・二次元を脅かすキケンな2つの法律案
▼児童ポルノ改正法案
http://taroyamada.jp/wp-content/uploads/2013/04/jipo.pdf
・児童ポルノの単純所持禁止
・3年を目処に漫画等(漫画・アニメ・CG・擬似児童ポルノ(見た目が18歳未満のもの))の規制を検討
3年を目処にインターネットのブロッキング(中国のようなネット検閲)の規制を検討

▼青少年健全育成基本法案
http://sightfree.blogspot.jp/2013/04/blog-post.html
・漫画・アニメ・ゲームなどの各メディア業界に「青少年有害社会環境対策センター」という天下り機関を設置
・「青少年に有害と思われる作品」を監視・規制していく
・マンガ等の表現規制のみならずネット規制なども含む
・しかも青年の定義は自民党だと30代含む

--
・地元議員に手紙を送ろう

国会議員は参議院選挙を前にしてピリピリしています。
そんな中、地元民から手紙が来れば必ず読みます。
↓から自分の住んでいる県の
参議院選挙区の事務所にハガキを送りましょう。
ハガキ一枚送るだけなら50円です。これで未来は変わります。一緒に未来を変えましょう!
http://seiji.yahoo.co.jp/area/

文章は簡単でいいです。
『(どこ・住所)の(誰・本名)です。自民党の児童ポルノ法改正案、青少年健全育成基本法に反対です。漫画・アニメの規制はしないで下さい。』
信用してもらうために、本名と住所を書く事が重要です。
議員は個人情報を漏らしませんし、ネット上のHNなんて知りようがありません。

送るのは先は1通でも構いませんが複数送る場合
自民党>日本維新の会>みんなの党>民主党>共産党
の優先順位で送りましょう。
更に余裕のある人は
住んでいる県の衆議院小選挙区の議員にも手紙を送りましょう。

--
・投票権がある必要はありません
自分が20歳未満でも構いません。
民意があることを物理的に表すことが重要です。
行動に移す事が重要です。

--
・すぐに行動して下さい
自民党は議員立法スピード成立を目指しています。
はっきり言って時間はありません。
これを見たらすぐにコンビニに行ってハガキを買って投函してください。
あなたに二次元の未来がかかっています!
規制されてからでは遅いのです!

--
・よければこちらもご覧ください

規制反対派団体「コンテンツ文化研究会」
規制反対派団体「うぐいすリボン」