援 : 三井住友銀行 新潟支店 (普通)癸沓隠毅牽坑僑院〃物修復支援ネットワーク 
文化財救援 : ゆうちょ銀行 記号番号11220−11740051 被災建物・史料救援ネット

過去の地震被災地での知見と、熊本被災地での市民の声が実現した被災地支援制度

新潟県中越地震から12年4ヶ月、東日本大震災から5年11ヶ月、そして長野県神城断層地震から2年3ヶ月。 過去の被災地に於ける経験と知見、そしてそれを踏襲されることを信じて受け継ぎ、熊本の被災地各地からクラスター的に発せられた、声なき声、地道な活動がひとつの復興への道筋をつけることとなった。

ひとつは「被災文化財等復旧復興基金」制度で、補助率は修復費用の半額から2/3。 総額10億8400万円というから、一件の修復費用、中越以来のおしなべての事例をもとに5,000〜6,000万円と想定すれば、ざっと20棟の建物が救われる計算となる。
被災文化財復旧支援報道記事くまにち20170215

詳細ホームページもアップされたようなので、ここでご紹介させていただく。
http://www1.g-reiki.net/kumamoto/act/frame/frame110010668.htm

また新潟県中越で神社を地域住民のコミュニティー施設として位置づけた制度を踏襲した制度に倣い、一定の条件を満たした上で神社の修復などにも補助金を出すことを決めた「地域コミュニティ施設等再建支援事業」。 
これは初ケースとなった新潟県中越が震災発生から1年8ヶ月、中越沖が1年3ヶ月であったから、震災10ヶ月で同制度を打ち出した今回はおそらく史上最速といえるスピードでの制度制定である。
熊本地震地域コミュ施設復旧支援20170213

2004年新潟県中越地震による被害が最も大きく、集団移転を検討していた山古志池谷地区、山古志大久保地区の二つの集落が、地域帰還を検討しはじめたのが震災10ヶ月。 当時は全くの手探りだったが、鎮守様の修復をきっかけに住民の70%が帰還の意志を固める原動力となった。 政教分離の原則から全く望み薄と思われた公的支援であったが、このエピソードが当時知事就任間もなくであった泉田裕彦氏の耳に入り、復興基金を通じての神社修復支援が検討されはじめたきっかけともなった。
下二枚の写真は、「神社修復を地域復興のコミュニティ再生に!」の端緒となった12年前当時の池谷集落でのものである。

’2005池谷八幡神社
新潟中越山古志23,OCT’05池谷八幡神社再生修祓式典神楽奉納


いずれも地域住民主体で声をあげたなかで、それを受けて打ち出された支援制度。 補助率にはそれぞれの懐事情があったなかで過去制度とは同率とは行かぬが、それでも熊本での民意が生きたひとつの素晴らしい成果となった。

いまだ公費による建物解体が進められる一方で、実を結んだこの制度が一定の足止め、そして県民が市民が、町村民の皆さんが、身近に息づいてきた文化財としての建物修復にむけた具体的な動きに、「これらの制度が成果をもたらすことを祈りたい。


続きを読む

建物修復への、架け橋をどう渡す? 熊本地震発生から間もなく10ヶ月

先日開催されたアレックスカーさんの熊本でのご講演は、大いに熊本の人々の耳に響いたようで、講演終了後はSNSでも様々な投稿がなされていた。 写真では、当ネットワークでも支援してきた新町古町はもちろんのこと、川尻、また熊本南区郊外の武家屋敷、庄屋クラスを含む農家の方々、宇城市小川町の地域復興に奔走する方々の姿も見え、会場も一杯だった様です。
Alex Kerr in Kumamoto20170209

Alex Kerr's talksession in Kumamoto

AlexKerr さんと熊本被災文化財連絡会の反後さんら

Alex Kerrさんの歴史文化を守り生かす「名言」


SNSでは、あっという間にタイムライン上でビハインドになってしまうので、今日はその主催者側のお一人、反後人美さんのご投稿をご本人のご了解をいただいたのでご紹介させて戴きます。
直せることはわかっている、直すことの意味と効用もよくわかっている。 しかしながら職人不足を脇に置いてもなお、立ちはだかる困難と世の中のご理解とご協力なくしては、修復に取りかかれずにいる多くの地域の歴史を語る建造物群。 その所有者のひとつの意見として傾聴したいと思います。
吉田松花堂20160426


【熊本城は残っても、城下町が消えてしまいます!!
くまもとの被災町屋を応援してください!!!】
ーぜひ、シェア、拡散お願いします🙏ー
城下町の新町古町、川尻地区は、300軒の町屋や古民家を残す、まちなかに歴史的景観を残す熊本で唯一の場所です。
その被災町屋、古民家が、今、ドンドン解体され、町は変貌しています。
一軒あたり数千万〜数億かかる、桁違いの被害額は、個人や法人単体での自己資金では、とても賄える金額ではありません。その結果、公費解体の制度を使いドンドン解体が進んでいます。
こうなることを恐れ、その所有者と、支援者とで昨年11月
「被災文化遺産連絡協議会」を立ち上げました。
これまでに、県、市議会、市へも、
なんとか、復興基金や、助成金、つまり公費を使って助けてほしい旨、陳情、要望書を提出してきました。
もちろん、これまでの被災地の先行事例を検証した上で、積算し、可能な限りの金額を要望させていただいています。
今は、特に市の迅速な対応をお願いしている最中です。
私たちは、決して古いものだけを残せばいいと言っているわけではありません。
そして、残すだけでなく、どうやって「活用していくか」を真剣に考えています。
新しいものを作ることも、経済効果から大切かもしれません。
ですが、9日 この会と、イコモス主催でお招きしたアレックス・カーさんも仰っていたように、
「この古き良きものを、今、遺すことは、数十年後の熊本にとって、あるいは、日本にとっても、世界に誇れる宝を残すこと」になるのです。
欧州をはじめとした海外では、100年以上経った古い建造物や、歴史を感じられる街並み、景観、それこそ価値があり、不動産価値も高いのですが、なぜか、日本だけは、その反対の価値観が主流…古いものは経済価値がない。手がかかる、汚い。など…しかし、その先入観は誤解です!特に経済価値については、それは、運営しだいだからです!
なぜなら、私は、この古町にある築140年になる古民家を「オーガニックショッピングモール」と題して、改装し、これまで12年運営してきました。
もちろん、投資もしてきましたが、常に20名余りの雇用を継続し、国内外の観光の方を含め、地域からも愛される店として、これまでやってきました。その実績もありますし、
もちろん当店だけでなく、この町には、そういうお店が、地震まで軒を連ねていました。
私たちは「この町が好き!古いものを生かし、人情溢れるこの場所が大好きなのです」
そういう思いがあり、そして、こういうアレックス・カーさんたちの成功事例を学び、
運営母体を作って、今後のまちづくりを確実に進めます。
どうぞ、みなさん、熊本の城下町のピンチです!!
ぜひ、このことをたくさんの方に知ってもらい、
もう報道されなくなった「熊本地震」被災地の実態を知ってほしいです!
できれば、共感していただいて、
「応援したい!という声を上げていただきたいのです」
ぜひ、公費を使うことへの理解の輪を広げていただきたいです!
「熊本市へ、その声を、メールなどでぜひ届けて頂けたら大変ありがたいです!!!」
どうぞどうぞ、心よりよろしくお願いいたします。
明珠在掌(みょうじゅたなごころにあり)
人は、宝物(幸福)を探しに出かけるけれど、じつは、手のひらにある。
遠くに何かを求めることが多いが、じつは身近なところに求める宝物はある。
アレックス・カーさんの「書」に感動しました。
熊本市コールセンター
ひごまるコール の連絡先です。
TEL 096-334-1500
FAX 096-370-2002
E-mail : 1500アットマークhigomaru-call.jp

平成29(2017)年2月11日
「被災文化遺産連絡協議会 古町 幹事 反後人美」

<<< 本文はここまでです。

アレックスカーさんのお話の触発されて、解体を踏みとどまり、修復に向かわんとする皆様、そしてそれを支援する地元の方々へのご支援をここで改めてお願いします。

写真ご提供:被災文化遺産連絡協議会(熊本)冨士川一裕さん、反後人美さん








被災建物保全修復と利活用にかかる講演会のお知らせ

直前のお知らせとなってしまいましたが、熊本地震に被災された古い建物をお持ちの方や、古い建物の利活用を通じての地域再生を願う方向けに講演会のお知らせです。
明日2月9日(木)午後、熊本市内ですが、日本イコモス国内委員会と被災文化遺産所有者等連絡協議会との共催による講演会・意見交換交流会が開催されるとのことです。 ご講演は古民家再生の先駆けでもある、アレックス・カーさんで、再生利活用のお話をお伺いした後は、同氏を囲んでの新町古町はじめ、熊本地震に見舞われた地域の復興ビジョンを語る会となりそうです。
以下は、そのご案内です。

【日時】2017年2月9日(木)15:00〜17:00
【場所】PSオランジュリ(熊本県熊本市中央区中唐人町1)
※現在建物は調査工事中ですので、お気をつけてお越し下さい。
※お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

【共催】日本イコモス国内委員会
    熊本・被災文化遺産所有者等連絡協議会

【テーマ】1. アレックスさんが日本の古民家に惹かれた理由
2. 私たちが描く新町古町の復興ビジョン

20170209アレックスカー講演会熊本


震災から9ヶ月、歴史遺産継承のともしび灯る。

益城の歴史遺産を守る会DSC04627

益城町 歴史的建造物&文化財レスキューDSC04732

熊本地震発生から6ヶ月、地域の歴史文化遺産を受け継いできた建物が、公費による建物解体によって、次から次へと消えていく有様を見てなすすべもないと思われた中で、益城町の文化財保護委員の方々を中心に構成された住民有志らが立ち上がりました。 名付けて「益城の歴史文化遺産を守る会」というこの有志の会。
先週はその歴史遺産を守る会のリードによって、町の教育委員会がようやく動いて下さることとなった、文化庁事業でもある「文化財レスキュー」活動が行われました。 今回特筆すべきは、何より地元有志の発意で動き始め、熊本大学、熊本県庁、益城町役場と草の根レベルからの働きかけによって、激震地の益城町でようやく活動が開始されたということ。 文化財レスキューのボランティアに参加した地元の方々は、口々にゴミにすることなく救うべき建物と所蔵品がどんな家にも少なからずあることを実感したといいます。 国の文化財レスキュー事業による史料救出25棟(2016年末時点)が多いか少ないかはさておき、公費解体の加速するなか、上からの声がけとともに草の根からの力強い動きで、ここからでも地域の記憶のよすがとなる、歴史文化遺産が救出されることを願うばかりです。 
そして職員の絶対数が不足する中で、動きが取れにくい行政の文化財セクションや教育委員会の方々に代わって、被災した住民に寄り添い、日頃より声がけしてまわる文化財保護委員の存在が、どれほど大きいかを改めて知ったのが今回の活動でもありました(写真は、1月25日に行われた活動の様子です)。 当日は九州国立博物館の専門家・先生方をはじめ、熊本県文化課、熊本県立美術館の方々にもご協力いただきましたが、この場を借りて改めまして多くの皆様に応援いただきましたことに感謝する次第です。

MK古文書レスキューVDSC07472

MK長屋門棟持柱頂部接合VDSC07473

S 文化財レスキューDSC04677

S文化財レスキューVDSC07443



益城町教育委員会との調整を経て、文化財保護委員の皆様が町内各地区を分担しあいながら、地域の見守り役として相談に応じるという、ユニークなこの会ならではのチラシも、益城町内で配布しています。 
文化財レスキューを!地域が歴史の記憶を失わぬうちに@益城町

3日前に熊本日日新聞に掲載いただいた記事より
益城の歴史遺産を守りたい/益城町文化財保護委員専門家ボランティア




糸魚川大火災は「風害」として、被災者生活再建支援法適用へ

雪国特有の雁木通りの景観をなす、伝統的なまちなみを含む糸魚川市中心部およそ40,000屐東京ドームほぼひとつ分の面積を焼失させた火災から1週間。 国はこの火災を折しも吹いていた強い南風による「飛び火」を延焼拡大の原因ととらえ、火災としては初めて自然災害の「風害」として扱うことを決めました。
家屋再建の元手とするには、決して十分と言えないにしても、家屋を含む生活再建に資するこの被災者生活再建支援法適用という、極めて迅速かつ的確な「運用措置」にまずは拍手をおくりたいと思います。
振り返れば4月の熊本地震、8月の東北北海道台風10号災害、10月の鳥取地震と、その破壊力、前例にない災害発生パターンという意味に於いても記憶にとどめるべき災害が繰り返されました。 しかし災害発生後の取り組み、なかんずくこの行政判断如何によって、人的物質的被害の爪痕を癒やし、復興に向かう被災者や地域、そして支援者の人心をも左右することを実感もさせられました。
 
2016123糸魚川大規模火災被災者生活再建支援法適用へ

TBSテレビ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161230-00000070-jnn-pol

一昨日の茨城に続いて今朝も東北福島沖で地震がありましたが、いくら祈ったところで、自然災害による被害をなくすることは不可避。 そのような中で予後、人の「ほどこし」がどれほど大切であるかを実感させられる歳末のサプライジングニュースでした。

被災者生活再建支援法関連過去記事(参考) >>> http://blog.livedoor.jp/niigata_sumai/archives/50754267.html

今年一年の新たな出会いに感謝し、また一方旧知の皆様のなかでは、平素ご無沙汰をお詫びしつつ、来る年の穏やかならんことを期して、暮れゆく2016年の挨拶とします。

 

Profile
Archives
ポスト3.11のひとのあり方、生き方を模索しています。 原点は新潟県中越地震以来、災害後に起こってきた「人災の減災」にあります。 建物・地盤地質の両側面からの建築医として、直せばまだ安全に使うことのできる建物の修復支援情報を発信をしています。
メニュー
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ