ラパス動物病院グループの役に立つ?院長BLOG

新札幌ラパス動物病院のブロブです。 私たちのは、新しい時代の変換期の中にいます。 生活、価値観など様々なことが急激に変わり、戸惑い迷いながらも次の時代を作っていくのでしょうか。それとも何十年後かに振り返ってみて、初めて変化の大きさに気がつくのでしょうか。 時代の転換期の記録としてこのブログが役に立てればと思っています。

Kindleと角川グループのつぎのは・・・

9e758fa7.jpg


今年4月にいよいよAmazonのKindleが日本で発売になりますが、日本の大手出版社と初めてとなる角川グループと契約を結んだそうです。
日本の出版業界は、大きな転換期を迎えることになりそうです。
将来的には、出版社を介さずに多くの書籍が作家と直接契約によりAmazon KindleやAppleのiBOOKで電子書籍としてのみ発売されていくのだろうと思います。

すでに今年から多くの獣医学専門書も電子書籍化されています。

3月1日の地震

6e68d503.jpgff2b4edb.jpg

私たちは、真剣に未来のエネルギーや持続可能な社会をどう作っていけるか
考え実行していく必要に迫られているのかもしれない。

iPadから見える未来

ブログネタ
iPad に参加中!
75b706d2.jpg


新しいiPad3が来月初めに発売されるようです。
iPadやiPhoneの進歩を知ることは、非常に早い時代の変化を確認し自分たちの向かっている方向を知るのに非常に役に立つと思います。

次の世代の子供達は、どんな時代を生きていくことになるのか。
私たちは傍観者にならずに、それぞれの信じる気持ちを時代にぶつけてみてはどうだろうか。

アメリカ合衆国陸軍歩兵学校の獣医師

First President In History To Veto Benefits For Vets
First President In History To Veto Benefits For Vets / CBGB_Hoser


アメリカ合衆国陸軍歩兵学校の最後の獣医師の写真。
犬やイルカなど様々な動物が軍隊の中で、働いています。

上の写真とは事情も立場も異なりますが、 日本国内のアメリカ軍駐屯地内にも米兵家族のペットのための動物病院あり獣医師が勤務しています。


猫たちの季節

猫布団
猫布団 / ニャホ


猫たちの発情シーズンに入ってきているようです。(妊娠するまで発情は終わりません)
避妊去勢手術の予約が急に増えています。
避妊去勢手術は、ペットと飼い主さまの絆にはとてもたいせつな手術です。
発情により性ホルモンの影響を受けると、本人の性格とは無関係に落ち着きがなくなったり、夜通し鳴いたり、あちこちにオシッコをかけてしまったりします。
でもこれは、避妊去勢手術していない猫たちにとってはどうすることもできないことなのです。
叱らないでくださいね。
彼らは野生動物ではなく、私たち家族の一員です。
なので彼らは、避妊去勢手術をして飼い主さまとの平穏な楽しい毎日が訪れることをずっと待っています。

また避妊去勢手術は、将来起こりうる病気(乳腺ガン、重度子宮感染症など)の予防効果が高いです。

分からないことがあれば、私たちにお気軽にご相談ください。
お電話にてご予約後、ネコちゃんと一緒にご来院ください。
避妊去勢手術までのプランを一緒に立てて行きましょう。

猫の甲状腺機能亢進症

ねこ鍋(neko nabe)
ねこ鍋(neko nabe) / _temaki_

新札幌ラパス動物病院です。
猫の甲状腺機能亢進症の最新治験と管理方法のセミナーに行って行きました。
10歳以上の猫で、10頭に1頭以上が甲状腺機能亢進症になります。
甲状腺機能亢進症とは、人で言うところのバセドウ病とほぼ同じです。
この病気になると、よく食べるのに痩せてきたり、喉が乾いてよく水をのむようになったりします。
ゆっくりゆっくりと進行して、重症化していきます。

早期発見には、定期的な甲状腺ホルモンの血液検査を受けることが有効ですよ。

新しい時代の学び

Ecological cycle seminar / Sustainable sanitation

獣医師の世界にもeラーニングが急速に復旧し始めている。
セミナーに遠くから足を運ばなくても最新の知識をその専門の講師からネットを通じて学ぶことができるようになってきている。
いずれは、学校教育の現場にも広がっていくだろう。
おそらく学校の概念自体が、今いる未来の世界では変わるのだろう。

遠くアフリカの思い


ホテルで捨てられる石けんを途上国の子どもたちに

2012.02.23 Thu posted at: 11:52 JST

私達にできることは、もっとたくさんあるのかもしれない。
彼らの願いや思いに、私たちは学ぶべきものたたくさんあるのだろう。

スマートフォンが視覚障害者の目に


北海道新聞

スマートフォンが視覚障害者の目になる。
そんな未来がすぐ近くまで来ているようですね。
毎月毎日のように、かつて無いスピードでIT利用した開発が進んでいます。
先日は、Googleカメラを開発中との報道があり、こうした技術が未来の子供たちのために
平和利用されることを願ってやみません。


実は尿石症です。


Stones / Uwe Hermann


診察に来られる理由に、「陰部をよく舐めるので・・・」というのがよくあります。 
いろいろな原因によりますが、実はよくあるのが膀胱炎や尿石症です。
こういう症状の時には、必ず尿検査をお願いしています。
そして尿検査をしてみると・・・・尿結晶が見つかったりするのです。

ラパス動物病院では、定期的な尿検査をおすすめいています。
可能であれば年に2回から4回の尿検査がいいでしょう。

無料の尿検査ポンプを用意していますので、受け付けにお声をお掛けください。
プロフィール

ラパス

QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
犬と幸せに暮らす本
タグクラウド