ナイキ フリー ランニングシューズ

ナイキは、2004年の初代「ナイキ フリー」の発売以来、裸足感覚の向上とランニングシューズとしての機能強化を目指し開発を重ねてきました。

さらに“裸足に近い感覚”に、ランニングシューズ「ナイキ フリー ラン+ 2」

ナイキ フリー ラン+ 2

ナイキジャパンは4月1日、ランニングシューズ「ナイキ フリー ラン+ 2」を発売する。裸足に近い感覚で走れるというシューズは、フィット感がさらに向上した。価格は1万1550円。

 2004年に発売を開始した「ナイキ フリー」は、シューズを履きながらも裸足同様の足の動きを実現することで、普段使用されていない筋肉を刺激し、足そのものを鍛えるというコンセプトで生まれた。ソールには「フレックスグルーブ」と名付けられた多数の溝が刻まれ、屈曲する足指が地面をしっかりととらえる動きを可能にした。

 ナイキ フリー ラン+ 2では、2層構造のアッパーによりサポート性と広い可動域を両立する。足に触れる1層目はフィット感を重視して、メッシュと高強度を持ちつつも薄い素材を熱圧着したシームレスな構造を採用。2層目は、サポート性と耐久性が必要な部分のみ強度の高い素材を配置し、不要な部分はくりぬいて軽量化を図った。前モデルに比べると、中足部のサポート性を高め、安定性が向上している。

足を解放するナイキ フリー

ズームエア、NIKE+、カタナケージなど斬新なテクノロジーを製品に実現させて、ランナーを驚かせ期待させ続けているナイキの製品群の中から今回推薦したいのは、充実度を増した「ナイキ フリー」シリーズ。足裏にバルーンを付けたような感触のルナトレーナーも時々履いてみると新感覚でおもしろく、オーソドックスなタイプにこだわるなら「エア ペガサス+25」もおすすめですが、今回は充実度を増したナイキ フリーに焦点を当てました。

子供時分、裸足で遊び歩いていた筆者としては、ナイキフリーをはじめて履いたときにはちょっとノスタルジックな感じがしたものです。さすがにハダシ感覚とはいかないまでも、運動会の時に買ってもらったハダシ足袋(地下足袋に近いもんですが)感覚に似てました。筆者は日常ナイキフリー3をよく履くのですが、ナイキフリーは何だかとても歩きたくなります。靴下は履かずになるべくハダシ感覚に近くなるよう素足で履いています。

さて、そのナイキフリーですが、かなりの見直しがありました。3.0と5.0は小幅な変更ですが、7.0が大きく変わり、また全面的にジェンダー対応で女性用モデルが充実しています。

ナイキフリーでランニングシューズ

ナイキフリーはランニング愛好者から街履きようにと幅広い愛好者を持っています。裸足に近い感覚で地面をつかむような履き心地のシューズです。シューズメーカーのナイキがアフリカのマラソン選手が足が速いのはなぜかを研究したのが、ナイキフリーを世の中に出したきっかけです。アフリカのマラソン選手は幼い頃から裸足で走っていたので走るのが速くなったという考えからナイキフリーシリーズが生まれました。あまりにも素足に近い感覚を生み出すためにソールが薄くできています。アメリカでは履くだけで鍛えられるというのでかなり売れたらしいです。ただ、足腰を痛めたという苦情もナイキフリーのシリーズ3.0や4.0ではあったみたいです。シューズそのものをみてもわかるとおりソールはぺッちゃんこでヒールのサポートはゼロに近いです。現在ではナイキフリーの5.0が販売されていますがその、ぺちゃんこぶりは健在です。ナイキの本拠地のアメリカでは普段履きにしている人も多いようですが日本では、薄いソールが不人気のようです。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ