2009年02月25日

にきび痕の凸凹とレーザー治療

にきび痕の凸凹を改善するには、皮膚科、美容外科、エステサロン、クリニックなどの病院で見てもらうのが最善です。
皮膚科や美容クリニックで改善できるにきびレーザー治療法は、PTD(フォトダイナミックテラピー)、スムースビーム、小林メソッドなどです。
にきび痕のレーザー治療法は、TCA、サンドペーパー法、Co2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療、クールタッチ、Vビームレーザー、フォトフェイシャル、スムースビーム、フラクセルレーザーなど。
にきび痕が重度な場合は皮膚の移植手術や切開・縫合、FGF治療、培養表皮移植などがあげられます。

PTD(フォトダイナミックテラピー)-光線力学療法によるにきび治療。

スムースビーム-米国FDAがにきび治療で初めて認可したレーザー治療。

小林メソッド-皮脂腺に電流を流し萎縮させる治療法。
TCA-ピーリングに使われる薬品で肌の表面の角質層を溶かすことによって、にきびを改善。

サンドペーパー法-専用の機械を使って皮膚の表面を削り、にきび痕の凸凹を改善。

Co2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療-皮膚の水分を熱に変換して、一定の皮膚の厚さを焼いていく方法。

クールタッチレーザー-表皮を傷つけずにシワやニキビ跡の凹みを改善するレーザー治療

Vビームレーザー-赤いものに反応。たとえば、赤っぽいにきび痕やシミやあざなど。

フォトフェイシャル-シミ、しわ、たるみ、赤アザ、にきび痕などに効果を発揮。

フラクセルレーザー-にきび痕を改善


にきびの治療とケア


2007年02月28日

にきび痕の凸凹とクールタッチレーザー治療

クールタッチレーザー治療は、Nd:ヤグレーザーと呼ばれることもあり、現在のにきび痕治療ではクールタッチレーザーが多くになっています。
クールタッチレーザー治療は、にきび痕以外に、シワにも効果があります。
クールタッチレーザー
クールタッチは、皮膚の表皮を傷つけずに、皮膚細胞を刺激して、コラーゲンの生成を促進させます。
表皮を傷つけることがないので、かさぶたや、皮膚の赤みが治まるのを待つ必要がありません。
そして表皮の温度が上がることによって、皮膚が損傷しないよう、コンピューターでおさえられる冷却装置があります。
なるほど、現在は、クールタッチレーザーがにきび痕の凸凹に効果があるのですね。
にきび痕を取り除きたいのに、かさぶたやらできたら、よけいにお肌がボロボロになりそうな気がしますよね。
でもクールタッチなら、その心配がないんですね。
お肌にも負担がかからないレーザー治療法といえそうです。
もっとにきび痕の口コミや体験談とか知りたいなぁ。
クールタッチレーザー

にきびの治療とケア


2007年02月27日

にきび痕の凸凹とCo2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療

にきび痕の凸凹を改善するのに代表的なレーザー治療は、CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療。
Co2レーザーには、皮膚の水分を熱に変換して、決まった厚みで皮膚を焼く(削る)のでピーリング効果があります。
Co2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療
それに、ケミカルピーリングみたいに塗る時間やピーリングの濃度のミスなどがありません。
おまけにメスを入れる手術よりも傷の治癒が早いです。
にきび痕いがいに、ほくろやあざ、しみにもCo2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療は使われます。
しかし、Co2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療にも欠点があって、日本人を代表とするアジア系の人種のお肌には、色素沈着がおこりやすいといわれています。
そして、皮膚の赤みが治るのも時間がかかります。
現在のにきび痕レーザー治療は、皮膚を削るタイプよりも、フォトフェイシャルなどの熱によって、細胞を活性化させて、コラーゲンが作られるのを促進するタイプのレーザー治療がメインになっています。
正直、お肌を削る治療よりも、コラーゲンを生み出すレーザー治療のほうが、お肌にも負担がかからなくてよさそうですね。

にきびの治療とケア


2007年02月26日

にきび痕の凸凹とサンドペーパー法

にきび痕の凹みなどの治療で、サンドペーパー法があります。
サンドペーパー法
サンドペーパー法とは、専用の機械で皮膚の表面を削り、にきび痕の凸凹を修復します。
真皮の上層まで削るので、にきび痕の凸凹に効果がみられます。
ただ、サンドペーパー法は、普通のレーザー治療よりもさらに深いところを削り取る治療のため、医師の熟練した経験や高度な技が必要になります。
その上、体質によりますが、皮膚を削った痕が残ることもあります。
しかし、サンドペーパー法は、普通のにきび痕のレーザー治療よりもはるかに高い効果を得ることができます。
サンドペーパー法は、にきび痕治療に効果を発揮するけど、間違えると大変なことになりますね。
ちょっと気軽にためすのは難しい治療法だと思いますね。
お医者さんとよく相談して決めないといけませんね。

にきびの治療とケア