宇城市小川町「風の館塩屋」(旧商家岩崎家住宅)にて、このたび被災建物修復に関する現場対処説明相談会を行うことになりました。 先回の熊本県甲佐町における修復説明相談会同様、長年馴染んできた住まいや土蔵、また地域の歴史的景観を守る意味を含めての開催です。 ご多忙の折とは思いますが、風の館塩屋(旧商家岩崎家)への皆様のご参集をお待ちしております。

以下はご案内文です。 >>> 甚大な被害をもたらした地震発生から100日が過ぎました。 この時期、震災に耐え残った家をどうするか、決断を迫られている方も多いことと思います。 一方で建物・地盤という複合災害を受けた中で、建ち残った建物をどうするかという点では、大工さん、屋根屋さんの手が及ばないことに加え、まだ保全修復に関する情報自体が少ない様子です。 
住み慣れた暮らしと地域の歴史的景観を守るために、いかなる手立てが取り得るのか?  このたび新潟県中越地震、能登半島地震、東日本大震災等の被災地において、建物の修復を重ねてきた専門家による、事例紹介・ご説明をさせていただくことになりました。 建物を解体してしまえば再建の道は容易ではありません。 地域コミュニティの維持と、少しでも痛みの少ない生活再建、地域復興・再生のためにも、お役立ていただければと思います。
 
開催日時:8月2日(火) 18時〜20時30分 
会場:「風の館・塩屋」 宇城市小川町小川79-1 , TEL.080−5283−0052(風の会:冨士田)
*参加費相談料は無料
*ご希望者には、翌日現地での個別調査相談を行います(地元建築士会有志にもご協力戴く予定です)
20160802宇城市小川町被災建物対応説明相談会



お問合せ先、申し込み先電話に変更がありましたので、お詫びして訂正いたします。
ご参加希望の方は、
風の館塩屋(風の会)代表 冨士田(ふじた)様 TEL.080−5283−0052あて
ご一報くださいますようお願いします。

(2016年7月28日17:17更新)