新潟高・新潟南進学専門! 黎明館ブログin新潟西区

新潟市西区にある学習塾です。 超絶自学を身につけられます! 小1~高3まで熱血の一貫教育です! 自立学習の第一歩を踏み出そう!

2018年05月

テスト前の勉強では特に
「やる事」と「やらない事」を明確に
分けておくのが大切です。

それぞれ仕分けしてみましょう。

やる事で思いつくのが,「できないところ」です。
が,ちょっと待って下さい!

できないところは厳密言うと2種類あります。

①やったけどできなかったところ

②やっていないからできないところ

①と②では意味合いが大きく違うのわかりますか?

①のやったけどできなかったのは,
ひとまず1回はやってみたんです。(何かの理由があって)
つまり,やったのにできない状態にしておくことは
かなりリスキーなんですよね。出る可能性も高いです。

逆に②のやっていないのにも理由があります。
なぜ,今までそれをやっていなかったのか?
「面倒くさい」という気持ちがあってやっていないのならば
テスト直前の今時期に焦ってやらなくていいです。

どうせ,自分で飛ばしてしまったんですから,
新たにそこに時間を当てるのはあまり得策ではありません。
時間的に余裕があればやっても良いですけど,
基本的に今までやっていないならば「捨て」です。

先生が「絶対に出るぞ」といった問題やプリント。
これはまさに点数が転がっているようなものですから,
確実に満点を取れるように「やる事」の中でも優先順位バリ高です。
③先生が出るといった問題

やらない事の代表格は④すでにできるところ。
もう,絶対に間違わないですってところに
わざわざ時間を割く必要もありませんからね。

ということで簡単にまとめると・・・

【やる事】
やったけどできなかったところ
③先生が出るといった問題

【やらない事】
②やっていないからできないところ
④すでにできるところ

こんな感じですかね。

テストまで残された「勉強に使える時間」をしっかりとはじき出し,
無理・無駄・ムラのない計画を立ててがんばってくださいね。

こう言っても「やる子」と「やらない子」とに分かれるんです。
成績が上がっていく生徒さんは当然,前者ですからね。

かしこ

世界中の誰にでも平等に与えられているのに,
人によって価値が全く違うもの。

それが「時間」です。

学生時分にはあまり気にしたことがありませんでしたが,
社会に出てからは「時間の大切さ」をいやというほど
痛感しております。

上手に時間が使える人は人生がより豊かに。
逆の人はもったいない人生になってしまいます。

「時間」に関する書籍がたくさん出ていることからも,
その重要性ってのがお分かりいただけると思います。

「時の翁」と呼ばれる時間をつかさどる神様が,
古より存在していますからね。

さて,「時間の上手な使い方」は様々ですが
とりわけ学生さんに身につけてもらいたい能力が
「タイムリミット」です。

制限時間を決めずにやるのと,がっちり15分間など
決めてやるのでは集中力もはかどり方も段違いです。

同じテキストのページを30分でダラダラやっている生徒と
15分でサッと終わらせてしまう生徒では実に「15分」もの
時間が短縮されることになります。

そんな数十分間が積もり積もって数時間,数日単位で
時間の貯金差がついてくるんですよね。

ということで,生徒たちに意識してもらうために
各自にキッチンタイマーを準備しました。
IMG_6373

TANITAのキッチンタイマーです。
これはピンポイントで時間が打ち込めるし,
音もそれほどうるさくないんですよね。

これを何分と指定して進めていくようにします。

自分でそれができるようになると,
確実に学習レベルがワンナップしますよね!

かしこ


突然ですが,わたしには妹がいます。

ず~~~っと男三兄弟の長男として
育ってきたわたしにとっては憧れの響き。
「お姉ちゃん」や「妹」

到底かなわぬ夢かと思っていましたが,
最近叶っちゃったんですよね

わたしの奥さんの弟の奥さん。

つまり義理の義理の妹。
文字通り「ギリギリ妹」の誕生です。

彼女はスヌーピーをこよなく愛する可憐な人で,
色々なグッズを持っております。

世界中で愛される犬。

いや,犬とか言ったらマジで怒られますね。

彼はとても大きな家に住んでいます。
地下室とかもあるし,ビリヤード台だってあります。

つまり,とんでもなくお金持ちってことです。

そして,医者だったり,パイロットだったり,
あらゆる能力に長けていて,まさに歩く生き字引犬なのです。

彼のセリフはいつだって名言集に入るくらい,
熱く,そして人々を考えさせ,奮い立たせる。

こんなフレーズを彼が一声吠えると,
立ちどころに何かしなきゃと皆動き出す。

「YOU PLAY WITH THE CARDS YOU'RE DEALT.」

配られたカードで勝負するっきゃないのさ,
それがどういう意味であれ。


深い。なんて深いお言葉なんだ・・・

単に目の前に配られたトランプのカードのことだけじゃなく,
人生を過ごすうえで,配られた自分のその能力で
何とかしていかなきゃいけないんだワンといっているだよ,チャーリー。

作文を書く上で一番大切なことは
「読んでもらうこと」

他の人が書くような通り一辺倒の題材よりも,
こんな感じで「名言」的なものをちょろっと書くだけで
その文章はぐっと読む人を惹きつけるし,何よりも
その文章に(ひいては書き手自身に)深みが増します。

そういう意味ではスヌーピーはうってつけです。

作中には多くの名言が登場するので,
もし時間があるならばいくつかストックしておくと
作文を書く時の武器になり得ます。

と,内本先生が作文講座の中で言っていたので,
おもいっきり引用させてもらいました。

国語専科まほろばの中には「読解講座」と
「作文講座」があるのですが,その作文講座で
色々なテクニックも含めてとても良い事を言ってくれていました。

聞いているだけで,何だか上手に作文が書けるような,
早く何かしら書いてみたいような,そんな気にさせてくれる講座です。

黎明館では夏休みの課題作文とかの指導も
責任をもってしていきますので,作文に自信ないな~という方は
是非一度受講してみてくださいね。

かしこ





最近入塾してくれた小学生の生徒が,
授業の帰り際にぼそっと話してくれました。

「先生,このまえの国語のテスト100点でした」

おっ,いいね~その調子その調子!

「はじめての100点でした」

!!!えっ

聞くと,今まで国語で満点は取れていなかったそうです。

まじか~そうだったのか~
凄いじゃないか!マジで!

恐らく今までは力がなかったわけではなく,
「答え方」が間違っていたのだろうと思います。

ここ1ヶ月はその「答え方」だけにこだわり
勉強してきた成果が実感として味わえたのは
本当に良かったと思います。

この満点が,生徒の心にもたらすであろう
影響は計り知れません。

これからも楽しみで溢れかえっております。

かしこ

今日はテスト対策授業のあと、
家族で中央図書館に行ってきました。

新潟の図書館は結構気前が良くて、
一人10冊まで借りられるんですよね。

ですから4人家族のうちは最大で
40冊まで借りられるんです!すごい。

まあ、流石にそこまで借りませんが、
子どもたちの絵本など20冊近くをまとめて借りております。

西区の図書館の方が近いのですが、
やはり蔵書の多さ、雰囲気が味わいたくて、
20分かけて毎回行っています。

今日は天気も良く、途中の萬代橋のところで
「フードソニック2018」というイベントが行われていました。

すごい人出で、わたしも参戦したかったです笑

来年もあるなら是非行ってみたい!

図書館は時期的なこともあり、学生さんたちが所狭しとひしめき合いながら勉強していました。

娘もいつか勉強したい!なんていい始めたら連れてきてあげようと思います。

今はまだ、借りてきた絵本に首ったけなんですけどね。

かしこ

↑このページのトップヘ