にいお速報

面白い話題、気になる話題などをTwitterでの反応を交えて記事にしております。

【音楽】「すべてのJ-POPはパクリである」が話題にwwwww

_SS400_

cats

 桑田佳祐や長渕剛など有名歌手の作詞作曲方法を“マネて”、いかにも彼らが歌いそうな架空の曲を歌う“作詞作曲モノマネ”で注目を集めているマキタスポーツ(44才)が、『すべてのJ-POPはパクリである』(扶桑社)を上梓した。


<中略>


 そんな元来の思考回路を駆使し、法則を導き出すフェチ気質を生かして、過去30年間に及ぶ膨大な数のヒット曲から、J-POPの構造を細かに分析した本書は、なんとも挑発的なタイトルだ。

「“あ の曲は、この曲のパクリだ”“この部分はあの歌のここにそっくりだ”といった論争が、ネットなどを中心に繰り返されていますが、そんなレベルではなく、私 があえて言いたかったのは、ほぼすべてのJ-POPには元ネタがあり、そこから引用して再構成している、ということです」


<中略>

「“J-POPは、似たような曲ばっかりだ”といわれますが、まさにその通り、ということです。ここ 20年のヒット曲は、どれも似たようなフレーズを使ってばかり。例えば、毎年2月頃になると、歌詞に“桜”が入った曲をよく耳にします。“またかよ”とそ のたびに苦笑していましたが、考えてみたら桜の他にも翼、扉、奇跡、夢、永遠、ありがとうなど、20種類弱の定型句が使い回されていた。これでは似ないわ けがない」

※女性セブン2014年3月20日号




■最近では
とあったように、使いやすい共感されやすい歌詞・メロディーはもう出尽された感があります。
しかしなかなかのタイトル(笑)この本を全く知らない人でも本屋で手に取ってしましそうですね。
まだ読んでいないのですが、是非読んでみたい本です。









以下Twitterでの反応


あ、久しぶりに楽理的な本出た。気にして聴いてる人には特に発見無いと思いますが、こういうの楽しいですよね。




マキタスポーツの「すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考」を読み始める。アニソンに詳しくないと言いながら、アニメソングの「様式美」度チェックシートって項目の”わかってる”感がハンパなくて吹いちゃうわ。



マキタスポーツ「すべてのJ−POPはパクリである。」を読んだ。みんなが「自己表現」できる時代に「これはパクリだ!」なんていうツッコミは野暮。その人なりの「批評と編集」のセンスで、自分自身を「作品」化させてみてはいかがでしょう?という内容で、興味深く読んだ。




マキタスポーツの『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』がおもしろい。まだ途中までしか読んでないけど、自分は音楽に対してまったく知識がないのだが、それでも、この本の説明はひたすら分かりやすくて、いちいち俯に落ちる。



著者であるマキタさんの文章はほんと分かりやすい。複雑な音楽理論の教則に打ってつけ! …というと平易な売り文句になるけど、スケールやコード進行の仕組みはそこら辺の専門学校で学ぶよりこれ読むべきですね。




マキタスポーツさんの『すべてのJ-POPはパクリである』、思いのほか良書で一気に読んでしまった!ボカロPはもちろん、ポピュラーミュージックをやってる人は読んでおいて損は無いよ!



マキタスポーツ著「すべてのJ-POPはパクリである」、読了。非常に面白い。僕も、下手くそだけど曲を作っていた時期があるから、ドラマチックマイナー というコード進行の指摘(表現)に唸る。僕自身、ドラマチックマイナーの曲ばかりだったナ(苦笑)。あとがきにもグッときた。



AKB48の楽曲分析の部分で「歌い継がれていくアンセム方式」と指摘されているけど、これって落語にも似た部分なのかな?などと思ってみたり。アイドルに関する分析は分かりやすく、お蔭で腑に落ちましたわ。




なんだステマかよ
3641



1961

ナイトスクープの「神曲」が癖になると話題にwwww


洋画の冒頭にありがちなシーン


「進撃の巨人」立ち読み不可は「消費者をばかにしてる」 言いがかりにツイッターで批判殺到


昭和時代って若者も演歌を聴いてたってマジ?


【音楽】JASRACの使用料徴収は競争を妨害…高裁



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ アクセスランキング
twitter
Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング