2010年05月29日

緊急にスライスを止める打ち方

スイングを修正しなくても小手先だけで簡単にスライスを直す方法があります。これですと一発でスライスが撲滅できます。はっきり言って邪道ですから私はあまり推薦しませんが、私が推奨する「●●●のスイング」を体得するために、ボールをしっかり捉える感覚を養う目的でこれをやるのでしたら、有意義だと思います。

通常のボールの捉え方は、以下ですよね。
616463bd.JPG

これでどうしてもスライスやコスリ球が止まらない人は、思い切って下図のようにしてみてください。スライスが一発でとまります。

99bb5bf1.JPG


本当にこれでボールが捉えられるかご心配でしょうが、実際にはかなりナイスショットでボールが捕まったはずです。やってみれば分かりますが、イメージとはずいぶん違って実際にはかなりスクエアにボールを捉えることができて、クラブが少しだけ鋭角に入ってきてフェースがややかぶり気味(シャット)になるだけで、かえって球筋が力強くて生き生きとするはずです。結果、スライス根絶となります。

f8d4964b.JPG


但し、からだの回転が止まるとチーピンが出ます。ですから正しい「●●●の■■スイング」をマスターしてください。


 ============================
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
71テーマを102ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちらのダウンロードサイトから

 ============================


めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」


ゴルフスイングのエッセンスが満載の教材はこれに決まり!
身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2〜3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋力トレーニングも全くやらずに、若い頃にレッスンプロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めましたところ、短期間で爆発的にアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルにまとめて配布することにしました。このブログはアスリートゴルファー向けというよりは、悩める中年ゴルファー向けのものです。ゴルフで永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パターで打ったボールが気持ちよく転がればいいなと願う方々への一助になればと希望いたします。
1,480円




============================

他人さまの類似商品もアフィリエイトしています。

29,800円  
あなたのゴルフのスコアを素早く18縮める5つの方法

19,800円  
呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!   

19,800円  
元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法

19,800円  
一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き

16,800円  
ゴルフが最短距離で上達する方法

14,800円  
ゴルフ7日間シングルプログラム

14,010円  
25年間100を切れなかった超へっぽこゴルファーでもわずか半年で平均30もスコアを縮めた、最短ゴルフ上達法:DVDパーフェクトセット「ティーチングプロの逆襲」

12,800円  
100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法

9,800円  
スウィングだけじゃない、ゴルフスコアアップの秘訣

1,480円  

めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」
(これは、私のものです)






nijiniji2020 at 01:06│Comments(0)TrackBack(12)ゴルフ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

12. 仮の目標物を作る  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年06月05日 05:06
フェアウェイからグリーンを狙うのに、見た目の距離感が表示と違うことがありますよね。その場合は、ティグラウンドの方を振り返って、グリーンまでの距離感と等距離に見える何か目標物を探すといいです。距離は正確に分からなくても、同じ距離にあるものは、自然と分かるも...
11. エルスの理想のスイング  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年06月03日 05:50
相撲で「ふところが深い」という言葉がありますが、ゴルフのスイングにも「懐が深い」のとそうでないのがあります。懐の深いスイングで有名なのは、アーニーエルスではないでしょうか。私のゴルフ仲間のシングルさんにも非常に「ふところの深い」スイングフォームの方が居ま...
10. ヘッドは真っ直ぐに引きます  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年06月02日 05:48
スウィングプレーンについて書きましたが、どのように意識してプレーン上に乗せればいいのか質問を受けましたので、改めて書き足します。これは、よくスウィングの始動では「ヘッドは真っ直ぐに引け」と言われるのと、注意点は同じです。これはあくまでもXXXXXXXXですので、...
9. 「振り遅れ」対策  [ ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう ]   2010年06月02日 05:46
アマチュアゴルファーのミスショットの半分以上は「振り遅れ」とも言いますが、「振り遅れ」とはどんな現象をあらわしているかと言いますと、以下のように、正しいショットに比べて、からだは十分回ってショットのタイミングを過ぎているのにクラブヘッドがボールに到達して...
8. 18ホール全てで同じミスショットですと・・・・・  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年06月01日 05:43
南米に出張していたウチの会社の監査役から帰国するなり電話あり、「出張中にコースに出たら、トップばかりで、どうしようもなかった!」「パターまでちゃんと当たらずにトップ気味で、どうしたら直る?」とのこと。「そりゃあ、メガネでしょう。鼻当てを広げてみてください...
7. 正しいスイング理論との出会い  [ ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう ]   2010年06月01日 05:40
実はこの情報に出会う前、(ベスト81 平均は90くらい(バックティー)でゴルフ人生初めてハーフでパープレーができたのです。そこで確信をもっていた(持ちたかった)矢先にドライバーが左右に飛んでアイアンもダフったりトップしたりで100を叩いてしまいました。結...
6. シャフト選びの指標とは  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年05月31日 05:50
シャフト選びの指標には、「長さ」「硬さ」「重さ」「調子」「トルク(ねじれ易さ)」と「価格」がありますが、ヘッドに挿すと、もうひとつ「バランス」が重要になります。長さについて言いますと、例えば身長170センチの人はドライバーのシャフトは46インチでも長すぎ...
5. プッシュアウトとスライスを現象として論理的に説明します  [ ひとりでこっそりシングルを目指す方法 ]   2010年05月31日 05:49
スライス防止、スライス撲滅、スライスを一発で直す、カスリだまを克服する方法・・・などなど皆さんお悩みですが、フォーム改造しないで小手先だけで直すやり方は確かにありますが、あまりお勧めしません。右効きのゴルファーが出だしから右向きでボールそのものは真っ直ぐ....
4. 上達できないゴルファーのスイングに対する最大の誤解  [ ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう ]   2010年05月31日 05:47
ウチの会社の社長と一緒にラウンドした際に「ショットがぶれてスコアがまとまらない」とこぼしていましたのでラウンド後に一つだけアドバイスしましたら、その後社長室に用事があって行った際に「いや??、あのアドバイスがはまって、あれから3回続けて70台で回って、その...
3. コースの錯覚との戦い方  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年05月30日 07:55
打ち上げはワンクラブアップ、打ち下ろしはワンクラブダウンとほぼ自動的にクラブ選択をしている人が多いと思いますが、見た目と実際の打ち上げ/下ろしの程度が違っていて、ショットした後で眼の錯覚を実感することを経験したことがあると思いますが、いかがですか?受けグリ...
2. 正しいダウンスイング  [ ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう ]   2010年05月30日 07:51
肩が90度、腰が45度にねじれたトップオブスイングから、「腰を切る」ができているのとできていないのをイメージで比較してみました。上段の絵が「腰が切れている」スイングで、下段が「切れていない」絵、すなわち「手打ち」です。
1. アイアンの潜在力を100%引き出しましょう!  [ めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」 ]   2010年05月29日 01:08
アイアンショットでフィニッシュまでフルスウィングすると、ボールがフェースに「吸い付いた」感じがすることがよくあります。このような場合はスピンが多く掛かって、高く伸びる弾道になり、グリーンには真上からピンにかぶさるようにボールが落ちて来ます。この場合は、図...

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。