現代社会で

大人だけじゃなく

子どもたちも相当ストレスが溜まっているそうです。




もちろん、

コロナによる様々な抑圧もあると思いますが

それだけではない、

現代だならではのストレスが生じているそうです。





そのストレスの要因になっているもの、

そのひとつが

「マルチタスク」と呼ばれるものです。





世界中の大学で研究されており、

このマルチタスクが

多くのストレスを生み出していることが

わかってきたのです。




試しに検索欄に

「マルチタスク ストレス」を入れてみてください。



それ関連の記事が

ボワッと出てきます。




簡単に言ってしまうと

現代人というのは

色々なことを同時並行でやりがちであり、

それが実はストレスの元凶になっている、ということ。




仕事をいくつも抱えたり、

やらなきゃいけないことを

あれも、これも、とやっている結果

脳の処理が間に合わず

そこで疲労がたまっていくのだそうです。




脳の処理って

いくつもできると認識していましたが

できるけれども

それが有用な使い方ではない、とわかってきたんです。




脳にとって

最高にパフォーマンス値を上げらる作業の数は・・・


ずばり「1」個!!




やっぱり一つだけに集中した方が

脳を最大限に生かせるそうです。




まだまだ脳が未発達の子ども達にとって

このマルチタスクは

相当なストレスをかけることになっています。





そのおおもとが

やはりというか「スマホ」です。



スマホで音楽を聞きながら

動画を見ながら、

友達とSNSをしながら

勉強、、、、できるわけがないですよね!




だってひとつの処理しかできないんですから。




何だかうちの子、最近キレやすい・・・


そういえば最近疲れてそう・・・・


そう感じた保護者の皆さんは

一度、お子さんの行動をよ~~く観察してみてください。




常にスマホを片手に何かしてませんか?



何かをしながら

同時進行で何かをしようとしていませんか?



そこにストレスの原因があるのです。




ぼくも生徒達に

伝わるように話していこうと思います。




勉強するときは

全ての物をシャットダウンして

目の前のことに集中する!!!!




新潟県ランキング