コートの仮縫

完成作品がないのでブログも滞りがち・・・
そこで、たまには仮縫の様子を紹介しようと思います。

今年初めから、洋裁教室にて赤いコートを縫い始めました。
頂き物の真っ赤なウール地、この機会を逃したら出番がないかも〜

”赤”と聞いて、ピンと来た方もいらっしゃるのでは?
年女ですから、”赤いちゃんちゃんこベスト”が良かったかな〜(笑)

******************

1月の教室で製図と裁断をして、2月の初回が仮縫でした。
仮縫はとっても大事な作業です!
これで服の完成度がぐーんとあがります。
教室では先生に仮縫してもらって、製図の手直しを行います。

今回は「比翼仕立て+脇ポケット」という簡単デザインです。
シンプルに赤の着こなしを楽しみたい♪
正直なところ、なるべく手早く仕上げたいというのが本音です(^^;

これから紹介するのは製図から仮縫までの過程で、
製図→裁断→切びつけ→組み立て→仮縫、の順番になります。

******************

最初の写真は袖のパーツ。裁断して切びつけが済んだところです。
2019wool-coat-1

前後見頃も、裁断が済んだら切びつけをします。
(襟はまだ裁断しません。仮縫にはシーチング地を使用します)

次に仮縫の準備として、袖(右袖のみ)と見頃をそれぞれシツケ糸で組み立てます。
2019wool-coat-2

袖は右袖だけを組み立てて、ピンで見頃に留めつけながら仮縫します。
肩パッドも(厚みや位置の具合を確認する為に)内側にピン留めしています。

仮縫ってワクワクします〜〜(^^)
洋裁で一番楽しい時間の1つかも知れません。

先生が全体のバランスを見ながら決めて下さるので、生徒はほとんどお任せ状態です。
今回は見頃も袖もOKで”製図直しなし”でした。ラッキー〜♪
2019wool-coat-3


シーチング地の襟(右半分のみ)をピン留めして・・・
襟については、ちょこっと”製図直しあり”でした。
(こういう事もあるので、製図直しの後で本番の布を裁断します)

それから・・・
仮縫の時にポケットやボタンの位置を決めます。
このコートは比翼仕立てでボタンは見えないのですが、この時点で位置決めをしました。

こんな感じで今回の仮縫が終わりました。

製図直しもほとんどなかったし、デザインも自分に合っていて大満足でした(^^)v
品の良い赤色なので、何とか着こなせるかしらね〜

今週末は見返し用の別布、コート用の裏地、ボタン等を買いに行かなくちゃ!
(別布・裏地・ボタンは黒色を予定しています)

さてさて、このコートいつになったら完成するかな?
どう頑張っても”赤いお祝いの誕生日”に間に合いそうもないのだけど(笑)


※当方は教室通いの素人です。
仮縫に関する技術的な質問にはお答えできませんのでご了承下さい。



初詣

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

三が日を過ぎた頃になって、やっと初詣に行ってきました。
行先は下町のお不動様・深川不動尊です。

fuka201901-1


三が日過ぎてもこのような様子とは!
参拝客の列が長〜く続いていました。
しばらく並んで無事にお参りを済ませてきました。

fuka201901-2


今年も良い年になりますように・・・

********************

深川不動尊、正式には深川不動堂といいます。
http://www.fukagawafudou.gr.jp/
千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院で、
元禄16年(1703年)の創設と伝わっています。
古くから江戸の庶民に親しまれたお寺です。

年末のご挨拶 と 和裁の話

ご無沙汰しております。
今年を振り返ってみるとブログをさぼり続けた1年でした。
更新回数を数えてみたら、なんと今日が今年10件目でした(冷汗)

今年1年間お世話になりました。
皆様もどうぞ良い年越しをお迎え下さい。

*********************

先ずは年越しのご挨拶を終わらせて・・・
って、まさかこれで終わりじゃないですよ!
久しぶり過ぎて何を書いたらいいか考えがまとまりませんが、(^^;

そういえばまだブログで語ってなかった事柄がありました。
今年初めから一大決心をして”ある習い事”を始めたんです。

題名↑にあるのでお気づきかと思いますが(笑)
そうです!和裁を習い始めたんです(^^)v

3月半ばのブログで「着付教室の初心者コース修了」した話を書きました。
着付教室へはもう通っていませんが、
それと並行して年初から和裁教室へ通い始めていました。
こちらは月2回のカルチャー教室でゆっくりペースのお教室です。

ここまで読んで下さって、
私のことを「和裁経験者 もしくは 少しは縫える人」と思ってる方がいるとしたら、それは誤解です!私は全くの初心者なのでした。
恥ずかしながら本当に素人だったので、この年になって始めるにはかなりハードルが高かったです。

(以下、興味のある方はお読みください)続きを読む

紅葉狩り

久々の更新になりますが、元気で過ごしていますのでご心配なく。
ブログもソーイングも、サボり癖がついてしまって(^^;

********************

今週初めのこと。
軽井沢の名所・雲場池へ紅葉狩りに出かけました。

雲場池の紅葉 2018年10月30日撮影
karu1810-01

karu1810-02

karu1810-03

以前にもここの紅葉をUPしたことがあって、
ブログを遡ったら6年前でした→(2012年10月31日の日記
しかも撮影日も同じ10月30日!!

暑い夏を経て紅葉の色づきが心配されましたが、
こうして季節は巡り見事な風景を見せてくれるのですね。

浅間山遠望
karu1810-04

浅間山がよく見える道端から撮影しました。
先日には初冠雪があったそうで、軽井沢では昨朝の気温が氷点下だったそうです。
まもなく初雪が降って〜寒い寒い冬がやって来るのですね。

********************

久し振りの更新に戸惑いましたが、
ブログのお陰で数年前の日記を読み直しできて懐かしかったです。
(あの時は母も一緒だったんだわ〜等々)

そして今日は私がホームページを開設した記念日にあたります。
(2004年11月3日にスタート)
恥ずかしながらホームページは休業状態ですが(^^;

今日はブログやホームページを始めた頃を思い出しながら更新作業をしていました(^^)

燻製に挑戦

前々から興味があった燻製に挑戦してみました。
と言っても本格的ではなくて簡単燻製です。

初めてなので用具も食材も入手しやすい物ばかり、
ネットで情報を得て、足りない物は100均で購入しました。

燻製は燃焼温度によって冷燻・温燻・熱燻があるそうです。
私はスモークウッド(木の粉を固めた棒状の物)を使った温燻をしました。

スモークウッドはホームセンターに500円位で売っていました。
木によって香りの違いがあるようですが、よく分からないので「広葉樹ブレンド」にしてみました。
smoke1808-1


<準備した燻製用具>
ダンボール箱(縦横22cm×27cm、高さ30cm、2ℓペットボトル6本入りの箱)
スモークウッド(1本で約90分×3本入り)
100均の小さな網(購入品は四角い形、スモークウッドを置く為)
お菓子の缶の蓋(スモークウッドの受け皿として)
100均の焼き網(27cm×21cm)2枚・・・2段にしたかったので2枚用意。購入品は脚付き焼き網だった。
割りばし4本(焼き網の位置を固定する為)
ガムテープ(組み立て用として)
レンガ2個(重石として)

<食材>
ゆで卵(前日に茹でて麺汁につけておいた)
ウィンナー
プロセスチーズ
ちくわ

初めてなのでそのまま食べられる食材ばかり選んでみました(^^;
燻製前に食材をよく乾かしておくのが美味しく作るポイントだそうです。

箱の底に受け皿と小さな網を置き、着火したスモークウッドを1本乗せて、食材の焼き網を2段セットします。

<下段にゆで卵とウィンナー>
smoke1808-2

<上段にプロセスチーズとちくわ>
smoke1808-3


蓋を閉めて軽くガムテープで閉じて様子を見ます。
モクモクといい具合に煙が立ち上ってきましたよ〜(^^)
smoke1808-4

ダンボール箱の横のレンガは重石です。風で吹き飛んだりすると危険なので・・・

1時間ほど経ったら食材を取り出して、それをまた1時間ほど乾かしてから食べるつもりです。
時間配分はネット情報を参考にして、テキトーに判断しました。
今回は生で食べられる食材ばかりなので難しく考えなくても大丈夫でしょう(笑)

結局、モクモクの煙が面白くて予定より多めの1時間半くらい燻製してしまいました。
箱から取り出してみるとこんな感じ・・・
smoke1808-5

これを網の上で1時間くらい放置します。
少し時間を置いた方が味や香りが馴染むとのこと。

完成品を皿の上に並べてみました。これで全体の半量です。
smoke1808-6

さて、食後の感想は・・・
おつまみに最高です〜お酒が進みます〜中でもゆで卵が一番美味でした!

時間的余裕がある場合に限るけど、燻製って楽ちんで美味しくっていいですねーー
まだスモークウッドが残っているので、次回は違う食材に挑戦してみたいと思います(^^)v

Aラインのチュニック2枚

今年は夏布バーゲンに参戦しませんでした。
先ずは自宅の在庫に目を向けなければっ!
今頃になって夏布消費に励んでいます(^^;

2〜3年前の孝富夏バーゲンで購入して手付かずになっていた綿ニット。
その時の気分で何やら可愛らしいプリント柄を選んでしまい(笑)、
こういうのは不良在庫になる可能性大です!
(購入後すぐ縫ってしまえば良かったのですが・・・)

そこで今年は何とか形にしようと思い立って、
地味な無地と組み合わせて「Aラインのチュニック」を作りました。

tunic1808-1

tunic1808-2


こんな感じの可愛らしいチュニックになりました。
(写真で紹介するほどの物でもないのですけど(^^;)
型紙は私の定番Tシャツをちょこっと変更して使いました。

そういえば、この綿ニットはリップル加工(塩縮加工)で、その風合いに惹かれたのでした。
出来上がってみると涼しげで着やすそうです。もっと早く縫えば良かったかな?(^^)

浴衣と半幅帯のリフォーム

暑中お見舞い申し上げます。

猛烈な暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は特に忙しかったわけでもないのですが。
紹介する作品もなく、blogもサボり癖がついてしまい・・・
気が付いたら2ヶ月が過ぎてしまいました〜m(__)m

夏休みに入って各地で盆踊りや花火大会が開催されています。
今日は近隣でも盆踊りがあって、夕方6時頃から始まるようです。
先程から太鼓の音が聞こえてきています。

盆踊りと聞いて・・・
叔母から頼まれていた「2部式浴衣」と「作り帯」を大慌てで仕上げました(^^;
両方とも母の浴衣と半幅帯を使ったリメイク品です。

叔母は私と同じくらいの体形なので、母の浴衣は小さすぎて着られません。
2部式浴衣は「去年の日記」と同じ作り方です。
これで短めの丈を少しは誤魔化せるかな〜(笑)

yukata-2bu-1808


もう一つは半幅帯の作り帯(文庫結び)です。

obi-bunko1

作り帯にしたのは、叔母は怪我の影響で帯結びが上手くできないからです。
作り方は、家にあった自分の作り帯を参考にしました。

obi-bunko2

obi-bunko3

針金はワイヤーハンガーを切って使っています。
高齢者向けなので、文庫の羽根は小さ目にしました。

急いで渡してしまったので畳んだ状態の写真しか撮れませんでした。
帯の方は・・・着た時にどんな感じになるか?気になっています。

あまりの暑さに叔母がこのセットを着てくれるかわからないけれど、
約束の品物を渡すことができて一安心しているところです(^^)
Profile

ニ・キ

Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ