トップページにきび跡 ケア思春期にきびと大人にきび

にきび跡 ケア

思春期のにきびというのは、放っておいても思春期が終わる頃には自然に治ってきます。
脂質や糖分たっぷりのお菓子の食べすぎ、お酒の飲みすぎなどの暴飲暴食による
食生活の乱れや睡眠不足によってできる一過性のニキビでも、
食生活に気をつけ、睡眠をじゅうぶん取るように心掛けると、自然に治ることも多いです。

ただし、思春期のにきびと大人にきびは出来る原因が違うため、放っておいても治るものではないんですよね。
放っておいても次々に新しいにきびが発生し、それがにきび跡になり、また新しいにきびができる・・・この悪循環の繰り返しなんです。
新しいにきびの発症をくい止めなければ、
いつまでたってもにきびやにきび跡から抜け出せません。

今ある大人にきびに関しても
にきび薬やにきび化粧品などのスキンケア、エステでの大人にきびコースやピーリング、にきびレーザー治療などでとりあえず治まったとしても、
安心してはいけないんです!

体の内側によるにきびができる原因がそのままだったら、
またすぐに新しいにきびができます。
色素沈着してしまったにきび跡や凸凹クレーター状の
にきび痕も残ってしまう。
思春期にきびと大人にきびは出来る原因が違うので、当然、
ケア方法、治療方法、改善方法も違うので治し方のアプローチも変わってきます。

思春期にきび、大人にきびに共通して言えることは、

清潔に保つこと!

アクネ菌が繁殖しますので。枕カバーも頻繁に洗うと安心ですね。

大人にきびはストレスと生活習慣が一番の原因でしょう。
仕事も大変ですが、肌も含めて自分自身のことをもっとかわいがってあげてくださいね!
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔